Search

検索したいワードを入力してください

ダイソーの花ネイルシール6種類|ネイルシールの貼り方

Author nopic iconmi-yan
ネイル / 2019年02月06日
ダイソーの花ネイルシール6種類|ネイルシールの貼り方

ダイソーの花ネイルシールが使いやすくておすすめ

自身で気軽に楽しめるセルフネイルですが、凝ったデザインが思いどおりにできなくて、歯がゆい思いをすることもよくあります。

特に、花びらなどの植物をデザインしたイラストや、植物そのものを使用したネイルデザインなどは、商品を手に入れるのにも、何がいいのか悩んでしまうことはありませんか。

そんなセルフネイル女子たちが「使いやすい!」と大絶賛しているのが、ダイソーの花ネイルシールです。

種類も豊富

ダイソーには、マニキュアはもちろんながら、ネイルをするために必要なケア商品や装飾などもたくさんそろえられています。

「ネイルシール」ひとつ取っても、貼るだけでギャラクシーネイルになってしまうネイルシールや、夏にぴったりの貝殻のネイルシールなど、種類はさまざまです。

そんなネイルシールの中でも、控えめにも華やかになるみんなが大好き、ダイソーのお花のネイルシールについて見ていってみましょう。

ダイソーの花ネイルシールの種類6つ

ダイソーの花ネイルシールには、6種類もあると知っていましたか。人気商品なので、入荷後にすぐ売り切れてしまう店舗もあります。

6種類もあれば、組み合わせ次第で季節や気分にあうネイルが楽しめるので、ダイソーの100円商品だからこそセルフネイル女子にもありがたいツールのひとつとなっています。

では、ダイソーに売られているお花のネイルシールの種類をみていってみましょう。

種類1:かすみ桜

淡いピンクと白の桜のネイルシールです。春の入学・卒業シーズンにもぴったりで、爪いっぱいに乗せてもしつこくなくて使いやすいイメージです。

淡い色や同系色の上に乗せてあげると、とっても可愛いくなります。

種類2:ウォーターフラワー

ウォーターフラワーのネイルシールは、水彩絵の具で書いたような、淡い色彩の花ネイルシールとなっています。

こちらのネイルシールも、淡いカラーをベースにするとふんわりしたデザインに仕上がって可愛いです。涼しげなデザインになっているので、春や夏に向いているネイルシールとなっているのではないでしょうか。

種類3:黄金桜

黄金桜は、その名のとおり金色でデザインされた、ちょっと豪華に見えるネイルシールとなっています。お祝い事やパーティーなどでも目を引き、高見えネイルに早変わりできるダイソーのアイテムです。

白やピンクなどの淡いカラーをベースにすると、ネイルシールが目立つデザインになります。

種類4:トロピカル

夏にっぴったりのトロピカルなネイルシールは、ヤシの木やハイビスカスなど夏の代表の植物が集まっています。

夏を連想させるカラーをベースにすると相性ぴったりです。夏カラーをグラデーションにして、その上にトロピカルのネイルシールを貼ってあげると、気分も盛り上がります。

夏はイベントがたくさんあるため、、外に出る機会が多くなります。ダイソーのネイルシールで季節感が得られるのも、嬉しいポイントです。

種類5:押し花風

押し花風のネイルシールは、ダイソーと関西コレクションとのコラボで出された商品です。

グラデーションやフレンチネイルなどの、クリアーでシンプルなデザインにぴったりのネイルシールとなっています。他にもニュアンスネイルなどにも合う、控えめで可愛らしいデザインの花ネイルシールです。

花だけではなく、ワイヤーネイル風のデザインのものもあり、ワンランク上のアートがダイソーのネイルシールで楽しめます。

種類6:マーガレット

白い小花で、とっても可憐なデザインのマーガレットは、ダイソーの花ネイルシールの中でも大人気の商品です。

ネイルシールだけでフレンチ型に爪に乗せてあげたり、ワンポイントでおいてあげるだけでも、マーガレットの可愛さが際立ちます。お呼ばれやお祝い事などにもぴったりのネイルシールです。

もっと自分磨きをしたいなら要チェック

ETVOSの「モイスチャライジングセラム」は、お肌の専門家が開発した、お肌に優しいスキンケアアイテムとなっています。特に乾燥肌でお悩みの方に試していただきたいものとなっております。

ダイソーの花ネイルシールの使い方

甘皮の処理やサンディングの加減によって、ネイルの定着性が異なってきますので下準備に余念がないようにしましょう。

サンディングが終わった爪は、小さな傷がついてデコボコしています。このままカラーのマニキュアやジェルを塗ってしまうと、がたがたした仕上がりになってしまうので注意が必要です。

つるんとした仕上がるにするためには、最初にベースコート、またはベースジェルをさっと塗りましょう。何度も塗るのではなく、まずは薄く塗ってあげるだけで大丈夫です。

手順1:ベースを塗っておく

下準備ができたら、ベースとなるカラーを塗っていきましょう。カラーを塗るときは2度塗りが基本です。

マニキュアの場合は時間がかかって大変ですが、最初に厚塗りをしてしまうと乾ききるのにも時間がかかりますし、時間が経つうちに動いてしまってヨレてしまいます。なので、薄く塗って重ねていくことはテクニックのひとつです。

ジェルの場合も、分厚く塗りすぎると硬化しきれずに、未硬化ジェルが残ってしまいます。ムラにもなりやすいので気をつけましょう。

手順2:貼りたいデザインのシールをはがす

ベースカラーが塗れたら、使用したいダイソーの花ネイルシールを準備しましょう。使いたいお花だけ取れるようになっているので、切り取る必要がなくて簡単なネイルシールとなっています。

ネイルシールによっては、使用したい部分をカットして、水に浸してからネイルシールをフィルムから剥がさないといけないものも多いです。ダイソーのネイルシールだったら、失敗しても落ち込まずに、気軽に試せます。

手順3:シールを爪に貼る

バランスを確認しながら、フィルムから剥がした花ネイルシールを爪に貼っていきます。

花の種類によって綺麗に見える場所が異なるので、1度はネイルシールを貼り付ける前にポイントを確認しておくようにしましょう。ネイルシールを貼り付けるときは、ヨレたり浮いたりしないように、ピタッと貼り付けてあげてください。

細かい作業がしやすいように、ピンセットを使用する方もいます。ピンセットもダイソーで購入できるので、チェックしてみてください。

手順4:上からトップコートを塗る

ネイルシールがしっかりと貼れたら、最後にコーティングをしていきましょう。

貼りっぱなしにしておくと、ネすぐにめくれてしまいます。完成したネイルを長持ちさせるため、上からトップコートを2度塗りしていきましょう。

まずは薄くひと塗り、乾いたらもう1度重ねます。ジェルの場合はトップをしっかり作ると綺麗な爪の形に見えるので、形も整えましょう。硬化したら未硬化ジェルを拭き取って完成です。

ダイソーのネイルシールはさりげない花がかわいい

シンプルで主張しすぎないデザインが、ダイソーの花ネイルシールの人気の理由のひとつではないでしょうか。働く女子にも扱いやすい、シンプルなデザインが、普段使いできて助かるポイントです。

ツイードネイルのやり方もチェック

ここで人気のデザインである「ツイードネイル」の簡単なやり方をご紹介します。

準備するものはファンブラシ(またはツイードブラシ)とカラーのマニキュア(またはジェル)を2色です。

ベースカラーを塗った上から、ファンブラシで縦に横に、軽く筆先をかすめます。カラーを変えてからも同じ作業をしましょう。ブラシがない方は爪楊枝などでも代用できますが、線を引く回数が多くなるので、ブラシがあったほうが簡単です。

関連記事

Related