Search

検索したいワードを入力してください

ヒーラーとは何か・ヒーラーに向いている人の特徴10選

Author nopic iconsakura
カテゴリ:運気

初回公開日:2018年08月24日

更新日:2020年01月28日

記載されている内容は2018年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ヒーラーとは何か・ヒーラーに向いている人の特徴10選

ヒーラーとは何か

皆さんはヒーラーと聞いて、どのようなイメージを持ちますか。なんとなくスピリチュアル的な雰囲気がしますが、ヒーラーは英語でhealerと書き、癒す(いやす)人といった意味があります。

日本ではスピリチュアル的な意味を持つことがあり、霊能力を使った手当療法、エネルギー療法を行う人などをヒーラーと呼ぶことが多くあります。

ヒーラーとは立派な職業の一つ

ヒーラーはヒーリングをする人であることをご説明しましたが、ヒーラーはセラピストの一種という考え方があります。セラピストをマッサージ師や整体師などのボディ系、心理カウンセラーなどのメンタル系、エネルギー系に分けた場合、ヒーラーはエネルギー系のセラピストと解釈することもできます。

ヒーラーは職業として人へのカウンセリングなどができますが、勉強や実践で経験を積み、信頼を得ることが大切となるでしょう。

ヒーラーに向いている人の特徴10選

ヒーラーは誰でも職業としてやっていけるものなのでしょうか。やはり、ヒーラーに向いてる人と向いていない人がいるのではないでしょうか。そこでヒーラーに向いている人の特徴を10個ご紹介します。

特徴1:心身共に健康である事

ヒーラーには、心身とともに健康である人が向いています。これは、心と身体が健康でバランスがとれていることが大切ということになります。心が病んでいてつらい人や感情の起伏が激しい人、体調が良くないといった人は、他の人の悩みを聞いたり、カウンセリングをしたりすることが困難です。

常に穏やかで、優しく人を包みこむことができることが大切になるでしょう。

特徴2:自分自身を癒す事ができる

ヒーラーに向いている人は、自分自身も癒すことができる人です。これは、自分自身を上手にコントロールできることにもつながります。ヒーラーだから、病気をしない、ケガをしない、ストレスを抱えないということはないでしょう。

コンディションが悪いときでも、自分で自分をコントロールできる人、また、他のヒーラーの助けを借りてコンディションを整えることができる人もヒーラーに向いているといえます。

特徴3:見えないエネルギーを信じている

見えないエネルギーを信じている人もヒーラーに向いているといえます。ヒーラーはスピリチュアル的な要素があり、「目に見えない何か」からパワーを授かっているという意識があります。そのため、見えないエネルギーや自分の周りにあるものへの感謝の気持ちを持つことが大切です。感謝の気持ちを持つことが、健やかな精神を育て、魂の成長につながります。

特徴4:ストレスのコントロールができる

ストレスによってさまざまな体の不調を引き起こすことがあります。ヒーラーは、精神を健やかに保つことができるように、ストレスをコントロールできる人が向いています。心身とともに疲れてストレスを抱えた人をヒーリングする場合、この負のエネルギーが、ヒーラーへ影響することも考えられます。

負のエネルギーを持つ人をヒーリングして、自分自身もストレスを抱えることがないようにコントロールが必要です。また、いつも前向きな姿勢を保つことも大切です。

特徴5:愛と感謝の念を持って物事を見れる

日常生活を送る中で、仕事や人間関係で悩むことも多くあることでしょう。そして、思いどおりに行かない事もあり、自分自身を悲観してしまいがちですが、いつも愛と感謝を持ち続けることで、ポジティブな思考に変わります。

そして、すべてのことに対して愛と感謝の念を持って物事見ることができる人は、その前向きな姿勢が他の人へも伝わりますので、ヒーラーへ向いているといえます。

特徴6:自分磨きに余念がない

ヒーラーになるための勉強をして、ヒーラーになったからといって満足していては、人から信頼してもらえるヒーラーにはなれないでしょう。常に自分を磨き、難しい状況を抱えた人に対しても真摯に向き合い、さまざまな問題をクリアしようとする姿勢が大切で、自分自身の心の成長につながります。

特徴7:強い精神力を持っている

強い精神力を持っている人もヒーラーに向いていると言えます。これは、人の言動や感情に左右されることなく、自分自身の信念をもって進んで行くことができる人ともいえるでしょう。人は人、自分は自分と考え、他の人とは一線を画し、強い精神力でマイナスの感情を自分に入れないようにすることができます。

特徴8:真実の愛を持っている

真実の愛を持つことは、救いを求めてくる人たちと愛情を持って向き合い、助けてあげようという気持ちではないでしょうか。そこには、おごった気持ちはなく、謙虚に感謝の気持ちと共に深い愛情を持って、困っている人たちを助ける姿勢がヒーラーとしての本質といえるでしょう。

特徴9:霊的向上の努力を怠らない

ヒーラーには、スピリチュアル的な能力が必要と言えます。人は誰もが霊能力を持っているといわれていますが、それに気が付かない人もいます。ただ、ヒーラーとなる人は、自然とその方向へ向かっているといわれています。なるべくしてヒーラーになったということでしょうか。

そして、霊的向上の努力を怠らない人であれば、自分自身をさらに上の段階へ向上させ、心や魂を成長させることができます。

特徴10:思いやりの精神を持つ

思いやりの精神を持って行動できる人は、本当に尊敬することができます。何をするにしても他人や周囲への思いやりを忘れなければ、その気持ちは必ず伝わります。ヒーリングをする場合も、相手への思いやりを持つことで、多くの人から信頼を得ることができるでしょう。

ヒーラーに興味のあるあなたへのおすすめ

神様の力を借りて、人を癒やす法
神様の力を借りて、人を癒やす法
口コミ

正しい心構えを持ち、毎日シンプルな瞑想に励めば、誰でもスピリチュアルヒーラーになれるという視点が素晴らしい。

ヒーラーとは何か、どんな人が向いているのかを少しご理解いただけたのではないでしょうか。もし、ヒーラーに少しでも興味を持っていただけたなら、読んでいただきたい本があります。それは「神様の力を借りて、人を癒やす法」です。

どなたにもわかりやすくヒーリングについて説明されていますので、読んでみてはいかがでしょうか。

ヒーラーになるには

ヒーラーになって人を癒し、困っている人たちを助けたいとお考えではないですか。では、どうすればヒーラーになれるのでしょうか。ヒーラーになるために最低限やっておいた方が良いことをご紹介します。

養成セミナーを受ける

日本にもヒーラー養成講座やセミナーが多数あります。受講期間も1日だけのものから長期のもの、また、コースも受講料金もさまざまです。インターネットで検索して、ご自身に合った養成セミナーを見つけましょう。

ただ、ヒーリングは元来、見返りを期待しない無償の愛、奉仕の精神からきていますので、人の役に立ちたいという気持ちを忘れないようにしましょう。

日々の努力

ヒーラーになるためにはセミナーや講座で学ぶ以外にも、日々、内面を磨く努力が欠かせません。これは心身共に健康であることで、エネルギーが通過できる身体の状態を保つことが目的ですが、一時的なものではなく、常日頃から意識して続けていくことが重要です。

生涯ヒーラーとして生きていくのであれば、一生続けていく努力が必要です。そして、自分自身をコントロールしながら内面を磨き、心や魂を成長させましょう。

ヒーラーとして知識を深めましょう

ヒーラーには、常に周りに感謝をし、無償の愛を与え、見返りを期待しない精神が必要です。そして、いつも心身とともに健康でいられるよう、自分自身をコントロールし、時には自分で自分を癒すことも必要です。そして、常に前向きに向上心を持って日々の努力を惜しまない人がヒーラーに向いているといえるでしょう。

問題解決能力が必要な場合もありますので、さまざまな知識を深めてヒーラーへの道を進んで行ってください。

スピリチュアルとは

スピリチュアルは「霊的」という意味があり、怖いと感じる人もいるでしょう。スピリチュアルの本質には、感謝する気持ちや思いやる心、謙虚でいることといった精神があります。そのような精神を持っていることで、目に見えないエネルギー、パワーが私達に力を貸してくれます。

スピリチュアルについてもっと知りたい方は、ぜひ以下のリンクをご覧ください。

Line@