Search

検索したいワードを入力してください

好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

Author nopic icontmm
片思い / 2018年12月19日
好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

好意とは異なる勘違いしやすいサイン

好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

気になる異性ができたとき、相手が自分に好意を抱いてくれているのか、興味を持ってくれているのか、気になるところでしょう。その判別方法を知りたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、どんなサインが好意なのか、勘違いしてしまうサインはどんなものなのかを紹介していきます。

まずは、好意とは異なる勘違いしやすいサインについて、確認していきましょう。

エスコート

1つ目の勘違いしてしまうサインは、エスコートです。エスコートされると嬉しい気分になりますが、自分だけではないという点を自覚しましょう。

大人数で食事に行ったときに椅子を引いてくれたり、ドアを開けて先に通してくれたりされると、この人は好意を抱いてくれているのかも、と感じることもあるでしょう。しかし、これは好意を抱いていない人に対しても、礼儀として行うことです。

自意識過剰にならないよう、注意しましょう。

ボディタッチ

2つ目の勘違いしてしまうサインは、ボディタッチです。ボディタッチされると、距離が近い気がして相手のことを意識してしまいます。

しかし、これもスキンシップの一つとして誰にでも行っている人が多いです。友達や同僚として好かれてはいるけれど、恋愛感情かどうかというところについては見極めが必要です。

服装や髪形を褒める

3つ目の勘違いしてしまうサインは、服装や髪形を褒めることです。服装や髪形の変化に気づかれると、いつも自分のことをみてくれているのかなと好意を感じます。

しかし、服装や髪形について褒めることは、コミュニケーションの1つであることが多いです。最も手短に話題となるのが、外見のことです。見たままの感想を言えば相手も喜んでくれることなので、恋愛感情の好意とは異なることを認識しておきましょう。

好きだと分かる好意を表したサイン9つ

好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

ここからは、好きだとわかる好意を表したサインをご紹介します。9つ示していきますので、この中に当てはまるものがあれば、相手は自分へ好意を抱いてくれている可能性があります。

相手を好きだと意識すると、目で追ってしまったり、照れてしまったり、自然とにやけてしまったり、自分ではコントロールできない感情が多くあります。もし気になる相手がそういった素振りをしてくれたら、アピールのチャンスとなることでしょう。

1:目が合うけど逸らされてしまう

1つ目の好きだとわかる好意のサインは、目が合うと逸らされてしまうことです。目を逸らすということは、恥ずかくて照れている相手の様子です。

目が合うということは、自分が相手を見た瞬間に、相手も自分を見てくれていることになります。その瞬間に逸らすということは、あなたを見ていたことを隠すために行っていることです。こういうときには、あなたから相手を見つめ続けてみましょう。

2:自然体に接してくれてよく笑う

2つ目の好きだとわかる好意のサインは、自然体に接してくれてよく笑ってくれることです。自然体に接してくれるということは、心を開いてくれている証拠です。

他の人と話している相手より、自分と話している相手のほうが壁を作っておらずありのままの状態だなと感じるときは、自分に好意を持ってくれていると考えて良いでしょう。自分だけ特別というところは、自信の持てるポイントです。

3:私生活に関して質問してくる

3つ目の好きだとわかる好意のサインは、私生活に関して質問してきてくれることです。私生活を気にしてくれるということは、相手が自分に興味を持ってくれていると考えて良いでしょう。

休日にはどんなことをしていて、何をしているときが楽しいのか、など私生活の具体的な質問してきてくれるときは、相手の好意を感じることでしょう。もし付き合ったらどのようなデートをしようかと、構想しているのでしょう。

4:会話しているときや話すときの距離が近い

4つ目の好きだとわかる好意のサインは、会話しているときや話すときの距離が近いときです。距離の近さは、相手が自分に対してのパーソナルスペースも近いということを表しています。

近くにいることで親密感が増し、さらに仲良くなれることでしょう。また、近い距離で目が合うと、一気に距離が縮まることでしょう。ぜひアピールしてみましょう。

5:身の回りのことを心配してくれる

好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

5つ目の好きだとわかる好意のサインは、身の回りのことを心配してくれることです。身の回りのことを心配してくれるということは、自分のことをよく見てくれているということです。

重たい荷物を持っているときに持つよと声をかけてくれたり、雨が降ったときに傘持ってるかどうか確認してくれたりしたときは、相手の関心が自分に強く向いていると意識しましょう。

6:趣味や好きなものに共感してくれる

6つ目の好きだとわかる好意のサインは、趣味や好きなものに共感してくれることです。気になっている相手が、自分の好きな趣味に興味を持とうとしてくれていると、喜びを感じることでしょう。

同じ趣味を持つことができれば、自然と会話が広がります。一緒に趣味をしてみようということにもなり、デートをできる日も近いことでしょう。

7:連絡を小まめにしてくれる

7つ目の好きだとわかる好意のサインは、連絡を小まめにしてくれることです。電話やメールの頻度が増えると、相手が自分とコミュニケーションをとりたいと考えてくれていると解釈して良いでしょう。

連絡をとりあうことで、離れている間もお互いのことを考えている時間が長いので、心の距離は縮まりやすいです。連絡が途絶えないように話題作りに努めましょう。

8:絵文字をよく使ってくれる

8つ目の好きだとわかる好意のサインは、絵文字をよく使ってくれることです。メールの文章に絵文字がよく含まれていると、感情表現が豊かであるといえます。

それだけ、あなたとのやり取りで感情の動きがあると言えますし、気持ちを伝えてくれていると理解しましょう。色とりどりの華やかな文面は嬉しい気持ちになることでしょう。

9:どんな話でも真剣に聞いてくれる

9つ目の好きだとわかる好意のサインは、どんな話でも真剣に聞いてくれる姿勢です。真剣に聞いてくれるということは、あなたの話に興味があるということです。

ふざけた話でも、深刻な悩みでも、しっかり聞いてくれる姿勢は、こちらを嬉しい気分にさせてくれます。

愛される女性になる方法を知ろう

片思いをしていると、どうすれば好意を抱いている相手が時分に興味を持ってくれるのか悩むことでしょう。男性をとりこにすることができるコツを集めた1冊となっております。

「「妄想」を操れる女は100%愛される」を、ぜひ読んでみでください。

好意がある人だけに見せる目線とは

好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

日常生活において人から視線を感じたとき、自分のことを何か考えているのかなと感じることは多いことでしょう。その中でも、好意がある人にだけ見せる目線というものがあります。

具体的にどのような目線のことをいうのか、確認していきましょう。

長時間何度も見つめてくる

長時間何度も見つめてくる目線は、あなたのことを非常に興味を持っているということです。目線というのは、どこかしら気になることがあってその人を見てしまっています。

そのため、長時間も見つめてくるということは、あなたのことを意識していると言って間違いありません。

瞳孔が開いている目をしている

「瞳孔が開く」という現象は、その人のことをより良く見ようとするときに起こります。つまり、瞳孔が開いた目をして見つめられているときは、自分のことをよく見ようとしてくれているということです。

どこに居ても目で追ってくる

好意を持つと自然と相手のことを目で追ってしまいます。つまり、どこにいても相手の視線を感じる場合、相手は自分のことを目で追っています。

気になる相手にそのような態度を取られたとき、自分から声を掛けるなど、アピールしてみましょう。

好意があるのか知りたいときはサインを見つけよう

好きだと分かる好意を表したサイン9つ・勘違いしやすいサイン

いかがでしたでしょうか。気になる相手から受けるサインについて説明してきましたが、理解することはできたでしょうか。

好意を抱いてくれているか知りたいときは、相手からのサインが出ているかどうか、見極めましょう。

行動も好意のサインを表している

相手の行動から好意のサインを受け取りましょう。自分に接する態度と周りに接する態度を比べて、自分にだけ表しているサインはあるのかどうか、見極めていきましょう。

相手の好意を的確に感じ、万全を期して相手へアピールすることで、自分に対しても自身がつくでしょう。

関連記事

Related