Search

検索したいワードを入力してください

結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

Author nopic iconもんもーる
ヘアスタイル / 2019年02月21日
結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

結婚式の髪型マナーとは

結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

大切な友人や職場の同僚の結婚式にお呼ばれして嬉しいものの、「どんな髪型で行けばいいのかわからない」と悩んでしまった経験のある女性も多いのではないでしょうか。結婚式に参加するならば、フォーマルな場にふさわしい上品で清潔感のある髪型で行く必要があります。

ここからは、結婚式に参加する時に覚えておきたい髪型のマナーについてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

派手になりすぎない

結婚式に参加する際の髪型のマナーとしてまず挙げられるのが、派手になりすぎないということです。結婚式はフォーマルな場ですので上品な髪型が求められます。

また、結婚式では参加者ではなくて花嫁さんが主役ですので、花嫁さんよりも目立つ派手な髪型をして行くのはマナー違反だと言えるでしょう。おしゃれでありながらも、控えめで上品な髪型を心がけましょう。

ダウンスタイルは避ける

結婚式に参加する際におさえておきたい髪型のマナーとして、ダウンスタイルは避けるということも挙げられるでしょう。というのも、ダウンスタイルはルーズで不潔な印象を与えてしまう可能性があるからです。

また、ダウンスタイルだと髪の毛が乱れやすく、そのたびに髪の毛を手で触ってしまうでしょう。そうなると清潔感に欠けてしまいますし、マナー違反です。できるだけまとめ髪で結婚式に行くのがベストです。

控えめなヘアアクセサリー

ヘアアクセサリーをつけるならば、控えめなものにするということも、結婚式に参加する際に覚えておきたい髪型のマナーです。上で述べたように、結婚式の主役は花嫁さんであって参加者ではありません。

花嫁さんよりも目立つ華美なヘアアクセサリーをつけていくのは失礼な行為ですので、絶対にしないようにしましょう。

結婚式におすすめの髪型6つ

結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

結婚式にお呼ばれした時に、どのような髪型で参加すればよいのでしょうか。できるだけダウンスタイルは避けて、まとめ髪にするのがよいでしょう。また、自分でスタイリングするのではなく、できるだけプロの美容師さんにヘアセットをしてもらうことをおすすめします。

以下では、結婚式におすすめの上品で素敵な髪型についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

髪型1:ベリーショート

結婚式におすすめの髪型としてまず挙げられるのが、ふんわりやさしげなベリーショートです。ベリーショートだとどうしても少年っぽい印象になります。それが悪いわけでは決してありませんが、結婚式に参加するならばもう少しフェミニンさを取り入れたほうがよいでしょう。

そのため、ワックスやアイロンなどを使って毛先にふんわりとした動きをつけ、優しい上品な雰囲気を出してみてはいかがでしょうか。

髪型2:ショート

結婚式におすすめの髪型として、編み込みアレンジを取り入れたショートヘアをご紹介します。ショートヘアだと長さがないのでまとめ髪アレンジが難しいでしょう。そのため、両サイドに編み込みを作ってカチューシャ風にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

上品で控えめでありながら、キュートな雰囲気を出すことができるので、結婚式にピッタリな髪型だと言えるでしょう。

髪型3:ミディアム

ミディアムヘアの方におすすめしたい結婚式の髪型として、ふんわりハーフアップをご紹介します。ハーフアップにすることで、フォーマルな場に必須の上品さを演出することができるでしょう。

また、女性らしくておしゃれな印象も与えることができるので、結婚式にピッタリです。コテを使ってゆるふわウェーブを出したり、編み込みを作るのもよいでしょう。

髪型4:セミロング

セミロングにおすすめしたい結婚式の髪型として、上品なまとめ髪をご紹介します。結婚式にはできるだけダウンスタイルは避けたほうがよいので、髪の毛の長い方はまとめ髪にするようにしましょう。

低い位置にお団子を作ることで、上品で控えめな結婚式にふさわしい髪型が完成します。また、首回りをすっきりと見せることができるので、清潔感を与えることもできるでしょう。

髪型5:ロング

ロングヘアの方におすすめしたい結婚式の髪型として、シニヨンスタイルをご紹介します。シニヨンスタイルは結婚式の定番とも言えるヘアスタイルです。

すっきりと髪の毛をまとめることができる上に、上品でフェミニンな印象を与えることができるでしょう。また、編み込みアレンジを取り入れるのもおすすめです。

髪型6:スーパーロング

スーパーロングヘアをそのまま下ろした状態のままですと、フォーマルな場にはふさわしくありませんし、ともすれば不潔な印象になってしまう可能性がありますので、すっきりとまとめ髪にするのがベストです。

しかし、一つ結びをしただけでは寂しげな印象になってしまいますので、ねじりを入れてみたり、あるいはコテでしっかりとカールを作って華やかに仕上げるのがよいでしょう。

結婚式の髪型が見つかるおすすめのサイトはこちら!

結婚式に参加する際の髪型選びに迷ったならば、「ホットペッパービューティー」を利用してみてはいかがでしょうか。非常に豊富なヘアカタログが掲載されているので、きっと自分にピッタリ合う髪型が見つかるでしょう。

また、いつでもどこでもスマホから簡単に美容院が予約できるので、プロの美容師さんにヘアアレンジをしてもらいたい方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

結婚式にNGなヘアアクセ6つ

結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

結婚式は花嫁さんが最も美しく輝く瞬間ですので、花嫁さんよりも目立つ派手なヘアアクセサリーをつけていくのはマナー違反です。

ここからは、結婚式にはNGなヘアアクセサリーの具体例についてチェックしていきましょう。結婚式に参加する前にぜひご一読ください。

アイテム1:大きいヘアアクセ

結婚式のお呼ばれにNGなヘアアクセサリーの具体例としてまず挙げられるのが、大きくて派手な物です。大きくて派手なヘアアクセサリーをつけるのは下品に見えてしまいますので、フォーマルな場所にはふさわしくありません。

また、なによりも主役の花嫁さんに失礼な行為ですので、控えるようにしましょう。

アイテム2:花モチーフのヘアアクセ

花モチーフのヘアアクセサリーも、結婚式のお呼ばれの際にはNGなものとして挙げられます。というのも、花モチーフのヘアアクセサリーは花嫁さんがヘアアレンジで用いることが多いので、それをつけていってしまうと花嫁さんとかぶってしまう可能性が高いからです。

アイテム3:革やファーのヘアアクセ

結婚式にはNGのヘアアクセサリーとして、革やファーを使ったものが挙げられるでしょう。結婚式はおめでたい場ですので、革やファーなど殺生を連想させるものは絶対に身につけていってはいけません。

たとえ小さなヘアアクセサリーであっても、そのようなものを身につけていくのはマナー違反ですので、控えるようにしましょう。

アイテム4:ティアラのヘアアクセ

ティアラ風ヘアアクセサリーも、結婚式に参加する際に絶対にしてはいけないものの一つとして挙げられるでしょう。というのも、花嫁さんがティアラ風ヘアアクセサリーを使うことが多いからです。

また、結婚式の主役は参加者ではなく花嫁さんですので、ティアラのような目立つヘアアクセサリーをつけていくのはある意味挑発的な行為だと言えるでしょう。

アイテム5:カジュアル過ぎるヘアアクセ

カジュアルすぎるヘアアクセサリーも結婚式にはおすすめできません。結婚式はフォーマルな場ですので、上品さのあるエレガントなヘアアクセサリーを使うようにしましょう。

アイテム6:輝き過ぎるヘアアクセ

輝きすぎる派手なヘアアクセアリーも、結婚式のお呼ばれの際にはNGです。結婚式にお呼ばれする際には、花嫁さんが主役であることを念頭に置き、目立たず控えめで上品なヘアアクセサリーをつけていくのが鉄則です。

キラキラと輝きすぎるヘアアクセサリーはマナー違反ですので、気をつけましょう。

マナーの範囲で上品な髪型にしよう

結婚式におすすめの6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

今回は結婚式の髪型について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。結婚式にふさわしいマナーをしっかりとふまえたうえで、その範囲内で上品で控えめな髪型にするようにしましょう。

結婚式のマナーを知ろう

結婚式に参加する際には、髪型以外にも知っておくべきマナーがたくさんあります。以下の関連記事では、結婚式に参加する際の服装やネイルなどのマナーについてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

Related