Search

検索したいワードを入力してください

トライヤーがない時に髪を傷めずに乾かす7つのステップ

Author nopic iconもんもーる
ヘアケア / 2019年02月26日
トライヤーがない時に髪を傷めずに乾かす7つのステップ

ドライヤーで髪を乾かすメリットとデメリット

髪の毛の短い人が多い男性と違い、女性の多くは髪の毛を長く伸ばしています。そのため、お風呂上りにはドライヤーが必須という女性も少なくないことでしょう。

ドライヤーを使えば髪の毛をスピーディーに効率よく乾かすことができますが、上手にドライヤーを使うことができなければ、その熱が原因で髪の毛の傷みを招いてしまうこともあります。そのため、ドライヤーを使う時には頭皮や髪の毛から少し離して使う必要があります。

ドライヤーがない時に髪を乾かす7つのステップ

髪の毛を短時間で乾かすことができるドライヤーは、多くの女性にとってなくてはならない家電製品です。しかし、外泊先にドライヤーがない場合もありますし、あるいは停電などでドライヤーが使えない場合もありえるでしょう。

そんな時には、どうすればよいのでしょうか。ここからは、ドライヤーがない時に髪の毛を傷めずに乾かすための7つのステップをご紹介していきます。

ステップ1:コンディショナーをする

ステップ1として、まずはシャンプー後の髪の毛に丁寧にコンディショナーを使いましょう。水気をしっかりと切り、毛先を中心にコンディショナーを塗布します。

上から下に向かってコンディショナーを丁寧に塗りこんでいけば、キューティクルが整うのでおすすめです。コンディショナーを丁寧に行うことで、ドライヤーが使えない場合でもパサつきの気にならない手触りに仕上げることができるでしょう。

ステップ2:お風呂からあがる前に水気を取る

お風呂から上がる前に水気を取るというのが、ステップ2です。コンディショナーをしっかりと丁寧にシャワーですすいだ後、手を使って十分に水気を取りましょう。

髪の毛の水気をしっかりととることができていないと、いつまでたっても髪の毛が乾かない状態になってしまいます。指でぎゅっと軽く握っても、髪の毛から水滴が落ちないようにしましょう。

ステップ3:タオルドライをしっかりする

ステップ3は、タオルドライをしっかりとするということです。ふかふかの吸収性抜群のタオルを使って、髪の毛に残った水気を十分に拭き取りましょう。

なお、シャンプー後の髪の毛はキューティクルが開いた繊細な状態にあるので、早く乾かしたいからと言ってゴシゴシとこするとダメージヘアの原因になってしまいます。優しくポンポンと髪の毛をタオルの両面で挟み込むようにタオルドライしましょう。

ステップ4:髪の毛の根元の水分をしっかり取る

ステップ4は、髪の毛の根元の水分をしっかりと取るということです。髪の毛は、毛先に行けば行くほど乾燥しやすく、水分が蒸発しやすい構造になっています。逆に言えば、髪の毛の根元部分には水分が残りやすく、乾きにくい状態にあります。

タオルを使って、しっかりと根元部分の水気を取らなければ、頭皮が生乾きになって悪臭を放ってしまいますので要注意です。

ステップ5:アウトバストリートメントをつける

ステップ5として、アウトバストリートメントをつけましょう。アウトバストリートメントを使うことで、シャンプー後に開いたキューティクルを保護・補修し、傷みやすい髪の毛を守ることができます。

頭皮にべったりとつけると余計に乾きにくくなってしまいますので、毛先を中心に丁寧にアウトバストリートメントをなじませるのがポイントです。

ステップ6:目の粗いくしでとかす

ステップ6は、目の粗いくしでとかすということです。シャンプー後の濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態にあり、とても繊細で傷みやすいため、コームを使うと髪の毛にダメージを与えてしまう可能性があります。

たとえば、パドルブラシのような目の粗いくしを使うのがよいでしょう。くしでとかすことで髪の毛の間に空気を入れることができるので、ドライヤーなしでも乾きやすくすることができます。

ステップ7:自然乾燥

ステップ7は、自然乾燥をするということです。自然乾燥には、少なくとも2~3時間ほどはかかるでしょう。その間にベッドに横になったりすると、髪の毛に摩擦が生じてしまい、ダメージヘアの原因になってしまいますので、要注意です。

ドライヤーがない時に髪を乾かせるもの

以上では、ドライヤーがない時に髪の毛を傷めずに乾かすためのステップについてご紹介してきました。タオルドライとブラッシングを丁寧に行うことで、ドライヤーがなくとも比較的簡単に自然乾燥させることができると言えるでしょう。

ここからは、ドライヤーがない時に代替品として髪の毛を早く乾かせるものについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

扇風機

ドライヤーがない時に髪の毛を早く乾かせるアイテムとしてまず挙げられるのが、扇風機です。扇風機の前で髪の毛を乾かせば、ドライヤーの冷風と同じような効果が期待できるでしょう。

なお、より効率的に髪の毛を乾かしたいのならば、最近流行りのハンディタイプの扇風機がおすすめです。ドライヤーと同じような感覚で使うことができるでしょう。

ファンヒーター

ファンヒーターも、ドライヤーがない時に髪の毛を早く乾かせるアイテムとして挙げられるでしょう。ファンヒーターの熱で髪の毛を乾かすことができるので、特に冬にはピッタリのアイテムだと言えます。

ただし、火傷しないようにファンヒーターからは適切な距離を取るようにしましょう。

ドライヤーなしでもOKな髪型にしたい方におすすめ

ドライヤーなしでもOKなショートヘアに髪型をチェンジしたいという方におすすめなのが、「ホットペッパービューティー」です。非常に豊富なヘアカタログが掲載されているので、ドライヤーなしでも自然乾燥しやすくて、なおかつお好みにピッタリとあうショートヘアを見つけることができるでしょう。

また、いつでもどこでもスマホから簡単に美容院の予約ができる上に、ポイントもゲットできるのでお得で便利だと言えます。

髪がぬれた状態でのブラッシングはNG

美髪を育てたいのであれば、髪の毛が濡れた状態でのブラッシングはNGです。髪の毛が濡れているとキューティクルが開き、外部からのダメージを受けやすい状態にあるからです。しっかりと水気をきり、タオルドライを丁寧にした後に優しくブラッシングをしましょう。

正しいタオルドライの仕方

髪の毛はとても繊細で傷みやすいので、タオルドライの際にはゴシゴシ力を入れずに、優しく水気を取るように心がけましょう。タオルの両面で髪の毛を挟み込み、優しくポンポンと拭いていくのがベストです。

ドライヤーがない時はタオルドライが重要

今回は、ドライヤーがない時に髪の毛を傷めずに乾かす方法についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。ドライヤーがない時には、タオルドライをしっかりと丁寧に行うことによって、髪の毛を乾きやすい状態へと導きましょう。

ヘアオイルを上手に使おう

美しい髪の毛を手に入れたいのならば、ヘアオイルを上手に使いましょう。以下の関連記事では、髪の毛を美しく保つのに欠かせないヘアオイルについて特集していますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

Related