Search

検索したいワードを入力してください

オシャレなお菓子チュイルの作り方|アレンジレシピ9つ

Small bd48c549 cc8d 4ae0 8ec4 4445a28b8b36
レシピ / 2019年01月28日
オシャレなお菓子チュイルの作り方|アレンジレシピ9つ

チュイルとは

オシャレなお菓子チュイルの作り方|アレンジレシピ9つ

あなたはチュイルを知っていますか。チュイルはクッキーの1種です。薄く広げて焼けるよう、記事を滑らかにして一晩寝かせてから焼くことで、砂糖も綺麗に溶けて、ツヤもよく仕上がります。

瓦状に形成することによりチュイルと名付けられていますが、曲げても曲げなくても構わないです。似たようなクッキーにラング・ド・シャがありますが、こちらも瓦状に焼けばチュイルになります。

フランス語

チュイルはフランス語で瓦という意味を持ちます。チュイルの形状が瓦のようにカーブしている特徴があるため、このような名前がついたといいます。

フランスの焼き菓子の中でもフール・セックというタイプに分類される、カリカリサクサクした食感の焼き菓子です。フランスの屋根タイルの形に似ていることからチュイルと名づけられました。確かにチュイルとは、日本語とは思えない名前です。

チュイルの作り方

それではチュイルを作っていきましょう。フランス発祥の可愛らしいお菓子で、見た目も美しく軽くサクサクした食感は病みつきになります。

チュイルは一見難しそうに見えますが、作り方は至ってシンプルです。1度覚えると2度3度と作りたくなること間違いありません。

バターがふんわり香るチュイルを食後のデザートにしてみましょう。

材料

オシャレなお菓子チュイルの作り方|アレンジレシピ9つ

チュイルの材料は、無塩バター10g、卵白1個、グラニュー糖50gと薄力粉10gです。

揃える材料も少なくてシンプルです。調理時間はおよそ40分程度なので、1時間もあればチュイルが完成します。

調理器具

オシャレなお菓子チュイルの作り方|アレンジレシピ9つ

チュイル作りに必要な調理器具を紹介しましょう。

まず卵白を泡立てるためのボウル、バターを溶かすための耐熱容器、薄力粉をふるうためのこし器が必要です。また材料を混ぜるための泡だて器とゴムベラも必要です。

生地を焼くときはオーブンペーパー、クッキングペーパーが必要です。生地をすくうためのスプーン、綿棒、綿棒にチュイルを押し付ける際に熱いので、軍手などを用意しておくとよいでしょう。

下準備

オシャレなお菓子チュイルの作り方|アレンジレシピ9つ

下準備として、バターから冷蔵庫は取り出しておき、室温に戻しておく、もしくは耐熱皿でレンジで温めておきます。オーブンは200度に予熱しておきましょう。

下準備はこれで完成です。

作り方1:材料を混ぜる

チュイルを作っていきましょう。まずボウルに卵白とグラニュー糖を入れて泡だて器ですり混ぜます。そこに無塩バターを加え混ぜ合わせます。卵白はツノが立つほど泡立てなくてよいです。グラニュー糖を溶かすイメージですり混ぜるだけでOKです。

よく卵白を泡立てると聞くとツノが立つまで泡立てることをイメージする人がいますが、チュイルはそのような手間は必要ありません。あくまでグラニュー糖がすり混ざったらOKです。

作り方2:薄力粉をふるって混ぜる

卵白とグラニュー糖、バターを加えたボウルに薄力粉をふるいながら入れていきます。ここでは過ぎ混ぜずにさっくりと混ぜるようにしましょう。

ゴムベラに持ち替えて、下から上へ、さっくり混ぜ合わせます。こうすることで口当たり軽やかなチュイルができあがります。粉をさっくり下から上へすくいあげます。

作り方3:生地を伸ばしてオーブンで焼く

できあがった生地はスプーンですくってオーブンシートなどの上に乗せ、200度に予熱しておいたオーブンで焼きます。目安は10分程度です。生地は焦げやすいため、様子を見ながら加熱をしましょう。縁が色づいてきたら取り出す合図です。

焦げやすいため、初めてチュイルを作る人は、時折オーブンを覗いて確認しながら焼いていくと失敗が少なくてよいです。

薄い生地のため、どうしても焦げやすいので、ここが1番の難関です。

作り方4:めん棒等でカーブを作る

チュイルが焼き上がったらすぐに綿棒に乗せ、カーブをつけて冷まします。すぐに綿棒に乗せなければ平らなまま固まってしまいますから、オーブンから取り出したらすぐに綿棒に押し付けてカーブをつけます。

形をつける時はチュイルは非常に熱い状態になっているため、軍手などをつけて火傷に注意しながら作業をしましょう。

フランス菓子をもっと知りたいあなたへ贈る一冊

チュイルはフランス発祥のお菓子です。フランスのお菓子をもっと知りたい、作ってみたいと思う女性は、こちらの1冊がおすすめです。

ヨーロッパでもベストセラーとなっている1冊で、基本の生地、生クリームやホールケーキなど多彩なフランス菓子が紹介されています。フランス菓子のレシピの決定版の1冊です。

チュイルのアレンジレシピ9つ

サクサク、カリカリした食感が楽しいチュイルは何枚でも食べれるほど軽いお菓子です。そんなチュイルはオーソドックスな焼き方で楽しんでもよいですし、チュイルをアレンジしてもよいでしょう。

チュイルのアレンジレシピにはどのようなものがあるでしょうか。チュイルはクセのないお菓子だけにアレンジの幅も広がります。

レシピ1:アーモンドチュイル

コーヒーのおともにもぴったりのアーモンドチュイルです。25枚分作ろうと思うと、卵白2個分ブラニュー糖60g、薄力粉30gにバター20g、アーモンドスライスにバニラエッセンスが材料です。

アーモンドスライスは170度のオーブンで5分から10分ほど焼いて冷ましておきます。基本のチュイルの作り方で、生地をオーブンシートに流したら、その上にアーモンドスライスを乗せて焼けばできあがりです。

レシピ2:ゴマチュイル

ゴマが香ばしく香るゴマチュイルです。材料は基本的なチュイルと同じで、別に用意するものは黒ごまです。白ごまでも代用が効きますから、お好みでチョイスしましょう。

チュイルの生地をオーブンシートに落として薄く伸ばしたら、その上からゴマをパラパラとかけます。もしくは材料を混ぜている最中にゴマを混ぜ込みましょう。

ゴマがまんべんなくいきわたったチュイルが完成します。

レシピ3:抹茶チュイル

抹茶を使ったチュイルで和のテイストを出しましょう。抹茶はチュイルにも非常によく合います。

基本的な材料は同じで、別で抹茶を用意します。作り方もオーソドックスなチュイルと同じように材料を全て混ぜ込み、その中に抹茶を入れます。抹茶は小さじ3杯程度がよいでしょう。

抹茶の量によって風味や味も変わってくるのが楽しいところです。和と洋の融合したサクサクとしたクッキーは何枚でも食べられます。

レシピ4:ココナッツチュイル

ココナッツチュイルは甘く芳しいココナッツの香りが特徴のチュイルです。材料は基本のベーシックなチュイルと同じで、追加でココナッツファインを30g用意します。

材料を混ぜ込んでいる最中に、ココナッツファインも加えましょう。その後オーブンでじっくり焼けばふんわり甘い香りのココナッツチュイルの完成です。

ココナッツの香りが好きだ、という人にはたまらないチュイルでしょう。

レシピ5:チョコチュイル

バレンタインにもぴったりのチュイルがチョコレートチュイルです。基本のベーシックなチュイルの材料を揃えます。さらに純ココアを10g用意します。

作り方は基本のチュイルの作り方と同じく材料を全て混ぜ込み、そこへココアも入れましょう。焼き加減もベーシックなチュイルと同じく焼きますが、チョコチュイルの場合縁の焦げ目がわかりにくいので、焼きすぎに注意しましょう。

たびたびオーブンを覗いて確認しましょう。

レシピ6:チーズチュイル

チーズのチュイルはおつまみにおすすめな一品です。ベーシックなチュイルとは材料も異なります。チーズチュイルの材料は粉チーズ適量のみです。ハード系のチーズをおろしたものでもよいです。塊をおろしても、おろしてあるものを使っても良いでしょう。

フライパンにチーズを乗せたら弱火でじっくり焼いて、端っこが色づいたらフライパンに濡れ布巾をあてます。すると剥がれますから、両面焼いてできあがりです。

レシピ7:キャラメルチュイル

パリパリのキャラメルが甘くて嬉しい子供に大人気のチュイルです。材料はグラニュー糖50gにバター25g、小麦粉12gです。

作り方はバターをレンジで溶かし、小麦粉とグラニュー糖をバターに加えてよく混ぜます。その後、オーブンシートをしいた上へ薄く伸ばし、半透明になって焦げ目がついたら完成です。

ベーシックなチュイルよりも軽い舌触り、なおかつ甘みが強いチュイルです。

レシピ8:アイスに添える

ベーシックなチュイルもアイスクリームに添えると一層お洒落なデザートに変身します。いつものアイスをチュイルで彩ってみませんか。

バニラアイスならそんな種類のチュイルでも合いますし、アイスの種類によってチュイルを変えてみるのも楽しいでしょう。

今日はこのチュイルを作るから、あの味のアイスを買おう、という楽しみができます。

レシピ9:プリンに添える

またプリンにチュイルを添えるのもお洒落なデザートへプリンを変身させてくれる手段です。生クリームがあれば、プリンアラモードもどきができます。

プリンを器に盛り、生クリームで仕上げて、そこへチュイルをのせます。子供なら誰でもプリンアラモードは大好きなデザートです。

自宅でもプリンアラモードが簡単にできるなんて魅力的です。

レシピ10:ケーキに添える

たくさん作ったチュイルはケーキに添えるのもケーキを映えて見せてくれる方法です。ベーシックなチュイル、キャラメルチュイル、チョコチュイル、ところどころに色々なフレーバーのチュイルが飾られていると、いつものホールケーキもよりゴージャスに見えます。

また食べる時の楽しみも増えます。場所ごとに異なる味のチュイルがケーキと良い具合に絡み合い、味わい深いサクサク感や味を出してくれます。

華やかなケーキになります。

オシャレなチュイルを作ってみよう

フランス発祥のお菓子、チュイルは可愛らしくてお洒落なお菓子です。しかしだからといって作り方はそれほど難しいこともなく、どちらかといえば簡単で、誰でも作ることができます。

最近ではレンジにオーブン機能がついている製品が多いですから、ぜひこの機会におしゃれなチュイルを作ってみませんか。

たくさん作って友人にプレゼントするのも喜ばれます。

相性のいい飲み物を見つけよう

チュイルに相性のよい飲み物は何があるでしょうか。食後のちょっとしたティータイムに食べたいチュイルですから、コーヒーなどは最適です。

午後のティータイムにチュイルを楽しむのなら、紅茶もよいでしょう。フランス菓子ということもあり、ロイヤルミルクティイーを入れて優雅なひと時を楽しみましょう。

抹茶のチュイルには意外にも緑茶なども合いますから、どんどん相性の良いドリンクを探して、自分だけのチュイルの食べ方を見つけてみましょう。

関連記事

Related