Search

検索したいワードを入力してください

女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

Author nopic iconjapon
人間関係 / 2019年02月13日
女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

女上司のイメージ

女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

女性の社会進出は当たり前になり、入った会社に管理職の女上司がいるのは普通になってきました。上司に男も女上司も関係ないのが会社であり、また社会というものですが、もうちょっと上手に接するコツがあれば知りたいと考える方もいるでしょう。男女の部下から見て女上司のイメージはどういったものなのでしょうか。

怖い

男も女も関係なく、女上司は怖いものでしかるべき姿でしょう。男女に限らず言えることとしては、怒るにしても理論的か感情的か、言葉の選び方、などで伝わり方はそれぞれ違います。

男上司でも感情的に怒る上司はいますが、それが女上司になると輪をかけて感情的に見えてしまう怖さというのは、全体的な女性像のマイナスイメージなので最初は傾向としてあるでしょう。

神経質

これもまた同じです。女性のイメージがどうしてもそう見えさせてしまいます。神経質な男上司もいますし、女上司でもサバサバしているタイプの人もいます。なのに、女上司でちょっと神経質なだけでも、倍増してそう見えてしまう傾向はあるでしょう。部下側の女性像のとらえ方も一度見つめ直す必要があるでしょう。

厳しい

厳しいのも男女は関係ないでしょう。寛大なタイプにも男女が関係ないように、どちらかというと個人の性格と言えます。統計として男上司は自分の昇進の夢を念頭に置いているのに対し、女上司は優秀な部下を育成したいと考えている傾向があり、その期待が厳しくさせている場合もあるでしょう。

女上司と上手に接するコツ15個

女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

基本的には女上司という性別ではなく、「上司」と上手に接するコツと同じでしょう。女上司のポジションからも、実力ならまだしも、女や男で判断されるのはもっとも嫌がるでしょう。ですから部下側からも気を付けることはあります。そんなことも踏まえた上で女上司と上手に接するコツを15個、勉強アイテムも紹介しながら見ていきましょう。

コツ1:敬語をしっかりと使う

正しい敬語を女上司に喋るというのは大事です。礼儀でもあり、信用や信頼を築く要素の一つでもあります。しかし、会社ではとっさにこんな時、どんな言葉が正しい敬語なのか、さまざまなシーンがあるので迷うこともあるでしょう。

あなたの評価を下げる過剰、マニュアル、繰り返し、ではいくら敬語を使っていても表面的で薄っぺらです。ちゃんと思考し、要点を組み立てた簡潔な敬語の使い方を勉強しましょう。

コツ2:挨拶を徹底する

挨拶を徹底するというのは、当たり前のことなのですが、最近では困ったことに当たり前ができない若い人が多い傾向があります。仕事がまだできないのはしょうがないとして、女上司をはじめ、先輩に挨拶も元気よくハッキリできないようでは、「人間的に大丈夫?」と思われても仕方がありません。

挨拶には自分にも相手にも力を与えます。体育会系で元気よくいきましょう。挨拶する時の姿勢や頭の下げ方も非常に大事です。

コツ3:報告・連絡・相談

ホウレンソウとよく言われる、報告・連絡・相談は女上司と部下の大事な架け橋になり、最低限の義務と言えます。女上司の性格にもよりますが、途中経過をさりげなく日常で混ぜてた方がスムーズに後々仕事が進む場合もあります。

一方で会社によっては、すっかりマニュアル化してしまったホウレンソウを禁止して、自主性を伸ばす方針もあります。考えない部下を育てるのではなく、考えさせる部下を育てようという方針です。

コツ4:容姿に気を付ける

容姿に気を付けるというのは、ファッションというより、一番は清潔さを心がけ仕事やコミニケーションに支障が出ないよう気を配るという事です。不潔や臭いなど、自分で気を付ければクリアできるマイナスイメージは女上司に限りませんが、いりません。

もちろん、スッキリとしたオフィスシーンにあった、おしゃれであれば歓迎されます。センスのいい先輩を見習って、スタイリッシュになる努力もいいでしょう。

コツ5:身の回りの整理整頓

身の回りの整理整頓は、デスクの上からロッカー、自分のカバンの中まで、何か探してすぐ見つけられないなどないよう普段から習慣づけましょう。女上司に限りませんが、部下の普段のクセを案外、観察して仕事ができるかどうか判断しています。

整理が苦手と言う人は、習慣にないという事ですから、まず整理の仕方がわかる本などを買い勉強することからはじめましょう。コツやグッズなどの使い方がわかれば、整理が楽しくなります。

コツ6:気配りを心がける

気配りを心がけるというのは、実は何においても重要なことです。機械やファーストフード、コンビニ、なんでも便利になり過ぎて忘れられた人間性の一つが気配りです。本来の人間生活において基本です。

恥ずかしがってうまくできないようでは困ります。コミニケーションの一つで、仕事ができる条件と言えるでしょう。相手の気持ちがよくわからない人は、自分がされたら嬉しいことからはじめてみましょう。

コツ7:任された仕事は責任を持つ

任された仕事は徹底して責任を持ちやり遂げましょう。時には落ちこむほど怒られて、やり直しをしなければならない事もあるでしょう。しかし、それは自分の実力の無さが原因なので女上司の厳しい言葉も期待の裏返しです。

仕事に責任を持たせて、やりがいを感じてほしいと上司は考えています。

コツ8:期日を絶対に守る

会社は組織なので、一人がペースを乱すと全体のバランスを崩します。チームワークを考え、与えられた仕事はやり直しのない質の高さと正確さ、バトンリレーのようなスムーズなスピードを意識することが、期日を絶対に守り、組織の役に立つということです。

コツ9:小話を真剣に聞く

小話を真剣に聞くということの重要な要点は、女上司は仕事以外でいつも無駄話をしているわけではありません。人生の先輩のやさしさとして、説教しない程度に手加減してさまざまな教えを、時には冗談っぽく、楽しく、やる気の背中を押すように小話に織り交ぜていることに気付きましょう。

コツ10:飲み会で進んで話しかける

飲み会で進んで話しかけるのは、コミニケーションをはかる意味でも重要でチャンスでもありますが、単純に人懐っこさがあるかないかでは、一人の存在として当然かわいがられ方も違います。仕事のこと、仕事以外のこと、いろんな面白い話やためになる話が出てくるか話かけないとわかりません。

コツ11:一定の距離感を保つ

一定の距離感を保つというのは、親しき中にも礼儀ありという意味でもあり、くだけた席で冗談を言い合っても友達ではありません。いくら楽しい飲み会の次の日でも、ビシッと敬語に戻りメリハリをつけましょう。ビジネスを前提に鋭く状況を読んで、賢さと馬鹿さを使い分けましょう。

相手がどう思うかということを、考えた人懐っこさと馴れ馴れしさは、まったく話が違います。

コツ12:プライベートの話をし過ぎない

プライベートな話をし過ぎないというのは、聞かれたら最小限に聞かれたことだけ答える程度です。こちらから聞かれてもいないのにベラベラ喋るのは上司と部下という緊張感に欠けており、会社組織の一員として神経を疑われます。

コツ13:考え方を否定しない

考え方を否定しないというのは基本姿勢です。酒の席で話が熱くなり意見を出し合う場面もあるでしょう。しかし、部下は基本的に肯定した中でしか意見を言うべきではありません。明らかに意見が衝突している場合でも、部下である以上は、飲み込んで消化する姿勢の方が組織として重要です。

反対意見に聞く耳を持ってこそ、わかる事もあります。反対意見のいいところは、自分にないものを考えてみるチャンスということです。

コツ14:返事はしっかりと返す

返事はしっかりと返すというのは、女上司に限らず相手への敬意であり、もっと厳密に言えば組織全体への忠誠です。会社に自分から頭を下げて入社したという事実に腹をくくり、いつでもそれを忘れてはいけません。

気持ちのいい返事は、自分も相手にも、どんどんいい影響を与るという事を憶えておきましょう。

コツ15:ハキハキと分かりやすく話す

ハキハキと分かりやすく話すというのは、時間の短縮、真剣さやモチベーションの高さが伝わる瞬間でもあります。聞き返す時間は上司にとって無駄な時間でありイライラします。内容を頭のなかで組み立ててから、簡潔に順序立てて伝わる話し方が重要です。

会社では教えてくれないマナーを勉強する

これらのビジネスマナーは、上下関係が厳しい体育会系の育ちをしていれば身についているものばかりと言えます。素直な心で先入観を持たず挑戦し、失敗にもくよくよせず、落ち込むことや勉強は家に持ち帰り、職場ではすべてにおいて爽やかに元気よくが基本です。

女上司の機嫌をとる方法

女上司に「ご機嫌取ろうとしても無駄よ。」なんて言われることもありますが、実際褒められれば、そこは女性であり人間です。表には出さなくても内心ちょっとは嬉しいはずです。しかし、女上司の性格によっては下手におだててると、馬鹿にしてるのかとイラつかれます。

容姿を褒める

あくまで職場の女上司なので、女友達を褒めるように軽い感じにはいかない範囲がありますが、容姿を褒めるのもいいでしょう。仕事場でのつきあいが長くなってきた頃が、丁度いいタイミングです。ただし、すこしでも本当に感じたことを爽やかにスッと素直に言いましょう。

早め早めに仕事を終わらせる

例えば「何日まで終わらせておくように」と指示された急ぎでもない仕事を、スパッと終わらせて提出し、報告するも良しです。そういう態度を日頃から積み重ねる姿勢は喜ばれるでしょう。いつでも聞かれた頃には終わってるぐらいのタイミングです。

進んで話しかける

進んで話しかけるというのは、無口な部下で「何を考えているかわからない」というイメージにならない程度の普段からのちょっとしたコミニケーションの積み重ねという意味です。明るい性格ならすぐですが、そこまでいかなくても普通ぐらいに思われましょう。あえて言う必要もないですが、仕事中の無駄口ではありません。

女上司と信頼関係を築こう

女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

いろいろな考察をしてきましたが、女上司と信頼関係を築く特別なコツというよりは、男上司と同じで常識的な仕事態度の積み重ねが一番でしょう。女上司だからと何かと考えるシーンは、職場で贈り物をする時ぐらいでしょうか。上司として尊敬していれば、性格や男女関係なくいい関係が築いていけるでしょう。

いろんな性格の女性や上司がいる

いろんな性格の女性や上司がいるので、仕事のやり方の違いなど最初は戸惑う事もあるでしょう。しかし、すべては慣れてしまえば一緒です。誰とでもうまくやれる自分を磨く部分の方が、どちらかというと大事です。

関連記事

Related