Search

検索したいワードを入力してください

愛してるよの信憑性|彼氏が本気で言っているか判断するコツ8つ

Author nopic iconqtrudsds
カップル / 2018年12月20日
愛してるよの信憑性|彼氏が本気で言っているか判断するコツ8つ

女性は愛してるよと言われたい

女性は「愛してる」と自分から言うよりも、彼氏の方から言われたいと考えている人が多いです。彼氏から「愛してるよ」と言われれば、素直に「愛してる」と返してくれる女性はたくさんいます。

「愛してるよ」という言葉を使わなくても、彼氏に対して「愛してる」と表現している女性は多く、その言動を注意深く見ると、「愛してる」と伝えてくれているとわかることがあります。

彼氏が愛してるよと言ってくれない

女性は彼氏に「愛してるよ」と言われたいと感じています。本当に愛されているのか不安になることもありますし、何より、好きな人に「愛してるよ」と言われるのは何よりも嬉しいことです。

男性が好意のある女性に対して「愛してるよ」と言わないのには、わざわざ言わなくてもわかると考えていることや、言葉よりも行動で示したいと考えている人が多いといった理由があります。

彼氏が本気で言っているのか知りたい

あまり「愛してるよ」と言わない男性ですが、「愛してるよ」と言われた時に、女性は相手が自分の機嫌を取るために言っているのではなく、本気で言っているのかが気になります。

どのように「愛してるよ」と言われたら彼氏が本気で言ってくれていると判断できるのか考えていきます。

愛してるよの信憑性について

彼氏が「愛してるよ」と言ってきた時の信憑性はどれほどのものなのでしょうか。彼氏が直接会って言ってくれたのか、LINEや電話で言ってくれたのかでその信憑性も変わってきます。

また、「愛してるよ」と言われたシチュエーションも、信憑性を判断するためには重要です。ふざけながら言ってきたのか、突然言ってきたのかなど、言われた時のシチュエーションにも注意してください。

本気の場合

では、彼氏が愛してるよと本気で言ってきた時とはどのような場合なのでしょうか。その特徴を詳しく紹介していきます。

以下、ぜひ読んで、彼氏が本気であなたに愛してるよと言ってのかを確認して見てください。

その1:信頼できると感じる

愛してるよと言われて素直に信頼できると感じるのであれば、それは心からの愛してるだと考えて良いでしょう。言われて信頼できなかったり、彼氏をそもそも信頼できると感じないのであれば、それは本気の愛しているではありません。

信頼はお互いが愛し合うのには欠かせない感情です。

その2:たまにしか言わない

愛してるよと言う言葉は、なかなか恥ずかしくて言うまでに勇気がいる言葉です。言うまでに勇気がいる言葉だからこそ本当に愛している人にしか言いたくないですし、その言葉の威力はとても大きいものになります。

たまに彼氏から愛しているよと言われたのなら、その言葉を素直に受け止めて喜んでいいのではないでしょうか。

その3:誠実で正直な性格の彼氏

誠実で正直な性格の彼氏であれば、本当にあなたを愛していて心から出た言葉でしょう。正直な性格の人がわざわざ本心でない愛しているを言う意味もありません。

彼氏の誠実さを信じて、その愛しているをあなたも誠実に受け止めてください。

その4:表情・態度が真剣

人の表情や態度は、そう簡単に取り繕うことはできません。表情や態度が真剣で、愛してるよと言ってきたのであれば、彼氏は本気であなたを愛しているでしょう。

その反対にヘラヘラと笑いながら言ってきたり、投げやりに愛してるよと言ってきた場合には注意が必要です。彼氏の表情や態度をしっかりと見てください。

疑わしい場合

愛してるよと言われれば、嬉しくて舞い上がってしまう人もいますが、その愛してるが本気かどうか疑わしい場合もあります。彼氏は本気であなたを愛しているのか、疑わしい場合の特徴をご紹介していきます。

彼氏の本気を見極めて、幸せな恋人との関係を作りましょう。

その1:何だか信用できない

女の勘を侮ってはいけません。何だか信用できないと感じるのであれば、それは注意した方が良さそうです。本気で愛してるよと言ってきた場合は違和感なく素直に嬉しさが込み上げてきます。

言われた時に信用できないなと感じた場合には、彼氏の表情や態度をもう一度注意深く観察しましょう。

その2:いつも言っている

どのような言葉でも何度も繰り返し発していると、感情を込めないでも言うことができてしまいます。自然と口癖のように言うこともありますし、抵抗が少なくなります。

いつも愛してるよと言ってくる場合には、注意が必要です。誰にでも気軽に愛していると言っていることもあります。ただし、人によっては違ってくることもあるので、相手がどのような気持ちで言っているのかを態度や表情などからも読み取ってみてください。

その3:いいかげんな性格の彼氏

いいかげんな性格の彼氏の場合、心から愛しているわけでなくても適当に機嫌を取るためだけに言っていることもあります。愛しているよとは本来、心から出てくるものですが、普段からいい加減な性格な彼氏であればその愛しているよもいい加減なものであることもあります。

どのような気持ちで彼氏が愛しているよと言っているのか、注意深く確認しても良いでしょう。

その4:表情・態度が本気でない

表情や態度はいくら言葉を飾っても心の中があらわれてしまいます。表情に生気や暖かさがなかったり、態度が悪く乱雑にあなたを扱っているようであれば、それは本気の愛してるよではありません。

逆に愛しているよと言葉にできない男性には、表情や態度で伝えていると言う人が多くいます。それほど表情や態度は男性の内を見られるツールになっています。

恋に悩むあなたにオススメのサービスはこちら

彼氏が本当に自分を愛していくれているのか、不安で仕方ないという人もいるでしょう。悩みがある時には、誰かに相談したり、時には占いで道しるべを見つけたりすることも良いのではないでしょうか。

占いにいくのが面倒な場合、電話で悩みを占ってくれるサービスがあります。ぜひ、恋の悩みや彼氏のことについて相談してみてはいかがでしょうか。

愛してるよと言ってくれない場合

女性は好きな男性に愛してるよと言われたい人がほとんどです。愛してると言われないと、本当に自分のことを好きでいてくれているのか、本気で自分と付き合っているのかと不安になります。

では、愛してると言ってくれない男性は本当に彼女を愛しているのでしょうか。どのように女性に愛情表現をしているでしょうか。

態度で判断しよう

男性があなたを愛しているのか、態度で判断しましょう。態度は言葉ほど自由に操ることはできません。愛していなければ、どこかであなたを思いやらない態度が出てしまうこともあります。

本当に愛していれば、あなたを大切にしあなたを悲しませるような態度は決して取らないでしょう。愛してると言ってくれなくて不安な時には、男性のあなたに対する態度をもう一度よく振り返ってみてください。

その1:いつも誠実に接してくれる

愛している相手には嫌われたくないと思うのが普通です。あなたに対して誠実に接してくれていると言うことは、あなたが大切で愛していて嫌われたくないということです。愛していなければ、いい加減な付き合いになり、誠実に接することもないでしょう。

もし、彼氏があなたに対して誠実に接してくれているのであれば、愛してくれていると考えて良いのではないでしょうか。

その2:一緒にいて愛されてると感じる

一緒にいて愛されていると感じるのであれば、それは紛れもないあなたのことを愛しているという証拠です。愛してるよと言われなくても、愛されている実感があるのならば言葉はいらないのではないでしょうか。

愛してるよと言われても愛されている実感が湧かないこともあるので、言葉が全てではありません。その愛されている実感を大切にしてください。

理屈よりも自分の感性を信じよう

男性が何を考えて、何を感じているのかを敏感に感じ取れる感性を大切にしてください。愛してるよという言葉に惑わされて男性の本当の気持ちが見えなくなっては、幸せな恋愛はできません。

相手をよく知って、何を考えているのか感じ取れる感性を身につけましょう。そうすることで本当にあなたを愛してくれるパートナーを大切にすることができます。

感性とは

理屈よりも自分の感性を信じることが大切だと再認識できたのではないでしょうか。さらに把握されたい方は以下のリンクを参考にしてください。

「感性を磨く方法は?感性を活かす仕事や向いている職業」・「感受性豊かの意味と特徴12こ・いいこと・しんどいこと」の2記事を紹介します。

関連記事

Related