Search

検索したいワードを入力してください

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

Small 544d9b2d 9248 4e3f a4e6 2b0fe068b3dfミルクココア
恋の悩み / 2018年12月19日
告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

告白して返事待ちになった時の付き合える可能性

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

好きな人に勇気を振り絞って告白をしたのに、相手の反応が今ひとつな雰囲気になってしまい付き合えるかの返答は後日連絡をする、いわゆる返事待ちの状況になってしまうことがあります。

告白して返事待ちになった場合の、無事に付き合える可能性は50%程度の割合が多いです。

告白の返事待ちの時に注意すべきこと10個

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

頑張って告白して「相手からの返事待ちの時は気持ちが落ち着かない」と言う人が多いので、「返事待ちの時に気をつけておく」と心の余裕に繋がることを10個ご紹介します。

その1「普段と同じ態度を心がける」

告白をしたあとで気持ちがソワソワしてしまうのは仕方がないのですが、生活態度は普段同様、平常心を保ちましょう。

自分の態度がいつもと違い周りの人に「何かあったのか」と心配させてしまう事になると、告白したことを話題にしないとダメな雰囲気をわざわざ作ってしまう恐れがあります。振られたあとで周りの人の視線が辛くならないように、なるべく人には悟られない方が良いでしょう。

その2「返事を急かさない」

返事待ち中に気を付けることは、相手の気持ちが気になって仕方がなくても告白の返事を急かさないことです。

お互いにとってこれからの二人の未来について考える大切な時間です。予想していなかった人から告白された場合は、自分が告白をしてきた人に対する気持ちを考える所からスタートするので答えを出すのに時間が必要なのは当然のことです。

答えを急かすと正しい判断を下す時間が足りず、結果として恋が実らないこともあります。

その3「しつこく連絡しない」

返事待ち中に気を付けることは、告白した相手に対して自分からLINEや電話をしつこくしないようにしましょう。

日本では西暦2000年に「ストーカー規制法」が誕生しました。この法令により、拒否しても相手からしつこく連絡が来たり、自分の周りをつきまとわれていると感じたら警察に相談すると、相手に注意をしてもらうことが可能になりました。

行為を受けた人の気持ち次第では訴えられることもあります。

その4「デートに誘わない」

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

返事待ち中に気を付けることは、まだ相手から答えをもらってないのにデートに誘わないことです。

相手が告白の答えを伝えてこない理由がハッキリとするまでは、距離を置いて付き合う方がお互いに気まずくならずに済むことがあります。

告白の答えが「付き合えない」と考えていた場合、付き合えない理由を伝えるのが億劫(おっくう)になり告白の答えを先延ばしにする人もいます。

その5「他の人とデートしない」

意中の人からの返事待ち中は、他の人とデートしたりすることを控えるようにしましょう。

もし、自分に告白して来た人が他の人とデートしているところを目撃した場合、その人と真剣に交際をしたいと感じるのは極めて困難なこととなります。

デートする相手が多い人とは「遊びのお付き合いならOK」と考える人が多いので、真剣に交際をしたいと考えているなら軽い人と思われない事が何より大切です。

その6「他の人に相談しない」

返事待ち中に気を付けることは、気持ちが落ち着かないのは当然のことですが、自分の告白した話を身近な人に相談しないようにすることです。

バイト先の人や職場の人、学校の友達に告白した話をしてしまうと「恋が実らなかった場合」に相談された側の人に気を遣わせてしまうことにもなります。

自分が実らなかった恋を忘れたいと考えても、振られた事実を周りの人が知っていると最悪の場合、うわさ話のネタに使われることもあります。

その7「返事してくれない理由を聞かない」

返事待ち中に気を付けることは、告白した相手に返事をしてくれない理由に付いて質問することです。

返事がなかなかできない理由としては、お付き合いする気持ちがないことをストレートに表現してしまうと「告白してくれた人を傷付けてしまうのでは?」との優しい気持ちから、婉曲的で柔らかい表現を探すために時間がかかってしまう、といったこともよくあります。

その8「小賢しい裏工作はしない」

返事待ち中に気を付けることは、自分を必要以上に良く見せようという打算的な行動は控えることです。

他人に対して、自分を普段以上によく見せるために裏工作し過ぎてしまうと「頑張ってる感」が雰囲気として出てしまい、周りの人から見ると「必死になっている人」に見えることがあります。

裏工作していると、ありのままの姿を見せた時にガッカリされてしまう原因に繋がる場合もあります。

その9「他に好きな人がいるそぶりを見せない」

返事待ち中に気を付けることは、告白の返事がこないからと言って他に好きな人がいる素振りを見せないことです。

告白した相手を振り向かせたくて、わざと見せつけるような行動をしていると本当に好きな人ができたんだと誤解されてしまう原因になったり、告白して来たのに違う人といることで軽い人と見られることもあります。

自分の印象を自分から悪くしてしまうのは勿体ないことです。

その10「いい返事を期待しない」

返事待ち中に気を付けることは、相手からの結果に「いい返事を」期待しないことです。

良い結果を期待し過ぎてしまうと、相手からのリアクションが自分の想像と違ったときに必要以上にショックを受ける原因になることがあります。

逆に、悪い返事を想像し過ぎてしまっても、相手のちょっとした表情を気にして疲れてしまうことになります。

恋愛中の人におすすめのアイテムはこちら

告白の返事待ち中に読むと気分が紛れる本をご紹介します。

「メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る!ズルい恋愛心理術」は、好きになった相手の気持ちを探る方法や、浮気などを見破る方法などが載っているので、過去の体験に照らし合わせて読んでみると自分の悪い癖が発見できることもあります。

自分の周りの人の恋愛話に当てはめて読んでみると、理解しやすい場合もあります。

相手が返事を保留する理由7つ

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

告白されたのに返事を保留にする人に多い、7つの理由について説明していきます。

告白の返事をする人の気持ちを少しでも共感できるようになると、返事を急かさずにのんびり待とうという気持ちになれます。

理由1「相手に不安要素がある」

告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、告白してくれた人の人間性に不安を感じるときです。

付き合ったあとで喧嘩になる要素があったり、長く続かない要素がある場合は好きな人でも付き合っていく自信を持てないことがあります。

真剣に交際をしたいと考えて、付き合う人を選ぶ場合は簡単に相手を決めることができない人も多いです。返事待ち中にその気持ちを理解してあげましょう。

理由2「友達としか見れない」

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

次に告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、告白してくれた人を異性として見れないときです。

仲良く会話できる関係の場合、友達感覚で見ていることが多いので突然好きと言われても「異性として見れない」ということも意外とあります。

仲良し過ぎて友達、兄弟感覚と感じていた場合は、異性として改めて見ることは不可能と感じる人が多いです。返事待ち中にその気持ちを理解してあげましょう。

理由3「今の関係が理想的」

告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、今の2人の関係が好きなときです。

恋愛関係ではない2人だから、どんな話題でも気楽に話せて楽しい気持ちになれることはよくあることです。楽しく話せる関係の場合、相手を友人として見ていることが多いです。

人として、友人として、同僚として好きな場合、恋愛対象として見ない方が良い関係が長く続く場合があります。返事待ち中にその気持ちを理解してあげましょう。

理由4「他に好きな人がいる」

告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、告白された時期に他に好きな人がいるときです。

付き合っている人がいたり、片思いしているときに他の人から告白された場合、自分が今の相手のことを好きでいる方が良いのか、自分のことを好きと言ってくれる人と付き合う方が幸せになれるのか迷うことがあります。

また、逆に好きな人がいても2人の関係が上手くいかないと感じているとき、他の人から告白されて付き合う人もいます。

理由5「自分に自信がない」

告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、相手への好感度ではなくて自分に自信を持てないときです。

小さい頃から、自分の親にダメだしをされて来た人は自分自身に対して自信を持てない場合があります。親から愛された記憶がない人は、自分が他人に対して愛情表現をどうやったら良いのか分からないと感じる人も多いです。

自分のことを大切にしてくれる人と付き合うと、自然と自分に自信を持てるようになる事があります。

理由6「もう少し相手の事が知りたい」

告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、告白してくれた人のことをあまり知らないから、もう少し相手の事を知る時間が欲しいときです。

人と付き合うことを簡単に決められないタイプの人もいて、ゆっくり時間をかけて告白してくれた人の良い所や悪いところを知りたいと考えている人は多いです。

付き合ってから上手くいかないと言う理由で、すぐ別れることがないようにしたいと考えているタイプの人です。

理由7「過去の失恋を引きずっている」

告白された人が返事を保留にする理由に多いのが、過去の失恋を忘れられないときです。

過去の恋愛経験で、嫌なことやショックなことがあった場合はトラウマになってしまうこともあり、好きな人ができても恋愛関係になることを怖いと感じてしまうことがあります。

付き合う人が、すごく優しくて安心させてくれるようなタイプの人ならトラウマを解消することが可能になることも多いです。

告白の返事待ちの時の行動には気を付けましょう

告白の返事待ちの際の注意点10個|相手が返事を保留する理由7つ

好きな人に告白をしたときの返事待ち中のときの行動は、すごく大切な時間です。

普段あまり自分の行動について考えることがない人は、告白した事をキッカケにして自分の行動で告白した相手がどう感じるか意識して考えてみると、相手の事を考えれる人に変わることで良い結果に繋がることがあります。

返事待ち中は、気持ちが不安定になりやすいので、なるべく心置きなくいられる友人と一緒に過ごすと気が楽になります。

その他恋愛に関する内容も見てみよう

告白の返事待ち中は、モヤモヤすることが多いので他の人の恋愛パターンに付いて見てみましょう。

一言で恋愛といっても、片思いや両想い、「好き」の形にはこんなに多くの種類があります。

自分に向いてる恋愛スタイルを見つけておくと、どんな相手と付き合うと自分のストレスにならないで済むのかを把握できるようになります。他人の恋愛話も自分が成長するための良き材料となることでしょう。

関連記事

Related