Search

検索したいワードを入力してください

大学芋を作る人気レシピ|大学芋を作るのに必要な材料

Author nopic iconblueocean
レシピ / 2019年01月28日
大学芋を作る人気レシピ|大学芋を作るのに必要な材料

大学芋とは

大学芋はさつまいもを油で揚げた後に、甘い蜜に絡めた食べ物です。日本では比較的よく食べられ、和食にも登場することが多いさつまいもの調理法の一種です。

さつまいもには食物繊維やビタミンCが含まれていることから、栄養がある食材と言えます。ほんのりと甘さを帯びるさつまいもにさらに蜜をかけ改良したのが大学芋です。おやつとして食べられることがほとんどですが、おかずとして食卓に並ぶケースもあります。

大学芋を作るのに必要な材料

大学芋を作るにはさつまいもさつまいもを焼くあぶらが必要です。さらに、さつまいもを包む蜜の準備も必要です。蜜を作るには砂糖と水を使いましょう。仕上げに使うゴマも欠かさず用意してください。

大学芋のタレは砂糖と水が一般的です。もっと和風に仕上げたい場合は、みりんしょうゆを加えることもあります。また、砂糖代わりに蜂蜜を使うことで仕上がりがテカっとして見栄えが良くなります。お好みに合わせて用意してください。

大学芋の作り方レシピ

簡単に工程を説明すると、さつまいもを切る、水気を取り加熱する、サツマイモを揚げる、蜜を絡めるになります。

さつまいもを揚げる場合と、フライパンで焼く場合があります。揚げると大学芋特有のパリっとした食感が楽しめますが、その分カロリーが高くなります。カロリーが気になる方は、フライパンでさつまいもを焼くようにしてください。

Blockquote firstBlockquote second

サツマイモ 1本
三温糖 大さじ2
水【調整しながら】 適量
黒ごま・白ごま 適量

手順1:さつまいもをよく洗う

まずは、食材であるさつまいもをよく洗いましょう。さつまいもは土ものなので、よく洗うようにしましょう。また、稀に傷がついたものや傷んでいる部分はあらかじめ、削り取るようにしましょう。強くこする必要はありません。全体的に軽く洗いましょう。

さつまいもは、でこぼことした食材なので溝に泥が入っている場合があります。そこだけに気を付けて、さつまいもを洗って下準備をしましょう。

手順2:さつまいもを切る

さつまいもをお好みの大きさに切りましょう。切り方は乱切りがおすすめです。乱切りとは細長い食材を回しながら切る方法です。四角く整った形ではないことが特徴です。乱切りのポイントとしては大きさをきちんと揃えることです。

乱切りではなく、細長く切ることで火の入りが早くなる点もポイントです。切り方で調理時間が短縮されることを覚えておきましょう。さつまいもの皮はむかなくても大丈夫です。素材の味を楽しみましょう。

手順3:さつまいもの水分を拭く

さつまいもを洗った際に水分を含んでいることがあります。次の工程では、さつまいもを油で揚げるので、しっかりと水気をとるようにしましょう。キッチンペーパーで優しくさつまいもを包み、水気処理をします。

この段階で電子レンジでさつまいもを一分ほどチンすると、中まで火が入りやすくなります。さつまいもは意外と中まで火を通すことが難しい食材です。あらかじめ、電子レンジで調理することで仕上がりがよくなるでしょう。

手順4:さつまいもを低温の油で揚げる

さつまいもを低温で揚げていきます。油の温度は160度~180度ほどを目安にしてください。はじめから高い温度で揚げるのではなく、低い温度でじっくりと揚げるようにしましょう。表面をカリっと仕上げたい場合は、温度調節に工夫をすることをおすすめします。

まず低い温度でさつまいもの中をじっくりと揚げてから、今度は高い温度で一気に揚げましょう。温度に差をつけることで、仕上がりに差が出せます。

手順5:タレを作る

大学芋のタレは砂糖と水を使うのが一般的です。お好みでしょうゆやみりん、砂糖代わりに蜂蜜を使ったレシピもあります。

砂糖と水をお鍋で温めながら混ぜ合わせていきます。砂糖を熱すると焦げやすいので注意してください。和風に仕上げたいなら、しょうゆやみりんを使うこともおすすめです。

手順6:さつまいもをタレにからめる

さつまいもが温かいうちにタレと絡めるようにしましょう。

大学芋をカリっとさせるには揚げる必要がありますが、揚げるとカロリーが高くなる揚げ物は大変だからなるべく避けたいという方もいらっしゃるでしょう。実は、大学芋を揚げずにカリっとさせる方法があります。次から説明していきます。

さつまいもを細長く切ります。あらかじめフライパンに砂糖と水を入れそこに切ったさつまいもを入れることです。

大学芋を作りたい方におすすめ

揚げない大学いもの素
揚げない大学いもの素
口コミ

とっても簡単に外側がカリカリの大学いもができます。ちょっと甘めですが、今まで使ったものの中で一番美味しいと思います。

カロリーが気になるという方はフライパンで作れる大学芋はいかがでしょうか。カロリーを抑えられることと、揚げ物ではないので安全に食べたい時に手軽に食べることができます。

揚げない大学芋を自分で作ろうとすると、大学芋を細く切ったり熱を加えたりと手間がかかりますが、商品化されたものだと誰でも簡単に作れる点が魅力です。

おやつや副菜、お弁当のおかずにも役立つ商品を試してください。

大学芋の食べ方

おやつとしてのイメージが強い大学芋ですが、おかずとして食卓に並べるという地域も一部ではあります。白いご飯がすすむという食べ物ではありませんが、箸休めや副菜として食卓に並べられることが多いです。

大学芋はおやつとしての食べ方が一般的ですが、アレンジを加えることによって新しい料
理として生まれ変わることもあります。次からは、そんな大学芋の食べ方を5パターン紹介します。

副菜にする

大学芋の材料であるサツマイモは、副菜としてもピッタリです。さつまいもは昔から日本で食べられている食材です。食物繊維のほかにビタミンCを含むなど、栄養価値が意外と高い食材です。

副菜にする場合は、さつまいもを揚げずにフライパンで焼くだけでも十分です。また、甘みを抑えることで、より一層副菜としての価値を上げること間違いなしです。

栄養価値とイモ類特有の腹持ちのよさから副菜としてもおすすめです。

おやつにする

スタンダードな食べ方に、おやつとして大学芋をいただくというものがあります。甘くほくほくとした大学芋は、おやつとして人気です。また、さつまいも自体が甘みに優れているので、おやつとして子供からお年寄りにまで人気があると言えます。

お弁当に入れる

大学芋のすごいポイントは、冷めてもおいしく食べることができる点です。またイモ類なので、おなかにたまりやすく弁当のおかずとしても優秀です。おかずと甘みを兼ね備えたお弁当に大学芋はおすすめです。

刻んでヨーグルトにトッピングする

ダイエットや、健康のために朝、ヨーグルトを摂取する方も多いでしょう。そんな時ヨーグルトのアクセントとしてもトッピングすることが可能です。いつものヨーグルトにひと手間を加えて、ワンランク上を目指しましょう。

大学芋はそれだけで甘さがあるので、砂糖の代用として活用できます。また、イモ類は腹持ちがいいので食べすぎを防いでくれる点もポイントです。無糖タイプのヨーグルトに入れるのがよいでしょう。

パウンドケーキに混ぜ込む

パウンドケーキの材料は、小麦粉や牛乳などです。これらの材料とイモの相性が良いので、パウンドケーキのトッピングに使用しても違和感がありません。

パウンドケーキにのトッピングは、フルーツやくるみなど、自分の好みによって自由に入れられる点がポイントです。大学芋をトッピングに選んで和風な仕上がりにしてもよいでしょう。

大学芋を作ろう

大学芋を作る人気レシピ|大学芋を作るのに必要な材料

今回は大学芋のレシピを紹介しました。さつまいもは一年中手に入れることができる食材で、栄養価値もあります。特に、食物繊維が豊富なのでお通じが良くなる効果が期待できます。

大学芋の醍醐味は甘く味付けされたタレです。みりんとしょうゆを加えてより和風に近づけることもできます。

ご自身の好みによって、タレの味付けを変えて楽しむのもよいでしょう。大学芋のレシピをマスターして料理を楽しみましょう。

イモ類を知る

もっとイモ類の情報やレシピが知りたい方は、大学芋の名前・名称の由来とレシピの由来|東京大学/赤門前、【料理別】芋の種類|肉じゃが/フライドポテト/コロッケをご覧ください。

関連記事

Related