Search

検索したいワードを入力してください

気にしすぎる性格を改善する方法7つ|性格と特徴・お勧めの本

Author nopic iconchiyo67
性格・タイプ / 2018年12月25日
気にしすぎる性格を改善する方法7つ|性格と特徴・お勧めの本

気にしすぎる人の性格と特徴5つ

気にしすぎる性格を改善する方法7つ|性格と特徴・お勧めの本

誰しもがついつい気になってしまう時があります。しかしそれが原因で悩んでしまう人もいます。周りから気にしすぎだと言われてしまう方や、気になって他のことが手につかなくなってしまう方にはどんな性格の人が多いのかを紹介していきます。

性格と特徴1:まじめ

嘘は泥棒の始まり。有名なことわざですが、嘘をつくと心の中がザワザワとするのも真面目な性格の方の特徴です。渡ろうとする信号が点滅を始まると、本当は急いで渡りたいけどきちんと止まるなど、決まりをちゃんと守れる方も多いです。

公私ともに周りの信頼も厚いですが、信頼が厚くなるほど重圧も感じやすくなる傾向があります。少しの手抜きも許してもらえないのではなかろうかと気にしすぎることもあります。

性格と特徴2:神経質・繊細

繊細な性格の方は、周りの人の細かな変かに気づきやすい方が多いです。友達の悩み相談を受けることも多いでしょう。コンビニやファストフードでのゴミの分別がしっかりできる方も多いです。

大雑把な人を見ると、なんとなく嫌な気持ちを抱きつつも、羨ましく感じる時もあるでしょう。こんな気持ちになると、自分は細かいことを気にしすぎているのではないかと悩んでしまいます。

性格と特徴3:心配性

出かける時に家のことがいろいろ気になって、一旦帰って確認し直す方も多いでしょう。お子さんがいる方だと、学校で上手くやれているかや友達に嫌な思いをさせていないかなど、悩みの種も尽きません。気にしすぎるのは良くないとわかっていても、やっぱり心配になってしまう性格の持ち主です。

確認ができると安心はできます。鍵が閉まっていればホッとするし、お子さんが笑顔で帰ってくれば安心できる方も多いです。

性格と特徴4:責任感が強い

何かの決め事で重苦しい雰囲気に耐え切れず、つい手を挙げてしまったことがある方も多いでしょう。ここで手を挙げて解決できるならと考えるのも、責任感が強い人の特徴です。任せられた物事に対しても、つい気負いすぎてしまいがちです。

ビジネスで、気付いたらやることがたくさんになってしまうのも、この性格の方の傾向の一つです。周りの人も、あの人ならやってくれると思うので、期待をかけられがちです。

性格と特徴5:他人の目を気にしすぎる

はじめの一歩を踏み出すのは、どんなことでも勇気が要ります。周りを気にしすぎて、用意周到になりすぎることもあるでしょう。

気づいたら荷物が増えてしまうのも、こういった性格の方の傾向です。目立つことがあまり好きではなく、周りと同じだと安心できます。リーダー格というよりはそれに賛同して縁の下の力持ちのような役目を担う方が多いです。

気にしすぎる性格を改善する方法7つ

気にしすぎる性格を改善する方法7つ|性格と特徴・お勧めの本

どんな人でも性格を直すというのはとても難しいです。 性格を変えるのには時間もかかります。ここでは気にしすぎて悩んでいるときに改善する方法を紹介していきます。取り入れられそうなところから始めてみましょう。

方法1:気にしすぎている自分に気づく

周りから「気にしすぎだよ」と言われたことがある方もいるでしょう。もし周りから気にしすぎだと言われたら、一度考えるのをやめてみるのも1つです。

気にすることを止めて立ち止まることで、自分が今気にしすぎていたことに気付くことができます。それだけでも、自分を見つめ直すという点では十分です。

方法2:「完璧な自分」にこだわらない

気遣いが細やかな方でも大雑把な方でも、同じように時間は過ぎていきます。完璧にできる時もあればそうでない時もあります。自分の中で、これは思ったとおりにできたと感じたら、自分をほめてあげましょう。

もちろんすべてをやり切ることはありません。できる範囲だけやるという決断も大事です。周りに頼れることは頼って、周りの力も使って完璧に違づける方法も考えてみましょう。

方法3:気にしていることを客観的に分析する

気にしすぎだと言われるのはなぜだろうと思ったら、自分を分析してみるのもおススメです。分析というと難しそうに聞こえますが、言われた場面を思い出して、その時に自身が気にしていたことについて考えるだけでも立派な分析です。

その時に気にしていたことはこう考えたらスムーズだったかなど、具体的な解決方法が見つかるとなお良いです。

方法4:気にしすぎることを気にしない

気にしないと自分に言い聞かせてみましょう。声に出してしまっても問題ないです。周りから気にしすぎと言われるのと同じくらいに言われる言葉が、この「気にしない方がいい」という助言という方も多いでしょう。

気にしすぎる性格の方には少しハードルが高く感じますが、意識して気にしないようにするのも大事なことです。あまり物事を気にしない方が意識して注意を配るのが難しいのと同じです。

方法5:「気にする」時間を意識的に短くする

そうは言っても気にしすぎて悩んでしまう時は、考える時間を短くしてみると良いです。悩んでいる間にも時間は同じように過ぎていきます。気にしすぎてしまうようなら、意識的に切り上げてみます。

また同じことを考えだしていると感じたら切り上げるなど、自分なりのルールを作ってみましょう。自分のルールに基づいて、考え時間を切り上げることで、次のことに進むことができるでしょう。

方法6:「気にしすぎ」を効果的なものに変える

気にしすぎてしまうと、しばらく考え込んでしまい、気が付くと時間が経ってしまっていることも少なくないです。気にしすぎていることを行動に移してみるのも良いです。気にしていることを実践してみると、意外とうまくいって納得できることもあります。

メモに取るというのも有効な手段です。気にしすぎることをメモに取ることで客観的に見直すことができます。普段自分がどんなことを気にしすぎているのかがわかることもあります。

方法7:意識的に楽しいことを考える

気分転換ができる方法を見つけると良いでしょう。趣味がある方は趣味に没頭して頭をからっぽにしてみるのも、考えがリセットできます。気にしすぎるというのは頭を使って心を悩ませてしまうことが多いです。

趣味が見つからない方は無理に見つけようとしない方がいいです。録画してある好きなドラマやバラエティなどを、何も考えずに見るだけでも気分転換になります。音楽をかけて家で一人カラオケするのもスッキリできます。

電話なら気軽に話せる!そんなあなたにおススメ

悩みがあるから誰かに相談したいけど、知っている人間に相談するのは気が引けると感じた時は専門家に相談してみましょう。メール相談では文章の内容を考えすぎてしまう傾向にある方は、電話占いを使う方法があります。

占いというと胡散臭いと感じる方も多いですが、本来占いは、当たる当たらないというよりも、相談の意味合いで使われていました。知人に相談するのとは一味違う、意外な解決方法が見つかるでしょう。

気にしすぎる人におススメの本3つ

気になることがあると、いろいろ考えて時間が過ぎていくことがあります。そんな時は本を読んでみるのも良いでしょう。 気にしすぎないためのヒントが書かれているおすすめの書籍を紹介します。

お勧めの本1「成功する人は心配性」

成功する人は心配性
成功する人は心配性
口コミ

「できる」と考えると「できる理由」を脳が自動的に探すようになり、「できない」と考えると「できない理由」を脳が自動的に探すようになるという話が面白かったです。

脳神経外科医の菅原道仁さんの著書です。わかるというのは頭の中のことで、できるというのは行動のことを指すとよく聞きます。

気にしすぎることは、頭が働いている証拠です。ならば考え方を、できると前向きにすることで、行動が伴ってきます。そんなアドバイスが科学的に書かれている書籍です。成功者にはならなくても、前向きな気持ちにさせてくれます。

お勧めの本2「まじめで不器用な自分を誇りなさい」

真面目で不器用な自分を誇りなさい
真面目で不器用な自分を誇りなさい
口コミ

まじめ だからこそ、それに気付き、しかも反省までしてしまうマジメないい人たち。 その誠実な姿勢が持つ可能性、そして強みに気付く事でしょう。

真面目な方の中には、不器用なことで悩む方も多いです。そんな方におススメの書籍です。真面目な性格の中にはいろいろな性格があるので、今の真面目さを上手く生かしていくためのヒントが詰まっています。真面目さゆえに窮屈な思いをしがちな方へのアドバイスが書かれています。

お勧めの本3:「ポジティブの教科書」

ポジティブの教科書
ポジティブの教科書
口コミ

忙しい朝、仕事前に数分間で読める一節を読んでいます。それだけで気持ちが晴れ晴れして良い日が送れる気がします。わかりやすい言葉で実行しやすい行動でやさしく教えてくれます。

書道家の武田早雲さんの書籍です。ポジティブな気持ちになれる著書が多いですが、この本も前向きに気持ちになれるたくさんのヒントが詰まっています。寝る前に少しずつ読む方も多く、空いた時間に読み進めていくのにも向いています。

気にしすぎるのをやめて楽しい毎日を送りましょう

気にしすぎる性格を改善する方法7つ|性格と特徴・お勧めの本

気にしすぎる自分を見つめ直すことで、悩むことが減って時間に余裕が出てきます。 悩みが減ると、新しい発見もあるでしょう。気にしすぎず、楽しく毎日を過ごしてください。

自分を知るとわかってくる

仕事や学業、家事や子育てなど、日々の生活に追われていると、なかなか自分を見つめる時間がないことが多いです。気にしすぎている間に時間は過ぎて一日が終わってしまうこともあるでしょう。

考え方を変えることはなかなか難しいです。できることから始めていくことが一番良いでしょう。行動するうちに、自分の悩みの傾向がわかったり、考え方が徐々に変わっていくことがあります。無理せず自分のペースで悩みと向き合いましょう。

関連記事

Related