Search

検索したいワードを入力してください

恋人に興ざめされない5つの予防法|男女別の興ざめエピソード

Author nopic icon橘ケイ
カップル / 2018年12月20日
恋人に興ざめされない5つの予防法|男女別の興ざめエピソード

恋人に興ざめする瞬間

「百年の恋も一瞬で醒める」とはよく言った物です。今回は、恋人に興ざめしてしまう瞬間についてご紹介していきます。

恋人に興ざめする瞬間は、どんなときだとおもいますか。よく言われているのは、「本性を見せたとき」です。普段は優しいのに、電車やデート先で他人と肩がぶつかったとき、小さくしたうちをした、とかです。

今回は興ざめされないために出きる事もご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

興ざめが別れの原因に繋がる

興ざめが別れの原因に繋がることはよくあります。ものすごく好きだったけれど、年月を重ねるにつれて、着飾ったところがなくなり、開けっぴろげになり、最低限のマナーさえ感じなくなってしまった、などお悩みのカップルもおおいでしょう。

結婚を考えていたけれど、現状でこの状態なら、結婚したらもっと悪化していくだろうと予測し、別れを切り出されるという事です。

相手に興ざめされない5つの予防法

相手に興ざめされない5つの予防法があります。興ざめされたら、ふたたび気持ちに熱を灯す事はむずかしいです。そのため、元から興ざめさせないように気をつけましょう。

今回ご紹介するのは誰にでもできる、かんたんな予防方法です。よく読んで、よく考えて、パートナーのために予防方法をとる気があるのか、見極めてください。予防をしようとおもえなかったら、もう別れた方がいいでしょう。

「親しき中にも礼儀あり」を忘れない

全体を通じて大切な事は、「親しき中にも礼儀あり」を忘れない、です。

カップルとはいえ、夫婦とはいえ、礼儀を忘れてはいけません。また尊重する事も忘れてはいけません。尊敬しているからこそ、礼儀作法は活きてくるという事です。勝手にスマホをみたり、心のキズをえぐるような事をしたり、そういった事をしてはいけません。

予防法1:スマホを見るのは最低限

予防法1つめは、「スマホを見るのは最低限」にするということです。

スマートフォンは、ひとつあるだけで、連絡手段にもなりますし、ゲームもできますし、時計にもなります。また、インターネットというかなり強いツールを持っています。そのためついつい時間つぶしや、暇つぶしにスマートフォンを見てしまいます。しかしその時間をパートナーとの時間に充てるようにしましょう。スマホ依存していたら興ざめされてしまいます。

予防法2:昔の恋人の話はNG

予防法2つめは、「昔の恋人の話はNG」ということです。

昔の恋人の話しをすると、しなくてもいいヤキモチを妬いてしまったり、ケンカの原因になって興ざめしてしまいます。また、人によってはまだ元恋人に気が残っているひともいます。もしくは本当に心から嫌いになっていて、話しをしたくないという場合もあります。

いずれにせよいい事はないので、過去の恋人の話しではなく、自分たちの未来の話をしましょう。

予防法3:恋人を招く部屋はキレイに

予防法3つめは、「恋人を招く部屋はキレイに」することです。

もちろん、付き合い始めて最初の頃だけではなくて、ずっとです。人を、とくに大切なパートナーである恋人を招くので、部屋はキレイに整えておかなくては、誠意や真心は伝わりません。「じぶんのためにキレイにしてくれて、申し訳ないな、愛らしいな」とおもわせてこそ、関係が興ざめせずに成り立ちます。

予防法4:身なりは清潔感が大事

予防法4つめは、「身なりは清潔感が大事」です。

みすぼらしい服装をしていたり、髪の毛につやがなかったり、清潔感がないと興ざめされてしまいます。外見は全てではありませんが、少なくともパートナーにするひとには、最低限のオシャレや清潔感は保って欲しいところです。

予防法5:金銭的価値は重要

予防法5つめは、「金銭的価値は重要」です。

金銭的価値とは、1円をいかに大切におもえるかです。金銭感覚は同じくらいのパートナーでないと、うまくいきません。もし、自分の金銭感覚がおかしいと気付いていたら、パートナーに話して直すのを手伝ってもらいましょう。

そうしないと結婚までは辿り着けません。結婚前に興ざめしてしまいます。ずっと一緒にいるなら金銭感覚は同じ方がいいでしょう。

興ざめする瞬間は男女で異なる

「興ざめする瞬間は男女で異なる」ということですが、実際に男女の興ざめする瞬間をご紹介していきます。

みなさんは興ざめする瞬間はどんなときでしょうか。男性と女性では大きな違いがあることがわかりました。大きな違いとは内面と外見です。いったいどのような違いなのか、詳しくご紹介していきましょう。ぜひ参考にしてください。

男性の場合

男性がパートナーに対して興ざめしてしまうときは、優しさが無い時です。とくに自分に対してではなく、その他の人に対しての優しさがないと感じられたとき、興ざめしてしまいます。

「もっと優しい子だとおもっていたのに、電車で目の前にお年寄りがきたら無視しだした」といったことです。パートナーの自分に優しくても、それは恋の作用ということで、本来の優しさには含まれないという事です。

女性の場合

女性がパートナーに対して興ざめしてしまうときは、「ださいとき」です。どれだけ外見が好みでも、割り勘にこだわっていたり、器が小さいなとおもえるようなことをするときに、「このひと、外見だけだったな」とおもわれてしまいます。

女性の場合は外見にそぐわない行動や言葉を聞いたり感じたりするときに、興ざめしてしまうという特徴があります。

興ざめされたくない人におすすめアイテム

自分の後ろ姿、しっかり見た事はありますか。今回ご紹介しますアイテムは、その後ろ姿に対するアプローチができるアイテムです。その名も「ヒップケアソープ」です。

おしりの古い角質をとってくれて、ニキビなども予防してくれるせっけんです。ピーチの香りで使い心地もバツグンです。きれいなヒップを手に入れて、パートナーを誘惑しましょう。

ドラマとリアルは別物

興ざめされないためには、ドラマや夢と、リアルは別物だという事を知っておかなくてはいけません。

ドラマやマンガの世界に憧れて、憧れ過ぎてぶっとんだ行動をしてしまってはいませんか。夢見がちでドラマティックなことばかり求めてはいませんか。そういった興ざめしてしまうような欲求はリアルでは満たせません。

顎クイや壁ドンをリアルでやってみたら

たとえば、どんなときに興ざめしてしまうかというと、顎クイや壁ドンをリアルでやってみたときです。

本当にタレントさんのようにかっこよくて、背も高くて、あなたが好意をもっている相手ならときめくでしょうが、一般的な男性に顎クイや壁ドンをされたと考えてください。身の毛もよだつ結果となるでしょう。このように、ドラマとリアルは違う物だということが分かります。

過剰なムード演出は興ざめのきっかけに

過剰なムード演出は興ざめのきっかけになります。

レストランで食事をしているとき、急にライトダウンされて、真っ赤なバラの花束をプレゼントされたり、自宅デートしているときに派手なネグリジェで登場されたり、女性にとっても、男性にとっても興ざめしてしまうことはあります。ムード演出は、程よい程度にしましょう。

興ざめされないようにするには

それでは、興ざめされないようにするにはいったいどうしたらいいのでしょうか。日頃から何か出きる事はあるのでしょうか。

興ざめされないようにするために、できるいちばん簡単な事をご紹介して、記事を終わりにします。

興ざめされないためにできる簡単なこととはいったい何かわかりますか。興ざめされないために出きる簡単なことが、何か気になる方は、最後の項目をご覧ください。

相手の事を第一に考える

興ざめされないためにできるかんたんなことは、「相手の事を第一に考える」です。

自分の事は大切にしつつも、二の次です。とにかく相手の事を第一に考えて行動しましょう。このデートプランであきられないかな、このファッションを気に入ってくれるかな、恥をかかせないかな、部屋は臭くないかな、など、出きる事はたくさんあります。出きる事を全部やって、興ざめされないパートナーを目指してください。

関連記事

Related