Search

検索したいワードを入力してください

ジャスミンケーキの作り方の手順6つ・おススメ食べ合わせ食材

Author nopic iconyui
食の知識 / 2019年01月28日
ジャスミンケーキの作り方の手順6つ・おススメ食べ合わせ食材

ジャスミンケーキとは

ジャスミンケーキとは、その名のとおり、ジャスミンティーを使って作るケーキのことです。一般的にケーキに使われるお茶は、アールグレイや紅茶が多いですが、ジャスミンティーを使うと、香り高い、優しい味わいのケーキを楽しむことができます。ジャスミンティーがお好きな人には、よりおすすめのケーキです。

また、今までチョコや生クリームなどの定番のケーキしか作ったことがない人には、新しいケーキという感覚で作れるケーキです。

今回は、ジャスミンティーを使ったケーキと、ジャスミンケーキの作り方をご紹介します。

ジャスミンティーを使ったケーキ

ジャスミンティーを使ったケーキのレシピを調べると、意外とたくさん出てきます。シンプルにジャスミンティーだけで作れるケーキから、ジャスミンティーとミルク、ジャスミンティーと果物、などバリエーションも豊富で、さまざまな種類のジャスミンケーキがあります。

ジャスミンケーキは口に入れたときに、ほのかな風味を味わうことができ、そこまで癖がないので、色んな食材と組み合わせて作ると、美味しいケーキになります。

ジャスミンティーを使ったケーキの例

今回ジャスミンケーキを初めて知ったという人は多いでしょう。ケーキといってもさまざまな形があります。作ろうと思っても、どんなケーキを作ろうかと、悩む人は人は多いでしょう。

ジャスミンティーを使ったケーキは、どんなケーキがあるのか知っていただくために、ここでは、ジャスミンティーを使ったケーキの例を2つご紹介します。

シフォンケーキ

比較的きめが細かいので、ふわふわの食感を楽しむことができるのがシフォンケーキです。真ん中に空洞がある型に入れ、焼き上げます。

メレンゲを多く使って作るので、とてもふわふわな食感が特徴的なので、ジャスミンティーの香りが、噛むごとに感じられるケーキになるでしょう。

ジャスミンティーの香りをより楽しみたい人は、シフォンケーキでジャスミンケーキを作ると良いでしょう。

パウンドケーキ

ずっしりと生地が詰まっているのがパウンドケーキです。ケーキの食感と食べ応えがとてもあるので、ジャスミンティーの味そのものを感じられます。

高さはそんなにないので、さまざまなアレンジができるのも特徴です。果物やクリームなど、お好みでトッピングすれば、見た目はもちろん、違った味わいを楽しむことができます。

ジャスミンケーキでさまざまなケーキを作りたい人は、パウンドケーキで作るとが良いでしょう。

ジャスミンケーキの作り方

ここからは、基本のジャスミンケーキの作り方をご紹介します。今回はシフォンケーキの作り方です。香り高いジャスミンの香りを楽しみながら、いつもと少し違ったティータイムを過ごせます。

ジャスミンケーキは、ジャスミンティーを入れるだけで、簡単に作ることができます。また、作り方のコツが分かれば、誰でも簡単にふわふわのシフォンケーキが作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

用意する材料

まずは、ジャスミンのシフォンケーキに必要な材料をご紹介します。

・卵黄       3個分
・砂糖       50g
・薄力粉      65g
・ベーキングパウダー 3g
・ジャスミン茶   5g〜8g(お好み)
・卵白       3個分
・砂糖       35g
・無塩バター    適量

ジャスミンの香りを強く出したい人は、ジャスミンの茶葉を少し多めに入れても良いです。

用意する道具

ジャスミンケーキの作り方の手順6つ・おススメ食べ合わせ食材

次に、ジャスミンのシフォンケーキを作るのに必要な道具をご紹介します。

・シフォンケーキ型18cm
・ボウル
・ふるい
・ゴムベラ
・ハンドミキサーまたは泡立て器
・ジャスミン茶の茶葉を細かくする用のミキサーまたはすり鉢

ジャスミンの茶葉を細かくする道具がなければ、包丁などでも代用できまが、少し粗めになってしまう可能性があります。

作り方6つの手順

ジャスミンのシフォンケーキは6つの作業で簡単に作ることができます。難しい作業はあまりないので、手順どおりに1つ1つ丁寧に作業すれば、誰でも上手に美味しいジャスミンケーキができます。また、簡単なので、覚えてしまえば、いつでも作ることができるでしょう。

ここからは、その作り方の手順をご紹介していきます。

手順1:卵黄と砂糖を混ぜる

卵黄3個分と砂糖50gをボウルに入れ、白っぽくなるまでハンドミキサーまたは泡立て器で混ぜます。白っぽくなるまで混ぜることで、でき上がりの生地が良く膨らむので、ふんわりと焼き上がり、かさが増します。

混ぜ足りないまま進んでしまうと、生地が固くなってしまったり、焼き上がりが重くなってしまうので、白っぽくなるまでしっかり混ぜてください。

手順2:ジャスミンティーを混ぜる

ジャスミンの茶葉をミキサーまたはすり鉢で粉々にします。茶葉を先ほど混ぜた卵黄と砂糖のボウルに入れ、混ぜます。

茶葉が粗いままだと、焼き上がって食べたときに、口当たりが気になる人もいるので、できるだけ粉々にしておくと、食べたときの食感が口当たりの良いものになります。

手順3:卵白意外の材料を混ぜる

薄力粉65gとベーキングパウダー3gをふるいにかけます。粉をジャスミンの茶葉を混ぜたボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜます。混ぜ足りないと、生地のふわふわ感が出にくくなるので、泡立て器を持ち上げたときに、とろ〜っと流れるようになるまで、しっかり混ぜてください。

手順4:卵白をメレンゲにして混ぜる

卵白3個分でメレンゲを作ります。卵白が泡立っていない状態で、砂糖を加えてしまうと、泡立ちにくくなってしまうので、白っぽくボリュームがでてきたら砂糖を加えます。このとき、砂糖は2回〜3回に分けて加えてください。

泡立て器だと少し時間がかかってしまうので、ハンドミキサーをお持ちの人は、ハンドミキサーで作ることをおすすめします。

メレンゲが作れたら、先ほど茶葉や粉を混ぜたボウルに入れ、ゴムベラでさっくり混ぜます。

手順5:生地を型に入れる

型に薄くバターを塗ります。メランゲを混ぜた生地を型に流し入れます。

シフォンケーキの型は真ん中に空洞がある型なので、クッキングシートの代わりにバターを塗ると、焼き上がったあと、型からきれいに外れます。

手順6:オーブンで焼く

180℃で余熱したオーブンで約30分焼きます。焼き上がったら、焼き縮みを防ぐために、すぐにオーブンから取り出し、型から外してください。型から外したら、平らな場所に置き、あら熱を取ります。このとき早く冷ましたいからと、扇風機などを使ってしまうと、ケーキが乾燥してしまうので、そのまま置いて冷ましましょう。

あら熱がとれたら、でき上がりです。あら熱がとれてから、冷蔵庫に入れて冷やすと、違った生地の食感も楽しむことができます。

ティーバックで手軽にジャスミンケーキを作ろう

伊藤園 ジャスミン茶
伊藤園 ジャスミン茶
口コミ

香りがよく渋味も少ないので、時間が経ってもゴクゴク飲めます。これからの湿気の多い時期にはさっぱりしているジャスミンがぴったりです。無くなったらまた買わさせていただきます^^

ジャスミンケーキを作る際に使う茶葉は、ティーバックに入っているものも使えます。使う茶葉によって、香りの強さは違いますが、伊藤園のジャスミン茶はしっかりと香りが強く出ます。生地に茶葉を入れて作るので、お湯を注いで普通にお茶を作るときよりも、香りが消えてしまいますが、香りがしっかりでるものだと、ケーキにした時の香りがとても良いです。

茶葉そのものと同じくらいの香りが出るのと、使い方が簡単なので、使いたいときにすぐ使うことができます。

ダイエット中でもOK!ケーキ食べ合わせが良いもの

ケーキを食べたいけど、ダイエット中だから気になって食べられなかったり、食べてから罪悪感や後悔を感じてしまうという人は多いのではないでしょうか。ここでは、ダイエット中でも、気にせずケーキを食べることができる、ケーキと食べ合わせの良いものをご紹介します。

ダイエット中だからと我慢しすぎていると、かえって爆発してしまいます。ダイエット中だけど、ケーキが好きな人は、どうしても食べたいときなどに試してみてください。

食材1:抹茶豆乳

抹茶に含まれるカテキンが、糖質を吸収しにくくし、豆乳に含まれるサポニンやレシチンが脂質の蓄積を防いでくれます。また、抹茶に含まれるポリフェノールも、トランス脂肪酸による悪玉コレステロールの増加を防いでくれます。

ケーキを食べるときは、抹茶豆乳を一緒に飲むことで、太りにくくしてくれるので、ダイエット中でも安心してケーキを食べることができます。

豆乳が苦手でない人は、成分量の多い「無調整豆乳」で作ることがおすすめです。

食材2:ホットドリンク

ホットドリンクは、体を温め、代謝を良くする効果があるので、ダイエット中でもケーキの付け合せに最適です。体の血行を良くしてくれるホットドリンクは、白湯にレモン汁や絞ったレモンを入れた、ホットレモン、脂肪燃焼効果のあるカフェインが入った、ブラックコーヒー、牛乳を豆乳に替えて作るホットココアなどがあります。

ケーキと一緒に飲むことで、ダイエット中でも血行が良くなるので、脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、おすすめです。

食材3:ナッツ類

ナッツ類には、糖質や脂質、タンパク質の代謝を促すビタミンが豊富に含まれています。また素早く代謝されて、脂肪の蓄積を防いでくれます。

食べるときは、ケーキを食べる前に食べるとより効果的です。ナッツ類といってもさまざまな種類がありますが、違う種類でもいいので、25gほど食べるといいです。ただし、1粒のカロリーは少し高めなので、25g以上食べてしまわないよう、気をつけましょう。

色々なジャスミンケーキを作ってみよう

ジャスミンケーキは、アレンジすれば、さまざまなバリエーションのケーキを作ることができます。生地にミルクを使ったり、果物やチョコレートをいれても美味しくなります。

また、ケーキにもさまざまな種類があります。カップケーキにしてプレゼント用にしてみたり、シフォンケーキを作って、毎日のティータイム用にしてみたり、イベント用に大きめのパウンドケーキを作ってみたりしても良いでしょう。また、トッピングを変えたり、クリームを変えたりして、違ったジャスミンケーキを作ってみましょう。

他にもいろいろなケーキも作ってみよう

今回はジャスミンティーを使って作る、ジャスミンケーキをご紹介しましたが、ケーキは作り方は同じでも、使う材料で味も見た目も変わるので、毎回新しいケーキを作ることができます。

子供がいる人は、子供と作ると、一緒に作る楽しさをお互い感じることができます。また、特別な日に手作りケーキをプレゼントすると、より気持ちが伝わりやすくなります。

コツさえつかめば、簡単に作れるものも多いので、今まで買って食べることが多かったという人も、今回をきっかけに、いろいろなケーキ作りに挑戦してみましょう。

関連記事

Related