Search

検索したいワードを入力してください

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

Small 63bfe216 216d 4479 a631 c350e34f28edしげるちゃん
性格・タイプ / 2018年06月04日
外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

外向的と内向的の違い

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

人の性格を内向的か外向的かで分ける方法があります。一般的に、内向的な人は口数が少なく大人しいイメージがあります。逆に外向的な人のイメージは、話題が豊富で人と交わる事が好きといった感じがします。両方の性格には長所があれば短所もあります。一概にどちらが良いとは決める事ができませんし、決める必要もありません。

あなたの周りにも内向的な人もいれば外向的な人もいるでしょう。それらの人の違いについて考えた事がありますか。自分はどちらかと言えば外向的だから、内向的な人の特徴はよく分からないとか、逆のパターンも考えられます。

社会において人の特徴を把握する事は、あなたにとってとても有利になります。なぜなら上司や部下には内向的な人もいれば外向的な人もいるので、あらかじめそれぞれの違いを把握していれば、仕事上でも相手の心を掴みやすくなり、仕事がスムーズに運びます。仕事以外でも都合のいい事が多くあります。

状況別な外向的と内向的の違い

それでは、それぞれの主な項目においての外向的と内向的の違いを考えてみましょう。それぞれについて見ていくと、内向的と外向的の違いがはっきりしてきます。あなたの周りの人がどちらに当てはまるのかを考えながら、それぞれを見ていきましょう。

外向的と内向的の考え方の違いとは

内向的な人は考え方が慎重です。物事を決める際はじっくり考えて決めます。なぜならなるべくならリスクが少ない方、有利になる方を、あらゆる状況を加味しながら決める特徴があるからです。

外向的な人には楽観的な考え方の人が多くいます。彼らは決断が早く、色々と迷うことを好みません。結果的にその決断が間違っていても、落ち込む暇などありません。すぐに次の方法を選択して行動に移します。

変化に対する対応も対照的です。会社などで新しい企画を取り入れる際にも、内向的な人は慎重な性格のあまり、新しい企画や、今までと違う変化に富んだ企画を、たやすく受け入れる事ができません。

一方外向的な人は、いつまでも変わることの無いマンネリ感を嫌います。彼らは目新しさや変化を好む特徴があるので、逆にそれらのことを好奇心いっぱいで受け入れようとします。そうする事で、新たなるモチベーションを高めて、仕事への意欲を掻き立てます。

外向的な人と内向的な人の付き合い方

内向的な人は、一人か二人といった少人数で集まる事を好みます。大人数の場所に行くと気後れをして、自分を思うように表現できなくなります。逆に外向的な人は大人数で集まる事が大好きです。賑やかな場所であれば、なおさら自分をアピールしたがります。逆に少人数のような静かな場所では、居心地の悪さを感じてしまいます。

会話の場においては、内向的な人は気軽に人と話すのが苦手です。何気無い会話でも、言葉ひとつひとつが気になり、それとなく聞き流したり相槌を打つのが苦手です。会話に入り込めないと感じると、早くその場を去りたいと感じてしまう特徴があります。

一方外向的な人は、話の中身を楽しむ事はもちろん、人と話す事自体が好きなので、いつまでもおしゃべりを楽しむ事ができます。真面目な話もすれば、無駄なおしゃべりもします。そのように会話をする事でお互いが理解し合い、打ち解けあう過程を大切にするのが外向的の特徴です。

趣味趣向の違いとは

内向的の人の趣味は、一人で読書したり映画を見ることを好みます。ストレスの発散法は、一人部屋にこもり大好きな音楽を聞いたり、クロスワードパズルを完成させたりすることです。人の好みも自分と同じような人と付き合い、お互いの時間を共有します。大人数で出かける事はなく、一人や二人といった仲の良い、限られた人と付き合うのが好きです。


外向的な人は、スポーツやカラオケ、バーベキューなど大人数で楽しめる事が好きです。会社でも飲み会があれば、率先して参加します。とにかく賑やかな事が好きで、友達も多くいます。イライラすれば友達を誘って飲み会でストレスを発散します。逆に一人でいる事が苦手で、寂しがり屋の一面があります。

それぞれが向いている職業とは

内向的な人は、自分の好きな事にとことん没頭できます。その事から研究者、エンジニア、会計職、ライター、記者、ジャーナリスト、デザイナー、職人などが向いています。内向的な人は真面目で素朴な人柄が多いです。その特徴を活かすために、内向的な性格を克服し敏腕営業マンになる強者もいます。

外向的な人は、その人付き合いが好きであったり、話好きである特徴を活かす職業に就くのがおすすめです。営業、接客業、サービス業、政治家、タレント、司会業などが向いています。

外交的な人の特徴

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

ここまで内向的な人と外向的な人を比較しながら、両者の違いについて考えてみました。次に外向的な人の特徴にスポットを当てて、彼らの持つ人となりの特徴について考えてみましょう。この事で外向的な人は自らのことを省みる事ができ、内向的な人にとっては外向的な人を理解する上でとても役立ちます。

前向きな思考

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

考え方が前向きです。困難に突き当たっても「どうにかなるさ」と自分に言い聞かせ、まずは解決しようと困難に立ち向かっていきます。考えてから行動するより、行動しながら考えます。その際には、一人で解決しようとはせず、周囲の人の意見を聞いたり、力を借りるのが得意なので、自ずと周りの人の協力を得る事ができます。

また何事も後回しにするのが嫌いです。やりたい事、やらなければならない事は、率先して手を付けていきます。その事を溜め込むとストレスとなって、自分に降りかかるのが分かっているので、さっさと片つけていきます。どうすれば効率よく多くのことができるのかを考えながら行動できます。

その他、たとえ落ち込む事があっても、落ち込む自分を見るのが嫌いなので、自分を勇気付ける言葉を見つけては自らに投げかけます。そして再びモチベーションを高く保ち、落ち込んでいる状況から脱出しようと試みます。

直感を大切にする

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

外向的な人は自分の直感をとても大切にします。彼らは常日頃前向きな思考が身についている事は、前述したとおりです。前向きな思考には前向きな直感が閃きます。いわゆるインスピレーションと言われる直感です。そのインスピレーションに基づく行動は、彼らにとってはとても楽しい結果をもたらします。

物事はあまり考えすぎると、良い結果をもたらさない場合が多々あります。むしろ突然舞い降りたインスピレーションに基づき行動する事で、思わぬ好結果をもたらす場合が多くあります。外向的な人はその事をとても大切にします。さらに良い結果の積み重ねが、効果的なインスピレーションを呼び起こしてくれる事を外向的な人は知っています。

感覚は共通の話題に

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

外向的な人の感覚を常に外を向いています。つまり五感(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)を通して、外向的感覚を感じます。「見える」「聞こえる」「暑い」「臭い」「美味しい」などの感覚はすべての人に共通の感覚です。しかし外向的な人は常に感覚が外に向いているので、それらの感覚をとても詳細に捉え、覚える事ができます。

したがってそれらの感覚を客観的に捉えて、なおかつそれらの感覚を楽しみます。人と共有する事が好きな外向的な人にとって、五感に基づく感覚は他人との共通の話題となり、楽しみの材料になります。素晴らしい景色、素敵な音楽、肌触りの良いシャツ、心休まる匂いの香水、美味しい料理。全てが人との共通の話題になり得ます。

オープンな性格

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

外向的な人は何事においてもオープンです。賑やかな事が好きであり、多くの人と交わる事を好みます。人と話すことも好きであり、話を聞くことも好きです。その分隠し事は嫌いで、むしろ隠し事が苦手です。隠し事をすること自体悪いことと感じてしまうので、話難いことでもすぐに友達など周りの人に打ち明けます。

頭の回転も早いので、人を惹きつける能力にも長けています。会社においても人の上に立つことが好きで、自らリーダーシップを発揮します。落ち込む人がいれば積極的に声をかけては励まし、優秀な人がいれば彼らの経緯を称え、そのことを自分の事のように喜びます。そのような上司を持つ部下は幸せであり、ずっとこの人に付いていこうと思わせてくれます。

外交的か診断するチェック項目

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

最後に外向的は内向的かを診断できるチェック項目をご紹介します。あなた自身はどちらに当てはまるのか、テストしてみてはいかがでしょうか。

内向的の人は内向型の良さを活かす

さて、結果はいかがでしょうか。最初に述べたように外向型が良いとか、内向型は悪いとかで判断することはできません。それぞれにおいて長所短所があります。外向型の人は外向型の、内向型の人は内向型の長所を活かすことがとても大切です。

短所は助け合う

一方でそれぞれの短所においては、その事を嫌うことなく補い合う気持ちが大切です。内向的な人と外向的な人があらゆる場面で協力し合うことが、お互いの関係をより深いものにできます。

外向的な人と内向的な人が理解し合う

外向的と内向的の違い・診断するチェック項目|思考/直感/感覚

それぞれの特徴の違いについて考えてきました。両者の特徴はどこをとっても対照的です。それぞれに良さがあり、もう一歩のところがあります。それぞれがお互いの特徴を理解することは、むしろとても楽しいことであり、理解し合うことで相手の良いところを引き出すことができます。

もっと身近な人に目を向けて、お互いを理解し合いましょう。今よりもっと楽しい暮らしが待っています。

関連記事

Related