Search

検索したいワードを入力してください

「憎悪」の意味と使い方・抑えるためのポイント|デメリット

Author nopic icon24773
カテゴリ:ビジネス用語

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「憎悪」の意味と使い方・抑えるためのポイント|デメリット

憎悪ってどう言う意味?

憎悪は「憎い(ニクい)」に「悪(アク)」と書いて憎悪(ゾウオ)と読みます。他者や物事に対して理解に苦しみ、強い憤りや嫌悪感などを感じる時にこの言葉が使われます。英語では「hate」や「abominate」「loathe」「animosity」などがあてはまります。類語としては、「愛憎」「忌厭」「毛嫌」「厭悪」などが挙げられるでしょう。

憎悪と敵意

強い嫌悪や憤りを含む憎悪感は、時としてその対象を敵として見なすような感情を生み出します。自分とは価値観・ものの考え方が違うもの、理解できないような行動・言動を起こすものに対し、心が許容してくれないからです。ライバルなどに対して嫌悪感や度を越えた優越感を持つ状態の時、人は憎悪を感じています。

憎悪と報復心

憎悪が生んだ敵対心により、相手を負かしたい、相手に復讐したいなどの報復心を抱く場合は少なくありません。他人の行動や言動により、自分や自分が大切に思っている人の尊厳などが損なわれた場合に、人間は報復心を含んだ憎悪と言う感情を抱きやすくなっています。

それが顕著に表れているのが犯罪です。知り合いや家族・仲間とのちょっとしたトラブル、勘違いなどによって殺人や傷害・迷惑行為と言った法律に触れる問題が発生するのは、強い憎悪が原因とされています。些細な憎悪でも爆発すれば非常に危険な思考となるので、憎悪と言う感情には注意が必要でしょう。

憎悪ってどうやって使うの?

憎悪は、人間に対して使用することが多いです。他者が自分よりも優れていたり、自分を乏しめるような言動・行動を行った時に、「あの人に憎悪している」「憎悪を抱いている」という使い方をします。

また対象が不本意に行った好意であった場合でも、憎悪の対象となる場合があります。スポーツなどの世界ではよくある事で、自分より優れた成績を残した人や、自分よりも劣った人が自分よりも良い成績であった場合などに、相手を憎悪する事がたびたび存在します。

憎悪はどんな時に感じるの?

憎悪と言う感情を抱く機会は普通の日常ではあまりありません。しかし、スポーツや音楽・囲碁・将棋など、競う事を目的とした競技を嗜んでいる場合、自分や相手に対して憎悪と言う感情を抱く事もあります。

また、他者に対してひどく劣等感がある人、優越感を感じていないと自分の存在が危ぶまれると感じている人などは、憎悪と言う感情を抱きやすくなっています。プライドが高い・意気地・頑固と言った自我の強い人・自尊心のある人は、「憎悪」に苛まれる機会も少なくないと言えるでしょう。

自分の尊厳が損なわれた時

大勢の前で恥をかかされた時や、馬鹿にされた時、自分が自信を持っているものを貶された時など、自身の尊厳を踏みにじるような行為をされた時に人間は最も憎悪を感じるでしょう。感情や思考が発達した人間は、プライドや社会的地位などを脅かすものに対して強い嫌悪感を持つからです。

自尊心の強い方は、特に陥りやすいのがこのパターンです。自分を馬鹿にしたり乏したり、故意でなくとも自分の地位を脅かす・自分のイメージを崩すような対象と出会った際に、憎悪の感情が発動します。

自分の思い通りに事が進まない時

人とは違う行動を起こすような人間や、自分の思いどおりになってくれない人間に出会った時、しばしば憎悪の感情を抱く事があります。特に目立ったり注目されたりする人間は、人間関係の和を乱すとして憎悪や嫌悪の対象となりやすいです。

また、自分の感情が不安定な時は、周囲の人間の一挙手一投足に憎悪してしまう事もあります。女性の場合は生理でメンタルが落ち着かない時などが、特に当てはまります。イライラ・不安・ストレスと言ったトラブルを抱えていると、自分ではなく周りの人間が悪いのだと感じてしまうのが原因として当てはまります。

迷惑行為をされたとき

ご近所付き合いなどで憎悪を抱きやすい理由の一つに、対象が迷惑行為をしてくる事が挙げられます。道路族や放置子・騒音・異臭などの私生活に被害が出やすいトラブルがあった時、人間は当事者に対して強い憎悪を抱きます。

私生活だけでなく、仕事や学校での場でも、迷惑行為をされると非常に憎たらしく感じる事があるでしょう。特に自分が損失を被る時は、憎悪を抱きやすいです。金銭的な損失だけでなく、仕事・勉強などの機会は失われるなどの被害を感じると、自然と対象に嫌悪感が湧きやすくなります。

憎悪を感じる時のメリットって?

憎悪を感じるメリットは、競い合う世界において大きくメンタルに働きかけてくれるところでしょう。「対象に負けた悔しいし憎い」と言う感情が次第に変化し、「あの人には負けたくない」と言う向上心に繋がれば、憎悪は躍進のための強い動機になりえます。

しかしそのためには強いメンタルも必要です。一度負けても再び立ち上がれるような精神が無ければ、憎悪を変化させることはできないでしょう。逆に、向上心と不倒の精神が備わっている人は、憎悪を力に変える事ができます。

憎悪を感じるデメリットは何?

自分の可能性や向上心を引き出してくれるのは憎悪のメリットですが、多くの人間が憎悪の感情を良い方向に持って行けるとは限りません。むしろ憎悪の感情によってメンタルや体調を崩すなどのトラブルに見舞われている方の方が多く存在しています。

生きている限り憎悪と言う感情を持ってしまう可能性は誰にでも潜んでいますが、その感情によって生み出されるデメリットに囚われないよう注意する事が大切です。憎悪によってどんな被害が生まれるのか、よく理解しておきましょう。