Search

検索したいワードを入力してください

ロシア料理が食べられる東京のおすすめのお店10選

Author nopic iconsawa yuko
食の知識 / 2019年01月28日
ロシア料理が食べられる東京のおすすめのお店10選

ロシア料理の特徴

ロシア料理はロシアで生活してきた農民の料理で、ロシアの厳しい気候や風土で農民たちによって作られ、保存食を中心にその時々で獲れる野菜や肉・魚などを組み合わせています。

よく使われる食材は魚・家禽・野生の鳥獣肉・キノコ、ベリー類などの他、主食ではライ麦・大麦・キビなどです。

オーブンを使ったグリル料理や、鍋に食材を入れ蓋をしオーブンで加熱する煮込み料理が多いです。

ロシア料理が食べられる東京のおすすめのお店10選

ロシア料理といえばピロシキやボルシチなどが有名ですが、ロシア料理は広い国土の中の多くの地域の農民料理が集まった物なので、とても多くの種類があります。

いろいろなロシア料理を食べてみたい人は、ぜひロシア料理を食べられるレストランに足を運んでみてください。

東京には多くのロシア料理点がありますが、今回はおすすめのお店10店を紹介します。

お店1:ろしあ亭

東京でロシア料理が食べられるお店1軒目は、「ろしあ亭」です。

半蔵門線・神保町駅から徒歩2分の場所にある「ろしあ亭」は、落ち着きのあるなつかしい雰囲気のお店です。

ランチコースは、945円から2500円の手ごろな値段のコースがあり、すべてのコースでボルシチやロシアパン、デザートが付きます。揚げたてのピロシキは単品での注文も可能です。

落ち着きがありホッとできる空間で本格的なロシア料理を楽しめます。

お店2:サラファン

東京でロシア料理を食べられる店2軒目は、半蔵門線・神保町駅から徒歩5分の「サラファン」です。地下にあるサラファンは知る人ぞ知る名店で、店内は落ち着いた雰囲気です。

1000円未満のお手頃なランチや、TBSテレビ「チューボーですよ!」でも話題になったストロガノフやロールキャベツのランチがあります。

800本もの豊富な在庫から選べるワインをお料理に合わせていただくのもおすすめです。

お店3:海燕

東京でロシア料理を食べられる店3軒目は、都営三田線春日駅から徒歩2分の「海燕」です。

1番人気のウクライナコース内容は、前菜・壺焼きクリーム煮・ボルシチ・ロシアの黒パン・キエフカツレツ・デザート・ロシアンティーです。キエフカツレツは鶏むね肉でバターを包んで揚げてあり、胸肉なのにしっとりしています。

トマトクリームで煮込んだロールキャベツも人気です。じっくり時間をかけて作られた料理を楽しんでください。

お店4:SKAZKA

東京でロシア料理を食べられるお店4軒目は、JR錦糸町駅から徒歩2分の「SKAZKA(スカズカ)」です。

26席の小さなお店の中には、ロシアの人形や北欧雑貨が置かれ可愛らしい雰囲気で、ロシアの家庭にいる気分になれます。

店長おすすめのチキンの壺焼きは、チキンとじゃがいも・そばの実が入ってヘルシーです。ボルシチやストロガノフなどお馴染みのロシア料理を始め、イクラのクレープ、ロシア風水餃子なども楽しめます。

お店5:ゴドノフ東京

東京でロシア料理が食べられるお店5軒目は「ゴドノフ東京」です。本店はモスクワの赤の広場に隣接する老舗レストラン、東京店はJR東京駅から徒歩2分の立地で由緒あるロシア料理を食べることができます。

定番のボルシチ・ピロシキ・サラダオリビエを始め本国の料理をアラカルトやコースで楽しめます。またロシアンバルとしてお酒と一緒に料理を楽しめます。

デザートにはロシア風パンケーキ「シルニキ」もおすすめです。

お店6:ロゴスキー

東京でロシア料理が食べられるお店6軒目は、銀座駅から徒歩1分の「ロゴスキー」です。ロゴスキーは、日本で最も歴史のあるロシア料理レストランです。

ロゴスキーの料理は本場の味を伝えながらも日本人の舌に合うよう工夫されており、「ロゴスキーだけのロシア料理」です。

店内は高級感のある落ち着いた雰囲気で、席の配置にゆとりがあるのでゆったりと食事ができます。日本のロシア料理の礎を作った名店の味を楽しめます。

お店7:スンガリー

東京でロシア料理が食べられるお店7件目は、JR新宿駅から徒歩6分の「スンガリー」です。スンガリーは、本場のロシア料理の味とお酒を気軽に楽しめるお店です。

豊富な単品料理の他、5種類のコース料理や予算に応じてメニューから自由に組み合わせできるパーティープランなどがあり、サクっとした生地が人気のピロシキは、「揚げ」と「焼き」の二つからチョイスできます。

ワインやウォッカなどのお酒も豊富にそろっています。

お店8:ミンスクの台所

東京でロシア料理が食べられるお店8軒目は、東京メトロ南北線・六本木一丁目駅から徒歩2分の「ミンスクの台所」です。ミンスクとはベラルーシの首都の名前で、このお店は日本で唯一のベラルーシ料理が食べられるお店です。

ベラルーシの料理のレシピを変えることなく、日本人に合いそうな料理だけを提供しているので、ベラルーシの家庭料理そのものの味です。

看板メニューの「毛皮のコートを着た鰊」などがおすすめです。

お店9:ロシア料理ストロバヤ

東京でロシア料理を食べられるお店9軒目は、銀座線・田原町駅より徒歩8分、つくばEX浅草駅より徒歩1分の「ストロバヤ」です。

当店のピロシキはお肉がギッシリ入ってボリュームたっぷりで、ランチにはピロシキ2本とボルシチ・サラダ・デザート・飲み物が付いたピロシキランチで手軽に味わえます。

肉とキャベツのしっとりとした食感の「キャベツロール」のおいしさはこのお店ならではです。ぜひ一度味わってみてください。

お店10:チャイカ

東京でロシア料理を食べられるお店10軒目は、高田馬場駅から徒歩2分の「チャイカ」です。チャイカは1972年創業の老舗ロシア料理店で、重厚な木を多用したインテリアで落ち着いた雰囲気のお店です。

メニューは珍しいロシア料理からピロシキ・ボルシチなどお馴染みの料理までバラエティ豊かにそろっています。

単品メニューはハーフサイズもあるので、品数を多く楽しみたい人にもおすすめです。

コミックエッセイ「おいしいロシア」

おいしいロシア
おいしいロシア
口コミ

作ってみたいレシピが多く載っている マンガなので気張らず読めて作れてよいと思う

ロシアの家庭料理を知りたい人におすすめの本がシベリカ子著「おいしいロシア」です。ロシア人の夫と共にロシアに暮らした著者によるコミックエッセイです。ロシアでの日常や豊かなロシアの食文化が楽しいタッチで描かれています。

おすすめのロシア料理

ロシア料理の定番と言えば、ピロシキ・ボルシチ・ビーフストロガノフですが、どんな料理なのか思い浮かべることはできても、食材や作り方など詳しくはわからない人が多いでしょう。

ここからは、おなじみのロシア料理であるピロシキ・ボルシチ・ビーフストロガノフについて解説します。

料理1:ピロシキ

ピロシキは、ウクライナ・ベラルーシ・ロシアなどでよく食べられている惣菜パンの一種です。

生地は小麦粉で作られますが、卵とバターを使ったパン生地・折パイ生地・練パイ生地などの種類があり、生地で具材を包んで揚げたり焼いたりして作ります。

日本でおなじみのピロシキの具材はひき肉が一般的ですが、本場では魚・野菜・米・卵・チーズの他、ジャムや果物を詰めて菓子パン風にしたピロシキもあります。

料理2:ボルシチ

ボルシチはウクライナの伝統的なスープ料理ですが、東欧、中央ヨーロッパ、北米などにも普及しており、世界3大スープの1つと言われています。

特徴的な鮮やかな赤い色は、ビーツという野菜の赤さによるもので、ボルシチにはビーツが欠かせません。他の具材に決まりはありませんが、玉ねぎ・人参・ジャガイモ・キャベツなどの野菜類と牛肉や鶏、魚などが使われます。

長時間じっくり煮込んだスープ料理は具材の旨みがたっぷりです。

料理3:ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフは、諸説ありますがロシア・ウラル地方の貴族・ストロガノフ家に伝わる料理と言われ、ロシアの代表的な牛肉料理としてお馴染みです。

細切りの牛肉と玉ねぎ・キノコをバターで炒めてからスープで煮込み、たっぷりのサワークリームを加えて仕上げます。米飯やパスタ、ジャガイモが添えられます。

ウクライナではホワイトシチューのような色と味わいですが、日本ではトマトやデミグラスソースを使うこともあります。

東京にロシア料理を食べに行こう

東京で食べられるロシア料理のお店を紹介してきましたが、行きたいお店は見つかりましたか。イタリア料理やフランス料理ほど多くはありませんが、東京には老舗と呼ばれるロシア料理の名店が多くあるので、ぜひ足を運んでみてください。

世界各国の美味しいものを食べつくそう

東京には世界各国の料理を食べられるお店がたくさんあります。海外の料理を食べてその国の文化に親しむのは楽しい経験になります。

いろんな国の料理に興味のある人は、ぜひ「世界の料理ランキング」や「イタリアンのコース料理」の記事もご覧ください。

関連記事

Related