Search

検索したいワードを入力してください

パスタのサイドメニュー献立10選・献立にパスタを入れる理由

Author nopic iconmeharizusi0509
レシピ / 2019年01月28日
パスタのサイドメニュー献立10選・献立にパスタを入れる理由

献立にパスタを入れる理由

パスタのサイドメニュー献立10選・献立にパスタを入れる理由

パスタを献立に入れる理由はアレンジしやすく、簡単に作れて誰でも好きだからという点が挙げられます。家族が多いと子供と大人では好みも違い、特に子供は嫌いなものが出た場合なかなか手をつけてくれません。

パスタはそんな子供でも大好きな子が多く、喜んで食べてくれるのでとても助かります。時間もかからずそこにある食材だけでさっと作れるのも献立に取り入れたい理由の一つでしょう。

簡単に作れる

パスタの魅力のひとつといえば誰でも簡単に作れるところでしょう。レトルトのパスタソースも多く、今ではどこの店舗にも並んでいるのでパスタさえ湯がくことができれば誰でもどんなパスタでも食べることができるのが魅力的です。

もちろん家にある材料で簡単に作ることもできるので冷蔵庫の掃除食材としても役立ちます。食材を選ばないので最も取り入れやすい献立であるといえます。

アレンジが豊富

パスタはどんな食材の中でもアレンジしやすい食材です。最近ではパスタ専門店も多くなり、その店その店で創作パスタが数多くあります。

食材を選ばないので魚介や肉類野菜などいろんなアレンジができるのがパスタの魅力の一つでしょう。また塩、醤油、味噌、クリーム、ソースなどどんな味付も合うのでオリジナルのパスタが作りやすく自分だけの 創作パスタができるのが魅力的です。

年代関係なく人気

パスタは老若男女問わず人気のある食べ物です。給食メニューでも常にトップ10入りするパスタは子供も喜んで食べてくれる親も大助かりの献立でしょう。パスタは茹で時間によって調節できるので年配の方も食べやすいのが嬉しいところです。

濃い味が苦手な女性や年配の方にもあっさりした味付けにアレンジすることもできるパスタは人気も高く、もちろん濃い味付けもできるので男性の方も喜ばれます。

パスタのサイドメニュー献立10選

献立をパスタにするならサイドメニューは欠かせません。 野菜の少ないものなら野菜系を取り入れたサイドメニュー、お子さまには甘いスープなどサイドメニューにもいろいろあります。ここからはパスタに合うサイドメニュー献立10種類を紹介していきます。参考にしてください。

献立1:ポテトサラダ

ポテトサラダといえば、小さな子供からお年寄りまで誰もが大好きな定番のサラダです。各家庭によって味付けや具材色々あって大好きな献立の一つです。材料によってはシンプルに作れるのが魅力的です。

濃い味のパスタにはあっさりした味付けのポテトサラダ、逆にあっさりした味のパスタにはマヨネーズで濃いめに作ったポテトサラダなど作りわけもできる万能なサイドメニューでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

作った翌日もしっとり、美味しいポテトサラダ

献立2:コンソメスープ

コンソメスープは洋食の定番です。具材によってはあっさりにもこってりにもなるのでどんなパスタにも合わせることができる万能なスープです。コンソメスープの素を使えば誰でも簡単に作れるのも魅力的です。

チキンコンソメやビーフコンソメ、固形や類状など使い分けもできるのでスープの幅も広がるでしょう。食材によっては煮込む時間も必要がないので簡単に作れるサイドメニューです。

献立3:オニオンスープ

時間がある時に作りたいスープです。じっくり炒めた玉ねぎは甘味が増し、バケットを添えればそれだけで献立の一つになります。トマト系やペペロンチーノなどのパスタに合います。

チーズとバケットを入れてグラタンスープにすると小さな子でも抵抗なく食べることができるでしょう。煮込めば煮込むほど美味しくなるので前日に作っておいて翌日食べるのもいいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

ストウブでフレンチオニオンスープとバゲット☆

献立4:にんにくスープ

スタミナ抜群のニンニクは疲労回復に効果抜群です。スープにすると臭いも和らぐので翌日を気にしなくても大丈夫でしょう。火を入れることによって辛味も抜け、ホクホクして美味しいです。

カラッと揚げてニンニクチップにしてコンソメスープに浮かべても美味しいです。残ったスープにパスタを入れてスープパスタにすれば二度美味しい、メインの献立になります。

Blockquote firstBlockquote second

ハウス食品さんのニンニク族 アホスープの素でチョーお手軽ニンニクスープ

献立5:野菜たっぷりサラダ

パスタを食べるなら野菜たっぷりのサラダは欠かせません。カルボナーラのようにとくに野菜が少ないパスタの場合は必ず入れたい献立です。たっぷりの葉物野菜健康面でも必要不可欠です。

パスタの種類にもよりますが野菜不足がが気になるので野菜たっぷりサラダは栄養価も高く、パスタと相性がいいので必ず取りたい献立です。

Blockquote firstBlockquote second

大麦と野菜たっぷりなレモンディルサラダ

献立6:コールスロー

コールスローサラダ作り置きもできる便利なサラダです。さっぱりしたサラダなので濃いめのパスタによく合います。野菜もたくさん入れることができるので栄養価も高く、パスタのカロリーが気になる方にぜひ取り入れてほしい献立です。

コールスローは野菜を細かく切ってサラダにするものなので普段 野菜を食べてくれないお子さまに、キャベツやコーンなど人気のある野菜以外に嫌いな野菜をこっそり混ぜてみると良いでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

簡単♪コールスローレモンヨーグルトドレッシング

献立7:アボカドと生ハムのサラダ

森のバターと呼ばれるアボカドと旨味の強い生ハムは最高の組み合わせです。生ハムの塩気をアボカドが上手くコントロールしてくれるので単品で食べるよりも美味しいです。アボカドは美容にも効果があるので女性の方には特におすすめの食材です。

おしゃれな献立にしたいときはこの組み合わせは一番簡単に調理しやすく、味付けもシンプルにできるのでおすすめです。お友達とおうちランチのときに一品出すと喜んでくれるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

アボカドとグレープフルーツの生ハム巻き

献立8:かぼちゃスープ

甘いカボチャのスープは小さな子でも喜んでたべて貰える献立です。子供もカボチャなど甘いものなら食べてくれるのでパスタには取り入れたい一品です。とろりとしているのでもちろんお年寄りも食べやすいでしょう。

ハロウィンのときは特にカボチャ料理が欠かせないのでスープにするとあまり手間もかからず食卓も映えます。小さなカボチャをくりぬいてそのなかにスープを入れるだけでもハロウィン気分が味わえます。

Blockquote firstBlockquote second

コンソメ不要!濃厚とろ~りかぼちゃスープ[ハロウィンにも♪]

献立9:大根サラダ

さっぱりした大根サラダはこってりしたパスタには相性のいい献立です。脂っこい料理の時にはさっぱりした大根は口の中をリセットしてくれるのでおすすめのサラダです。

居酒屋メニューでも大根サラダは欠かせません。ドレッシングもさっぱり系のものを選べばあっさりと、濃厚なドレッシングを選べばまた違った味わいにとアレンジもしやすく取り入れやすい献立のひとつです。

献立10:キャロットスープ

人参はオールシーズン取ることのできる野菜なので献立には欠かせません。人参は好き嫌いが分かれやすい野菜の一つで特にお子様の中では人参嫌いな子も多いのではないでしょうか。

栄養価の高い人参はぜひ取り入れたい野菜なのでスープにすることによってお子様も気付かず食べることができるでしょう。

人参独特の色だと食べてくれない可能性もあるのでコーンスープに人参を混ぜたり工夫を凝らせば美味しく食べられます。

Blockquote firstBlockquote second

隠し味の白味噌がポイント☆にんじんとトマトのポタージュスープ

パスタ献立にしたい方におすすめのアイテムはこちら

白いお皿でも十分綺麗ですが、黒いお皿だとよりパスタが映え食欲も湧き、おしゃれに見えますいつもと違ったお皿で おしゃれにパスタをもってサラダやバケット、ワインを揃えれば豪華ディナーの完成です。

パスタの味の種類も知っておこう

今ではパスタ専門店も多数あるほどパスタにも種類は多くあります。基本的なパスタから創作パスタまで、アレンジのしやすいパスタは種類もたくさんです。味の種類ももちろん豊富にあります。

だからこそパスタの味と種類をきちんと押さえて作る時にはそれをベースに創作していくと自分だけのオリジナルのパスタが作れるでしょう。ここからは基本のパスタの味の種類を紹介していきます。

ミートソース・ナポリタン

パスタといえばミートソースかナポリタンという人は多いのじゃないでしょうか。昔に比べて食文化も変わってきてパスタの種類も多くなってきてもやはり食べなれた味のミートソースかナポリタンは食べやすく今でも好きな人も多いでしょう。

小学校の時の給食の定番だったという人も中にはいるでしょう。給食の献立の中で人気ナンバー3に入っていることも多いパスタです。ミートソースは作り置きもできるのでおすすめです。

明太子

明太子のパスタは和風テイストから洋風テイストまで幅広く調理方法のある扱いやすいパスタのひとつです。味付けによっては軽くお昼のランチから晩にディナーのメニューとして 使い分けもできる献立の一つでしょう。

大人の方は辛味のある明太子とバターと醤油で和風テイストのパスタを小さなお子さまには辛味のないたらこを使ったクリームパスタとして夕食の献立にすればどちらも楽しめるでしょう。

クリーム

優しい味のクリームパスタは大人の子供も食べやすいパスタです。濃厚なクリームはパスタとの絡みもよく野菜とも魚介類とも合うのでアレンジもしやすいです。

サーモンやパプリカなど彩りのある野菜や魚介類とクリームを和えると食卓も生えディナーの献立としてふさわしいでしょう。冬など寒い時期にはクリームスープパスタにすると体もほっこり温まり団も取れるのでおすすめの献立です。

Blockquote firstBlockquote second

ホースラディッシュでさっぱり、クリームパスタ

ペペロンチーノ

ペペロンチーノはパスタの中で最もシンプルなパスタです。材料もシンプルでオリーブオイル、唐辛子、にんにく、塩だけで完成します。簡単だからこそ奥が深くまたアレンジもしやすいでしょう。

辛味の強いものが好きな方は唐辛子を多めに入れたりにんにくをきかせてみたりとパスタを始めるにあたって一番最初に取り掛かりやすいパスタでしょう。 時間もあまりかからないので一度はチャレンジしてみたい献立です。

Blockquote firstBlockquote second

イタリアン味噌と焼きトマトのペペロンチーノ

バター醤油

バターと醤油の組み合わせは日本人には欠かせない最高の組み合わせではないでしょうか。また大抵の家にはバターと醤油が置いてあるのでその日の献立の時にもさっと出せる王道の献立の一つです。

冷蔵庫の残り物の野菜とバターと醤油と組み合わせたパスタで軽くランチなど最も簡単に勝つアレンジしやすいパスでしょう。なので、どんな方にもチャレンジしやすい献立の一つです。

Blockquote firstBlockquote second

火を使わず◎贅沢しらすのバター醤油パスタ

パスタの味によってサイドメニューを決めよう

パスタのサイドメニュー献立10選・献立にパスタを入れる理由

パスタはクリーム系の濃厚なパスタからトマトなどのあっさりしたパスタ、スープパスタや冷製パスタなど、種類も豊富です。パスタによってはサイドメニューも組み合わせ方が色々あります。

濃厚なパスタにはあっさりした野菜多めのサイドメニュー、トマト系の野菜多めのパスタならスープなど組み合わせ方も色々です。献立の際にはパスタ、サラダ、スープと 組み合わせを考えてみるとバランスのとれた献立になるでしょう。

献立に役立つ料理を覚えよう

パスタは単品でも十分美味しいですが献立の一つに取り入れるとさらに美味しいでしょう。ランチの場合なら小さなサラダをつけてみたり、夕食の場合ならサラダやスープ、パンなどを置いてワインと一緒に楽しむのもおすすめです。

サラダやスープなどいろんな種類を覚えておけばパスタに合う献立がわかります。パスタにすることによって普段取れない野菜を多く取ることもできるのでパスタを中心にした献立を考えるのもおすすめです。

関連記事

Related