Search

検索したいワードを入力してください

人付き合いが苦手な人の特徴・克服方法|ママ/恋愛/結婚/仕事

Small 6868130c d97f 4ef7 b35f f0d3ee3ae011mochiko8613
人間関係 / 2018年10月23日
人付き合いが苦手な人の特徴・克服方法|ママ/恋愛/結婚/仕事

人付き合いが苦手な人の特徴

人と話をすることが苦手、早く家に帰りたいと人付き合いが苦手な人がいます。仕事の場面で仕方がなく話をする方も多く、本当は関わりたくないと感じているでしょう。

他人と話をすると緊張する、自分のことを聞かれることが苦手と人付き合いを苦手とし、できるだけ1人でいようとする方もいます。集団でいることを避け1人でご飯をたべたり、他人とは必要最低限の会話しかしないというケースもあります。

人付き合いが苦手な人とはいったいどんな特徴があるのでしょうか。仕事をはじめ恋愛の場面など、場面ごとにみることで特徴が分かりやすいです。

仕事

仕事の場面で人付き合いが苦手と感じている人もいます。仕事中できるだけ話をしたくない、休憩中も1人でいたいと考え行動をとるケースがあります。仕事のことで話をせざるをえないことだけ話をし、あとは黙々と1人で仕事をする人もいるでしょう。

飲み会があってもあまり参加をしない、お昼を誘おうと考えているものの気が付いたら席にいないという人は、人付き合いが苦手であることが考えられます。休憩室を使わず、外食でお昼を済ませるという傾向もあります。

恋愛

人付き合いが苦手な人は、恋愛に苦戦する傾向があります。異性と話をしたいと考えてはいるものの、話をすることに躊躇してしまい好きという気持ちを伝えられない方も珍しくありません。

またカップルになっても、デート中に会話をほとんどせず黙ってしまう方が多いです。お相手が話をすることが好きな人であればよいですが、コミュニケーションがなりたたずにお相手を悲しませることもあります。

何を考えているか分からない、楽しくないだろうかとお相手を困らせる事例も多いので注意したいです。

人付き合いが苦手なことの克服方法

人付き合いは苦手だからと、他人と話をすることを避けていても先に進めません。また克服したいと考えている人は多く、どんな方法が良いだろうかと日々悩んでいるでしょう。

人付き合いが苦手なことを克服するためには、さまざまな方法があります。この方法ならできるだろうか、少しずつチャレンジしようと徐々に克服することをおすすめします。

いきなり克服しようと頑張っても、頑張りすぎてしんどいと反動がありますので無理をしないでください。

人付き合いが苦手だと自分を責めない

人付き合いが苦手な自分が嫌だ、いつもなぜうまくいかないのだろうと自分を責めてしまうでしょう。自分を責めることでどんどん気持ちが沈んでいきます。気持ちが沈んだままでは、前向きになることができないのでやめましょう。

明日は一言二言でも良いので会社の人と話をしてみよう、挨拶だけでもいいので好きな人に声をかけてみようと、少しずつ頑張りましょう。

自分はダメだと責めるのではなく、前向きに考え進んでいくことが大切です。

アドバイスをしてもらう

人付き合いが苦手だと悩んでいるのであれば、他人にアドバイスをしてもらうこともおすすめです。家族や親しい友人など、身近な人に話を聞いてもらうと良いでしょう。

兄や姉は友人が多くて付き合いが得意なので凄い、うらやましいと身近な人をうらやましいと感じているのであれば、味方に引き込めばよいです。

日ごろ気を付けていることはあるのか話を聞いたり、またはげましてもらったりと良い経験になります。

挨拶をしよう

人付き合いが苦手な気持ちを克服するためには、簡単なことからはじめると良いです。挨拶をするのも良い方法ですので、チャレンジしてみましょう。

出勤をしたらおはようございますと声をかけたり、帰り際にはお疲れさまでしたと伝えるだけでも良いです。またその際笑顔で挨拶をすることにより、相手に悪い印象を持たれることを回避できます。

笑顔で挨拶をしたことで相手からも挨拶を返してもらえたり、一言二言ねぎらいの言葉もかけてもらいやすいです。

飲み会に参加しよう

人付き合いが苦手な人は会社の飲み会や、サークルの飲み会、また同窓会と飲み会にできるだけ参加しない傾向があります。飲み会に顔を出すのは疲れると避けてしまいがちですが、1回でも良いのでまずは顔を出してみましょう。

飲み会に行っても何を話してよいか分からないと感じますが、席に座っているだけで隣近所に座っている人と会話するチャンスがあります。こちらから話しかけなくても、話しかけてくれることも多く話がしやすいです。

相槌を打つだけでも良い

人付き合いが苦手だと、他人と話をするときにどうすれば良いか分からず慌てて話をしてしまう方もいます。慌てて話をしても相手に伝わらず、結果人付き合いは苦手だと感じるでしょう。

克服するためには上手に話をしなくてはいけないと考える必要はありません。話しかけられたら相槌を適度に打ち、話を聞いている姿勢をみせると相手に好印象を持ってもらえます。

そして次また話しかけてもらいやすくなり、知らず知らずのうちに仲良くなるというケースもあります。

落ち着いて話をしよう

他人と話をすると慌ててしまい上手に話ができないので疲れると、人付き合いが苦手だと感じるケースがあります。

話をするときに慌てないように、話をする前に深呼吸をするなど落ち着いて話ができるようにしましょう。相手に何を伝えたいか事前に整理し、重要なポイントのみ伝えるのも良い方法です。

結論から話をして、前置きが長くなるなど長時間話をしないようにするのもおすすめです。話す内容をまとめ落ち着いて話をすると、相手に伝わりやすくコミュニケーションがとれるようになります。

色々考えない

他人と話をすると色々と考えてしまい、話をすることが苦手、人付き合いは苦手だと感じるケースがあります。

こんな話をしていても面白いだろうか、自分の考えを押しつけていないか、忙しいところひきとめていないだろうかと、色々考えることで話がしづらくなります。

他人と話をするときは、話をすることに集中して色々考えないようにしましょう。色々考えることで前置きが長くなるなど、話も伝わりにくくなるので注意したいです。

相手のことを尊重する

他人と上手に付き合うことができるだろうか、人付き合いが苦手なのを克服できるだろうかと、他人との距離をはかりかねている方も多いでしょう。

人付き合いが苦手なことを克服するためには他人と上手に付き合っていく必要がありますが、相手のことを尊重することをおすすめします。

話を聞いているときは適度に相槌を打ったり、凄いねと褒めたりすることで相手に良い印象を持ってもらえます。そして少しずつ距離が近づき、良い関係となっていきますので頑張りましょう。

人付き合いが苦手な人の付き合い方

人付き合いが苦手でも、他人と話をしなくてはいけないこともありどう付き合えばよいかと悩むでしょう。

職場ではどうすれば良いのか、ママ友と上手に付き合っていけるだろうか、彼や彼女とスムーズに会話ができるだろうかと頭を抱えるでしょう。

上手に人付き合いをするためには、その時の状況にあわせて行動する必要があります。状況別に分けて考えることができますので、参考にしてストレスなくやり過ごしましょう。

ママ

人付き合いが苦手だとママ友との付き合い方に悩むことがありますが、無理に仲良くする必要はありません。話をあわせなくてはいけない、誘いにはのらなくてはいけないと無理をしなくてもいいです。

ママ友はたくさんいるけれども、その中で本当に仲が良いのは数人という方も多いです。ある程度距離を保ち付き合う方が大半なので、深入りすることなく、しかし挨拶はしっかりとするということを心がけましょう。

友達

人付き合いが苦手だから、友達との付き合い方が分からないと悩む人もいます。一緒にご飯を食べても楽しくない、早く家に帰りたいと逃げ出したいときもあります。

趣味があわず話がしづらかったり、性格があわなかったりすると付き合いにくいと感じるでしょう。人付き合いが苦手で友達との付き合い方に悩んでいるのであれば、気が合う方のみ今後も付き合いをしていこうと考えるのもおすすめです。

話下手なことを理解してくれる友達など、自身のことをよく分かってくれる方と付き合っていきましょう。

恋愛

人付き合いが苦手でも恋愛はしますし、大切な彼や彼女ができることもあります。これからも長く一緒にいたいと考えますが、今後ストレスなく付き合っていける相手を大切にしましょう。

人付き合いが苦手だと話をすることが苦手だったり、言いたいことをすぐに言えないこともあります。そして無口になる方も多いですが、お相手が言いたいことがあるのではないかと察知してくれるなど、自身のことを理解してくれる人だと長続きします。

仕事

職場の人との付き合い方が分からないと、人付き合いが苦手な上に悩む方も多いです。つい逃げてしまい、ほとんど会話をしないで1日を過ごすということもあるでしょう。

職場では親友を作るのではなく、何かあったときに助けてくれる仲間を作ろうと意識しましょう。

仕事とプライベートは分けている人も多く、家庭の事情などプライベートのことは深く聞かれないことも多いです。挨拶を含め軽く会話をする程度でも問題ありません。

人付き合いが苦手の心理

人付き合いが苦手なのであれば、無理にみんなの輪に入っていかなくても良いのではないかと感じるでしょう。

しかし人付き合いが苦手だけれども克服したい、みんなと話をすることができるようになりたいと感じる方は多いです。

なぜ克服したいと考えるのでしょうか。人付き合いが苦手な方の心理を知ることで、克服したいと考える理由が分かります。

寂しい

人付き合いが苦手なので、休日も1人で家で過ごすという方も多いでしょう。そして1日の終わりになって、せっかくの休みなのに1人で何をしているのだろうと寂しくなることがあります。

友達を誘って一緒に買い物をしたかったな、ご飯だけでも一緒に食べたかったなと寂しい気持ちになります。

寂しいと感じたら、数時間でも良いので家族や友人を誘ってみましょう。話の聞く役に徹しても良いので、会話をすることで寂しい気持ちが解消されます。

人付き合いが苦手な人は結婚してうまくいくのか

人付き合いが苦手だけれども結婚をしたい、しかし結婚をしてもうまくいくのかと悩むでしょう。実際、人付き合いが苦手だけれども結婚をしている人はたくさんいます。

そして結婚をしてやがて子供が産まれても、変わらず夫婦仲がよく充実した生活を送っている人も珍しくありません。

人付き合いが苦手だからといって結婚をあきらめるのではなく、どういった点に注意すれば楽しく生活ができるのか考えてみましょう。

相手に興味を持つ

人付き合いが苦手な人は他人に興味がなく、自身のことばかり考える傾向があります。相手に興味を持つことで、今までは話しかけなかったけれども話しかけてみようと行動するきっかけになります。

相手のことを考えることで休日は何をして過ごしているのか、趣味は何なのかと質問をしたくなるでしょう。質問をされることで相手は、自分に興味を持ってくれているんだと好印象を持ってもらえます。

同じ趣味の人を探す

人付き合いが苦手でも受け入れてくれるパートナーはいるのかと悩んだら、趣味が共通している人を探しましょう。

趣味が共通している人であれば、会話のネタに困ることがあまりなく自然に会話をすることができます。好きなことは話がしやすく、また会話も弾みやすいです。

一緒に趣味を楽しむこともできますので、これからも一緒に過ごしたいと結婚を自然と考えるきっかけにもなります。

理解してくれる人を探す

人付き合いが苦手という点を、理解してくれる相手であれば長い結婚生活を快適に過ごすことができます。

会話の途中で急に黙ってしまっても見守ってくれたり、話がしやすいようにリードしてくれる相手が理想です。相槌を打つタイミングが遅かったり、質問の返事をすぐに得られなくても待ってくれる相手も良いでしょう。

相手とたくさん会話をしたいと考えている人ではなく、静かに見守ってくれる人と一緒になれば結婚生活が快適です。

努力している姿を見せる

人付き合いが苦手だけれども一言二言でも良いので話をするなど、頑張っている姿をお相手に見せると好印象を持ってもらえます。

話をすることが苦手なのに頑張っているな、自分に興味を持ってくれているのだなと嬉しい気持ちになってもらえるでしょう。

人付き合いが苦手だからと殻に閉じこもるのではなく、少しずつでも外に出ようと努力をすることで、お相手にもその気持ちが伝わります。

人付き合いが苦手でも活躍している人はいます

人付き合いが苦手な人は案外多く、会話をする方法について悩む方は珍しくありません。しかし克服することができますので、無理をせずに少しずつ努力しましょう。

会話が苦手でも結婚をしている人はいますし、仕事で活躍している人もいます。

1人で寂しいと考えるのではなく、1歩ずつ前進しましょう。

関連記事

Related