Search

検索したいワードを入力してください

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

Author nopic iconsakura
デート / 2019年02月16日
SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

オバショットとは

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

皆さんは、最近SNSなどで話題になっているワードの一つ「オバショット」はご存知ですか。多くの方がすでにご存じで、オバショットをしてみたという方もいらっしゃるでしょう。でも、まだご存知ではない方のためにオバショットについてご説明します。

オバさんを真似たポーズで撮った写真のこと

オバショットとは、旅行先やお出かけ先などで写真を撮る際に、おば様のような雰囲気をだしたポーズをして撮った写真のことです。特にツイッターでは、#オバショットのハッシュタグがついた投稿が多くみられます。オバショットのポーズはろいろとありますが、どれもおば様・マダムらしい少し上品な印象の写真となっていることが特徴といえます。

流行らせたのは有吉弘行さん

この「オバショット」は、どなたが始めたかはご存知でしょうか。実は、現在テレビなどで大活躍の有吉弘行さんがSNSで投稿をしたのが始まりです。有吉さんのツイッターにはご自身や芸能界の仲間と一緒に撮影をした「オバショット」が多数投稿されています。

毒舌で知られる有吉さんですが、オバショットの投稿はどことなく、ほのぼのとした印象で癒されると大人気となっています。

SNS映えするオバショットのポーズ7選

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

今、話題の「オバショット」ですが、SNS映えする主なポーズを7つご紹介します。どのポーズも、おば様のようなやわらかい微笑みと少し上品さを加えてみると、良いオバショットが撮影できます。皆さんもぜひ、オバショットのポーズで写真を撮ってみてください。

ポーズ1:お腹の前で手を組み真っすぐ立つ

まずはじめにご紹介するポーズは、お腹の前あたりで手を組んで、真っ直ぐ立つというポーズで、こちらはオバショットの基本といえます。こちらのポーズの応用として、小首をかしげてみたり、少し斜めに立ったりするとより上級のオバショットとなるでしょう。

また、一人だけのショットから数人集まってのショットも可能ですので、お友達と一緒にいかがでしょうか。

ポーズ2:座って膝の上に手を組んで置く

公園のベンチやカフェの椅子などに腰かけて、手を組み膝の上に置くポーズもあります。手を組むことはオバショットの基本なのでしょうか。もしくは、手持無沙汰で落ち着かないために手を組むことで、それを回避しているのでしょうか。いずれにしても手を組むことで、見ている側は少し和むことができるポーズとなっています。

ポーズ3:木の後ろから顔を覗かせる

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

大きな木の後ろからひょこっと顔をのぞかせるポーズは、昭和の香りが漂い、懐かしさを感じさせるのではないでしょうか。まさしくオバショットの真髄といえるでしょう。こちらのポーズは、大きな木の全体が映るように少し離れた場所から撮影する、または、ひょこっとのぞかせた顔を中心に撮影すると楽しめるでしょう。

ポーズ4:人の腕に両手を添える

横にいる人の腕にそっと自分の両手を添えるポーズは、腕を掴むのではなく、あくまでも「そっと」自分の両手を相手の腕に添えます。表情は優しい笑顔も大切ですが、たまにはおすまし顔で、恥ずかしさを隠してみてはいかがでしょうか。

ポーズ5:ベンチに座った状態で振り向く

ベンチに座りながら、振り向くポーズは「ポーズ2:座って膝の上に手を組んで置く」に「振り向く」という応用動作が入ります。手は組んで膝の上に置いていてもいいですし、ベンチに手をかけてみても良いでしょう。こちらも少々上級者向けのオバショットポーズといえるのではないでしょうか。

ポーズ6:カメラに向かって笑顔で手を上げる

カメラに向かって手を上げるポーズは、手を高々と上げるのではなく肘から、控えめに手を上げて手のひらをカメラに向けます。もちろん、優しい笑顔は必須ですので、おば様の雰囲気を出しながらやわらかく、優しく微笑みましょう。

ポーズ7:人の肩に両手を置く

人の肩に両手を置くポーズは「ポーズ4:人の腕に両手を添える」と同じように、そっとお友達の肩に両手を置きます。自分の前で座っている人の肩、身体を斜めに向けてお隣の人の肩へ両手を置くなど、いろいろと楽しめるポーズです。

オバショットをきれいに撮りたいあなたへのおすすめ

いい写真を撮りたい、キレイなオバショットを撮りたいと考えているあなたにおすすめのActyGo (高品質HD18X望遠レンズ付きスマホレンズ4点セット) をご紹介します。こちらは、スマホのカメラ機能向けのレンズ、リモコン、三脚がセットになった優れ物です。こちらを使って、ぜひキレイなオバショットを撮影してください。

オバショットが映えるスポット6選

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

オバショットを極めるにはスポット選びも大切です。では、オバショットがしっくりくるスポットにはどんな場所があるのでしょうか。そこで主なオバショットが映えるスポットを6つご紹介します。

スポット1:公園

オバショットの定番スポットといえば公園です。公園にはオバショット定番のアイテム、ベンチや木があり、開放的な気分でゆったりとした時間が過ごせます。また、春夏秋冬と季節毎の花や木々の彩りがオバショットをさらに品のあるものにしてくれるでしょう。

ぜひ、ベンチに座ったり、木の後ろから顔をのぞかせたりといったオバショットを完成させてください。

スポット2:神社の前

渋い好みのおば様が、風情を味わいに訪れそうな神社もオバショットには欠かせないスポットです。神社なら鳥居の前や参道、手水舎、境内と神社では、どこでも素敵なオバショットが撮影できます。また、神社では自然を感じられる風景も多く、自然とやさしい微笑みがでてくるのではないでしょうか。

スポット3:旅館

ホテルではなく、風情のある旅館はオバショットにはぴったりです。旅館の玄関や入口、ロビー付近、また、お食事の席やもちろん客室内でもオバショットスポットになります。ぜひ旅館の浴衣を着て、くつろぎのオバショットを撮影してください。

スポット4:ガーデンテラス

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

神社や旅館の和の雰囲気もいいですが、洋風のガーデンテラスでも素敵なオバショットが期待できます。おば様はきれいなお花、植物を好まれることが多く、ガーデンテラスならお花、植物に囲まれた秀逸作品ができるのではないでしょうか。

もちろんベンチや木もありますので、きれいなお花と植物をバックに素敵なオバショットを撮影してください。

スポット5:目立つモニュメントの前

国内旅行や海外旅行で、目立つモニュメントを見つけたら絶好のオバショットスポットになりますので、ぜひ撮影をしてみてください。東京・渋谷にある「忠犬ハチ公」の銅像や大阪にある太陽の塔、ニューヨークの自由の女神なども有名なモニュメントです。

旅行の際には、ぜひ有名モニュメントの前でオバショットを撮影してください。

スポット6:歴史的建造物の前

東京では、東京駅や迎賓館、日本銀行などの歴史的建造物があります。日本国内や海外にも多数の歴史的建造物がありますので、旅行やお出かけの際に落ち着いた雰囲気のオバショットが撮影できるのではないでしょうか。

歴史的建造物ならではの重厚さや気品は、上品なおば様の雰囲気を出すには最適のスポットですので、ぜひオバショット撮影をしてみてください。

オバショットで写真を楽しもう

SNS映えするオバショットのポーズ7選・おすすめスポット6選

有吉弘行さんが、流行らせたとして今では若い世代の方もこのオバショットが話題になっています。そして、SNSでは数々のオバショットが投稿され、ブームにもなっています。オバショットのポーズはどなたでも簡単にできるものばかりですので、まだオバショットを撮影したことがないという方も一度、試してみてください。写真を楽しんで思い出の1枚を残しましょう。

写真写りが良い人と悪い人の違い

同じように写真を撮っても、写真写りが良い人と悪い人に分かれてしまいことがあります。実は、写真写りが良い人は自分自身を良く見せる方法を知っています。きれいに写る表情や顔の角度、欠点の隠し方などをちゃんと理解しているので、写真写りが良くなります。

反対に写真写りが悪い人は、写真慣れしていなかったり、自分の長所がわからないといったことがあります。以下のリンクも参考にして良い写真をたくさん撮ってください。

関連記事

Related