Search

検索したいワードを入力してください

パワーポイントで自己紹介をするための事前準備5つのポイント

Author nopic iconまるむすめ
カテゴリ:ビジネススキル

初回公開日:2018年09月14日

更新日:2020年06月04日

記載されている内容は2018年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

パワーポイントで自己紹介をするための事前準備5つのポイント

自己紹介の目的とは

自己紹介は初めて会う相手に自分のことを知ってもらうための大切なものです。

自己紹介の時に話す内容は、面接や顔合わせなど自己紹介をする場面によっても異なり、場面にあった自己紹介ができると、相手を笑顔にしたり頼りがいのある人物だと思われたりと好印象を与えることができます。

相手に対して最初に好印象を与えておくと、自分の思うとおりに動きやすくなるので、自己紹介の内容はしっかりと考えるようにしましょう。

パワーポイントで自己紹介をするメリット

社会人になると、パワーポイントで自己紹介をする場面がでてきます。

パワーポイントを使いながら自己紹介をすると、自分のより知って欲しい内容をパワーポイントで示しながら、自分の言葉で詳しく説明しやすくなるので、自分の伝えたいことが相手の印象に残りやすくなるというメリットがあります。

パワーポイントを操作しながら話しをすることになるので、慣れていないうちは入念な下準備が必要です。

パワーポイントで自己紹介を作る時の事前準備5つ

パワーポイントを使いながら自己紹介をするときには入念な事前準備が必要になります。

自分を紹介するだけだからと思い、いい加減なスライドを作ってしまうと、自己紹介をする相手の印象に残らない可能性が高いです。

ここからはパワーポイントで自己紹介を作るときの事前準備を5つ紹介します。

パワーポイントでの自己紹介になれていない人はぜひ参考にしてみてください。

事前準備1:何のための自己紹介か目的の確認

パワーポイントを使って自己紹介をするときにまず明確にしたいのは、何のための自己紹介なのかという目的です。

頼りがいのある人物だと思われたいのか、友人になりたいと思われるような親しみやすさを伝えたいのかなど、自分をどのように見せたいかによって自己紹介の方法は変わってきます。

仕事で相手の信用を勝ち取ることが目的なら自分の実績を全面に、相手と仲良くなりたいなら趣味や失敗談などをいれてみてもいいでしょう。

事前準備2:プレゼンの相手は誰か

パワーポイントで自己紹介をするときには、プレゼン相手を明確にする必要があります。

プレゼン相手が自分の商品を売り込みたい相手なのか、自分の講義を聞きに来ている生徒なのかなど相手が誰なのかによって、話す内容は大きく変わってきます。

自己紹介のパワーポイントの内容がいつも同じだという人は、相手の心をつかむために、相手のことをしっかり想像しながら自己紹介のパワーポイントを作ると反応が変わってきます。

事前準備3:自分の何をアピールしたいのか

パワーポイントを使って自己紹介をするときには、自分がアピールしたいことを明確にしてスライドを作っていく必要があります。

自分がアピールしたい内容を短い言葉で表示し、自分の言葉で詳しい説明を加えていくのがパワーポイントでの自己紹介の基本です。

自分のアピールポイントが浮かばない人は、自己紹介をする相手にどのような人物に思われたいのかを考え、アピールすべき内容を決めていくようにしましょう。

事前準備4:相手と共感できるのはどこか

パワーポイントで自己紹介をするときスライドには相手と共感できるのはどこかを考え、相手の共感をえられる内容を盛り込むようにしましょう。

自己紹介の中から共感できる部分を相手が見つけることができると、相手は自分に対して親近感を持ってくれます。

相手が親近感を持ってくれると、相手との関係を深めやすくなります。

事前準備5:起承転結に基づきアウトラインを決める

パワーポイントで自己紹介をするときには、自己紹介の細かい内容を決める前に、起承転結に基づいてアウトラインを決めていきましょう。

アウトラインを決めずに自己紹介を作り始めてしまうと、話が長くなりすぎたり上手くまとまらない自己紹介になってしまったりします。

起承転結を意識した話し方は自己紹介だけでなく、プレゼンをするときなどに自分のしゃべりを聞いている相手を退屈させないためにも重要です。

パワーポイント作成時のポイント5つ

ここまでパワーポイントで自己紹介を作るときの事前準備についてみてきました。

ここからは実際にパワーポイントを作成するときのポイントを確認していきましょう。

パワーポイント作成時のポイントを参考にパワーポイントを使いこなしていけば、相手の印象に残る自己紹介をすることができるでしょう。

ポイント1:名前にふりがなをふる