Search

検索したいワードを入力してください

綺麗な部屋は運気もアップ!10個の片付け方法とポイント

Author nopic iconaiai
カテゴリ:運気

初回公開日:2018年08月22日

更新日:2019年02月18日

記載されている内容は2018年08月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

綺麗な部屋は運気もアップ!10個の片付け方法とポイント

空前の断捨離ブーム

断捨離とは、不要なものを捨てて、本当に必要なものを再確認することです。断捨離というと物を捨てるイメージが強いですが、本来は物への執着心を減らすことによって、不必要な物を増やさないことが目的で行われるようになりました。

昨今では、そんなシンプルなライフスタイルを目指そうとする、断捨離ブームが訪れています。

ここでは、断捨離における10個の片付け方法と綺麗な部屋を作るポイントをご紹介します。

SNSでも人気

自分の部屋や身の周りの要らないものを手放すことを断捨離と言います。そして無駄な物を手放し、必要な物だけに囲まれて暮らす最小限主義者のことをミニマリストと呼んでいます。

最近ではSNSでも、断捨離に関することやミニマリストを実践している人たちのブログやツイッターなどが、とても人気となっています。

部屋を綺麗にするための片づけ方法

部屋を綺麗にするための片づけ方法は、実は考える以上に簡単です。それは、自分の身の周りに本当に必要なものだけを残せばいいからです。

断捨離をしていけば、自分にとって大切なものというのは思った以上に少ないことに気がつくでしょう。したがって過去の思い出やプライドに支配されなくなれば、本当に価値のあるものが見えてきます。

ここでは、部屋を綺麗にするための片づけ方を紹介しますのでチェックしてみて下さい。

方法1:すべて出して持ち物を把握する

断捨離をして綺麗な部屋を作るポイントとして、まず大切なのは自分の持ち物をすべて出してみることでしょう。それはなぜか言うと、今自分が何をどれくらい持っているか把握するためです。

少し面倒臭く感じる方もいらっしゃるでしょうが、部屋を綺麗に片づける上で、この工程は何よりも大切です。持ち物を把握できていれば、買い物に出た時に重複買いなどを防止できるというメリットもあります。

方法2:思い出をすべて保存しない

部屋を綺麗に片づけるためには物への執着心を捨てましょう。したがって、目に見えるものだけではなく、目に見えないものも含めて、心も体も自由になることが大切です。

思い出をすべて保存しないようにすることも綺麗な部屋にする上で大切なポイントになります。思い出が詰まった物はたくさんありますが、それが今の自分に本当に必要なのかどうかを考えないと、綺麗な部屋を目指すことはできないでしょう。

方法3:いる物・いらない物に分ける

自分の持ち物が全部把握できたら、次に、いる物いらない物を仕分けする作業に入りましょう。

そこで大切なポイントは、ただ必要のないものを処分するのではなく、なぜそれを捨てるのか考えることが大切です。なぜならば、捨ててしまったことを後悔しないためです。

あなたは断捨離をしてどんな自分になりたいですか。そのことをちゃんとイメージしながら、綺麗な部屋を作っていきましょう。

方法4:衣類・雑貨などに分類する

衣類や雑貨などの小物類は、アイテムごとに分類すると便利です。その理由は、出し入れがしやすくなるので、衣替えが簡単にできるというメリットがあるからです。

その際に、1年を通して着る服はわかりやすい場所に収納すると便利です。

方法5:わかるように収納する

せっかく綺麗な部屋にしても、また散らかってしまっては何の意味もありません。自分がわかるように収納することが大切なポイントになります。

これはここに保管するというルールを作ることは綺麗な部屋をキープする秘訣です。そして使ったものを決められた場所に片づける習慣を身につけましょう。

方法6:床に物を置かない

綺麗な部屋に見せる秘訣は、床に物を置かないことでしょう。

床に物を置くと部屋が狭く見えると言うデメリットがあります。また、ホコリも溜まりやすく、つい億劫になり掃除もさぼりがちになります。

したがって、床に物を置かないことは、部屋を綺麗に片づけるという点において最も基本的な部分になるでしょう。

方法7:隙間を活用する

綺麗な部屋を維持する方法は収納の方法を工夫することが大切です。物が多ければ多いほど部屋は散らかってしまうので、隙間をうまく活用して収納するようにしましょう。

たとえば、押し入れのすき間などでもOKです。見えない場所ではありますが、収納用のボックスやケースを利用して、心地よい綺麗な部屋を目指しましょう。

方法8:収納グッズを活用する

すっきりとした綺麗な部屋にするためには、収納グッズを上手に利用することも大切です。収納場所を決める時は、使いやすさを重視するようにしましょう。

たとえば、使う場所と収納する場所を近くすると、片付けがしやすくなり綺麗な部屋を維持することができるでしょう。

手頃な価格で購入できて、買い足しができる収納グッズがおすすめです。

方法9:本や写真はデータにする

写真や本などがたくさんがある人は、まず整理する所から始めてみましょう。

子供が小さいころの写真や、毎日見るわけではないけれど思い出が詰まった本などはデータで保存することで、すっきりさせることが可能です。

この方法なら保管場所も必要なく、思い出の写真や本がいつでも見られるメリットがあります。

方法10:一気に断捨離せず掃除する習慣をつける

綺麗な部屋を保つためには、一気に断捨離しようとせずに掃除する習慣を身につけることが大切です。

中には、大掃除のように一気に終わらせたいと言う方もいらっしゃるでしょうが、それでは疲れてしまって続けることが難しくなります。少しずつ継続的に実行することで、習慣化することができます。

綺麗な部屋を持続するためのコツは、物を使ったら元の場所に戻すことから始めると良いでしょう。

綺麗な部屋を維持するアイテムならこちら

よく使用するリモコンやボールペンなどは、テーブルの上に散らかりやすいアイテムです。
また、家族で使用している場合、それぞれが置く所が違うために特にゴチャゴチャしやすいでしょう。

Learntechの多機能収納ボックスは透明なので、インテリアを妨げることなく調和しやすいのが高ポイントです。こちらは、小物のサイズによって収納ボックスのサイズも変更できるので、使いやすくておすすめのアイテムになります。

綺麗な部屋を作るポイント

忙しい毎日を送っていると、なかなか片づける時間が取れないので、綺麗な部屋を保つのは難しいでしょう。そんな時に、手間をかけなくても綺麗に見せるポイントや、綺麗に保つコツを知っていると助かります。

ここでは、綺麗な部屋を作るポイントをご紹介します。

ポイント1:色味を揃える

綺麗な部屋に見せるコツは、インテリアの色味を揃えることがポイントです。そうすることで、部屋は統一感を持つようになります。

また、壁とインテリアのカラーを揃えるだけでも、部屋を広く見せる効果があるため、全体的にすっきり見えるでしょう。

ポイント2:コード類を収納する

部屋を綺麗に見せるポイントは、適度に生活感を隠すことです。電源コードなどでせっかくのインテリアを圧迫しないように、上手に隠しましょう。

コードは、一つ一つは小さなものですが、たくさん集まると空間を邪魔してしまいます。

ですから、ケーブルボックスなどを利用して収納すると良いでしょう。

ポイント3:見せる収納に変更する

綺麗な部屋を作るためには、見せる収納に変更する方法もあります。たとえば、調味料などは中身をガラス瓶などに詰め替えて、ラベルを貼ると統一感が出ます。

また、子供のおもちゃや絵本も、棚に並べて見せる収納に切り替えることですっきりしますし、子供自身も進んで整理整頓するようになるでしょう。

ポイント4:水回りはモノを浮かす

水回りは毎日洗っていても水垢やぬめりなどが出やすい場所です。そんな悩みも、浮かせることで改善される可能性があります。

たとえば、洗面所などでは、つっぱり棒とフックを活用して家族の歯磨き粉や歯ブラシ、コップなどを吊るすようにします。

置くものが増えるとそれだけ掃除する手間がかかるので、空間を上手に利用するようにしましょう。

片付け上手になって綺麗な部屋をキープしよう

綺麗な部屋を作るためには、まずは自分の持ち物をすべて把握して、その上で必要なもの、必要ではないものに分類していくことが大切です。

今の自分に必要のないものは、思い切って捨てることで部屋をすっきりさせることができるでしょう。

次に必要なことは物の置き場所を決めることです。見せる収納にするのか、隙間収納にするのかは、あなたのアイデア次第です。

使ったものは元に戻す習慣をつけて、綺麗な部屋をキープしましょう。

憧れの生活感のない部屋へ

生活感のないお洒落な部屋にするためには、自分のなりたい部屋を頭に描いてコーディネートしていくことが大切です。

生活感を出さないためには、床に物を置かずにすっきりと整頓することから始めて下さい。さらに、観葉植物の緑や絵画などを置いて、こなれ感を出すのも良いでしょう。

Line@