Search

検索したいワードを入力してください

トルソーとは?トルソーの作り方とアレンジ方法5選

Author nopic iconupdiver2000
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年08月31日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

トルソーとは?トルソーの作り方とアレンジ方法5選

トルソーとは

トルソーとは、イタリア語に由来する彫刻用語で、人間の頭部・両腕・両脚のない彫像のことで、トルソーは身近なところでは、デパートやアパレルショップで洋服や帽子などの流行のファッションなどをアピールするために着させているマネキンの一種です。

次項ではそのマネキンとの違いについて、またトルソーの種類のミニトルソー・ワイヤートルソーについて説明します。

マネキンとの違い

トルソーとマネキンとの違いとは、トルソーの場合は、頭部・両腕・両脚のない上半身の胴体部分だけの彫刻や作り物をトルソーと呼びます。一方で、マネキンの場合は、頭部から脚まで全て揃った全身のもを呼びます。

またマネキンは頭部から脚まで全て揃った全身が一般的ですが、中にはヘッドカットマネキンと呼ばれる頭部のないマネキンもあり、さらに、胴体部分だけのトルソーにも腕つきのトルソーも存在します。

ミニトルソー

トルソーの種類のひとつである「ミニトルソー」とは、文字が示しているように、幅・高さ・奥行などのサイズが一般的なトルソーよりも小さいトルソーのことで、主に子供用の服などを飾るために使われるのトルソーのことです。

また、「ミニトルソー」には、幅・高さ・奥行などのサイズに規定があるわけではなくインテリアとして家などに飾るものもミニトルソーと呼ぶこともあります。

ワイヤートルソー

トルソーの種類のひとつである「ワイヤートルソー」とはどんなもののことをいうのでしょう。トルソーの種類の「ワイヤートルソー」とは、上半身の胴体部分をワイヤーで作りあげたトルソーのことです。

ワイヤートルソーのメリットとしては、服などが飾られていないで放置されている発泡スチロール製のトルソーには異様な雰囲気がありますが、ワイヤートルソーは、むき出しの状態でもファッション性があります。

トルソーの作り方

トルソーとは?トルソーの作り方とアレンジ方法5選
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of ...

ここでは、トルソーの作り方について説明します。トルソーを作り方でどんな材料が必要になるのでしょうか。またトルソーの作り方でラジオペンチ・ニッパー・ヤットコなどの道具をどのように使えばトルソーを上手く作ることができるかなどトルソーの作り方の詳細についてフォーカスします。

材料

まずトルソーを作り方で必要になる材料ですが、トルソーの土台になる木製の丸板とトルソー全体を支える支柱になる細い棒状の木製の板、トルソーの胴体の骨格を作るポリエステルや繊維強化プラスチックに胴体の中身になる綿などの材料が必要です。

トルソーの作り方は以上のような材料で作られますが、次項からは、自分でワイヤーハンガーとワイヤーにラジオペンチなどの道具を使って簡単に作るトルソーの作り方について説明します。

ラジオペンチ

ここでは、ワイヤーハンガーを使って簡単に作れるトルソーの作り方について説明します。ワイヤーハンガーを使ってトルソーの作り方の前には、細いワイヤーを折曲げたり、また時に切断するのに適している先の細くなっているラジオペンチを使ってワイヤーハンガーの形を整えるところから始まります。

ワイヤーハンガーはワイヤーの径が細いものでも径が太いものでもどちらでもよいのですが、飾る洋服などによって決まるべきです。

ニッパー

ワイヤーハンガーを使って簡単に作れるトルソーの作り方でのニッパーの役割は、購入してきた巻かれているワイヤーを適当な長さに切断することです。

次に整ったワイヤーハンガーの中央に近い位置の右肩に胴体部分の骨格にあたる切断した太めのワイヤーを取り付け、適当な長さの箇所で三角形ができるようにワイヤーを曲げます。以下の手順は次項で説明します。

ヤットコ