Search

検索したいワードを入力してください

結婚式に6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

Author nopic iconもんもーる
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2018年09月05日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚式に6の髪型・髪型マナー・6つのNGヘアアクセ

結婚式の髪型マナーとは

大切な友人や職場の同僚の結婚式にお呼ばれして嬉しいものの、「どんな髪型で行けばいいのかわからない」と悩んでしまった経験のある女性も多いのではないでしょうか。結婚式に参加するならば、フォーマルな場にふさわしい上品で清潔感のある髪型で行く必要があります。

ここからは、結婚式に参加する時に覚えておきたい髪型のマナーについてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

派手になりすぎない

結婚式に参加する際の髪型のマナーとしてまず挙げられるのが、派手になりすぎないということです。結婚式はフォーマルな場ですので上品な髪型が求められます。

また、結婚式では参加者ではなくて花嫁さんが主役ですので、花嫁さんよりも目立つ派手な髪型をして行くのはマナー違反だと言えるでしょう。おしゃれでありながらも、控えめで上品な髪型を心がけましょう。

ダウンスタイルは避ける

結婚式に参加する際におさえておきたい髪型のマナーとして、ダウンスタイルは避けるということも挙げられるでしょう。というのも、ダウンスタイルはルーズで不潔な印象を与えてしまう可能性があるからです。

また、ダウンスタイルだと髪の毛が乱れやすく、そのたびに髪の毛を手で触ってしまうでしょう。そうなると清潔感に欠けてしまいますし、マナー違反です。できるだけまとめ髪で結婚式に行くのがベストです。

控えめなヘアアクセサリー

ヘアアクセサリーをつけるならば、控えめなものにするということも、結婚式に参加する際に覚えておきたい髪型のマナーです。上で述べたように、結婚式の主役は花嫁さんであって参加者ではありません。

花嫁さんよりも目立つ華美なヘアアクセサリーをつけていくのは失礼な行為ですので、絶対にしないようにしましょう。

結婚式に髪型6つ

結婚式にお呼ばれした時に、どのような髪型で参加すればよいのでしょうか。できるだけダウンスタイルは避けて、まとめ髪にするのがよいでしょう。また、自分でスタイリングするのではなく、できるだけプロの美容師さんにヘアセットをしてもらうことをします。

以下では、結婚式に上品で素敵な髪型についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

髪型1:ベリーショート

結婚式に髪型としてまず挙げられるのが、ふんわりやさしげなベリーショートです。ベリーショートだとどうしても少年っぽい印象になります。それが悪いわけでは決してありませんが、結婚式に参加するならばもう少しフェミニンさを取り入れたほうがよいでしょう。

そのため、ワックスやアイロンなどを使って毛先にふんわりとした動きをつけ、優しい上品な雰囲気を出してみてはいかがでしょうか。

髪型2:ショート

結婚式に髪型として、編み込みアレンジを取り入れたショートヘアをご紹介します。ショートヘアだと長さがないのでまとめ髪アレンジが難しいでしょう。そのため、両サイドに編み込みを作ってカチューシャ風にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

上品で控えめでありながら、キュートな雰囲気を出すことができるので、結婚式にピッタリな髪型だと言えるでしょう。

髪型3:ミディアム

ミディアムヘアの方にしたい結婚式の髪型として、ふんわりハーフアップをご紹介します。ハーフアップにすることで、フォーマルな場に必須の上品さを演出することができるでしょう。

また、女性らしくておしゃれな印象も与えることができるので、結婚式にピッタリです。コテを使ってゆるふわウェーブを出したり、編み込みを作るのもよいでしょう。

髪型4:セミロング

セミロングにしたい結婚式の髪型として、上品なまとめ髪をご紹介します。結婚式にはできるだけダウンスタイルは避けたほうがよいので、髪の毛の長い方はまとめ髪にするようにしましょう。

低い位置にお団子を作ることで、上品で控えめな結婚式にふさわしい髪型が完成します。また、首回りをすっきりと見せることができるので、清潔感を与えることもできるでしょう。

髪型5:ロング

ロングヘアの方にしたい結婚式の髪型として、シニヨンスタイルをご紹介します。シニヨンスタイルは結婚式の定番とも言えるヘアスタイルです。

すっきりと髪の毛をまとめることができる上に、上品でフェミニンな印象を与えることができるでしょう。また、編み込みアレンジを取り入れるのもです。

髪型6:スーパーロング