Search

検索したいワードを入力してください

よりを戻す方法9つ・メリット3つとデメリット3つ

Author nopic iconシュロウガ
恋の悩み / 2018年12月19日
よりを戻す方法9つ・メリット3つとデメリット3つ

よりを戻したいと考えている人は少なくない

以前付き合っていた人とよりを戻したいと考えている人は多くいます。

恋人が別れてしまう原因は、どちらかの気持ちが冷めてしまった場合が多いです。そのため、一方は好きな気持ちが薄れていても、振られてしまった人はいまだに好きな気持ちのままでいます。振られた人はよりを戻したい気持ちが強くあり、時間がたってもよりを戻す気持ちのままでいることもあります。特に、男性がよりを戻したいと感じることが多いです。

よりを戻した人の割合

よりを戻すことを考えている人は多くいますが、実際によりを戻すことができた割合は、男女ともに2割程度です。

ほとんどの人がよりを戻す気でいても現実に叶っていない場合が多いです。しかし、年齢別でよりを戻すことができた割合を見ると若干の違いがあります。30代になるとよりを戻すことに成功した割合が少し高いです。30代になると結婚や将来のことを真剣に考えるため、よりを戻す可能性が高いです。

よりを戻す方法9つ

よりを戻すことは上記の説明で簡単なことではないことは分かりますが、よりを戻すことに成功している人達もいるため、必ずよりを戻すことができないと諦めないようにしましょう。

よりを戻すことに成功させるためには、よりを戻すコツを身につける必要があります。ただ、自分の気持ちを伝えるだけでは、いつまでもよりを戻すことはできません。次に紹介するよりを戻す方法を参考にして、以前別れてしまった異性にアタックしよう。

方法1:気持ちを整理して冷静になる

よりを戻すことをしたい場合は、まず気持ちを整理して冷静になることが必要です。

よりを戻したいと感じている人は、恋人に振られた可能性が高く、以前振られた相手に強い愛情を抱いています。そのため、よりを戻したい気持ちをばかりを相手に伝えてしまいがちですが、逆効果になるため控えましょう。振られてしまった当初は冷静な判断ができない場合が多いため、まず冷静になりよりを戻すにはどうすればいいかを考えましょう。

方法2:別れた原因を突き止める

よりを戻したいなら、まず別れた原因を突き止めることをしましょう。

別れた原因が分からないままアプローチをしても相手が振り向くことはありません。そのため、振られた原因が分かっている場合は、早急に改善することから始めましょう。例えば、お金の使い方が荒いことで振られてしまった場合は、衝動買いを控え、貯金するように心がけることで相手が振り向いてくれる可能性を高めることができます。

方法3:自分の変化を相手にアピールする

自分の変化を相手にアピールすることでよりを戻すことができる場合があります。

上記で振られた原因を突き止め、改善しても相手に伝わらなければ意味がありません。そのため、自分が以前の自分ではないことを相手に知らせることで、嫌いだった部分が解消され、好きだった部分だけになったため、また好きになってくれます。上記のように金遣いで別れた場合は、質素な生活や不必要な物を買っていないことを見せてあげましょう。

方法4:前向きに考える

よりを戻したいなら、あまり後ろ向きな考えをせずに、前向きに物事を挑戦するようにしましょう。

振られてしまうと驚きと共にショックを受け、心に傷を負ってしまいます。また、振られた原因が分かっても、それ以外の個性も嫌いになり、自分自身が嫌になってしまいがちです。そのように塞ぎこんでしまうとよりを戻すことはできないので、必要以上に思いつめないことが大切です。

方法5:急に距離を縮めないようにする

よりを戻すことに焦ってしまい、すぐに恋人同士に戻ろうとするとかえって逆効果になるため、急に距離を縮めないようにしましょう。

誰でも早く元の関係に戻りたいと感じてしまいますが、振った側も時間を費やし考え悩んだ結果振っているため、すぐに考え直すことはありません。そのため、あまりよりを戻したい意思を伝えたり、以前と同じような距離感で話しかけないようにしましょう。

方法6:時間を空けて連絡を取る

よりを戻すためには、頻繁に連絡をするのではなく、時間を空けて連絡をする方がよりを戻すことができやすいです。

特に、誕生日にはしっかりメールなどで連絡することで相手も自分の誕生日を覚えてくれたという嬉しい気持ちになれます。また、恋人同士だった時に頻繁にやり取りをしていた場合は、あえて連絡する時間を空けることで、寂しさを感じさせることができます。時には押すだけではなく引く時も必要です。

方法7:自分磨きを怠らない

別れた原因にもよりますが、一部の魅力が欠けていることで振られてしまった場合は、自分自身を磨くことでよりを戻すことができます。

欠けていた魅力だけではなくその他の部分の魅力を磨くことでも効果的です。自分に足りないものが分かっている場合は、積極的に自分を磨く努力をしましょう。ナヨナヨした一面が相手に不快感を与えてしまっていた場合は、筋トレをして男らしさをアピールすることで惚れ直させることも可能です。

方法8:まずは友達に戻る

よりを戻したいと考えている時は、できるだけ相手との関係を離したくない気持ちが表れやすいですが、一度友達まで関係を戻すことも大切です。

友達に戻ることで、自分の良い面を改めて気付かせることもできますし、自分に欠けていた物を確かめることもできます。しかし、友達関係より関係が離れてしまうとよりを戻すことはかなり難しくなるため、友達の関係で維持できるように努力しましょう。

方法9:諦めない固い意志を持つ

振られた当初はよりを戻したいと強い意志を持っていても、以前のように接することができないため、苦痛を感じて途中でよりを戻すことに諦めてしまう場合があります。諦めた時点でよりを戻すことはほぼ不可能に近いため、よりを戻したいと強く思っている場合は、簡単に諦めずに強い意志を持ってよりを戻す方法を行いましょう。

そのため、連絡できる回数が減っても、続けていれば必ず振り向いてくれると考えましょう。

よりを戻すためにおすすめの書籍は?

この書籍は、以前付き合っていた彼女とよりを戻すためのテクニックが多く紹介されています。元カノとよりを戻したいと考えている男性におすすめの書籍です。

この書籍に掲載されているよりを戻すテクニックを行うか行わない場合では結果に大きな違いが表れる可能性があります。よりを戻すことは簡単ではありませんが、少しでもよりを戻す確率をあげたい場合は必ず目を通しておくことをおすすめします。

よりを戻すことのメリット3つとデメリット3つ

よりを戻すことは当人にとって良いことと考えてしまいがちですが、必ずしもメリットになるとは限りません。

よりを戻する事でメリットになることもありますが、同時にデメリットになる場合もあるため、よりを戻す前に一度確認しておくことが大切です。次に、よりを戻すことのメリットとデメリットを紹介しますが、よりを戻したことでデメリットが当てはまる可能性がある場合は、一度慎重に考えなおすことも大切です。

メリット1:結婚できる可能性がある

よりを戻すことの一つ目のメリットは結婚できる可能性があることです。以前別れてしまった時は結婚まで話が進まなかった場合でも、よりを戻すことで今度は結婚の話ができる可能性があります。そしてそのままゴールインすることも可能です。結婚することは恋人にとっては一つのゴールであるため、よりを戻したことで得られる最もメリットになることです。

メリット2:成長できる

よりを戻すことの二つ目のメリットは、自分自身を成長させることができることです。よりを戻すことは簡単ではなく多くの努力をした結果よりを戻すことができる場合が多いです。

よりを戻すために頑張って努力したことは、よりを戻すためだけではなく、今後の人生でも活用することができます。例えよりを戻すことができなくても、よりを戻すためにした努力は決して無駄でなく、成長するきっかけにもなります。

メリット3:出会いが無い人にはおすすめできる

よりを戻すことの三つ目のメリットは、出会いが少ない人の場合に限り当てはまります。出会いが少ない場合は、振られてしまうと新しい恋人を作ることも難しいです。

よりを戻すことができれば、一からの恋愛ではなく、途中から復帰する恋愛なため、結婚までのスピードも比較的早いです。そのため、出会いが少なく、できるだけ早く恋人や結婚したい場合は、よりを戻す方が手っ取り早い場合もあります。

デメリット1:失敗を繰り返す可能性がある

よりを戻すことのデメリットの一つ目は、同じ失敗を繰り返してしまう可能性が高いことです。振られた原因を解決せずによりを戻した場合は、より高い確率で振られてしまう可能性があります。その理由は、別れた原因が何も解消されていないため、同じ部分で嫌気がさしてしまうからです。

そのため、振られた原因が異性との不純な関係の場合は、他の異性との関係を全て立たないと同じ失敗をする可能性が高いです。

デメリット2:対等に付き合えない可能性がある

よりを戻すことの二つ目のデメリットは、以前振られた人が劣等感を抱きやすいことです。よりを戻すことができた理由は、相手が自分を許してくれたことなため、よりを戻した後も頭が上がらない立ち位置になる場合があります。

振られた人が上から発言しても、「じゃ、また別れる?」と言われてしまうとぐう根も出ません。そのため、相手に不快に感じることが合っても気軽に指摘できない関係になりやすいです。

デメリット3:元通りになるまでが大変

よりを戻す三つ目のデメリットは、よりを戻すまでの行いが大変なことです。

一度決めたことを再び元の考えに戻すことは難しいため、多少の努力ではよりを戻すことは難しいです。振られた原因が多岐にわたる場合は、より努力をしなければよりを戻すことができません。また、よりを戻すことができても他のデメリットが発生する可能性もあるため、必ず幸せになることができないこともデメリットの一つです。

よりを戻したいならしつこくしないことが大切

よりを戻したいならしつこくし過ぎることは禁物です。しつこくし過ぎるとより相手から嫌われてしまう可能性が高いため、よりを戻すことが困難になりやすいです。よりを戻したい気持ちが前面に出過ぎると逆効果になるため、少し身を引いて相手の行動を確認するようにしましょう。しかし、身を引きすぎると恋愛対象とも見られなくなるため、相手との距離感が重要です。

元カノとよりを戻す方法

元カノとよりを戻す方法は、近すぎず遠すぎない関係を維持することが大切です。

また、すぐによりを戻すのではなく、時間がかかってもよりを戻す考え、持つことも必要です。もし、相手に新しい彼氏ができたとしても諦めないようにしましょう。新しい彼氏との愚痴を聞いたり、振られた時に慰めることでよりを戻すことができる絶好のチャンスなため、タイミングをしっかり把握するようにしましょう。

関連記事

Related