Search

検索したいワードを入力してください

愛着がわくとは・愛着を持つ人の特徴7つ・愛着を持つものの特徴

Small 80fee369 7ba9 4993 9be8 dad0e5c0d68acandyrin
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年08月20日

更新日:2019年02月13日

記載されている内容は2018年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

愛着がわくとは・愛着を持つ人の特徴7つ・愛着を持つものの特徴

愛着がわくとは

「愛」が付く言葉は色々ありますが、そういった中でも「愛着がわく」はよく聞く言葉の一つです。「愛着」とはどういった意味があるのか、さらに「愛着がわく」とはどういった感情なのかや特徴などを改めて探っていきましょう。

読み方

「愛着がわく」の「愛着」は、通常は「あいちゃく」と読みます。仏教語では「愛着」は「あいじゃく」と読み、日常的に使われることはほぼありませんが、小説の中には「愛着」と書いて「あいじゃく」と読ませるようにふりがながふられている作品もあります。

しかし、一般的に「愛着がわく」を「あいじゃくがわく」と読むことはなく、「あいちゃくがわく」で間違いがないといえます。

意味

「愛着」には、慣れ親しんでいる人や物に心を惹かれることや、可愛いと思い込むことといった意味があります。

続く「わく」に関しては、漢字の「湧く」と「沸く」で悩むことがありますが、「湧く」は、何もなかったところから出現する状態、「沸く」は感情や物などが変化する状態を意味するため、「愛着がわく」は、ものもしくは人に対する考えや感情が生じた状態を表すため、「湧く」がふさわしいと考えられます。

愛着がわくという感情を持つ人の特徴

人の持つ感情は、その人によって微妙に違います。「愛着がわく」という感情も、強く持つ人と持たない人に分かれます。どういった特徴を持つのかを紹介しますので、自分自身、または周りの人はどうなのかなどを、普段の行動から照らし合わせてみましょう。

特徴1:人や物を大事にする

誰にでも一つくらいは思い出の品があるものですが、愛着がわくとその品物がなかなか捨てられず、ボロボロになっても持ち続けることがあります。「愛着がわく」という感情は、このように物をなかなか捨てられないといった特徴もありますが、物を大切にする気持ちが強いともいえます。

人に対しても関係を大切にしようとする気持ちが強いため、相手の気持ちを思いやる優しい人で、自分と関わりのある人を大切にする特徴があります。

特徴2:感情が豊か

愛着がわく感情を持つ人は、人との関係を大事にするため、相手をよく見ていることがあります。そのため、知人や友人に辛いことや哀しいことがあると、同じような気持ちになり、悲しんだり怒ったりしてくれます。

自分の気持ちも素直に表現する、感情豊かな人ともいえます。ただし、感情が豊かなだけに不安にもなりやすい特徴があるため、愛着のある物がなくなると精神バランスを崩してしまうこともあります。

特徴3:寂しがり屋

愛着がわく感情を持つ人は寂しがり屋な面も持っています。誰でも寂しさを感じてしまうことはありますが、愛着がわく感情を持つ人は、相手にわがままを言えない性格も持ち合わせているため、寂しさを我慢してしまいます。

誰かに側にいて欲しいときも、相手に迷惑をかけてしまうことを先に考えてしまうため、連絡をすることさえためらってしまいます。そんな時、寂しさを紛らわせるために別な何かを探してしまうこともあります。

特徴4:優しい

物や人に対して愛着がわく感情を持つ人に共通する特徴といえば、とにかく優しい人であることが一番にあげられます。相手に寄り添い心を思いやり、少しでも気持ちを理解しようと頑張ります。そのため、頑張り過ぎてストレスが人よりもたまりやすいともいえます。

問題があれば一緒に解決法を見つけようとしますが、発言はアドバイス的なものに抑え、決して自分の考えを押し付けない優しさもあります。

特徴5:古いものを捨てられない

新しいものが出るたびに使えるものでも買い替える人もいますが、愛着がわく感情を持つ人は、使い心地のよさやそれにしかないメリットを感じているため、例えそのものと同じような機能が備わったものが新しく出たとしても、元々使っているものと交換することはなく、壊れてしまってもなかなか捨てられません。

愛着がわく感情を持つ人にとって、壊れたものにも思い出が詰まっていることが捨てられない理由です。

特徴6:依存しやすい

人は、寂しい気持ちを紛らわせるために、誰かとおしゃべりしたり、趣味に没頭したりなど色々な方法を取るものですが、愛着がわく感情の強い人は、愛着がもてるものを探してしまう傾向があります。

見つけたものに対して依存することで寂しさを紛らわせようとするため、人によって依存の度が過ぎることもあります。生活にも支障がでてしまうこともあるため、依存しすぎるようであれば、早めに誰かに相談するようにしましょう。