Search

検索したいワードを入力してください

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

Author nopic iconともちん
片思い / 2018年12月19日
気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

対象外だった人が気になる相手に変わるきっかけ例

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

人は成長してある程度の年齢になると、恋愛を経験するでしょう。そして、上手くいけばお付き合いをするということになります。では、人はどういうプロセスで人を好きになるのでしょうか。何がきっかけで知り合いや友達から気になる異性に変化するのでしょうか。

ここでは、対象外であった異性が気になる人に変わる理由について見ていきましょう。具体例をもとに紹介していきます。

例1:普段とは違う一面を見た

まず一つ目の具体例は、普段とは違う一面を知ったことで気になる人になってしまうという例です。これは誰しも経験があることでしょう。意地悪だと思っていた人が意外と優しかったり、男勝りな女性の女性らしい一面を見たときなどがこれです。これはいわゆるギャップ萌えです。

ふだんのイメージとは違う一面を見ることで、急にドキドキしてしまい、気になる異性へと変化していきます。

例2:優しくされた

優しくされたときも、それまで恋愛対象外だった異性が気になる人に変わる瞬間の一つです。これは相手も自分に気がある可能性があります。意図的に優しくされて、次第に意識してしまうという流れです。

「相手が自分のことを好きなのかな」と感じることで意識しだすきっかけになります。むしろ、優しくしてくる異性は自分に気があるというサインでもあります。

例3:好きだと言われた

最後に紹介するのは一番インパクトが強くストライクなきっかけです。それはずばり相手に「好きだ」と直接言われたときです。好きだと言われて意識しない人は少ないでしょう。

実際に恋愛をするかどうかは別として、好きと言われたら相手のことを気になる人として意識してしまいます。対象外だった人が気になる人に変わるのは案外簡単なことです。

気になる相手が好きな人に変わる瞬間

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

ここまでは、対象外の異性が気になる異性に変わるきっかけを具体例をもとに見ていきました。次は、気になる人が好きな人に変わる瞬間について見ていきましょう。ここでも具体例をもとに3つに分けて説明していきます。

気になる人が好きな人になるきっかけは案外簡単なものです。ふとしたことから好きになってしまうから、恋愛とは面白いものなのです。

嫉妬した

まず最初に紹介する、気になる人が好きな人に変わる瞬間は嫉妬です。ふとしたときに嫉妬をしているのは、相手を好きになっているということです。

例えば、気になる人が自分以外の異性と話しているときによく思わない、自分以外の異性とお出かけをすると知ってしまうと悲しくなるなどです。嫉妬するということは、感情が動かされているということです。恋愛は感情がどれだけ動くかだと言っても過言ではありません。

自分の存在に気づいて欲しくなった

次に紹介する気になる人が好きな人に変わるきっかけは、自分の存在に気付いてほしいと思うようになったときです。

例えば、集団でいるときに自分に話しかけて欲しいと思ったときや、誕生日を覚えてくれていると嬉しいと思ったとき、自分だけを買い物や遊びに誘ってほしいと思うようになったときなどです。これも先述の嫉妬してしまったときと同様に、相手を強く意識してしまったことで、感情が大きく動かされています。

相手の笑顔を見たくなった

最後に紹介するのは、相手の笑顔を見たくなったときです。こう思ったときも、相手が気になる人から好きな異性へと変わっています。

相手の笑顔が見たいというのは、自分といる時間を楽しんでもらいたいと思っている証拠でしょう。つまり、自分という存在を「素敵だ」と相手に認識してほしいということです。相手を笑顔にするために、デートプランを考えたり、プレゼントに工夫をしたりします。

【男女別】好きな相手にとる行動10パターン

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

意中の相手がいる人にとって、好きな相手がどういう行動をとるのかを知っておくことは役に立つでしょう。今好きな人がいる人には、必見のトピックになります。

自分の気になる人がどういう行動を自分に対してとるのか、自分に対して好意的な行動をとろうとしているかどうかは気になるところですが、男性と女性では好きな人にとる行動パターンは違ってきます。そこで今回は、男女別に行動パターンを見ていきます。

男性編

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

まずは、男性の場合の気になる人にとる行動について紹介していきましょう。男性は女性の場合と比べて、かなりわかりやすいと言えます。

男性は本能的に「女性に頼られたい」という欲求があります。そして、「自分をカッコよく見せたい」という欲求ももっています。ですので、好きな人にとる行動もそれにともなって変化していきます。ここからは、具体的に男性が好きな女性にとる行動を見ていきます。

行動1:目で追う

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

まずは、目で追うという行動です。どちらかといえば、モテない男性がよくとる行動と言えます。気になる人がいても特に行動に移せない男性は、とりあえず目で追うという行動をとります。

そして、ずっと見ている時間が長い程、気になっている度合いが大きいと判断できます。また、好きな女性に対しては目で追う頻度も高いです。

行動2:目があうのにすぐそらす

目があうにもかかわらず、すぐに逸らしてしまうということも、男性が気になる人にとる行動の一つです。人間が生活をしていると目をあわせることはよくあります。会話の最中はもちろん、買い物などのときも目をあわせます。それ自体は自然なことです。

しかし、目があったときにすぐに目を逸らしてしまうというのは、相手のことを意識しているということです。意識しているがゆえ、目があうと緊張して思わず目を逸らしてしまいます。

行動3:何かと話しかけてくる

何かと話しかけてくるという行為も、気になる人にとる行動パターンで多いものの一つです。誰しも好きな人とは積極的にコミュニケーションをとりたいと思うのが普通でしょう。

そのため、チャンスさえあれば話しかけにいこうとします。チャンスがなくても、無理やり用事を作っては話すきっかけにしようとする人もいます。

行動4:相談にのろうとする

男性は特に、気になる人から頼られたい、頼りになる男だと認識されたいという欲求があります。そこでよくあるパターンが、好きな女の子の相談にのってあげようとすることです。

しかし、相談にのるのは簡単なことではありません。軽い話ならいいですが、本気で悩んでいるときに的外れなアドバイスをしては逆効果でしかありません。自分勝手な発言をしてしまい、「何もわかってくれない」と幻滅されることも多々あります。

行動5:武勇伝を披露する

男性は、気になる人からすごい人だと一目置かれたい生き物だと言えるでしょう。そのため、やたらと武勇伝を語りたがる人がいます。武勇伝といえば聞こえがいいですが、単なる自慢話と受け取られることがほとんどです。

例えば、「エベレストに登頂したことがある」などの本当に素晴らしいことならば自慢してもいいですが、たいていは本人以外は興味がない武勇伝です。話すときは、本当に武勇伝なのか慎重になりましょう。

行動6:質問をする

気になる人とは「少しでも話していたい」と思うものです。男性はなんとか会話を継続させようと、あらゆる努力をします。会話を続かせるために一番多く使われるのは、質問を繰り返すという方法です。

これは、上手に質問できれば有効ですが、下手な質問だと尋問のようになってしまいます。尋問だと思われたら、相手に不快感を与えるだけです。誘導尋問ではなく、相手の興味のあることを掘り下げる質問をしてあげるといいでしょう。

行動7:自分のことを話す

自慢話ではなくても、人は自分のことを語るのが大好きです。相手が気になる人ならば、なおさらでしょう。自分の過去のことや将来の夢を話すことで、相手の女性に自分という人間を少しでも理解してもらおうとします。

もちろん、自己開示することで仲良くできることも多いですが、自分の話ばかりしてくる人にはなかなか好感はもちにくいです。やたらと自分語りをしてくる人は、好意の表れの可能性があります。

行動8:ちょっかいを出す

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

小さい時に常にちょっかいを出してくる男の子がいたでしょう。これは、嫌いだからちょっかいを出しているわけではありません。むしろ好きだからちょっかいを出しています。少しでもかまってほしいからちょっかいを出しているのです。

大人になっても、気になる人にちょっかいを出したがる人はたくさんいます。もちろん楽しいときならばいいですが、しつこいちょっかいの場合には当然逆効果ですので、限度は考えましょう。

行動9:無意味に近くにいる

気になる人のそばにはずっといたいと思うものです。気になる人に対してする行動パターンのひとつとして、何もないのにそばにいて離れないというのもあります。

気持ちは理解できる人も多いでしょうが、頻繁にこれをやられると相手は不快ですし、「気味が悪い」と感じられることもあるのでほどほどにしましょう。

行動10:休日に誘う

最後に紹介する男性が気になる人にとる行動パターンは、休日に誘うというものです。時間のない社会人にとって、休日はとても貴重な時間です。できるなら日頃の疲れを癒したいでしょう。しかし、疲れをとるのを犠牲にしてでも、誘う女性には気があるということです。

女性編

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

次に、女性の場合の気になる人にとる行動パターンを見ていきましょう。男性と女性では何が違うのでしょうか。大きな違いは、女性のほうが周りの目を気にするということです。

例えば、好きな男性がいても、猛烈にアタックしては他の女性たちから反感を買う可能性があります。そのため、女性は反感を買わないように気をつけながら行動します。

ですが、人間同士ですので、男性と女性の両方に共通しているところも多くあります。

行動1:ボディタッチが増える

ボディタッチが増えるというのは、女性が気になる人にとるようになる行動パターンのひとつです。男性から過度なボディタッチをすると問題になってしまいますが、女性のほうからのボディタッチはあまり問題になりません。

むしろ男性は女性に触れられると嬉しいと思う人も多く、女性は本能的にそれを理解しているので、巧みにボディタッチをつかいます。

行動2:たくさん褒める

女性は気になる人を他の男性よりたくさん褒めるという傾向があります。褒めることで男性に喜んでもらい、自分の好感度を上げようとします。そして、褒められた男性も悪い気はしません。

もちろん女性は本心で褒めていることもありますが、本心でなくても男性は女性に褒められると嬉しいと感じます。

行動3:目が合うとにっこりする

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

目が合うときににっこりとほほ笑むというのも、気になる人に女性が見せる行動パターンの一つです。これも「好感度を少しでも上げたい」という思いからきています。

にっこりとほほ笑むというのは、それだけで印象が良くなることですので、気になる異性以外にも使える方法です。笑顔を見せられて気分が悪くなる人などいないでしょう。

一方で、ほほ笑むことで思わせぶりな態度にならないように注意も必要です。

行動4:体調を気遣う

気になる人の体調を気遣うのもよくある行動パターンです。人は弱っているときに優しくされると、普段にも増して嬉しく感じるでしょう。本当に弱っているわけでなかったとしても、気にかけてもらっていると思うだけで幸せになります。

行動5:他の女性と話していると不機嫌になる

女性は、男性よりもずっと嫉妬深い生き物です。そのため、気になる人が他の女性と会話していることを良く思いません。少しの間だけでも、自分の好きな男性が他の女性と楽しい時間を過ごしていることに嫉妬して不機嫌になってしまいます。

これは、行動パターンの中でも一番多いものであり、反射的に起こってしまう行動でもあります。嫉妬を自分の中にとどめていればよいですが、あからさまに不機嫌になる女性もいます。

行動6:ちょっとした頼みごとを行動する

男性には女性から「頼られたい」という欲求があります。逆に、女性は気になる人に頼りたいという気持ちがあります。そのため、好きな男性にちょっとした頼みごとをするというのもよくある行動パターンです。

男性は頼りにされて誇らしいと思えますし、女性は頼みごとをしたお礼に食事に誘う口実にもなりますので、一石二鳥の行為でもあります。

行動7:差し入れをする

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

差し入れを頻繁にするときも、気になる人に対しての行動と言えます。これは、高校の部活などでよく見られる例でしょう。好きな先輩部員などに、試合前にお守りやクッキーなどを渡すといったことはよくあります。

もちろん応援したい気持ちが一番ですが、「自分の存在に気付いてほしい」「自分の気持ちをわかってほしい」という欲求もあります。

行動8:距離が近い

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

距離が近くなるのも、女性が気になる人に見せる行動パターンの一つです。飲み会の席などで、メニューを見るふりをして近づいたり、仕事中にわからないところを教わるふりをして近づいたりします。

行動9:「私もそれ好き」などの共感が増える

恋愛がうまくいく条件としてかかせないのが、気になる人との共感をどれだけ作りだせるかです。共感が多い人とのほうが話も盛り上がりやすいですし、共通の趣味などがあればイベントなどにお誘いするきっかけにもなります。

気になる人ができれば、その人にできるだけ共感して、共通点を増やそうとします。そして、「お互いに気が合う」というところをアピールしようとします。

行動10:相手を褒める

気になる人をなにかと褒めることも、女性が気になる相手に見せる行動パターンです。男性は女性と比べて、結果やステータスを褒めて欲しいと思う生き物です。逆に、女性はステータスや結果よりも、行動の過程を褒めて欲しいと思っています。

褒めるといっても、男性と女性で褒めて欲しいポイントは違います。ですので、気になる人を褒めるときには、「どう褒めれば一番喜んでくれるか」を考えて褒めましょう。

気になる人がいるあなたにおすすめの本はこちら

「気になる人がいても、どうやってアプローチしていいのかわからない」「そもそもまわりに話せる異性がいない」と思う一方で、「でも、モテたい」と考えている人はたくさんいるでしょう。そういう人にオススメの本が、「男と女のLOVE心理学」です。

心理学をもとにして、恋愛や結婚を上手く運ばせるためのノウハウが書かれている本です。参考にしてみてください。

意中の相手に気づいてもらうには

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

どうすれば意中の相手に自分の気持ちを理解してもらえるのでしょうか。どれだけ気になる人のことが好きで、気になる人のことを気にかけていても、気持ちが相手に伝わらなければ意味がありません。結果がどうであれ、気になる人に自分の気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

ここからは、意中の相手に気づいてもらう方法について、具体的に男女別にわけて説明していきましょう。

相手に気づいてもらうために【対男性】

まずは、男性に気づいてもらう方法からです。男性は女性よりも勘違いしやすい生き物ですので、少し女性らしいところを見せたり、セクシーさをアピールしたり、頼ってあげたりすると、気持ちが伝わりやすいでしょう。

秘密を打ち明ける

まず最初に紹介する自分の気持ちに気付いてもらう方法は、秘密を打ち明けてみるということです。男女間にかかわらず、秘密を打ち明けていくというのは、親密な間柄になるためにかかせない方法です。

そして、相手から秘密を打ち明けられると、「この人は自分のことを信頼してくれているのかな」と思うようになります。こうしたことが続くことで、「自分は相手にとって大切な存在なのだろうか」と感じるようになります。

ちょっとした頼みごとをする

ちょっとした頼みごとをしてみるというのも有効な方法です。男性は女性から頼りにされると嬉しいです。さらに、頼りにされるのがいつも自分だけだと気づくと、信頼されていると思えるようになります。

食事に誘う

思い切って食事に誘うというのもいい方法です。普段、一対一で食事に誘う間柄ではないならば、なおさら効果的です。一緒に食事をするというのはかなり特別な状況です。

時間帯としては夜がいいでしょう。昼休みとかならば、なんとなく話し相手に誘ったという印象が残りますが、夜ならばわざわざ誘ったという印象が強くなるからです。自分の気持ちを伝えたいならば、時間帯や雰囲気まで気にすることをおすすめします。

相手に気づいてもらうために【対女性】

続いては、意中の女性に気づいてもらう方法についてです。女性は、男性よりも気づいてもらうのが難しい傾向にあります。女性は男女の友情が成り立つと考えているからです。

ですので、食事に誘っても、単に「一緒に行く相手が欲しかったんだな」くらいにしかとらえられない可能性もあります。女性に自分の気持ちに気づいてもらうには、工夫が必要でしょう。

頼りになる存在であることを見せる

女性に自分のことを気に入ってもらったり、自分の気持ちを伝えるには、まずは自分が男らしくあることが大切です。男らしく堂々として、頼りになる存在であることをアピールします。頼りになると思ってもらうために、仕事を頑張ったり、体を鍛えてたくましくなることもおすすめです。

褒める

褒めるということも大切です。褒めるときのポイントは、女性の少しの変化にも気づいてあげることです。美人な人の見た目を褒めても意味がありませんし、オシャレな女性はオシャレだと言われ慣れています。そこを褒めても効果は薄いでしょう。

褒めるならば、他の人がなかなか褒めないようなポイントを褒めることがおすすめです。

ストレートに伝える

自分の気持ちをストレートに伝えてしまうという方法も効果的です。女性は男らしい堂々とした男性が好きです。多少不格好でも、自分の気持ちをハキハキと伝えられる人は好印象を与えます。最後はテクニックではなく、情熱が大事だということです。

好きな相手へのアプローチ

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

ここまで、気になる人についてどのようなアプローチをしたらいいのか、気になる相手に見せる行動にはどのようなパターンがあるのかをお伝えしてきました。

男性の場合は、相手の女性によって戦略を変える必要がありますが、気持ちを伝えるときはハキハキと堂々と伝えましょう。モジモジしているとカッコ悪く映ります。

女性の場合は、かわいらしさや頼っている感じを出したほうが、男性への印象はいいでしょう。

気持ちを伝えるLINE

気になる人に見せる態度・男女別10パターンとアプローチ

現代では、直接会ってコミュニケーションをとるよりも、LINEなどのSNSによるコミュニケーションのほうが多くなっています。LINEなどで気持ちを伝えるときは、しつこい文章にならないように注意しましょう。また、既読無視なども頻繁にあるので、精神状態を保つことも大切です。

しかし、手軽なツールであることは確かですので、積極的にコミュニケーションの回数を増やせるチャンスとして効果的に活用していきましょう。

関連記事

Related