Search

検索したいワードを入力してください

ファッションセンスがない人の特徴10個・必要なこと

Author nopic iconkumalift
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年08月30日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2018年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ファッションセンスがない人の特徴10個・必要なこと

ファッションセンスとは

ファッションセンスが高い人もいれば、あまりファッションセンスに自信がないという人もいるでしょう。本記事ではファッションセンスがない人の特徴10個・必要なことについて紹介していきます。

ファッションセンスが高いと、洋服の合わせ方にも幅が広がったり、見栄えもぐっとアップします。今よりももっとおしゃれを楽しむことができるなどのメリットがあるでしょう。

服装に対する美意識

ファッションセンスとは服装に対する美意識のことを表す言葉です。美意識とは、美に対しての意識のことで、ファッションセンスの高い人を見ると一定のルールやこだわりを持って服装のコーディネートを楽しんでいる様子が伺えます。

ファッションセンスの高い人は自分の中の洋服に対する美意識が確立しているので着こなしにも自信があり、値段的に高い洋服やブランド物を着ていなくても十分上品で素敵に映ることがあるでしょう。

美的感覚

ファッションセンスは美的感覚でもあります。美的感覚とは、美を感じとる感覚であり、ぱっと見て、美しい、または醜いと思ったりする、ある一定のモノを視覚として捉えた時に感じる感覚です。

ファッションセンスの高い人は自分自身の美的感覚も研ぎ澄まされています。「美しい」「いいな」と感じることをどんどん吸収し、自分で生かしていくことができるのでおしゃれでセンスの高い着こなしを実現していくことができるでしょう。

ファッションセンスがない人の特徴10個

ファッションセンスを磨くためには、逆にファッションセンスがない人の特徴を抑えて置く必要もあるでしょう。

次はファッションセンスがない人の特徴10個について紹介していきます。自分のファッションセンスには問題があるかどうか、ファッションセンスがない人の特徴をチェックしていく中で確認してみましょう。

1:自分の体形に合うサイズ感を分かっていない

ファッションセンスがない人の特徴として自分の体型に合うサイズ感を理解していないということがあります。自分の体型に合っているか、ぴったりなサイズ感であるかどうかということは洋服を着こなす上では重要です。

特にシャツ、ジャケットなど綺麗めでフォーマルな印象な服を着る際は、自分の体型に合うサイズを着ていないと、やたらとだぼついていたり、野暮ったくだらしない印象になってしまうでしょう。

2:服の着こなし方が下手

服の着こなし方が下手という特徴もファッションセンスがない人の特徴にあります。服をたくさん持っていて流行には敏感であるものの、トレンド感の強いデザインの服を購入する癖がある人は、着こなしの難易度は上がります。

特徴的な服は単純にシンプルな服と合わせればいいと考えるものの、実際合わせてみると似合わなかったりセンスを疑われてしまうコーディネートをしていることがあるでしょう。

3:色の合わせ方が変

ファッションセンスがない人の特徴として色の合わせ方が変ということもあるでしょう。ファッションには色使いも重要です。落ち着いたカラーばかりで組み合わせると地味な印象になってしまうこともありますし、あまり目立った色を身に着けると派手すぎておしゃれを通り越して奇抜な印象を与えてしまいます。

ファッションセンスの良し悪しは全体のバランスや服の形の特徴なども抑えつつ色を合わせていくことが必要になるでしょう。

4:髪形が似合っていない

髪型によっては服から少し離れていますが、ファッションセンスがない人の特徴として髪型が似合っていないということもあります。ファッションセンスがない人は自分に合った髪型を選ぶのも下手です。自分の良さを光らせる形を持っていないので洋服だけではなく、髪型でも似合ってないヘアスタイルを選んでしまっていることがあるでしょう。

5:清潔感を重要視していない

ファッションセンスがない人の特徴として清潔感を重要視していないこともあるでしょう。清潔感は相手に良い印象を与える重要なポイントです。

例えば、首元が伸びてしまったり、毛玉ができてしまったり、シワがついている服を着ているという人は清潔感を感じさせません。何年も着続けているような洋服は本人にとっては愛着があっても、清潔感の面から周りには不快な印象を与えたり、ださいと感じられることがあるでしょう。

6:全身の組み合わせを考えていない

色の合わせ方が変と重なる部分でもありますが、全身の組み合わせを考えていない人もファッションセンスがない人の特徴です。上下共に派手な服は目が疲れますし、地味な服は野暮ったく見えます。

また、全身ブランドで固めた洋服に身を包んでいる人はどこかださい印象になります。特にブランドロゴを見せつけるような着こなしは、ブランドを自慢したいだけであってファッションセンスがないと感じさせるでしょう。

7:服にそもそも興味がない