Search

検索したいワードを入力してください

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

Author nopic icon4410_7
性格・タイプ / 2018年10月23日
思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

思い込みが激しい人の特徴

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

「思い込みが激しい人」というのは一体どんな人でしょうか。

思い込みが激しい人というのは、思い込んだら一直線で自分の考えが正しいと信じ込み他の意見に一切聞く耳をもたない性格の人です。皆さんの周りにも一人二人はそういうタイプの方がいるのではないでしょうか。

ここではそんな思い込みが激しい人の性格の特徴やその心理について説明していきます。「もしかして自分がそうかも」と不安に思う方も、ぜひ読みながらチェックしてしてみてください。

被害妄想

思い込みが激しい人というのは、基本的に被害妄想が激しいという特徴があります。

思い込むというのは自分の中で勝手に妄想を繰り広げてしまうことです。実際にどうなのかを確認をせずに、脳内で完結してしまうというのが特徴です。真実はこうと決まっているのだから確認する必要なんてないという心理状態です。

また、この妄想が大体「被害妄想」という悪い方向へいきがちなのも特徴の一つです。基本的に人はポジティブな事柄よりもネガティブな事柄に激しく反応します。思い込みの激しい人がネガティブな妄想に陥りやすいのはこのためです。

思い込みが激しい人の恋愛での特徴

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

それでは、思い込みが激しい人の恋愛での特徴とは一体どんなものでしょうか。

恋愛とは感情のぶつかり合いです。思い込みの激しい人が恋愛をすると、この感情のぶつかり合いが一般の人よりもさらに激しいものになるでしょう。

特に片思いの場合は危険です。相手が自分のことを好きだという思い込みが発生しやすく、振られても冷たくされてもあきらめません。相手にもう恋人がいた場合、下手をするとその恋人に対して逆恨みしてしまう可能性もあります。

恋愛において、相手の感情を察することのできない思い込みが激しい人というのは、かなり危険な存在といえるでしょう。

思い込みが激しい人の仕事での特徴

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

では次に、思い込みが激しい人の仕事での特徴とは一体どんなものでしょうか。

思い込みが激しい人というのは脳内完結するタイプが多いです。そのため、仕事の判断を上司や先輩などに確認せずに勝手に下してしまう場合があります。思い込みだけで重要な判断をしてしまいがちです。

また、仕事というのは冷静に対処しなければならない場面が多々あります。しかし、思い込みが激しい人というのはこうと決めたらそれ以外あり得ないと考えてしまうため、客観的な判断ができません。

思い込みが激しい人の性格の特徴

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

思い込みが激しい人の性格には一体どのような特徴があるのでしょうか。

すぐに思いつく特徴の一つに妄想が激しいというものがあります。想像力がたくましい人ほど妄想が広がり思い込みも激しくなります。

それではここからは、そんな思い込みが激しい人の性格的な特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

ネガティブ

まずはネガティブな性格的特徴があります。

思い込みが激しい人というのは基本的に妄想力が強いです。そして、大体の場合それはポジティブな方ではなくネガティブな方へ向かいがちです。悪い方への妄想力が強いことが特徴で、つまり被害妄想が激しい性格といえるでしょう。

短気

次に短気という性格的特徴があります。

思い込んだらとまらないというタイプは、基本的に気が短いです。本来であれば、落ち着いてよく考えてみたらわかるようなことなのにそれができないというのは、カッとなったらとまらない短気さが原因でしょう。

思い込みが激しい人の心理

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

それでは思い込みが激しい人の心理について考えてみましょう。

そもそも「思い込む」ということは誰にでも多少はあることです。しかし、大体の人というのは思い込んだとしても、他者から指摘されれば少し立ち止まって考えなおす余裕というものがあります。

思い込みが激しい人というのは、「こうと決めたら絶対にこうだ」という風に心理的余裕が一切ありません。自分を曲げないという心理は立派ですが、何事にも融通が利かないタイプともいえるでしょう。

思い込みが激しい人に多い血液型

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

血液型で性格を判断された経験のある方は多いでしょう。信じない人もいますが、大体の人は「この血液型はこんな性格」となんとなく認識しています。

では、思い込みが激しい人の血液型はどうでしょうか。

性格的特徴でおおざっぱに考えると「A型」に当てはまる人が多いでしょう。A型というのは真面目で几帳面な性格が特徴ですが、反面頑固でもあります。その頑固さゆえに意見を曲げられない場合も多々あります。

そういった自分の意見を曲げない頑固な姿勢が、思い込みが激しい人の特徴と重なる部分といえるでしょう。

思い込みが激しいかチェックしてみよう

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

ここまで見てきて自分のことを「もしかして思い込みが激しいかも」と感じた方もいるでしょう。

しかし、あまり自身のことを冷静に振り返れないのが思い込みの激しい人の特徴です。そういった意味で不安を感じる方というのは、きちんと己を顧みることができていますので大丈夫な場合が多いです。

そうはいってもどうしても不安だ、という方は下記の項目をチェックしてみてください。当てはまる部分があれば注意しましょう。

人の話していることが気になる

人の話していることが異常に気になるというのは、つまり「自分のことについて何か言っているのではないか」ということが気になって仕方ないためです。

実際それは自意識過剰な場合が多いです。しかし、思い込みが激しい人というのはこのような些細なことから妄想を膨らませて悪い方へと考えてしまいます。

物事を悪い方に考えがち

上記したように、思い込みが激しい人というのは物事を悪い方へ考えがちです。

たとえば「あの人は自分のことが嫌いに違いない」だとか「あれは絶対に失敗だったに違いない」だとか、とにかく思い込む内容がネガティブなことが多いです。

せっかちで勘違いが多い

思い込みが激しい人というのは早とちりな面もあります。

冷静に立ち止まって考えずに「こうだ」と決めつける、所謂せっかちな人です。逆にのんびりした性格の方で思い込みが激しい人というのはあまりいないでしょう。基本的にゆっくり考えずに思い込んで勘違いしたまま突き進んでしまいます。

自分に自信がない

自分に自信がないタイプの人も思い込みが激しくなりがちです。

思い込みが激しい人の性格の特徴にネガティブというものがありますが、まさにそれです。自分に自信がないためネガティブな方へ思い込み、軌道修正ができません。自分の殻に閉じこもってしまっている状態です。

思い込みが激しい人というのは性格的に激しいタイプが多いですが、こういった自信のない弱気なタイプの人も多いです。

思い込みの激しい性格を治す方法

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

では、思い込みが激しい性格を治す方法というのはあるのでしょうか。

基本的にこういったものは本人次第な部分があります。自分自身が強く「性格を治したい」と思い、意識して変えていかなければなりません。逆にいうと他人の性格は変えることができません。

一つの方法としては、まず何事も一度立ち止まって考える癖をつけることです。思い込んですぐにこうだと決めつけてしまう前に、一度深呼吸をしてみてください。そして、他人から指摘されたら反発する前に相手の意見を受け入れて、考える努力をしましょう。

それができないから苦労してるんだ、という方もいるでしょう。しかし意思を強く持たなければなかなか性格というものは変えられません。少しずつでいいので実行していきましょう。

心に余裕を持とう

思い込みが激しい人の特徴・心理・治す方法|恋愛/仕事/性格

思い込みが激しい性格というのは何も悪いことばかりではありません。

逆に考えると、意思が強く他人の意見に流されない強い性格ともいえるでしょう。そんな性格的美点を活かすためにも周囲の声に耳を貸す余裕が必要です。

これは周囲の意見に流されろという意味ではありません。「自分はこうだと思うけど別の考え方をするひともいるんだな」というような、他人の意見を受け入れる余裕です。

ぜひこれからそんな余裕を身につけていきましょう。

関連記事

Related