Search

検索したいワードを入力してください

品格のある人と9つの特徴|品格のある人になる5つのポイント

Author nopic iconもんもーる
モテ女 / 2018年12月15日
品格のある人と9つの特徴|品格のある人になる5つのポイント

品格とは

品格がある人になりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。品格のある人はとても魅力的ですし、なにより周囲の人から尊敬されます。品格とは、外見からだけでなく内面からも上品さや気高さが感じられるさまを意味する言葉です。

つまり、品格とは一朝一夕で身に付くものではなく、また表面的に取り繕うことができるものではなく、日々の行いや生き方によって身に付くものだと言えるでしょう。

品格がある人の9つの特徴

そもそも、品格がある人とは一体どのような人なのでしょうか。また、どのような特徴をもっていると品格がある人だと言えるのでしょうか。ここからは、品格がある素敵な人に共通して見られる特徴についてご紹介していきます。

品格を身につけたいと考えている方は、ぜひ以下で取り上げる特徴を参考にして、自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。品格のある人に近づくことができるはずです。

特徴1:物腰が柔らかい

品格のある人に共通して見られる特徴の一つとしてまず挙げられるのが、物腰が柔らかいということです。人当たりがよく、ソフトでそつなくコミュニケーションを取れるということが、品格のある人と呼ばれるために欠かせない条件です。

たとえば何かイラっとすることがあっても感情的になるのではなく、冷静かつスマートな反応を取れる人こそが、品格がある人と言えます。

特徴2:常に冷静である

常に冷静であるということも、品格のある人に共通して見られる特徴の一つです。品格のある人は精神的に成熟しており、自分の感情を上手にコントロールすることができます。

そのため、一時の感情に駆られて大人げない言動を取ってしまうことはありませんし、何かトラブルに遭っても、落ち着いてスマートな行動を取ることができます。反対に、感情的で幼稚な性格をしていると品格のある人にはなれません。

特徴3:姿勢が正しい

品格のある人によく見られる特徴の一つとして、姿勢が正しいということも挙げられるでしょう。どんなにスマートで上品な立ち振る舞いができたとしても、猫背でだらしない姿勢をしていると全てが台無しになってしまいます。

姿勢が正しく、凛とした雰囲気を持っていることも、品格のある人に欠かせない特徴だと言えるでしょう。猫背がクセになっている方は、意識的に姿勢を正すようにしましょう。

特徴4:言葉使いが丁寧

言葉遣いが丁寧であるということも、品格のある人ならではの特徴です。人を不快にさせることなく、TPOをわきまえた丁寧な言葉遣いができる人こそが、品のある素敵な人だと言えるでしょう。

また、単に丁寧な言葉遣いをしているというわけではなく、ゆったりと落ち着いて美しい話し方をできるということも、品格のある人に共通してみられる特徴の一つです。

特徴5:マナーを身につけている

品格のある人に共通して見られる特徴の一つとして、マナーを身につけているということも挙げられるでしょう。誰もが認める品格のある人になるためには、社会人として身につけておくべきビジネスマナーだけではなく、食事のマナーや冠婚葬祭のマナーなど、幅広いマナーを身につけていることが求められます。

品格のある人は、人を不快にさせない礼儀作法やマナーをきちんと身につけていると言えるでしょう。

特徴6:誰にでも謙虚である

誰に対しても謙虚な姿勢で接しているということも、品格のある人に共通して見られる特徴の一つです。真に品格のある人とは、おごり高ぶらず、自分よりも立場が低い人に対しても丁寧で謙虚に接することができる人のことです。

自分より社会的な地位が低い人や後輩、レストランの店員などに対しても威張り散らしたりすることなく、礼儀正しい姿勢を貫ける人こそが、品格のある人物だと言えるでしょう。

特徴7:誰にでも公平に接する

品格のある人によく見られる特徴として、誰に対しても公平に接するということも挙げられるでしょう。品格のある人は、相手の地位や自分との力関係によって態度を変えることはありませんし、私利私欲にかられて不公平な態度を取ることもありません。

誰に対しても常に公平で誠実な接し方ができる人こそが、高潔な精神をもつ品格のある人物だと言えるでしょう。

特徴8:清潔感がある

清潔感があるということも、品格のある人に欠かせない特徴の一つです。どんなにマナーがよくて礼儀正しい人であっても、不潔な身なりをしていると全てが台無しになってしまうでしょう。

人を不快にさせないように身だしなみをきちんと整えることができており、なおかつ爽やかで清潔感のある雰囲気を持っているということも、品格のある人に共通して見られる特徴だと言えます。

特徴9:食事の仕方がきれい

品格のある人ならではの特徴の一つとして、食事の仕方が綺麗であるということも挙げられます。というのも、品格のある人はマナーがよく、周囲の人を不快にさせるような言動を決してとらないからです。

また、和食ならば和食に必要な食事マナーを、フレンチならばフレンチにふさわしい食事マナーを身につけているということも、品格のある人に欠かせない条件だと言えるでしょう。

品格のある女性になりたい人におすすめのアイテム!

上品な美肌をゲットして、品格のあるオーラを身にまといたいという女性には、エトヴォスの「ミネラルUVグロウベース」がおすすめです。

オイリー肌も乾燥肌も、あらゆる肌質の人におすすめできる秀逸な化粧下地です。これを塗るだけで、まるで内側から輝くような透明感のある潤いに満ちた美肌になれるでしょう。上品な美肌を手に入れたいならば、ぜひこのアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。

品格がある人になるために心がける5つのポイント

品格がある人になるためには、どうすればよいのでしょうか。ここからは、品格がある人になるために心がけたい5つのポイントについてご紹介していきます。

以下でご紹介するポイントを参考にして、ぜひ自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。努力をすれば、誰でも品格のある人に近づくことができるでしょう。

ポイント1:ゆっくりと行動する

品格のある人になるためのポイントとしてまず挙げられるのが、ゆっくりと行動するということです。せかせかと落ち着きなく動くと、上品さや美しさに欠けてしまいます。

ゆったりと落ち着いた行動を取り、大人の余裕を見せることが品格のある人になるためには欠かせません。また、動作だけでなく、ゆっくりと品のある話し方も心がけるようにしましょう。

ポイント2:姿勢をよくする

姿勢をよくするということも、品格のある人になるために欠かせないポイントの一つです。姿勢がよければそれだけで品がある人に見えますし、凛とした雰囲気を出すことができるでしょう。

猫背にならないように、ふだんから姿勢を正すことを意識しましょう。また、全身が映る大きな鏡の前で自分の立ち姿をチェックするクセをつけると、姿勢をよくすることができるのでおすすめです。

ポイント3:感情的にならない

品格のある人になりたいならば、感情的にならないように心がけましょう。誰しも理不尽なことに遭うと怒りたくなるものですが、一呼吸置いて、冷静かつスマートに振舞えるように努めましょう。

また、その時々の感情に流されてしまわないように、自分の感情をコントロールできるように努力することも必要です。怒りっぽい人は、まずはその性格を直すことから始めましょう。

ポイント4:相手のことを考えて行動する

相手のことを考えて行動するということも、品格のある人になるために重要なポイントの一つです。視野が狭く精神的に未熟だと、自分のことばかり考えて自己中心的な行動を取ってしまいがちです。そのような人は幼稚ですし、決して品格のある人だとは言えないでしょう。

人と接する時にはエゴをおさえて、相手の気持ちを考えながらその人が不快にならないような紳士的な行動を心がけましょう。

ポイント5:きれいに食事をする

品格のある人になりたいのならば、きれいに食事ができるようになりましょう。肘をついたまま食事をしたり、口の中にものを入れたままぺちゃくちゃとおしゃべりをしてしまってはいかせんか。

食事のマナーが悪いと周囲の人に不快感を与えてしまいますし、なにより下品な印象を持たれてしまいます。きれいに食事ができるように、食事のマナーについて勉強しましょう。

品格のある芸能人

以上では、品格のある人の特徴についてみてきました。それでは、このような特徴をもつ芸能人として、具体的にどのような人の名前が挙げられるのでしょうか。

ここからは、品格のある男性・女性芸能人についてご紹介していきます。品格のある人になりたいと考えているならば、以下でご紹介する芸能人を参考にしてみてはいかがでしょうか。

女性芸能人

品格のある女性芸能人としてまず名前が挙げられるのが、女優の吉永小百合さんです。吉永小百合さんは清楚で凛とした雰囲気の持ち主であり、美しく上品な話し方がとても魅力的な女性です。誰もが認める品格のある女性だと言えるでしょう。

他にも、たおやかで内面からにじみ出るような美しさをもった女優の鈴木京香さんも、品格のある女性芸能人として挙げられます。

男性芸能人

品格のある男性芸能人として、俳優の北大路欣也の名前が挙げられるでしょう。威厳と風格ある見た目に、大御所であるにも関わらず物腰柔らかなその態度は、誰もが認める品格のある男性です。

また、上品でダンディな魅力があり、なおかつ礼儀正しく誰に対しても優しいことで評判の俳優の松重豊さんも、品格のある男性芸能人として名前が挙げられます。品格のある男性になりたいなら、このような方を真似してみてはいかがでしょうか。

日常の行動を意識して品格のある人を目指そう

今回は品格のある人について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。品格とはすぐに身に付くものではありません。日々の蓄積によって、自然と身に付くものが品格だと言えるでしょう。

品格のある素敵な人になりたいならば、日々の行動を意識して、いい生き方をするように心がけましょう。そうすればおのずと、周囲の人から憧れられる品格を身につけることができるはずです。

理想の自分になるためにできること

理想の自分になるためには、なりたい具体的なイメージを持ち、それに近づくために何をすべきかを明確にすることが必要です。また、外見だけではなく、内面も磨くことが必要だと言えるでしょう。

なお、以下の関連記事では、内面・外見磨きに欠かせないマナーや方法についてご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。