Search

検索したいワードを入力してください

年上男性の深層心理7つ/年上男性の魅力・アプローチ方法

Author nopic iconおーじろう
片思い / 2018年12月19日
年上男性の深層心理7つ/年上男性の魅力・アプローチ方法

年上男性の魅力

最近、特に年上男性が好きだという女性が増えてきています。そんな女性を虜にする年上男性の魅力とは何なのでしょうか。現在、年上の男性に想いを寄せているあなたにその魅力とどうすれば年上男性との恋が上手くいくのか具体的なアプローチ方法について紹介します。

魅力1:心が広い

まず、年上男性の魅力の一つ目は、なんといっても心が広いというところです。

ある程度年齢を重ねた男性というのは色々な経験をしてきた分、心の広さを持っています。特に、年下の女性に対しては物事を許してあげられる範囲が広いのでそういった点に女性は魅力を感じます。

同年代の男性なら許してくれないようなわがままでも、年上男性であればその寛容な心で笑って受け入れてくれるという心のゆとりが女性にとっては魅力的に映るのです。

魅力2:包容力がある

男性に対して包容力を求める女性は多いですが、包容力があることも年上男性の特徴であり、魅力であります。

長い間人生を過ごしてきた分、すべてを包み込んでくれるような包容力を年上男性は持っています。女性にとっては、自分の至らないところや欠点など様々な点を含め受け入れてくれる器の大きさが魅力を感じるポイントになります。

こういった点から、女性にとって年上男性は優しい上に頼りがいがある魅力的な人として映ります。

魅力3:知識が豊富

より長い時間生きてきた分、年上男性は若い男性に比べて知識が豊富であるという特徴があります。

女性にとって、自分の知らないことを知っているということで魅力的に感じます。また、知識が豊富であるため、なにか選択をする際もその知識と冷静な判断でリードしてくれそうであるというイメージにつながるため、頼りになるという印象があります。

女性は男性が豊富な知識があるにも関わらず、それをひけらかすことなく、話しているときなどに自然と知性を感じることによって魅力を感じます。

魅力4:経済的な安定

やはり、年上男性の魅力的に映る要因の一つには経済的な安定があります。

ある程度の年齢になると仕事上でも役職についていたりと同年代の男性に比べて経済的に安定しています。

お金の面が魅力というとイメージ的に良くないと思われがちですが、年上男性が積み上げてきたキャリアによって得ている収入というのはれっきとしたその人の魅力と言えるでしょう。収入がよいという一面的なものではなく、その背景にあるその人の努力や実力に女性は魅力を感じています。

年上男性の深層心理7つ

ここまでは、女性から見た年上男性の魅力について紹介してきました。次に年上男性は女性にどう思われたいのか、何を求めているのかなど、年上男性の深層心理について紹介していきます。

心理1:頼られたい

これは、年上男性に限ったことではないですが、男性なら誰しも女性に頼られたいという願望を持っています。

男性は女性から頼られることで自分が必要とされている感覚を覚えます。自分は必要とされていると感じることで男性の心は満たされます。

また、頼られることで、頼りになる自分を女性にアピールすることができます。その結果、女性に頼りになるかっこいい人だと思われたいです。女性が困っているのを助けてあげたり、自分が頼りにされているということで年上男性の自尊心が満たされます。

心理2:性欲の強さを悟られたくない

年上男性は年下の女性にスマートでかっこいい男として認識されたいという思いがあるため、女性に性欲の強さを悟られたくないという心理があります。

若い男ならまだしも、ある程度年齢を重ねている自分の性欲が強いなんて思われるのは恥ずかしいという思いがあるのでしょう。

性欲を表に出さず、女性に接する年上男性の振る舞いがさらに年下女性に上品さや、スマートさがあるという印象を与え、がっついていない余裕のある大人の男性としてますます魅力的に映るのでしょう。

心理3:感謝されたい

これは、男性の承認欲求からくる心理です。

年上男性は年下女性になにか手助けとなるようなことをしてあげたいという思いがあるのですが、その背景にはこの感謝されたいという心理があるのでしょう。これは、頼りにされたいという気持ちと同様に、感謝されることによって自分が必要とされている感覚を実感します。

心理4:癒されたい

年上男性は女性に癒されたいという心理を持っています。

特に年下の女性は、年上男性と同年代の女性にはない天真爛漫で無邪気な可愛さを持っているため癒されるという年上男性も多いでしょう。

ただ、若い女性は元気があるためいつでも明るく元気なのは良いのですが、常に騒がしいという印象では癒されるというポイントからは離れてしまうので、時には落ち着いた雰囲気で癒されるという印象を与えられるといいでしょう。

心理5:縛られたくない

年上男性、特に独身の男性というのは今まで自分のやり方で物事を進めてきた人が多いです。そんな人が年下の女性に縛られることは、精神的な負担になりますし、煩わしいと感じてしまうでしょう。

自分はある程度年齢を重ねているのだから、自分自身の判断は自分に任せて欲しい、誰かに指図されたくないという思いは強いはずです。

年上男性と付き合っていく際は、男性を縛るような言動は慎みましょう。

心理6:リードしたい

これは頼られたいという心理からも通ずるものなのですが、やはり年上男性は自分が主導権を握って女性を引っ張っていきたいという思いが強い傾向にあります。

そうすることで、自分が頼りになるということや、大人の男としてのかっこ良さを年下の女性にアピールしたいと感じています。

年上男性のそういった心理を理解して、自分は甘えさせてもらって男性に引っ張っていってもらおうという気持ちを持つことが年上男性と上手くやっていくコツです。

心理7:結婚を考えている

年上男性はある程度年齢を重ねていますから、お付き合いとなると当然結婚のことを視野に入れています。

特に子供が欲しいと考えている年上男性であれば、なおさら、お付き合いして結婚してと考えるのが普通の流れでしょう。

若者同士のお付き合いであれば、結婚のことなんて何も考えていないというのはありがちなことですが、年上男性とのお付き合いになれば、年下の女性も男性との結婚を考えてあげることが大切です。

年上男性に好かれたいあなたへのおすすめ

あなたが好意を寄せているのが年上男性の場合、天真爛漫で明るいという若さを感じさせるアプローチも大切ですが、若いのに礼儀がしっかりとしているという印象を与えられるとさらに好感度を上げることができるようになっています。

まずは、正しい敬語を話すことから始めてみてはいかがでしょうか。

年上男性へのアピールの方法

年上男性の心理を把握した上でどうすれば年上男性に好いてもらえるのか、効果的な年上男性へのアピールの方法をご紹介します。

敬語を使う

相手は年上ですので、基本的には敬語を使うようにしましょう。早く仲良くなりたい、距離を縮めたいからと最初からタメ口で話すのはNGです。特に最初の方は正しい敬語を使い、しっかりしている子という印象を持ってもらいましょう。

ある程度、仲良くなり、タメ口を使ってもいいような関係性になった際も基本的には敬語で話し、話の合間にちょっとしたタメ口を使うのが効果的です。相手に対する敬意を見せつつも、親近感を出すことができるからです。

これは、相手にもよりますが付き合ってもないのに全くのタメ口を使うというのはおすすめできません。自分に対して敬意が払われていないのではないか思わせてしまう危険性があるからです。

感謝や礼儀を忘れない

特に仲良くなると感謝や礼儀に対する意識が薄れてしまいがちですが、どんなときも感謝や礼儀を忘れないようにしましょう。

年上男性は女性に頼りになる大人な男を演じたいので、礼儀ない態度を取られると敬意を払われていないと感じたり、なにかをしてあげたのに感謝されないとなると不満が溜まってしまうでしょう。

年上男性は広い心で接してくれるので、礼儀がなかったり感謝がないからといって怒ったりすることは少ないでしょうから相手から言われないので気づかないという事態に陥ってしまいがちです。ですので、自分が意識して仲良くなれた後でも感謝と礼儀は忘れないことが重要です。

過剰なスタンプや絵文字を控える

あなたにとっては普通のことでも、年上男性からすれば若い女性にはついていけない、理解できないと思うことは多々あります。その例が過剰なスタンプや絵文字です。

年上男性からすれば、絵文字をたくさんつけられると、読みにくい文面になってしまいますし、年下の女性のかわいらしさを出すために適度の絵文字はいいのですが、相手が困ってしまうほどの過剰なものは控えましょう。

褒める

褒めるという行為は年上男性の自尊心を満たしてあげる上で大切なことです。

褒められて嫌な気がする人はいませんから、なにか気づいたことがあれば言葉にして褒めてあげましょう。特に年上男性であれば、外見上のかっこよさを褒めるのもいいですが、だけど若くないからと消極的な考えに繋がる可能性もあるので、内面的な良さを褒めてあげることも効果的です。

頼る・甘える

年上男性には頼って、甘えて下さい。

同年代の男性であれば、頼ったり甘えたりすると負担になると考える方もいらっしゃいますが、年上男性は年下の女性に頼って欲しいし、甘えて欲しいと考えています。あなたが頼ったり甘えたりすることで年上男性の自尊心は満たされます。

年上男性には尊敬の意を忘れないようにしよう

年上男性と仲の良い関係になれたとしても、相手が年上であることを忘れないでください。距離を縮めることはいいことですが、そこに尊敬の意を常に持って接して下さい。そうすれば、年上男性とより良い関係を構築できるでしょう。

年上男性との恋を楽しもう

年上男性との恋についてもっと知りたい方にはこちらもおすすめです。下記に「年上男性との恋愛事情」・「年上好きな人の特徴」のリンクを紹介しますので一読していただき参考にしてください。

関連記事

Related