Search

検索したいワードを入力してください

生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法

Small 1e5dd230 5266 4f70 a3f0 c61cff3fbc7esyshot
人間関係 / 2019年02月26日
生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法

生きてる意味とは

人生で一度ぐらいは、生きてる意味について考えることがあるではないでしょうか。生きてる意味について考えるきっかけは、人それぞれです。生きてる意味を真剣に考えることで生きてる意味が分からなくなってしまう人も多くいます。

生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法をご紹介します。ぜひ、生きてる意味を考え込んでしまった場合に参考にしてみてはいかがでしょうか。

哲学者の答え

哲学者が生きてる意味の答えを出すなら、どのような答えを出すのか興味がある人も多いのではないでしょうか。生きている意味についてドイツの哲学者のニーチェは、「なんのために人間が生きてるのか、答える者は、もはや誰もいない。人間が生きてるという意味に答えが存在しない。」と答えています。

人間は、何のために生きてるのかということよりもどのようにして生きていくかを自分で考えなくてはならいということでしょう。

生きてる意味がわからなくなる4つの原因

生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法

何かにつまずいてしまったときに生きてる意味を自問自答してしまう傾向があります。しかし、生きてる意味を自分に問いかけることで答えが出ずに生きてる意味がわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

生きてる意味がわからなくなる4つの原因をご紹介します。ぜひ、参考にして自分の頭の中や気持ちを整理するきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

原因1:人間関係がうまくいかないとき

人間が生きていくためには、さまざまな環境での人のコミュニケーションが必要不可欠です。プライベートや仕事で人間関係が上手くいかないと気持ちも沈み、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。劣悪な人間関係の環境が続くことで苦しみ悩んでいくうちに考えることに疲れてしまい生きてる意味さえもわからなくことがあります。

原因2:失敗したとき

人間は、生きていく中で何らかの失敗をします。失敗しない人間なんて存在しないでしょう。プライベートや仕事、さまざまな場面で失敗を繰り返してしまうことで落ち込むことが誰にでもあります。失敗を大きく引きずって悩んで自分の存在価値などを繰り返し考えてしまう人も多いでしょう。何かに失敗した気持から生きてる意味が分からなくなることもあります。

原因3:目標や目的を見失ったとき

人生に目標や目的があることで前向きに楽しく毎日を過ごせるメリットがあるでしょう。しかし、人生における目標や目的を失ったり、達成できないと感じたときに大きな喪失感を感じることがあります。新たな人生におけるテーマなどが見つからずに悩む人もいます。生きる目標や目的を見失うことで生きてる意味さえもわからなくなってしまうことがあります。

原因4:大切なものを失ったとき

人には、誰もが自分が大切に感じているものがあります。大切なものとは、人それぞれで恋人や友達・両親など人だったり、とても貴重な品物だったりします。自分にとって大切なものを突然、失ってしまう経験をしてしまう人も少なくないでしょう。自分の心の支えでもある大切な人や者を失くことでそのショックから生きてる意味がわからなくなることもあります。

生きてる意味がわからなくなったときにおすすめの本

人生は暇つぶしのゲーム?
人生は暇つぶしのゲーム?
口コミ

私の頭の中で考えていたモヤモヤした問題がスッキリしました。自分の考えている通りに自分の人生を生きれば良い。ただ、一度の短い人生だから、悔いの無いように生きる。

生きてる意味がわからなくなったとふと感じたときに本を読んでみるのもいいのではないでしょうか。「人生は暇つぶしのゲーム? - 3分間でよくわかる人生の意味」は、おすすめの本です。自分の思うとおりに人生を楽しんで生きればいいと気持を軽くしてくれると評判の本です。生きてることに息詰まってしまったときに読んでみてはいかがでしょうか。

生きてる意味が分からなくなったときの対処法

生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法

生きてる意味を考えていても答えが出ずに生きてる意味が分からなくなってしまうこともあるでしょう。人間は、自分で生きてる意味を考え、悩んでも答えが出てこないことが多くあります。

そんな解決しない悩みのループ状態から抜け出すには、どうしたらいいのでしょうか。生きてる意味が分からなくなったときの対処法をご紹介します。ぜひ、気持ちや考えを切り替えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

対処法1:今の自分の気持ちを書き出す

生きている意味がわからなくなってしまったときには、自分の気持ちを整理することが重要です。いろいろと思い悩んでしまったことで頭の中で悩みが混乱状態にになってしまっています。まずは、今の素直な気持ちを書き出すことから始めるといいでしょう。

自分の気持とを書き出すことで思い悩んでいることがはっきりしてきます。また、気持を書き出すということが深く悩みを抱えている人の気持を軽減する効果があります。

対処法2:体を動かしてみる

生きてる意味がわからなくなってしまったときには、体を動かしてみることも対処法のひとつといえるでしょう。一旦、生きてる意味など考えることをきっぱりとやめて体を動かし汗を流してみることも気持ちと頭の切り替えに重要なことです。

ひとりで深く考え込むよりも体を動かして思いっきり汗をかいてリフレッシュできることによって生きてる意味など考えることがどうでもよくなってしまうこともあるでしょう。

対処法3:人と接する時間を持つ

生きてる意味がわからないと感じているときは、ひとりで悩みを深く巡らせることはやめましょう。人と積極的に接する時間を作りましょう。人と会話することで誰もが生きてる意味の正解など出せないということがわかるでしょう。

人と会話をすることで今後の自分の目標などが見えてきたり、楽しくコミュにケーションすることで未来への希望も持てるようになります。

対処法4:自分の気持ちを大切にする

生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法

生きてる気持ちがわからなくなってしまったときは、自分の気持ちを大切にするといいでしょう。自分の気持ちと向き合って自分がどうしたら気持ちが楽になるのか考えてみることも重要です。人の気持ちばかり考えてしまうと生きてる意味を見失ってしまうことがあります。

自分の人生は、誰のものでもなく、誰に支配されることはありません。自分のやりたいように人生を生きていけばいいということに気が付くきっかけになるでしょう。

対処法5:嫌いな自分を超えていく

生きてる意味がわからなくなってしまっている状態のときは、自分に自信がなくなって嫌気がさしていることが多くあります。今の自分の現状に不満をもっていることもあって生きてる意味を考え過ぎていることもあるでしょう。

嫌な自分をなんとか変えていこうという前向きな考え方をしましょう。現状の嫌な自分を超えて目的を持ち日常生活をおくることで生きてる意味など考えることがなくなります。

対処法6:人のために生きてみる

生きている意味がわからないと感じたときには、思い切って自分のためではなく、人のために生きてみようと考えてみるのもいいでしょう。人のために生きるということは、自分が誰かに必要とされてる存在ということにもなります。

家族であったり、友達や恋人でも人のために役に立ち生きていけるということは、かけがえのないすばらしいことです。また、ボランティア活動に積極的に参加することもいいでしょう。

対処法7:今を大切にする

生きてる意味を考えるよりも今を大切に生きていくことも大切です。長い人生、先のことを考えてもきりがない場合もあるのではあにでしょうか。人生なんて自分が思うようにいかないのが大半です。

生きてる意味を考える時間があるなら、今を大切にして人生を楽しく幸せに過ごすこともいいのではないでしょうか。何事も考え過ぎは、自分を追い詰めることに繋がります。もっと自由に今の幸せだけを考える時間があってもいいでしょう。

生きてる意味を見つけ出そう

生きてる意味が分からなくなる4つの原因と7つの対処法

なんとか自分の生きてる意味を見つけたい人もいるのではないでしょうか。自分の生きてる意味は、自分で答えを導いていくしかありません。人生の中で生きてる意味がわからなくなったときは、ふっと肩の力を抜いてゆっくりと一息ついてみましょう。きっと自分の生きている意味を探しに前向きに立ち上がることができるでしょう。

幸せになるために

自分の人生が楽しく幸せになるためには、どのようにしたらいいのか考える人も多いのではないでしょうか。「自分の存在意義や意味の考え方とその他のものの存在意義」や「自分らしく生きたいならやるべきこ」をご紹介します。ぜひ、今後の人生のひとつの参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related