Search

検索したいワードを入力してください

ちょいブスの意味・ちょいブスが好かれる理由6つ|顔/明るい

Author nopic iconaki.
自分磨き / 2019年02月06日
ちょいブスの意味・ちょいブスが好かれる理由6つ|顔/明るい

ちょいブスの意味

「今よりももっとキレイになりたい」多くの女性がそのように感じています。確かにキレイな女性はモテます。チヤホヤされ幸せな人生を歩むでしょう。ではキレイでない女性は幸せになれないないのかというと、そんなことはありません。

今「ちょいブス」と呼ばれる女性が男性から高い支持を集めています。ちょいブスとは字のごとくちょっとブスな女性のことを指します。ちょいブスについて詳しくご紹介します。

顔のパーツ

美人はパーツのつくりが完璧です。目の大きさ、鼻の高さ、配置がすべて絶妙になされていますが、ちょいブスと呼ばれる女性はそうではありません。目が垂れていたり、鼻が低かったり、エラが張っていたりします。「惜しい」「もうちょっとで美人なのに」そんなふうに言われるのがちょいブスといわれる女性たちです。

ブサイクではない

ちょいブスと呼ばれる女性は決してブサイクではありません。ブスというワードが入っているため醜い容姿をイメージしがちですが、ブスよりではなく美人よりだと考えて良いでしょう。「特別美人でなない」「美人まであと一歩」それがちょいブスです。

完璧な美人になるのはそう簡単なことではありません。生まれつきのものが多いからです。しかしながらちょいブスには努力次第で十分になれます。ちょいブスを目指しましょう。

ちょいブスが男性にもてる理由6つ

ちょいブスな女性は男性にモテます。実際は、美人よりもモテると言っても過言ではないでしょう。ではなぜちょいブスがモテるのか、6つの理由を順に確認していきましょう。

理由1:主導権を握らない

完璧な美人はワガママになりがちです。もちろんそうでなく控えめな美人もいますが、どうしてもチヤホヤされる人生を歩んできたため、自分の思い通りに事を運びたいと考える人が少なくありません。恋愛シーンにおいても主導権を握りたがり、彼氏とぶつかり合うことも多いです。

その点ちょいブスは主導権を握ろうと躍起になりません。相手に合わせることも長けているので男性にとっては安らげる存在となるでしょう。

理由2:男性のプライドを傷つけない

完璧な美人は男性のプライドを傷つけることがあります。「〇○くんとのデートはもっと楽しかった」などとズバッ言って、男性の心をえぐることもあるでしょう。

一方、容姿などをからかわれ何度もプライドを傷つけられてきたちょいブスは、相手のプライドを不要に傷つけるようなことはしません。他人の傷みを知っている人は優しく、そしてモテます。

理由3:男性にとって安心できる存在

美人の彼女を持つ男性は安心できません。常に彼女が他の男性に狙われているのではないかと、不安を抱いていなければならず、そして不安な気持ちが嫉妬心へと発展し、言い争いや喧嘩が絶えないカップルも少なくないでしょう。

その点、ちょいブスの彼女に対して彼氏はそこまで不安を感じる必要はなく、安定した恋人関係を続けることが可能です。実際多くの男性が「ちょいブスくらいが丁度良い」と考えてます。

理由4:自分の足りないところを知り努力している

ちょいブスな女性は外見に対してコンプレックスを持っていることがほとんどです。そしてそれをカバーするためにさまざまな努力をしています。

また外見だけでなく、性格的な欠点や悪い癖なども改善するよう努力する傾向があります。自分の足りないところを素直に認め真摯に向き合う姿は美しく、男性はいつのまにかちょいブス女性に対して好感を抱くようになります。

理由5:男性に優しい

ちょいブス女性は男性を対等に見ています。そして当たり前のように優しく、親切に接することができます。ちょいブス女性は顔も性格も「丁度程よい」ことが多いと言えるでしょう。

理由6:地味だが光っている存在

ちょいブスな女性は一見地味で目立ちませんが、光っている存在だと言えます。例えば合コンの席でチヤホヤされるのは美人ですが、その横で料理を取り分けたり、テーブルを片付けたりしているのはちょいブス女性であることが多いです。

男女分け隔てなく盛り上げたり、話を聞いてあげるのもちょいブスな女性です。美人はしてもらうことに慣れていて気が利きませんが、ちょいブス女性は痒いところに手が届く、光る存在だと言えます。

ちょいブスを目指すあなたにおすすめの本はこちら

ちょいブスを目指そうという人におすすめの本をご紹介します。著書の山崎ケイさんはお笑いコンビ相席スタートで活躍する芸人で、テレビで見かけたことがある人も少なくないでしょう。この本には恋愛覇者になるためのさまざななテクニック、生き方が紹介されています。ぜひ参考にしてください。

ちょいブスになる方法4つ

非の打ち所がなく手の届かない美人になることを目指して必死になるよりも、愛嬌のあるちょいブスで人生を楽しみましょう。ここでは、ちょいブスになるための4つの方法をご紹介します。

方法1:メイクの仕方

ちょいブスに派手なメイクはご法度です。「美人じゃないんだからメイクで誤魔化さなきゃ」と盛ったメイクをしてしまうと垢抜け感が失われてしまいます。ちょいブスは雰囲気が重要です。決して美人ではないのに洗練されている、そんなイメージを周囲に抱かせるには自然に見えるメイクでなくてはなりません。

下記のサイトを参考にメイクの練習をしてみてください。あなたらしいメイクを施せば垢抜けた雰囲気を醸し出せるでしょう。

方法2:髪型の工夫

ちょいブスにおすすめの髪型はウェービーロングです。美人は基本的にどんな髪型でも似合いますが、ちょいブスは最も女性らしい「ゆるふわロング」で間違いありません。このヘアスタイルを嫌う男性はいないと言っても過言ではないでしょう。

ただしロングヘアはお手入れ必須です。枝毛だらけのバサバサヘアでは魅力半減ですので注意しましょう。

方法3:自分の内面を知る

ちょいブスと呼ばれる女性は性格美人であることが多いです。控えめで賢くそして優しい、そんな女性なら老若男女問わず愛されて当然です。自分の内面を知りましょう。

あなたが興味を持つことは何ですか。またあなたの個性はどこにあるのかを考えてみてください。自分を深く掘り下げてみれば、きっと魅力的なちょいブスになれるでしょう。

方法4:自分を卑下しない

自分をブスだと卑下していては、ちょいブスの魅力を発揮することは不可能です。ちょいブスの女性は明るく、そしてポジティブでなければなりません。そのはつらつとした元気さが、周囲の人々を幸せな気持ちにさせます。

根暗な美人よりも明るいちょいブスの方が楽しい人生を送るでしょう。自分に自信を持って、決して卑屈にならないようにしてください。

自分に明るさと自信を持つ事が一番大切

明るいちょいブスな女性は、男性にモテます。男性だけでなく、万人受けすると言っても過言ではないでしょう。完全な美人でなくとも、ちょいブス女性の屈託のない笑顔は多くの人を幸せな気持ちにさせます。

魅力的なちょいブスになるには、自分に自信を持つことが重要です。外見に対するコンプレックスを捨てて、自分の個性を大切にするようにしてください。

「ちょいブス」の特徴をもっと知ろう

関連記事

Related