Search

検索したいワードを入力してください

海外でも人気のロブヘア|バリエーション10選とアレンジ例

Author nopic iconりーたん
ヘアスタイル / 2018年12月19日
海外でも人気のロブヘア|バリエーション10選とアレンジ例

ロブヘアとは

ロブヘアは、肩下から鎖骨までの長さに切りそろえたヘアスタイルです。端的に言うと、ボブヘアの少し長さが長いバージョンに当たります。ロブヘアは最近、おしゃれな女性の間で流行しているヘアスタイルです。まずは、なぜ人気が出てきたのかを探ってみましょう。

海外モデルにも人気の秘密

海外でも人気のロブヘア|バリエーション10選とアレンジ例

ロブヘアは流行に敏感な海外のモデルにも人気のヘアスタイルです。エマ・ストーンやアレクサ・チャンなどたくさんの有名な海外セレブがロブヘアにしています。なぜ彼女たちの間でもロブヘアが人気なのでしょうか。

ロブヘアの人気の秘密は、新鮮味のあるスタイルにあります。海外セレブは人と同じよりも新鮮味のあるヘアスタイルに惹かれるため、ボブでもなくただのミディアムヘアでもないロブヘアに人気が出ました。

絶妙な長さ

ボブヘアは少し子どもっぽいイメージがつき、色気の出しにくいヘアスタイルです。しかし、ロブヘアは肩より下の長さなので女性らしさを出すことができます。ロブヘアの人気は女性らしさを失わない、絶妙な長さにあると言えるでしょう。また、次に述べるようにヘアアレンジしやすい長さであることも人気の1つです。

さらに、ロブヘアはボブより長めのヘアスタイルなのでショートヘアやボブから髪を伸ばしている人にもおすすめです。

スタイリングしやすい

通常のボブは肩上の長さなので、後ろで一本にまとめたりハーフアップにすることは基本的にできません。まとめるためにはワックスなどのスタイリング剤や大量のヘアピンが欠かせません。

しかし、ロブヘアは違います。ロブヘアはある程度の長さがあるのでまとめ髪スタイルができ、アレンジの幅はロングヘア並みにあります。こうしたスタイリングしやすいという理由からも、おしゃれ好きな女性からの支持が高いと言えるでしょう。

ヘルシー&セクシーのバランス

ロブヘアの原型とも言えるボブヘアは、子どもっぽい印象やモードな印象が強いヘアスタイルです。ロブヘアはボブヘアよりも女性らしさを出しつつ、ミディアムヘアが持つカジュアルさを持ったヘルシーとセクシーのバランスが取れたヘアスタイルです。こうしたヘアスタイルはどんな服にも合わせやすく、誰にでも似合うという良さがあります。

ロブヘアのバリエーション

では、次に実際のロブヘアのバリエーションを見ていきましょう。前髪あり・なしとパーマの種類によって分けて紹介していきます。同じ長さでも、細かいポイントでたくさんの種類に分けることができます。自分の好みのスタイルがあったら美容師さんに写真を見せるとイメージが伝わりやすいでしょう。

前髪あり

まずは前髪ありのヘアスタイルを紹介していきます。前髪を作るとより甘めの印象が強くなるので、ガーリーな服が好きな人や女の子っぽさを取り入れたい人には特におすすめです。ロブヘアは大人っぽさもある長さなので子どもっぽくなりすぎず、前髪を初めて作る人にとっても挑戦しやすいでしょう。

その1:エアリーパーマ

まずはワンカールパーマをかけたエアリーパーマのロブヘアです。毛先を空気を含んだように丸くワンカールさせることで、女の子っぽくてピュアな可愛らしさを演出できます。カラーはブラウン系を選ぶとおしゃれでカジュアルな印象に、黒髪はピュアでおしゃれな印象になります。ロブヘアの長さだと毛先がはねてしまうのが嫌な人は、パーマをかけてみましょう。

その2:ストレート

ストレートヘアがベースの清楚なロブヘアです。ナチュラルで清楚な印象ですが、カラーを足したり前髪と毛先にワンカールを取り入れるとおしゃれな印象が加わります。比較的どんなファッションやシチュエーションにも合うので、学校などの規則が厳しい人やロブヘア初心者におすすめのヘアスタイルです。

その3:くせ毛風パーマ

くせ毛風のパーマをかけたカジュアルな印象のロブヘアです。パーマだけで十分おしゃれですが、外国人のようなくせ毛風パーマに合わせてカラーを足すのもおすすめです。色は赤みのないグレージュなど、アッシュ系がおしゃれです。地毛が直毛の人にとっては、このようなパーマをかけるとヘアアレンジが簡単でよりおしゃれになるという長所があります。

その4:短めバング

短めの前髪が個性的でおしゃれなロブヘアです。ロブヘアをもっとおしゃれにしたい人、他の人と被りたくない人には特におすすめです。面長の人は前髪の横幅を広くとると良いでしょう。画像のように外ハネにすると、カジュアルで個性的な印象が強くなります。雑誌の系統で言えば、青文字系が好きな人に特に似合うスタイルです。

その5:きりっぱなし

毛先をあえて切りっぱなしにした新鮮なロブヘアです。髪全体にパーマをかけず、ストレートヘアを活かしています。スタイリングもワックスをつけて毛先を散らすだけなので、ズボラな人でも簡単にオシャレを楽しめます。地毛がストレートヘアの人にとっては、自分の綺麗な髪を活かしたヘアスタイルになります。

前髪なし

次は、前髪なしのロブヘアをご紹介します。前髪なしのロブヘアは大人っぽい印象が強くなります。童顔の人や、丸顔の人には特におすすめです。また、前髪がないと目元の印象が薄くなりがちなのでアイメイクに力を入れると良いでしょう。ボルドーやピンクなどのカラーアイブロウを使うのもおしゃれです。

その6:かきあげバングでナチュラル

かきあげバングの色っぽさを程よく中和したロブヘアです。ベースが長すぎないレングスなので、セクシーな女っぽさとカジュアルさが融合したおすすめのスタイルです。スタイリングの時は毛先をワンカールさせると良いでしょう。すぐにカールが取れてしまう人はポイントパーマをかけるのもおすすめです。

その7:ストレート

美しいストレートヘアは、ロブヘアの中でも美人度の高いスタイルです。このヘアスタイルでは重くなりすぎないように、毛先を梳いたりカラーリングをして工夫してみましょう。また、この画像のようなひし形シルエットは小顔効果もあります。丸顔の人は顔周りの毛がある方が良いので美容師さんに相談すると良いでしょう。

その8:ゆるふわパーマ

前髪を作りたくないけど、可愛さも取り入れたいという人はゆるふわパーマをかけるのがおすすめです。前髪のないヘアスタイルや黒髪だと重くて子どもっぽいという人は、ぜひゆるふわパーマをかけてみてください。

直毛の人はデジタルパーマがおすすめです。きれいなパーマラインをキープするために、後でご紹介するワックスやヘアスプレーなどのスタイリング剤を上手に活用してみてください。

その9:きりっぱなし

ロブヘアにさらに個性を加えた切りっぱなしは注目度の高いヘアスタイルです。少し子どもっぽくても、前髪がないので大人っぽくておしゃれな印象です。伸ばしかけの人にもおすすめのロブヘアです。小顔効果の欲しい人は顔周りカットを工夫してもらいましょう。

カラーリングは地味にならないように明るめのカラーがおすすめです。明るめカラーを入れるときはハイライトを入れてもらうときれいになじみます。

その10:ワンレングスカット

髪全体の長さを同じにしたワンレングスカットは、大人っぽくて色気のあるスタイルです。また、ワンレングスの美しさを際立たせるために、ベースはストレートがおすすめです。それだけだと重くて地味な印象になるときは、少し明るめのカラーを取り入れると良いでしょう。毛先はワンカールさせるのも、わざと散らすのもおしゃれです。

ロブヘアにおすすめのスタイリング剤

最後に、ロブヘアをよりおしゃれに楽しむためのおすすめのスタイリング剤をご紹介します。前髪のスタイルキープにはヘアスプレーが手軽です。また、パーマをかけている人も、そうでない人もおしゃれなクセづけやヘアアレンジのキープにはヘアワックスが便利です。

初めてヘアワックスを使う人におすすめなのは、画像のルシードエルのワックスです。もっと具体的に選び方を知りたい場合は、下のリンクも参考にしてみてください。

ロブヘアはアレンジも自在

絶妙な長さのロブヘアは、ヘアアレンジの幅もとても広くなっています。ロングヘアだと重すぎる、ショートヘアだと長さが足りないということもロブヘアでは基本的にありません。ではどのようなアレンジがあるのか見ていきましょう。

ハーフアップ

ロブヘアのハーフアップでは、ウェーブやねじり、編み込みを取り入れた一癖あるものがおすすめです。また、パーティーなどの場面ではマジェステやシュシュ、バレッタなどのヘアアクセサリーを使うと華やかさが出て良いでしょう。顔周りの毛を残して巻くと小顔効果があり、おしゃれな印象になります。

お団子

ロブヘアはロングほどの長さがないので、低めのお団子にすると大きさも適度な形になります。画像のように後れ毛を出すと、おしゃれなラフ感が出せます。シュシュやクリップなどのヘアアクセサリーにもこだわると自分なりの個性が出せるでしょう。高めのお団子で元気さを出したいときは、ワックスやヘアスプレーを上手に使ってまとめてみてください。

ねじりヘア

ロブヘアのねじりヘアでおすすめなのは、編み込みとねじりの融合したアップヘアスタイルです。ミディアムレングスでも画像のようなシニヨン風のまとめ髪が楽しめます。髪質がサラサラでまとめにくいという人は、事前にヘアスプレーなどを使うと良いでしょう。アップスタイルではイヤリングやピアスをつけるのもおすすめです。

編み込み

編み込みは凝った印象ですが、実際はコツを覚えると非常に簡単なヘアアレンジです。ネット上にもたくさん編み込みの方法が載っているので、まだできない人はぜひ覚えてみてください。前髪を伸ばしかけている人は、編み込みにすると邪魔にならず、華やかさも出ます。

編み込みをする前にはきちんと髪をとかすとやりやすいです。下のリンクで使いやすいヘアブラシを探してみると良いでしょう。

流行のロブヘアでもっと可愛くおしゃれに

いかがでしたか。今、流行しているロブヘアはどんな人にでも似合うヘアスタイルです。最後に、ロブヘアをもっと可愛くおしゃれに楽しむポイントについて確認してみましょう。

ロブヘアをもっと魅力的に

ロブヘアをもっと魅力的に楽しむには、元のベーススタイル、ヘアアレンジ、ヘアアレンジグッズを工夫することが大切です。まずは原型になるスタイルを考えて、次に場面に合わせたヘアアレンジができるようになるとロブヘアを楽しめます。せっかくさまざまなおしゃれが楽しめるヘアスタイルなので、ぜひ工夫して素敵なヘアアレンジを楽しんでみましょう。

関連記事

Related