Search

検索したいワードを入力してください

異性の友達が多い人の13の特徴・異性の友達を作る5つの方法

Author nopic iconそらあおぐ
人間関係 / 2019年02月13日
異性の友達が多い人の13の特徴・異性の友達を作る5つの方法

異性の友達が多い人とは

周囲を見渡すと、友達を多く持つ友達が1人くらいはいます。このようなタイプは同性の友達だけでなく、異性の友達も多いことがあります。異性の友達が多いということは、異性との接し方をしっかりと理解していて、異性の友達もその友達のことを信用して理解しているということになります。

このように異性からの信用を得ることができ、多くの友達関係を維持できる人にはいくつかの特徴が見られます。

異性の友達が多い人の13の特徴

異性の友達を作る場合には、異性から信用を得る必要があります。なので、恋愛感情を持ってしまったり、下心があったりなどすると、友達としての信用を得ることができません。

異性の友達が多い人は、異性から友達として信用ができると判断できるような要素を多く持っています。そのため、安心して友達関係を続けることができ、その様子を見ている別の異性も安心してその友達に近寄ることができるため、友達の輪が広がっていきます。

特徴1:男女で態度を変えない

異性の友達が多い人の中には、友達が男性でも女性でも態度を変えないという人がいます。このようなタイプは、本人が異性の友達のことを異性として意識していないということがあります。

そのため、男性と女性で接し方に差がなく、接している方も相手のことを異性として意識することがなくなります。なので、お互いが性別を意識せずに接することができるため、友達関係を維持することができます。

特徴2:ノリが良い

異性と接するときには、どうしても気を使ってしまうという人は多いです。しかし、一緒にいてノリが良い場合は、楽しいという感情が先行してしまうため、性別が気にならないことがあります。

これは本人の方が異性であることを意識していなくても、相手が異性として意識してしまうという関係性のときに有効で、気がつくと仲良くなったということもあり、多くの人を巻き込むこともあるので友達の数も自然と増えていくことが多いです。

特徴3:ポジティブ思考

ポジティブ思考な人の周りには、その明るい性格に惹きつけられて人が集まってくることがあります。このとき、集まる人には男性も女性も関係ありません。

そのため、自分の周りに集まった人と仲良くなってしまうような人であれば、男性も女性も関係なく友達が多くなります。また、このタイプの人はポジティブな性格から友達を増やすことにも積極的なことも多く、知らない人と仲良くなろうという前向きな姿勢であることも多いです。

特徴4:笑顔が多い

ポジティブな性格の人の周辺に人が集まりやすいように、常に笑顔の人の周りにも人は集まりやすいです。常に笑顔でいることで、周囲の人に対して安心感を与えることができます。そのため、男性も女性も関係なく接しやすく感じます。そのため、異性の友達も自然と増えていきます。

常に笑顔の人は物腰が柔らかで、接していて優しい印象が強いため、同性の友達よりも異性の友達の方が多くなりやすいです。

特徴5:話し上手

友達関係になるということは、まずは仲良くなる必要があります。他人と仲良くなるためには会話は避けることができません。そのため、会話が上手な人は友達を作ることも上手です。

また、異性に対して配慮のある接し方をわかっている人であれば、会話が上手なこともあり、すぐに異性であっても友達になることができます。特に、聞き上手であれば会話の流れもコントロールすることも上手で、相手のことを短時間で理解してしまいます。

特徴6:自然体

誰と接するときでも自然体で接することができる人は男性、女性関係なく仲良くなることができます。自然体でいるということは、相手によって態度を変えないということでもあります。これは、先にも述べた通り、異性の友達が多い人の特徴です。

しかし、男女で接し方を変えないということは、男性と接するときと同じ接し方で女性とも接するということでもあります。なので、女性の中には性格が合わないと感じる場合もあります。

特徴7:親しみやすい

友達の数が多い人は親しみやすさを持っています。親しみやすさは、その人の性格から出ていることが多く、先に述べたポジティブな性格や、常に笑顔の明るい性格なども親しみやすい性格の1つです。親しみやすさが強いと、仲良くなりやすいため、すぐに友達となることができます。

他にも、優しい人や、マメな人、天然キャラなどの性格なども親しみやすくて、友達が多くなりやすいです。

特徴8:異性の兄弟がいる

先に述べた通り、異性への配慮ができる方が異性の友達が増えやすいです。そのため、異性の兄弟がいる人は異性との接し方をよく知っているので、異性の友達も増えやすいです。

異性への接し方と言っても、常に丁寧に優しく接するのではなく、気を使う部分と気を使わなくて良い部分がハッキリと分けて把握できているということです。この区別ができる人は異性側から接しやすさを感じてもらうことができます。

特徴9:行動力がある

行動力がある人は、いろいろなことを考えて実行に移す力があります。そのため、他の人よりも行動範囲が広くなります。行動範囲が広いということは、多くの人と出会い、関わることになります。なので、自然と友達が多くなります。

また、行動力があって行動範囲を広げる人で、人と接することが苦手という人は少ないです。なので、男女関係なく、態度を変えることなく接することもできるため、異性の友達も増えていきます。

特徴10:積極的である

上記で述べた通り、異性の友達が多い人の中には行動力が高い人もいます。考えた行動を実行するためには、積極性が大切です。積極的な行動を起こせるため、このような人は行動範囲を広げることができます。

また、行動範囲を広げたことで、新しく出会うことができた人に対しても、積極的に接しようとします。あらゆる場面で、この積極性が出てくるため、人との関わりも増えて、友達の数も増えていきます。

特徴11:気配りができる

友達の数が多い人は、周囲の人からそれだけ信頼されている人ということでもあります。変な人や信用ができない人では友達になろうと思われません。

しかし、気配りができる人であれば、困っていたり、手助けできることがあったりする人が近くにいれば、手を差し伸べます。何も言わなくても、相手が望んでいることをしてあげることで、その相手は自分のことをよく理解していくれていると感じ、信用を得ることができます。

特徴12:趣味が多い

趣味が多い人は、友達を作る機会も多くなります。アウトドアのような複数の人と一緒に行うような趣味であれば、その趣味を通して多くの人と出会うことになります。なので、自然と異性の友達も増えてきます。

また、1人で行う趣味であっても、共通の趣味を持つ人と出会うと、一気に仲良くなることもあります。そのような趣味を多く持てば、それだけ友達が増えるきっかけも多くなります。

特徴13:同性の友達も多い

先に述べた通り、異性の友達が多い人は男女に関係なく同じように接することができます。なので、異性ばかりと仲良くなってしまうという人は意外と少ないです。そのため、異性の友達が多い人は、異性の友達の数以上に同性の友達がいる場合が多いです。

また、同性からの評判が良くて異性が安心して接することができるということで、異性の友達が増えていくということもあります。

友達を作るということ

先に異性の友達が増えるのではなく、同性の友達から増えていくという人は多いです。なので、最初から無理をして異性の友達を作ろうとせずに、まずは仲良くなりやすい同性の友達から作っても良いでしょう。

また、男女関係なく友達を作るということは、友達という関係について詳しく知っておく必要があります。できれば、大人になる前に友達について理解しておくと、大人になってからの友達作りに苦労することもなくなるでしょう。

男女の友情は成立するのか

男女の間で友情は成立しないと言う人もいます。しかし、恋愛感情を持たずに、友情関係を育てれば、男女であっても友情を成立させることはできます。ただし、同性間での友情の形とは少し違います。

同性と異性の友情の違いが理解できない人では、男女間の友情を成立させることは難しいでしょう。また、このことを理解できていなくても、恋愛に興味がない絶食系の人同士であれば無意識に友情を成立させることもあります。

異性の友達が多い人はモテるのか

異性の友達が多い人は、周囲に多くの異性が集まっているので、モテているように見えます。しかし、その集まっている異性は恋愛感情に関係なく、友達として集まっています。

そのため、人気者に違いはありませんが、決してモテているわけではありません。なので、異性の友達が多い人でも、友達以上としては見れないとフラれてしまうこともよくあります。しかし、異性の友達が多いことで恋愛のきっかけが多くなることはあります。

異性の友達がいるメリットとデメリット

友達が多いということは、周囲からの信用が大きいということです。そのため、友達が多い人はその信用性が広まり、さらに友達が増えていきます。

しかし、恋人ができたときにはその恋人から異性の友達との接触を避けて欲しいと言われる場合もあります。恋愛感情なく異性の友達と接しているので、これは単純に友達の範囲がせばまるデメリットしかありません。なので、自分だけでなく恋人にも友達について理解を求める必要はあります。

異性の友達を作る5つの方法

異性の友達が多い人は、異性と友達になりやすい性格的特徴をいくつか持っています。そのため、異性の友達ができないと言う人は、その特徴を真似することで、異性の友達が作りやすくなります。

方法1:異性と話すことに慣れる

異性の友達が多い人は、それだけ日頃から異性と接する機会が多いということです。そのため、異性との接し方が上手です。

異性の友達が少ない人は、どうしても異性として意識してしまうため、相手にもそのことが伝わってしまいます。なので、異性との接し方を多くの女性と話すことで身につけましょう。

方法2:遊びの誘いは断らない

異性の友達が多い人の特徴の1つに行動力の高さがあります。積極的に行動範囲を広げることで多くの人と出会う機会を作ります。

なので、遊びの誘いがあったときに、興味がない内容であったりしても、なるべく参加をしまよう。人との出会いの機会を多く作ることで、異性の友達を作る機会も増やすことができます。

方法3:笑顔で親しみやすさを出す

話しかけにくい雰囲気を持っている人は、初対面の人から警戒されてしまいます。警戒されてしまった人とは友達になれる可能性が減ってしまいます。なるべく多くの人と親しくなるためにも、常に笑顔で接しやすい雰囲気を出しておく方が友達を増やすことができます。

方法4:自分から異性に話しかけてみる

異性ということで、話しかけにくさを感じてしまう人もいます。しかし、異性であろうと、同性であろうと、話して見ないことには相手のことを理解することができなく、自分のことを伝えることもできません。なので、まずは積極的に話しかけることが重要です。

方法5:男女関係なく平等に接する

異性には同性と同じ接し方ではいけないと意識してしまう人がいます。たしかに、全く同じ接し方では相手に不快な思いをさせてしまうこともありますが、あまりに意識しすぎると、相手の方も異性として意識してしまいます。

なので、異性として意識なく、仲良く接することができるように、なるべく男女で接し方を変えるようなことはやめましょう。

自然体でいられる異性の友達を見つけよう

異性の友達が多い人は同性も友達も多いです。友達が多いということは、それだけ周囲から信用されている人ということでもあります。また、友達が多い人の方も、友達のことを信用しています。そのため、お互いが信用できる関係なので、自然体で接することができます。

なので、まずは友達を作る際にはお互いが自然体になれる関係を築けそうな人と仲良くなることを意識してみましょう。

異性の友達との付き合い方を知ろう

異性の友達が多い人は異性との正しい接し方を知っています。これは、多くの異性と接したことで身につけることもあれば、家族などの近い存在の異性から学ぶこともあります。異性との正しい接し方を身につければ、異性の友達もできやすくなります。

関連記事

Related