Search

検索したいワードを入力してください

スタイの型紙の種類10個|人気のあるスタイの特徴4つ

Author nopic iconzilchctese
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年08月28日

更新日:2018年12月18日

記載されている内容は2018年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スタイの型紙の種類10個|人気のあるスタイの特徴4つ

スタイの型紙は種類が多い

スタイの型紙は、形によって用意されているので種類が多いです。定番のたまごスタイの他にもちょっとおしゃれなバンダナスタイ、かぶるタイプや紐で止めるタイプなど多岐にわたります。

赤ちゃんの月齢やお出かけする場所、洗い替えなどでたくさん用意できると良いでしょう。かわいいスタイやおしゃれなスタイの型紙もありますのでぜひ作ってみましょう。

スタイの型紙の種類10個

定番のたまごスタイからおしゃれなネクタイスタイ、エプロンスタイまで10個の型紙の種類をご紹介します。お子様の月齢にあったもの、シーンに合ったものを作ることができます。

型紙だけでなく作り方も載っているところもあるのでチェックしてみてください。ミシンでも簡単に作ることができますが、時間がかかっても良ければ手縫いでも作ることができます。

種類1「たまごスタイ」

たまごスタイは名前のとおり、たまごのような丸いフォルムのスタイです。定番で可愛らしいスタイです。

リンク先には大小のたまごスタイの型紙があります。お子さまの月齢に合わせて、スタイが小さくなったら大きめのたまごスタイの型紙を使って作りましょう。

種類2「バンダナスタイ」

バンダナスタイはバンダナを巻いたようなシルエットのスタイです。クシュッとした首もとはかわいらしく、バンダナを巻いたようなスタイルはかっこいいのが特徴です。

リンク先にて型紙が公開されています。作り方もリンク先のブログ内で作り方のページに飛べるようになっています。このバンダナスタイはよだれを受け止める範囲が広くなっているので曲線縫いをしなければなりません。ボタンやマジックテープで止められます。

種類3「三角スタイ」

三角スタイは文字どおり三角形をしたスタイです。三角スタイは型紙がなくても作れるのが特徴です。

リンク先にて作り方が公開されています。三角巾のような形です。直線縫いだけで作れるので、手縫いでも手軽に作れます。ガーゼで作って首もとに巻いておけば汗も吸収してくれます。ガーゼを使う場合は水通し(水に浸してから干してアイロンがけすること)と地直し(布の歪みをとってからアイロンがけすること)をしてください。

種類4「ドーナツスタイ」

ドーナツスタイは文字どおり、広げるとドーナツの形になるスタイのことです。赤ちゃんがどの方向を向いてもよだれをキャッチしてくれることが特徴です。

リンク先にて型紙が公開されています。曲線縫いなので、縫い代に切れ込みを入れるなど工夫が必要です。ミシンがあると楽に作ることができるでしょう。

種類5「紐付きスタイ」