Search

検索したいワードを入力してください

テニスボールマッサージのやり方5ステップ|成功させる一工夫

Author nopic iconrasasa
トレーニング / 2019年02月18日
テニスボールマッサージのやり方5ステップ|成功させる一工夫

テニスボールマッサージとは

テニスボールマッサージとは硬式のテニスボールを使い、簡単にどこでも気軽に座りながらできるマッサージです。必要なアイテムはテニスボールだけなので、コストもかからないマッサージ方法でしょう。

首や肩のコリ、腰痛も簡単にマッサージできます。ふくらはぎや背中などのコリをピンポイントで自分の加減で刺激できます。ただ、ボールを挟んで体重をかけたり、転がしたりするだけでいいので、とても簡単にできるマッサージです。

どんな効果があるか

テニスボールマッサージには、筋膜を刺激することでコリを解消する効果があります。ボールの硬さはこのコリを緩和するのに丁度よく、刺激を強めることでより溜まったコリをほぐすでしょう。

足裏をテニスボールで刺激すれば全身のリンパの流れが改善しますし、ひどいむくみも解消する効果が期待できます。全身の血流も促進し、基礎代謝を上げる効果もあるでしょう。これで肩コリや腰痛、むくみに冷え症まで改善します。

テニスボールマッサージのやり方5ステップ

テニスボールマッサージを初めておこなう人はどのようなステップで、そしてどのくらいの時間をかけてやれば、より効果が高まるのかわからないでしょう。間違った使い方をすれば逆効果になるので注意が必要です。

テニスボールを使った、いつでも簡単にできるマッサージのやり方をわかりやすく、5つのステップで順にご紹介しましょう。

用意するもの

テニスボールマッサージをする時には硬式用のテニスボールを1コから2コを用意します。動きやすく、汗をかいても快適な素材のウェアや、床でおこなう際に滑り難くするためのマットを用意するのもいいでしょう。

ステップ1:正座する

テニスボールを正しく使い、気持ちいいマッサージをするには美しいフォームで正座をしましょう。両膝はなるべく中心に寄せて座ることがポイントです。そして、お尻の位置がちょうど足のかかとあたりにのるように正座し、背筋を真っ直ぐに伸ばします。

ステップ2:お尻を浮かせる

両手を地面につき、上半身を前に少し倒して、軽くお尻を浮かせると楽にできるでしょう。太ももとふくらはぎの間にテニスボールを入れられるほどの隙間を開け、お尻を浮かせたままの姿勢をキープしておきます。浮かせる高さは10cmから15cmほどでいいでしょう。

ステップ3:膝にボールを挟む

片手を地面につきながら、テニスボールを膝の裏に挟むと楽にできるでしょう。膝のちょうど裏側にくるようにボールを1個挟みます。テニスボールがちょうど膝の裏にフィットすると感じる位置に挟めば、より体重をかけやすくなるでしょう。

膝が痛いなと感じたら、すぐにボールの位置を変えることが必要です。無理して挟みつづけると膝の怪我につながるので注意しましょう。

ステップ4:ゆっくりと体重をかける

今度は、ゆっくりと体重をボールの上にかけるようにしてお尻を落としましょう。少し痛いけれど気持ちいいと感じる強さまでお尻を落とすことがポイントです。

お尻を落としすぎると太ももや膝、ふくらはぎを痛める恐れがあるので注意しましょう。アザができるほど落とすのではなく、その手前の押し加減を掴むことが大事です。前屈みの状態で両手を地面に付けて体重をかければ、安全でより自分好みに体重をかけられるでしょう。

ステップ5:ゆっくりお尻を浮かせる

ふくらはぎの下にテニスボールを挟んだらゆっくりとお尻を浮かせましょう。そして、ボールが太ももをほどよく刺激するところまでお尻を落とします。このセットを3回やることで、ふくらはぎの筋肉をほどよくほぐすことができ、いいストレッチ効果が期待できます。

テニスボールマッサージでもう少しコリをほぐしたい時は、ボールの上にお尻をのせた状態で左右に腰を振ると効果をより高めることができます。

こんな場合は中止する

ほどよくやるからこそマッサージは気持ちいいと感じるでしょう。ですが、いくらテニスボールマッサージが代謝を高め、コリをほぐす効果が高くて気持ちいいからといっても、トラブルがある時にやれば痛みを強めてしまうこともあります。

では、どのようなときにこのマッサージを中止した方がいいか、幾つかご紹介しましょう。

痛みが強い

痛みが強いときにテニスボールマッサージをしないようにしましょう。太ももやふくらはぎ、膝に痛みを感じてもついつい気持ちよさを求めて、力を入れてしまいます。

痛みが強いのは血管を圧迫している、筋肉を傷めているなどが原因ですから、それ以上やれば危険でしょう。また、やり過ぎると、次の日にもみ返しという症状が出てしまい、痛みがなかなか治らないことがあるので注意することが必要です。

時間がないとき

時間がないときテニスボールマッサージをすると、どうしても気が焦ってしまい、ゆっくりと時間をかけてマッサージができないでしょう。さらに、時間がないときばかりやれば面倒になり、マッサージをすること自体が嫌になってしまいます。

また、時間がないのに無理にやれば慌ててしまうので力加減が上手くできなくなり、怪我をする恐れもあるでしょう。膝を捻ったり、余計な力が入ったりしては太ももを痛めることもあって危険です。

ふくらはぎを考える貴方にお勧めのサービスはこちら

Salerno(サレルノ) リラックスボール ストレッチボール マッサージ トレーニング シリコンゴム製
Salerno(サレルノ) リラックスボール ストレッチボール マッサージ トレーニング シリコンゴム製
口コミ

硬さと重さが絶妙です。手で握っているだけでもストレッチになります。体にコロコロ押し付けても気持ちよいです。

ふくらはぎのマッサージをボールでしたいあなたにおすすめのサービスは、Salerno(サレルノ) リラックスボール ストレッチボールです。肌に優しく、テニスボールよりもさらにソフトに膝裏へフィットするでしょう。

繰り返し使っても丈夫ですし、水洗いも可能です。落としても床を傷つけることもありません。直径62mmに重さが150gで、オレンジや黄色、黄緑、水色とポップな色から選ぶこともできるのも魅力的でしょう。

成功させる一工夫

適度な気持ち良さと血の巡りの効果を高めるテニスボールを使ったマッサージをして、しっかり慢性的なコリもほぐし、健康的なボディにしたいという人も多いでしょう。

そんなマッサージを成功させるには、ちょっとした一工夫をすることが大事です。それにはまずあまり深く考えずに気軽におこなうことがポイントですが、さらに成功させるにはどのような一工夫をすればいいか、ご紹介します。

まずは習慣付けから

テニスボールマッサージを成功させるには、まずは習慣付けをすることが大切です。その習慣付けとは毎日おこなうことでしょう。1日にたった1回だけ、好きな時間にやろうと気軽に考えれば楽にできるでしょう。

食後のリラックスした時間や就寝前のちょっとした時間にベッドの上で、ソファの上で気軽にやってみて下さい。音楽を聴きながら、テレビを観ながら頑張り過ぎないよう、気楽にマッサージを続けましょう。

時間をかけてやる

時間をかけてやることもテニスボールを使ったマッサージでは大事なことです。少しやっただけで終わりでは、せっかくこれから血の巡りが改善するというのにもったいないでしょう。時間をかけてやるからこそ血流も改善し、コリもほぐれます。

気持ちいいと感じれば時間をかけてやろうとおもうようになりますから、頑張って根気よくやってみましょう。時間をかけるには、忙しくないときにマッサージをおこなうのがポイントです。

気軽にできるテニスボールマッサージ

家でも簡単にできるテニスボールマッサージを成功させるには、一工夫することが大事です。ボールに全体重をかけてしまうと太ももが痛くなり、長続きはしません。

痛みを心地よく感じる程度に、その加減は何度かお尻を落としてみてちょうどよい位置にボールを挟み、どのくらいの体重をかければいいか何度も試すことが大事です。

もう少しボールが大きい方がいいなと感じたらタオルや靴下で巻いてみるなど、一工夫してみましょう。

シェイプアップに効果的

新陳代謝を良くするシェイプアップに効果的なテニスボールマッサージは、ほどよく汗をかき、脂肪燃焼の効果も期待できます。ですから、二の腕や太もも、お腹などをほっそりとさせ、全身をほどよくスッキリさせられるでしょう。

そんなテニスボールマッサージの他に、骨気マッサージも試してみれば、より美しく、スリムになる効果が期待できます。太る原因もチェックして、自分がどうして太ってしまうのかを学びましょう。

関連記事

Related