Search

検索したいワードを入力してください

amazonお急ぎ便が遅い2つの原因|希望日に受け取る方法

Small 0444e577 7e48 478c 8ced 54c5949c5796muneshin
暮らし / 2018年12月17日
amazonお急ぎ便が遅い2つの原因|希望日に受け取る方法

amazonのお急ぎ便とは

今やただの通販という存在ではなくなったamazonですが、このamazonの便利なオプションがamazonお急ぎ便です。

amazonお急ぎ便は、amazonで商品を注文した際、通常かかる配送の日数よりもはやく商品をお届けするという、便利なオプションです。

さらにお急ぎ便は、通常のお急ぎ便と当日配送を行ってくれる当日お急ぎ便の2種類が存在しており、ニーズに応じた選択が可能です。

amazonプライム会員

最強のサービスと名高い、amazonプライム会員について解説します。

amazonプライム会員になると、amazonお急ぎ便が無料で利用できます。また、amazonで商品を買う際、数百円程度の少額商品を購入すると送料が発生することもありますが、この送料も無料になります。

現在、amazonプライム会員の費用は、年会費が3900円、月会費が400円という破格ともいえる価格で提供されています。

amazonのお急ぎ便が遅い2つの原因

amazonお急ぎ便が遅い2つの原因|希望日に受け取る方法

便利なamazonお急ぎ便ですが、最近はこのamazonお急ぎ便が遅い、と話題です。

どのように遅いのかというと、到着予定日になっても商品が届かなかったり、また、不在ではないはずなのに不在伝票が入っていたり、さらには配送業者に連絡しても連絡がつかないといった状態です。

なぜ、amazonのお急ぎ便は急に遅くなってしまったのでしょうか。amazonお急ぎ便が遅い理由を解説します。

原因1:混雑している

amazonお急ぎ便が遅い理由の一つに、運送会社で物流が混雑しているという理由があります。現在、日本ではamazonをはじめとした大手通販会社に加え、店舗販売をメインに行いながらも、ネット通販に参入を開始した会社の台頭など、まさに通販戦国時代の様相を呈しています。

そうなってくると、大変になるのが流通業界です。現在、ただでさえ人手不足といわれている時代に、流通の現場はパンク状態に陥っています。

原因2:デリバリープロバイダ

現在、amazonでは配達業者を複数の業者に依頼しています。もともとは佐川急便がamazonの荷物を配送していましたが、業務圧迫とamazonの要求に耐えられずに撤退してしまいました。

その後、ヤマト運輸がamazonの商品配送の約8割を請け負っていましたが、値上げなどがあり、amazonは対応策として、知名度の低い中堅層の会社にも配送を依頼するようになりました。

その会社が、デリバリープロバイダです。

デリバリープロバイダとは

amazonお急ぎ便が遅い原因の一つともいわれているデリバリープロバイダですが、基本的にはヤマト運輸や日本郵便といった大手配送会社ではない中堅会社を指します。

現在、デリバリープロバイダとしてamazonと契約している運送会社は9社です。しかし、ただでさえ、人材不足といわれている流通業界で、amazonの商品以外も配送しなければならない中堅会社には、お急ぎ便の対応は難しいというのが実情です。

デリバリープロバイダを利用する理由

amazonがお急ぎ便をはじめとする、配送が遅いというクレームを受けてまで、このデリバリープロバイダを利用する理由ですが、佐川急便がamazonの運送便から撤退したように、ヤマト運輸も過酷な現場の労働環境を改善すべく、amazonの当日便から撤退しました。

当日便はamazonの目玉になります。サービス継続のため、amazonはデリバリープロバイダを利用しています。

amazonの配送担当業者

amazonお急ぎ便が遅い2つの原因|希望日に受け取る方法

現在、amazonの配送担当業者は、デリバリープロバイダを含め、16社が確認されています。この16社はそれぞれ荷物や便の特徴に応じて、配送する業者が変わるようですが、以前は約8割をヤマト運輸が担っていました。

ヤマト運輸は佐川撤退後、amazonの受注を大幅に増やし、売り上げを大きく伸ばします。しかし、それがやがて今回のamazonの配達が遅いという問題の原因の一つとなりました。

通常便

通常便は注文してから約1〜4日で配送されます。通常便はヤマト運輸や日本郵便をはじめ、デリバリープロバイダが対応することもあります。

基本的には「amazon.co.jpが配送します」と書かれている商品を注文した場合、それは通常配送ですので、上記の納期にいずれかの運送会社が配達してきます。

現在、デリバリープロバイダを避けて、大手運送会社を通常便で指定することは不可能です。

お急ぎ便

お急ぎ便は、amazonの配送オプションの一つで、注文から3日以内に商品を配送してくれるオプションです。

この配送も基本的にはヤマト、佐川、日本郵便のいずれかか、デリバリープロバイダが対応することになります。

大手3社のどれかが配送を受けた場合、遅くなる可能性は極めて低くなるでしょう。しかし、デリバリープロバイダが受けた場合、遅くなることも覚悟しなければなりません。

日付指定便

日付指定便に関しては、基本的にはヤマト運輸が対応しています。日付指定はもっとも重要な配送ですので、ここは大手のヤマト運輸が行ってくれるというのは、大きな安心に繋がります。

通常便やお急ぎ便、当日便などは、デリバリープロバイダが配送を行う場合が多いです。現在、デリバリープロバイダの配送で荷物が雑に扱われたという話もありますので、荷物を安全、安心に配達してもらいたい場合、日付指定便は有効な手段といえます。

店頭受取

amazonの配送は、通常の自宅に届けてもらうという方法以外でも、コンビニをはじめとする店頭受け取りも可能です。

現在、再配達の問題が社会問題にもなっていますが、再配達が原因で、配送が遅いという問題にならないように、自宅にいない時間が多い人は、24時間営業のコンビニなどを受け取り先に指定しておくといいでしょう。

コンビニでしたら24時間、必ず誰かがいますので、受け取りができます。

ローソン

現在、amazonのコンビニ受け取りが可能なお店は、ローソンとファミリーマートです。そして、コンビニごとに配送業者も変わっており、ローソンには、日本郵便が配送業務を請け負っています。

デリバリープロバイダの配送を避けたい人などは、このローソン受け取りを積極的に活用しています。

配送が遅いと考えている人には、余裕を持ったコンビニ受け取りに設定しておくと、配送の行き違いがないため、おすすめです。

ファミリーマート

ファミリーマートでもamazonの商品を受け取ることが可能です。そして、ファミリーマートに商品を配送してくれるのはヤマト運輸です。

ヤマトや日本郵便といった大手の配送は正確、かつ丁寧です。デリバリープロバイダが決して悪いわけではありませんが、やはり大手の方がサービスは断然上であることは否めません。

お急ぎ便よりは、多少は遅いですが、安心して受け取りができるのは大きなメリットです。

ヤマト運輸

ヤマト運輸は、当日便の撤退は決めましたが、通常のamazonの配送は請けています。ここで、消費者側も業者の配送に一定の理解を示しておかないと、さらに大手が撤退や縮小を開始してしまう可能性も否定できません。

そうなってくると、さらに配送が「遅い」という問題が膨れ上がってきますので、そういった部分では消費者側も考えるべき問題といえるでしょう。

繰り返しますが、消費者でも余裕を持った注文が重要です。

遅い配達の原因である不在をなくすアイテムはこちら

配送業者が来たのに、不在であった場合、遅いというクレームにもつながりますし、配送業者の仕事も遅くなります。つまり、時間指定を行わない通常配送の場合、できるだけ一回で配送業者に配送を完了させてあげることが望ましい対応です。

しかし、日中は仕事で家を空ける人がほとんどだと考えられますので、そのような場合には、無人でも荷物を受け取れる宅配ボックスを玄関に置いておくのも、お互いの利益になるといえるでしょう。

amazonの商品を希望日に受け取る方法

amazonの商品をできるだけ希望日に受け取りたい、というのは皆同じです。しかし、現在問題になっているように、お急ぎ便も遅いというクレームが目立ちます。

しかし、少し余裕と工夫をもって行えば、amazonの商品を希望日に受け取ることは可能です。

日付指定便を利用する

希望日に受け取る方法で一番手っ取り早い方法は、日付指定便を利用することです。日付指定便は、amazon側も多少、余裕を持った日数を希望日設定の条件として提示してきますので、遅いということはあまりありません。

余裕を持って注文できるのなら、間違いなく日付指定便が有効です。

店舗受取を利用する

家を空けることが多い人は、積極的に店舗受取を利用しましょう。店舗受け取りを利用すれば、不在のリスクもなくなり、互いのストレスや時間の利益が確保できます。日付指定を行い、店舗受取を利用すれば、配送に関するストレスはだいぶ軽減できると考えられます。

アメリカのamazonも遅い

amazonお急ぎ便が遅い2つの原因|希望日に受け取る方法

amazonの本国であるアメリカでの配送も遅いことで有名です。というよりも、日本の物流は世界で一番といわれるほど正確で早いという事実があります。

外国では、予定日につかないことは当たり前、場合によっては商品がボコボコになって届くということも日常茶飯事です。

amazonのお急ぎ便が遅いといわれていますが、世界からみたら、それでも日本の物流は凄いというレベルになります。

荷物が遅れてもあせらない心の余裕を持とう

amazonお急ぎ便が遅い2つの原因|希望日に受け取る方法

注文した商品が、多少遅くなっても大丈夫だというレベルのメンタルを持つことも重要です。一昔前までは、商品は店舗に出向いて購入するのが普通でした。

今は、便利になり過ぎてしまった感があります。最悪の場合、急ぎの場合は買いに行けばいいことです。amazonは返品も簡単にできるようになっています。

いろいろな荷物の受け取り方法

今回はamazonのお急ぎ便をはじめとする、配送遅延に関して解説を行なっていきました。現在の状況からいくと、遅いのは多少は仕方のないことといえます。日付指定や、店舗受取、宅配ボックスなどを利用し、快適な荷物の受け取りを行う努力が必要です。

重要なのは、荷物は勝手に届いていると勘違いしないことです。ボタンを押して購入したものは、誰かの手によって、自分に届いているということを忘れないようにしましょう。

関連記事

Related