Search

検索したいワードを入力してください

自暴自棄になる心理・なるとき・なっている人への対処法・診断

Author nopic iconばらさん
人の心理 / 2018年10月23日
自暴自棄になる心理・なるとき・なっている人への対処法・診断

自暴自棄になる心理

自暴自棄になる心理・なるとき・なっている人への対処法・診断

自暴自棄になる心理とはどういったものがあるのでしょうか。人の気持ちがわからないという時には、まず自暴自棄になっている相手の気持ちや立場を調べてから接しましょう。最初に、自暴自棄な人の心の状態から解説していきます。

どんな時になるか

実際に自暴自棄な気持ちになった事があるという人も、決して少なくはないでしょう。人が自暴自棄になる時は、「うまくいかない」「自分の気持ちがわかってもらえない」「協力を得られない」などが考えられます。

自暴自棄になっている人は、どこか気持ちがささくれていて、少し泣きたいような、思い切り怒りたいような気持ちがあります。どことなく辛辣な表現や、インターネット書き込みを見た時には「この人は自暴自棄になっているかもしれない」と、気がついてあげた方が良い時もあります。

自暴自棄にならないために

自暴自棄にならないようにするために、一番良い方法は「一人ぼっちになる時間を作りすぎない」という事です。慢性的な孤独感はネガティブな感情を反芻(何度も繰り替えして思い出す)してしまう原因になっています。

海外の心理学者の研究では、孤独感は早期死亡のリスクを高める原因にもなるという研究結果を発表している学者もいるほどです。適度な孤独感、一人になる時間は大切ですが、長時間一人で居つづけるのは健康に良くないという事を知っておきましょう。

八つ当たり

八つ当たりを何度も繰り替えしていたり、「言った、言わない」というとりとめのない会話を繰り返していて、変だと感じる時には自暴自棄になっている可能性もあります。八つ当たりや、上記のようなとりとめない会話の多くは、自分自身の矛盾を他人に押し付けている事もあるためです。

ですから、自暴自棄な人と接する人たちは「八つ当たりをしている人は面倒くさい」とか「何を言っても聞く耳持たない」という愚痴っぽい話をしてしまいがちです。

この理由は、八つ当たりや悪口が収まらないからですが、それは本人が自暴自棄になっている場合もあるので知っておきましょう。

お酒

「やけ酒をして寝る」「意識がわからなくなるほどアルコールを摂取している」「普段と違う怒ったような感情が現れている」というのは自暴自棄な人のサインです。これは、何か辛い出来事や心労が重なっており、かなりかわいそうな状態にある人、とも言えるでしょう。

多くは「ほっといてくれ」と孤独を選ぶ人も少なくはないですが、上記にもある通り孤独感は自分の心を痛めつづけます。あまり長時間やけ酒をする日が続いている場合には、できれば身内と一緒に見守るようにしましょう。

自暴自棄になるとき

自暴自棄になる時というのは、どのような場合があるのでしょうか。シーン別に、良くある自暴自棄の行動と、自暴自棄行動を取りがちとなってしまうパターンについて紹介していきます。

恋愛

恋愛では、とかく自暴自棄になりがちな深い孤独感が生じやすくなります。幸福感を感じられる相手といつも一緒であればいいですが、そうでない場合もあります。

孤独感を感じる時に自暴自棄な行動を取ってしまい、相手へ八つ当たりをしてしまったり、あるいは意味不明なメールを送ってしまいがちです。こんな時には相手に深く執着しようとせず、一人で熱中できる趣味などに打ち込むか、カラオケなどで気分転換を図るのも良いでしょう。

仕事

仕事で自暴自棄になる人の心理としては、単に仕事がうまく運ばないというだけではありません。

人間関係について悩みを抱えていたり上手くいかないと感じているとか、あるいは自分で思ったことをきちんと表現して会話で伝えることができずもどかしいという心労などが重なり自暴自棄になることもあります。

多くの場合、原因がどこにあるのか探し辛く、また同僚に相談してみても愚痴だと誤解されてしまったりして、解決に結びつけ難いということがあります。

そのため、いつまでもわだかまりにはまってしまい、自暴自棄になったり、乱暴でがさつな行動をとってしまうという人も決して少なくはありません。

家庭内不和

家庭内不和があると、学校や職場、サークルなどの場において、感情の浮き沈みが不安定になったり、作業が安定せずに自暴自棄な行動をとってしまう事もあります。

他者目線からすると、「あの人は気分屋で気難しい人物だ」と勝手に評価されてしまうことも少なくはありません。できれば不和の原因を取り除き、早いうちに解決することができれば一番良いのですが、実際は複雑な人間関係が原因となっていたりする場合もあります。

解決へ結びつきにくいまま周囲からは「自暴自棄で八つ当たりしてばかりいる人」と誤解されてしまう事もあり、損をすることがあります。

恋愛問題や夫婦ゲンカ

恋愛のトラブルや夫婦ゲンカが原因となり、自暴自棄になってしまう事もあります。人間関係が原因となっているため、上記による自暴自棄の原因と同じように、解決に時間が必要となる場合も多々あります。

加えて男女間の問題でもあるため、少しややこしく解決も一筋縄に行かないということも多いでしょう。こうした理由から、解決までに時間が必要となり、周囲からもいつも愚痴を言っている人だと誤解され、自暴自棄になってしまうことがあります。

自暴自棄は自己中心的なのか

自暴自棄は自己中心的なのでしょうか。確かに自暴自棄になると自己中心的な行動を取りがちになることもありますが、実際のところはどうなのでしょうか。行動シーンごとに分けて解説していきます。

自己中の意味

「自己中」とは、今までも解説してきましたが自己中心的という意味を持つ略語です。自己中心的な人は、詳しくはまた下記でも紹介しますが八つ当たりをしたり、傲慢な態度を取ったり、周囲に気を使わない行動を取るとか、人の話をしっかり聞かない、などといった行動を取る人の事です。

自分中心で傍若無人な態度を取る人とも言えます。あるいは自分勝手でワガママ、気分屋な人とも言いかえる事もできます。

自己中はどんな行動を取るか

自己中な人は、基本的に傲慢な行動を取り、周囲への配慮に欠けた行動を取ってしまいがちです。

自己中な人は、その名前の通り自分中心で尊大な態度や行動を取りますので、周囲にお構い無しどころか、周囲に迷惑がられたり、ひんしゅくを買い困惑させることがあります。

ストレスが溜まっていたり、人間関係などの不和が原因となることもありますが、自分自身の性格的な理由が原因となっていることもあります。

自暴自棄との違い

自暴自棄になる人は、こちらも確かに自己中な行動を取り、周囲から迷惑がられてしまうということもあります。しかし中には、他者に迷惑をかけないように一人でブツブツと部屋にこもって独り言を言っていたり、あるいは壁に向かってものを投げつけたりするという事もあります。

あまりにひどいと、今度は自分で自分の体を傷つけてしまう「自傷行為」を盲目的にし続けてしまう人もおり、ここは自己中とは異なるポイントとも言えるでしょう。自暴自棄とは、自分で自分の行動を棒に振るような行動とも言えます。

自己中と自暴自棄の違い

自暴自棄な人の心理を簡単に言えば「投げやり」です。もうどうでもいい、適当に、どうにでもしてくれ、という気持ちになると、とかく行動すべてが自暴自棄になってしまいがちです。

自己中な人とも共通していく事も多いでしょう。自己中と自暴自棄が異なる部分は、「他者に依存しているか、いないか」という部分です。自暴自棄な態度の場合は、必ずしも他者依存的とは限りません。

そのため他人に不必要なまでにつっかかったり、言いがかりをつけるとか、あるいは理不尽に八つ当たりをしてしまうということがありません。

自暴自棄になっているか診断するチェック項目

自暴自棄になっているか診断をするための簡易的なチェックを行ってみましょう。自暴自棄になっている人に現れやすい行動の特徴について紹介していきます。ケースごとに紹介していきますので、当てはまるかチェックをしてみてください。

過食

自暴自棄な行動を取る人の中には暴飲暴食をしてしまったり、あるいは過食をしてしまう事があります。また過度な暴飲暴食や過食をすると肥満の原因に繋がるため、それが再び自暴自棄な気質に拍車をかけてしまいやすくもなります。

このようなナーバスな時期には、とかく情緒が不安定になってしまいがちとなるので、まずはストレス発散を心がけましょう。

過食をしてしまう時には、とかく味付けが濃く、高カロリーな食品を多く好みがちです。それぞれが相互依存することで、自暴自棄な気質に悪い影響を及ぼすこともあります。過食気味だと感じた時には、気分転換を心がけ、食事に注意するようにします。

八つ当たり

自暴自棄な人がしやすい八つ当たりは、他人へ依存的な雰囲気とは少し違います。自暴自棄な時は、「自分のことなんて、もうどうでもいいでしょう!」というような、投げやりな印象を与えるものが多くなります。

このような時期は自分の気持が上手くいかないことから、自己中な振る舞いを取ってしまうという人も少なくはないでしょう。

八つ当たりは自分自身で自覚できにくく、また八つ当たりの行動を取る人の多くは自制を効かせることが難しくもなりがちです。周囲にあまりにも配慮できないような行動は控えるように注意しましょう。

暴言

こちらも八つ当たりの延長で、「自分のことは放っておいてほしい」という自暴自棄な気分になっていると他者へ暴言を散らしてしまい、周囲からひんしゅくを買うことがあります。

人によっては、自暴自棄でこのようにナーバスになっている人を見かけると、つられて不快感を感じてしまうという人もいます。

自暴自棄な人から冷たくあしらわれる事で普段よりしつこく接してしまう事になったりすると、両者の気持ちのすれ違いから、自暴自棄な人が暴言を散らしてしまった、という流れもとかくありがちです。

自暴自棄な人は、「本当は気持ちがわかってほしい」と考えている事に注意しましょう。

暴力

暴力を振るう時というのは、かなり激しい怒りを感じている場合です。

自暴自棄になった相手が理不尽に暴力を奮ってしまった場合には、できるだけ穏便に済ませるようにしましょう。暴力を振るわれたことが不服だからといって、被害者も感情的になりすぎてしまうと大事にもなりかねません。

暴力など、相手の気持が強く出ている時は、「本当は自分の気持をわかってほしい」という状態がほとんどです。まずは相手の話を聞いて、穏便に済ませるように配慮できるようにする工夫が大切になります。

自暴自棄になっている人への対処方法・接し方

自暴自棄になっている人が居た場合には、どのように接するのが良いのでしょうか。この見出しでは、自暴自棄になっている人を見かけた時、工夫したい接し方のポイントについて紹介していきます。

聞いてあげる

これまで解説してきた特徴をもとに、もし自暴自棄な人と一緒のグループで行動していた場合は、まず相手の話をしっかりと聞いてあげるようにするのが良いでしょう。

自暴自棄な人の多くは「自分の気持ちを聞いて欲しい」とか、「しっかりと向き合って欲しい」「本当はわかってほしい」という気持ちを抱いています。そのため、まず自分から話すのではなく、「自分はあなたの気持ちを理解したい」という態度で接してみる事が大切です。

八つ当たりされた後は理不尽だと感じますが、工夫すると問題解決の近道が開ける可能性が高まります。

共感する

相手の話を聞いてあげると言うだけではなく、できれば相手の話に共感しながら相槌を打ち会話するとか、あるいは話の内容に合わせて共感するという対話を心がけることも大切になります。

自暴自棄になっている人というのは、周囲からすれば「愚痴愚痴としていて、掴みどころがなく気難しい人という印象」を受けることも少なくはありません。

また「話を適当に聞いていたり、他人から避けられてしまい、周囲からぞんざいな扱いをされた事でなおさら自暴自棄になってしまっている」という気持ちになっている場合も考えられます。

あまり過度に共感するのも不自然かもしれませんが、適度に相槌を打つ程度なら、むしろ歓迎して穏やかになってくれるという事もあるでしょう。

きちんと叱る

きちんと叱る事で、自暴自棄の人へ自覚させて気付かせる事ができる場合もあります。

相手によっては「うっとうしい、うざい」と感じるという人も多いでしょう。それを承知できちんと叱るのは勇気が要りますが、その場ではたとえ険悪な雰囲気だったとしても、後々お互いのためになる事もあります。

自暴自棄な相手をきちんと叱る事は、時として有効ですが、時として諸刃の剣となる事もあるため注意しましょう。できれば一人で決断しようとせず、周囲の人と相談してから実践してみると比較的波風が立たず安全です。

付かず離れず

もし上記のような対話をしていても、面倒な性格を表現したり、気難しい態度を取る人だった場合には一旦離れてみるのがいいでしょう。このような性格や気質の人は、よく信頼していない相手から急に接近されると猜疑心から不信感を抱いてしまったり、嫌悪感を感じることもあります。

もし自暴自棄な相手と対話がうまくいかないとか、自暴自棄な人との関係がうまく運ばないと感じてしまった場合には、無理せず自分一人で解決しようとしないようにします。

自分が、自暴自棄な相手と同じ組織やグループへ所属しているという場合には、自分と相手とのやり取りを周囲の人も見ているので相談してみながら対話を進めるのがいいでしょう。

自暴自棄な人は案外デリケート

自暴自棄な人を見ていると、辛辣で荒々しい印象を受けると感じる人が多数でしょう。そのため一般的には不人気で、周囲からも敬遠されてしまいがちですが、本人の心の中は繊細である事も少なくありません。

あまり一度に理解しようとしたりはせずに、少しずつ時間をかけながら接するように注意します。

なお、自分との相性もあるでしょうから、相性が合わないと感じた時にはあまり深く接しようとはしないようにするのが無難です。

自暴自棄で、かつ乱暴な相手であった場合には一人で対応しようとせずに、必ず同僚など周囲に人を集めた状態で解決するようにしてみましょう。

関連記事

Related

新着記事

Latest