Search

検索したいワードを入力してください

ハイブランドとは|ハイブランドの5選・商品

Small a1c24daa 47ed 440e bd64 df9700c700e6Tropical33
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年08月21日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハイブランドとは|ハイブランドの5選・商品

ハイブランドとは

ハイブランドとは、よく聞きますが何をもってハイブランドと言うのかご存知でしょうか。のブランドであればハイブランドと言えるのでしょうか。それとも価格がハイ(高いの意味)なのでしょうか。

まずはハイブランドの言葉の定義を明確にしてくことから始めていきましょう。具体的にどんなブランドのことを指すのか知っておくと何かと役に立ちます。ハイブランドを上手に使いこなせる大人を目指してはいかがでしょうか。

歴史あるブランド

ハイブランドの特徴として挙げられるのが、まずは歴史あるブランドだということです。古くから存在し、創業者の時代から根気よく作り上げていったブランドイメージは簡単には揺るぐことがありません。

古くからの伝統があるブランドには、信頼という安心感が保証されます。時を重ねることで作り出されるブランド価値は大きいです。結果、現在存在する多くのハイブランドが歴史のあるブランドとなっている現状があります。

品質が非常に高いブランド

ハイブランドは、ハイ・エンド・ブランドを略した言葉になります。ハイ・エンドとは、非常に品質の高いブランドであることが言えます。ブランドによっては、ギャランティーカード、もしくはシリアルナンバーがついており、本物であるということの品質保証システムもきちんと整っています。

なかには、一生を通して使える革バッグなどのアイテムもあり、故障するとブティックに持ち込み修理をしてもらい大切に使い続けていくことができます。

高価格帯のブランド

ハイ・エンドであるということは、自動的に価格が高価だということです。ハイブランドは、ファッション・ブランドの中でも、最も高い価格帯で販売されているブランドのことを指します。別名では、ラグジュアリー・ブランドとも呼ばれています。

ハイブランドは、品質が高く顧客に対するサポートもしっかりしています。また、ステータスや、持ち主のブランドの価値に相応する品性を得られるので、価格もそれ相応で妥当であると言えます。

【男女別】ハイブランド5選

男女別に現在のハイブランドをご紹介していきます。今旬のブランドについて、創業の歴史やブランドの特徴に焦点を当てていきましょう。どういうスタイルをもったブランドなのかざっくりと解説していきますので、自身のお好みのスタイルに合うブランドを見つけてみてください。

男性編1:ロレックス

1905年創業のスイスの腕時計メーカー。当時画期的であった防水時計で名を馳せた、王冠のトレードマークで知られるブランドです。いわゆる高級時計の中では、知名度と品質において有数に君臨する存在であり、世間一般に知れ渡る富と権力の象徴的存在という側面が強いです。

「オイスター」シリーズは、1926年に発表以来、長きに渡り男女ともにの防水モデルで、さまざまなヴァリエーションから選ぶことができます。

男性編2:アルマーニ

1934年創業のイタリアのハイブランドです。1980年に俳優リチャード・ギアの衣装を担当しハリウッドで有名になりました。イタリアらしい色気のあるデザインは、日本では「ちょいワル」とも言われ定評があります。

2017年には、俳優の西島秀俊さんが日本人としては初の広告モデルに抜擢されることで、日本におけるアルマーニに拍車がかかりました。

男性編3:ラフシモンズ

1995年にラフシモンズにより立ち上げられたメンズウェアブランドです。ジルサンダー、ディオールのクリエイティブ・ディレクターなども担当し、カルバンクラインのチーフクリエイティブオフィサーになりました。

ベルギー出身、インテリアデザイン畑から転向し独学でファッションを学んだデザイナーによる、クラシックとモダンが融合した独自のミニマルスタイルは、世界中のファッションに敏感な人から熱い支持を得ています。

男性編4:グッチ

グッチは1921年創業のイタリアに本拠地を置くブランドになります。皮革製品でスタートしたブランドであり、歴史と貫禄のある老舗ラグジュアリーブランドですが、現在はSNSを中心に幅広い層から受け入れられておりエッジも加わっています。

男性のグッチアイテムとしてなのが、GGスプリームシリーズのキャップや、バッグなどのモノグラムアイテムでしょう。またロゴTシャツのには目を見張るものがあります。

男性編5:バーバリー・プローサム

1998年にバーバリーの高級ラインとして立ち上げられた、伝統にモダン性を追加したハイブランドです。グッチやダナ・キャランを経て2000年初頭からディレクターに就任した、CEOであるクリストファー・ベイリーの功績により、ブランドに新しい息が吹き込まれました。

それは、バーバリーのアイコンでもある、従来からのチェック柄を一切なくすことによる大胆なイメージチェンジでした。