Search

検索したいワードを入力してください

動物占いで相性をみる方法|12の動物から性格をチェック!本当に当たる?

Small 00324757 e479 494e 91d2 933e4104c5dfごまーじゃん
相性占い / 2019年02月21日
動物占いで相性をみる方法|12の動物から性格をチェック!本当に当たる?

動物占いとは

動物占いは、1999年頃に一躍ブームとなりました。動物に例えて占うので動物占いといわれており、陰陽五行思想をもとにしていて、日本で生み出されました。基本的には、12種類の動物と4つのグループに分けられ、地球グループ、太陽グループ、満月グループ、神月グループとなっています。

動物占いのキャラクターデザインは、初期は玖保キリコさんでしたが、その後は2001年、2008年、2011年で変更されています。

性格を動物で表現した占い

動物占いは、性格を動物に例えて占います。動物の種類は全部で12種類で、診断することで自分が何の動物なのかを知ることができます。動物は、ライオン、チーター、クロヒョウ、オオカミ、トラ、タヌキ、ヒツジ、ペガサス、ゾウ、子守熊、コジカ、サルです。

まず初めに自分の動物を当てはめて知り、その後に家族や友人、恋人などの人の動物を調べることで、相性占いをすることができるという方式です。

動物占いで相性をみる方法

続いては、動物占いで相性を見る方法を紹介していきます。動物占いは、ある方法で自分が何の動物なのか、そして相手も何の動物なのかを知ることができます。

相性を占うときは、まずは自分の動物を調べてから、相手の動物を調べます。簡単に調べることができますので、ぜひ診断して相性を占ってみましょう。

方法1:生年月日から自分の数字を計算する

生年月日から数字を算出することで何の動物なのかを知ることができます。表はほんの一部を抜粋しましたが、自分の生まれた年と生まれた月が交わる数字を確認します。例えば、2000年生まれで11月なら「59」という数字です。その数字に生まれた日にちを足します。

ここで出てきた数字が60を超えてしまった場合は、その数字から60を引きましょう。他の表は、検索すると出てきますのでお試しください。

月\年1997年1998年1999年2000年
1月39444954
2月10152025
3月38434854
4月9141925
5月39444955
6月10152026
7月40455056
8月11162127
9月42475258
10月12172228
11月43485359
12月13182329

方法2:表から自分に当てはまる動物を調べる

詳しいことを後程紹介しますが、生年月日から算出できたキャラクターは全部で60種類あります。先ほどの生年月日から算出した数字は60までなので、60種類ということです。動物自体は12種類ですが、それぞれ特徴や性格が違うということになります。

例えば、先ほどの2000年11月生まれは「59」でした。2日生まれなら足すと「61」なので60を引いて「1」です。そうすると動物は「長距離ランナーのチーター」です。

方法3:各動物の性格を読む

生年月日で動物が何か調べたら、次はそれぞれの動物の性格を見てみましょう。12種類の動物によって、性格も色々です。

例えば、先ほど例に出した2000年11月2日生まれの人で見ていくと、チーターということがわかりました。チーターは頭の回転が速い理論的なタイプで、そのときの状況で対応していくのがチーターさんです。

このように、動物占いでわかる性格はさまざまですので、当たっているか見てみましょう。

方法4:相手の生年月日を同じように計算する

家族や友人、恋人などと相性を占うなら、方法1から順に同じように占いたい相手の生年月日で数字を算出して動物が何か調べてみましょう。

12種類の動物の中で、相性が良い悪いというのが必ずあります。自分の動物と相性はどうなのかすぐわかりますので、まずは方法1の順にやってみましょう。生年月日での計算さえ覚えておけば、表を読み取ってすぐ計算することができます。動物占いの計算方法は覚えておきましょう。

方法5:自分の動物と相手の動物の相性を確認する

先ほども少し言いましたが、最後に自分の動物と相手の動物の相性を確認します。良い相性か悪い相性か、調べればすぐにわかりますが、あまり動物占いを鵜呑みにしても良くありませんので、あくまで参考にする程度で行うようにしましょう。

ちなみに、相性を占うときは、動物占いで相性を占うサイトなどがいくつか検索するとでてきます。生年月日を入れて行う場合や、すでに動物キャラがわかれば動物キャラで調べることもできます。

もっと動物占いについて知りたい方はこちら

人間関係のイライラがゼロになる! 個性心理学
人間関係のイライラがゼロになる! 個性心理学
口コミ

興味があって買ってみました。なかなかおもしろい!自分にはためになりました。

どんな人にも合う合わない相性があります。自分と合わないとイライラしてしまうこともありますが、それはどうしてなのかについて知ることができるのがこちらの一冊です。

実は、動物占いはただの占いと違って、人の本質や価値観を見抜くことがきるといわれています。そのため、動物占いは会社経営や人材採用に役立てることもあるとされています。

心理学に基づいた動物占いをもっと深堀して、人の心を読み取っていきましょう。

12の動物から相性をチェック

続いては、12種類の動物占いでの相性をチェックしていきましょう。どの動物にも、この動物と相性が良いというのがあります。自分がどの動物なのかわかっていれば、どんな動物を相性が良いのかをチェックできますし、恋人や家族や友人とはどうなのかをチェックすることもできます。

また、それぞれの12種類の動物の性格も、動物占いの観点から紹介していきますので、参考にしてみてください。

動物1:ライオン

ライオンの基本の性格は、プライドが高く自分中心な考え方をするけども責任感はとても強いというのがライオンです。普段は強気でいるようなライオンは、心を許せる人には甘えん坊になるという一面をもち、ライオンさんが恋愛を成功させるなら束縛してこない心の広い方が合うでしょう。

そうしてライオンと相性が良いと言える動物は、甘えさせてくれる積極的な「クロヒョウ」、さらに華やかな雰囲気をもつ「チーター」となります。

動物2:チーター

チーターの基本の性格は、要領が良くて、ダメとわかればスパンと諦める潔さ、そしてそのときの気分で考えが変わるというのがチーターです。

そしてチーターと恋愛面において相性が良いといえる動物は「こじか」です。こじかは人懐っこいので誰からも好かれます。そんなこじかは、行動力のあるチーターが憧れの存在です。さらに人の気持ちを察するため、そのときの状況に合わせてうまく付き合っていくことができるといわれています。

動物3:トラ

トラの基本の性格は、自分の領域を作り、物事の道理を大切したり礼儀などこだわるのがトラです。トラは相手を見極めてから恋愛し、どんな人でも平等に接することができます。

そういったトラにぴったりな動物が「ヒツジ」で、ヒツジは寂しがり屋なところがあり、トラからしたら放っておけない存在となるでしょう。そしてヒツジも、トラの優しさに惹かれていきます。また、「サル」も楽しい面があるので、一緒にいると和むでしょう。

動物4:ゾウ

ゾウの基本の性格は、頑固で考えは変えないというところ、普段は自分のペースでゆったりと構えているけど意外と心配性なのがゾウです。

そんなゾウを相性が良いのが「ライオン」で、礼儀を大事にするライオンは努力家なゾウをことを認める仲となるでしょう。さらに「チーター」とも良く、束縛されるのを嫌いなチーターと、どっしり構えるゾウはしっかり相性が合います。どちらもポジティブなので、相性が良いとされています。

動物5:サル

サルの基本の性格は、めんどくさがりだけど盛り上げ上手で、楽しいことを探しているというのがサルです。サルが重要視するのは、一緒にいて楽しいかどうかです。堅苦しいことに縛られるのは好きではない人が多いとされています。

そんなサルと相性が良いのは、「クロヒョウ」ですが、クロヒョウはあくまで恋愛のみにおいてであって、結婚なら「トラ」「タヌキ」「ヒツジ」となります。

動物6:オオカミ

オオカミの基本の性格は、自分のペースを乱されるのを嫌い、クールであるけども仲の良い人には親切にするのがオオカミです。オオカミは、意外とピュアなところがあり、個性をもっている人や尊敬できる相手を好きになる傾向にあります。

そんなオオカミと相性が良いのは「タヌキ」で、のんびりしていて穏やかなタヌキは、オオカミのペースを把握してオオカミに合わせることもできます。

動物7:クロヒョウ

クロヒョウの基本の性格は、頭の回転が速く、おしゃれに敏感であり、主導権を握るのがクロヒョウです。プライドが高いうえに気分屋ですが、恋に落ちれば情熱を一心に相手にそそぐことでしょう。

そんなクロヒョウと相性が良いのは、「サル」で、サルは賢く楽しいこと好きなのですが、サルと一緒にいると、クロヒョウの人はいつも楽しく過ごすことができます。意外と繊細なクロヒョウでも、サルは心強いのでしょう。

動物8:ヒツジ

ヒツジの基本の性格は、慎重派で努力家であること、人に尽くすことが好きなのがヒツジです。恋愛には消極的で、尽くす恋愛が好きな傾向にあります。

そんなヒツジと相性が良いのが「サル」や「チーター」です。元気いっぱいなサルをヒツジは支えていきたいと思って尽くす恋愛をしますし、主導権を握るチーターには、ついてく恋愛をするでしょう。

動物9:タヌキ

タヌキの基本の性格は、愛嬌があるので親しみやすく、穏やかで飾らない性格なのがタヌキです。受け身で一途な恋愛で、家庭的な面があります。

そんなタヌキと合うのが「ヒツジ」です。温厚なヒツジはタヌキと似ているところがあり、互いに安心できる関係性ができるでしょう。他にも「コジカ」も性格面が似ているため、相性が良いとされています。

動物10:コジカ

コジカの基本の性格は、好奇心旺盛で優しく温厚なのがコジカです。恋愛面においては甘えん坊で一途なところがあります。

そんなコジカと相性が良いのは、「クロヒョウ」です。正義感が強いクロヒョウは、コジカのわがままも応えます。「ヒツジ」も良く、コジカと正確で似ているところがあるので、互いに愛情を分け与える関係性になるでしょう。

動物11:ペガサス

ペガサスの基本の性格は、自由奔放で束縛を嫌い、独特のセンスをもつのがペガサスです。ペガサスは恋愛体質なところがあり、好きな人を追いかける傾向にあります。

ペガサスと相性が良いのは、「タヌキ」、「ゾウ」です。タヌキの柔軟性があるところが自由奔放のペガサスを受け入れ、気楽に感じるでしょう。ゾウは、友人としても相性が良く、恋愛に発展しても、ゾウの高いコミュ力がペガサスとうまく付き合っていくことができます。

動物12:子守熊

子守熊とはコアラのことで、基本の性格は、人当たりが良く、計算高いのが子守熊です。子守熊は負けず嫌いで、リスクを常に考えて動く傾向にあります。

そんな子守熊を相性が良いのは、「オオカミ」や「コジカ」です。オオカミはピュアなところがあるため、内面に重きをおく子守熊はオオカミの内面に惹かれていくでしょう。コジカは人見知りをしますが、子守熊がコジカに合わせるので心を開いていきます。

動物占いの相性チェックは結構当たる

占いはあくまで占いであって、必ずしも当たるとは限りません。しかし、動物占いは、案外よく当たると評判なのが良いところです。動物占いで診断した結果の動物が、自分と合っていた、恋人や家族などの周りの人も当たってるということもあるでしょう。意外とあなどっていけないのが、今回紹介してきた動物占いです。

とはいえ、鵜呑みにしてもよくありません。あくまで参考程度にしていただき、ぜひ動物占いを楽しんでいきましょう。

他の占いもチェック

動物占いもありますが、占いはさまざまな種類や占い方があります。恋人と結婚できるのかどうか結婚を望んでいる方におすすめなのが、当たる結婚占いを紹介している下記の記事を読んでみてください。

また、名前からも相性を調べることができます。さまざまな占いがあり、今回の記事では動物占いに着目しましたが、お次は名前で相性を占い、恋人との仲を深めるための参考にしてみましょう。もちろん、家族や友人と占ってもOKです。

Line@