Search

検索したいワードを入力してください

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

Author nopic iconrasasa
性格・タイプ / 2018年10月23日
猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

猫が嫌いな人の心理とは?

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

犬よりも猫が大好きと言う人と、まったく受け付けないほど嫌いと言う人もいます。家の中で飼い、楽しく暮らす人も多いというのに、どうして猫が嫌いなのでしょうか。その人の心理についてご紹介します。

子供は猫が上から目線で馬鹿にするところが嫌い

子供が猫を嫌うのは、どうも自分を馬鹿にしているなと感じる行動をするからでしょう。大人が叱れば大人しくなり、落ち着いた行動をとるようになります。

ですが、子供が大きな声で叱っても騒いでいるようにしか見えず、猫は遠のくばかりです。何度しつけても遠のけば、嫌われているように感じるでしょう。

自分よりも下の立場として子供を見ているようなその目や態度に、子供は「イライラする」との心理が働き、遠ざけるでしょう。

大人は考えていることを見透かされているようで嫌い

大人が猫を見て嫌いとの心理が働くのは、自分の考えていることを見透かされているような気持ちになるからです。瞬きもせず、ジッと遠くの方から見つめてくるその目に緊張しますし、気持ち悪さを感じてしまうでしょう。

また、そのジッと見てくる目が獲物を狙っていると感じ、気持ち悪いと心理が働きます。

猫が嫌いな人の理由は?

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

どうしても触れないし、目を見ることも苦手なほど猫が嫌いと言う人は、何か理由があるからでしょう。どうしてそんなに毛嫌いするのか、その理由について幾つか取り上げます。

猫アレルギーが出てしまう

抱いただけで猫アレルギーが出てしまうから嫌いという人は多いでしょう。抱くと肌に毛が刺さるようなチクチクした痛みと、毟りたくなるほどの痒みに襲われることがあります。

何日経ってもその痒みは消えず、赤く腫れ上がり、苦しむでしょう。そんな経験をした人は、いくら可愛くても駄目との気持ちになります。すると触ってもいないのにアレルギー反応が出てしまい、クシャミが出たり、肌が痒くなってしまうところが、ますます嫌いになる理由でしょう。

犬のようにちっとも飼い主に馴れない

犬のように、ちっとも飼い主に馴れないところが嫌いになる理由です。犬なら世話をすればそれなりに飼い主に懐き、可愛い笑顔を見せてくれるでしょう。ですが、猫の場合、ちっとも懐こうとせず、距離を置きます。

おやつをあげればサッと咥えて隠れてしまうし、お手や伏せなどのしつけもしないのでは、ちっとも飼い主は楽しいと感じません。外で一緒に散歩をしたいけど、サッとどこかへ行ってしまうところも可愛くないと感じ、嫌いになるでしょう。

舌で自分の体を舐めるのが嫌い

舌で自分の体を舐めるところがどうも汚らしくて嫌うでしょう。猫は全身を器用に舐めては清潔な状態に保つ生き物です。それはわかっていますが、食事をしている横で舐めたり、自分の寝ているベッドの上で舐めるのですから、いい気分にはなりません。

毎日、ずっとペロペロと舐めるその姿に吐き気がしてしまい、一緒に同じ部屋に居られないと感じると嫌いになるでしょう。

爪で壁や床に傷をつけるから

爪で壁や床に傷をつけるから猫を嫌いになるでしょう。まだ新しい床と壁なのに、爪で何度も引っ掻いてしまい、ボロボロにしてしまいます。直してもまたやるのであれば、次第に鬱陶しく感じるようになり、嫌うでしょう。

目つきが睨んでいるようで嫌い

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

目つきが睨んでいるようで嫌いになるでしょう。猫はジッと一点を見つめることが多いですが、何度見ても睨んでいるように見えます。その目は恨みを抱えているようにも見えてしまい、鳥肌が立つほど恐ろしいと感じるでしょう。

目を細めると、なおさら「怨んでやる」との気持ちがあるなと感じた人は、ますます猫が恐ろしい生き物と感じてしまいます。

また、その日によって目の色が黄色になったり、緑色のようになるところも気持ち悪くなり、嫌いになるでしょう。

動きがすばしっこくて疲れる

癒されたいと感じて猫を飼いだしたというのに、動きがすばしっこくて疲れると感じて嫌いになるでしょう。ペットショップで見た時にはケースの中でヨチヨチと歩いて大人しかった子猫でも、それが、大人になればなるほど動きがすばしっこくなり、落ち着きがなくなります。

目の前を物凄い速さで走るし、パッとジャンプしたかとおもえば2m以上もの棚の上にピョンッと飛び乗るところが疲れます。

さらに、ネコじゃらしで遊ぶとクルクルと目が回るほど動くなど、ちっとも癒されるところがないのが嫌と感じてしまうでしょう。

発情するとニャーニャーうるさい

発情するとニャーニャーと鳴き声が煩くなるところが嫌いと感じるでしょう。いつまでもあまったるい声で泣くところにイラッとしてしまい、落ち着きません。

また、その鳴き声はまるで赤ちゃんが泣いているようでもあり、ハラハラと心配になってしまいます。まったく頭が休まらないその発情した鳴き声がトラウマとなり、グッスリと寝ることもできなくなるでしょう。

縄張り意識が凄すぎて多飼いし難い

縄張り意識が凄すぎて多飼いし難いところが嫌いになるでしょう。猫は縄張り意識が強いので、同じ部屋での多頭飼いは難しいと感じてがっかりします。

同じ部屋に入れれば他の猫に対してシャーッと威嚇し、血が出るほど酷い喧嘩を始めます。その光景が怖く、とても楽しく飼えないと感じてしまうでしょう。

それでもなんとか仲良く一緒に数匹を飼えばストレスで猫が死んでしまったとき、もうこりごりと嫌いになってしまいます。

猫が嫌いな人の特徴とは?

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

とにかく猫が嫌いな人は、好きな人よりもどこか違った特徴があると感じるでしょう。どんな特徴があるのか知りたいという人のために、その特徴について詳しくご紹介します。

猫が嫌いな人は性格が真面目

猫が嫌いな人の性格は真面目です。真面目な考えをし、行動をする人は、自由奔放で気ままに行動する猫に不真面目さを感じてしまうから嫌うでしょう。

どうして人の言うとおりにしてくれないのか、いきなり違う行動をするのかと感じればイライラしてしまい、ストレスになるから、付き合えないと感じて嫌います。

猫が嫌いなことを克服する方法は?

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

猫は嫌いだけど、克服して楽しく付き合ってみたいと感じることもあるでしょう。そんなあなたのために、どのようにすれば上手く猫嫌いを克服できるのか、その方法についてご紹介します。

猫と触れ合うことで嫌いを克服できる

猫と触れ合うようにすれば、猫嫌いを克服できるでしょう。遠ざけるのではなく、あえて近寄り、ずっと顔や動きを見てみれば、意外と可愛いなと感じる瞬間を見つけられます。

猫カフェに連れて行き、おもちゃを使って一緒に遊んだり、かけっこをしてみるのもいいでしょう。遊ぶことで可愛いと感じるようになり、好きになります。おやつやキャットフードをあげたり、抱っこをするなど、世話をすることで気持ちがかよい、好きになれるでしょう。

猫嫌いな人と結婚するのはありか?

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

猫が好きな人が、嫌いな人と結婚したら大丈夫かなと感じる人も多いでしょう。きっと、結婚してからトラブルが起きそうと感じれば、どうも別れた方がいいのかなと悩んでしまいます。そんな猫嫌いな人と結婚するのはありか、具体的に見ていきましょう。

猫を飼わないのであれば結婚はあり

猫が好きな人が嫌いな人と結婚するのはありかといえば、飼わないのであればありです。飼わなければ二人の関係が気まずくなることもなく、楽しい夫婦生活を続けられるでしょう。

しかし、どうしても飼いたいというのなら、猫アレルギーや毛嫌いをする人を改善する工夫が必要でしょう。根気よく克服するために力を貸し、アイデアを出してあげることも必要です。強引に飼いたいと言えば離婚する恐れもありますから、よくパートナーと相談して決めることが必要でしょう。

いい方法を考えて猫嫌いを克服させよう

猫が嫌いな人の心理・理由・特徴・克服する方法|子供/アレルギー

猫が嫌いな人は、猫アレルギーになったからとか、過去に嫌な目にあった、懐かないから可愛くないと感じ、嫌いになったなど、何かしらの理由で遠ざけてしまうでしょう。

ですが、ちょっとした触れ合いで好きになる人もいます。楽しく遊んでみれば懐き、可愛い表情を見せたとき、猫嫌いを克服できるでしょう。

関連記事

Related