Search

検索したいワードを入力してください

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

Author nopic iconばらさん
性格・タイプ / 2018年10月23日
人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

男女別人の話を聞かない人の特徴

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

人の話を聞かない人の特徴について解説していきます。対話しているのに、相手から話をしっかりと聞かれていないと、なんだか冷めてしまいます。しっかり話を聞かない人の特徴ごとに分けてご紹介しましょう。

忙しい

普段忙しく感じている人は、自分の作業に集中してしまいがちです。そのため、「自分が何かの作業に追われて仕事へ集中している時」には、周囲からすると「あまり人の話をしっかりと聞かない(聞けない)人だ」と感じられる事も増えてしまいます。

相手の作業が忙しい時には、あまり一方的に話かけたりせず、話す側も一休みした後から話をするくらいで丁度いいでしょう。忙しい人へ、要件を一度に伝えるとケンカになってしまう事もありますから、少し配慮して話をします。

テレビを見ていた

テレビを見ていたり、あるいはカーステレオを聞いていたとか、携帯電話を見ていたという場合には、人の話が耳に入って来なくなってしまう事もあります。

それだけ集中しているという事ですが、時として話かけている人からすると失礼な印象を受けてしまう事もあるため注意するようにしましょう。

相手がテレビを見ていて、人の話がまったく聞こえていないほど集中している時には腹を立てたりせず、肩を軽くポンポンと軽く叩いてみるなど工夫する事もできます。

我が強い

我が強い人、あるいは自分の仕事での立場を守らないといけない役職の人の多くは、人の話を聞かないという事があります。我が強い人が「他人の話を聞かなくなっている場合」は、少し面倒で、やりとりに時間がかかってしまう事もあります。

理由は、自分の弱点をかばっていたり、あるいは何か理由があって人の話を聞けない、意地を張っている、などとも考えられるからです。

そのため、原因を調べる事から、まずは相手の話を聞いて少しずつ話の糸口を探って行く方法が良いでしょう。「なぜそんなにこだわるのか?」と尋ねられたら、「真剣に考えているから」と伝える事もできます。

集中できない

「集中できない」、あるいは「集中力が続かない」、「集中力が散慢になってしまっている」というタイプの場合、しっかり人の話を聞かない人もいます。集中力が続かないというタイプの場合、最初だけ人の話をしっかり聞いているのですが、途中から飽きてしまいます。

話に飽きると「もういいから」「ちょっとテレビが見たくなった」という具合ですぐに切り上げてしまい、不快感を与える事もあります。「単純に相手の話がつまらないから」という場合もありますが、もともと集中できない人もいます。

ただし欠点ばかりではなく、もともと色々な話をするのを好むタイプの人もいますので、社交的な性格の人も少なくはないでしょう。

人の話を聞かない子供の育て方

子供の性格や家庭環境など、実際にはさまざまな因果関係が存在していて、決して一概に「子供へこう教えれば、子供はそうなります」とは言えませんが、人の話を聞かない子供はどのように育つのでしょうか。

この見出しでは、よくありがちな子供の行動ごとに分けて紹介していきます。

落ち着きが無い

落ち着きがない子供は、人の言うことを聞かなくなってしまいがちな子供に育ちやすくなります。ひとつの場所にじっとして落ち着いているのを、あまり好まない性格ですので、「人の話を聞いているようで聞いていなかった」という事も多々ありがちです。

このような性格の子供の場合は、両親が仕事で忙しかったり厳しすぎたりして、子供の欲求をしっかり満たせていないとも考えられます。自分が忙しい時にはできれば親族の方から協力を求めたりと、子供が求めているコミュニケーションを取るのがいいでしょう。

忠誠心が低い

こちらは親御さんから何かを裏切られたと感じたか、あるいは深く失望してしまった場合が考えられます。どんな家庭でもそうですが、必ずしも親御さんと親しい関係を作る事ができる人ばかりという訳でもありません。

ですので親御さんの意向に、子供が沿う事ができない(親の言う事に賛同できない)場合、忠誠心が低い子供になりがちです。親と気が合わない人ほど、他人とも気が合わなくなってしまいやすく、自分の弱さをかばおうとするためひねくれやすくもなります。

他人と親しくなってくると、突然人の話を聞かなくなってしまうとか、突然コミュニケーションが気まずくなり避けてしまうという人も少なくはないでしょう。

我が強い

過保護な家庭で育った我が強い気質の子供も、とかく人の話をしっかり聞かないという事が多くなりがちです。

「ムスッ」「プイッ」「イライラ」という言葉が聞こえてきてしまいそうな気分の時には、自分の気にくわない話をしたくなくなるため期限を損ねてしまう場合もあるでしょう。こんな時には、悪気はないのですが人の話を聞きたくなくなってしまう事があります。

こうした子供は、気持ちの整理を付けるのに少し時間がかかってしまうタイプの性格も少なくはありません。人の話を聞かなくなってしまい心の窓を閉じられてしまった時には、少し距離を置くのが良いでしょう。

集中力が続かない

集中力が続かない子供の場合も、その人の性格や気質にもよりますが、やはり何か原因があります。だから「そういう性格だから」と決めつけてしまうのはやめましょう。

「(他者との会話などで)ストレスを感じる事がある」「他に楽しみな事がある」「環境が不快(うるさい、寒い、暑いなど)」が考えられます。

子供の集中力が続かなくなって、人の話を聞いていないという時には、まずは原因を探してみるようにしましょう。原因がわかれば集中力が高まり、人の話を聞かないという機会も少なくなります。

人の話を聞かない人との付き合い方

人の話を聞かない、という人にも色々な立場や考え方がある事がわかりました。

では今度は、この見出しでは人の話を聞かない人との付き合い方について紹介していきます。相手の立場ごとに分けて解説します。

親が人の話を聞かない、という相談はインターネットコミュニティなどでもありがちな話題です。親が人の話を聞かないという場合には、諦めずに何度も強く意向を伝える事も大切です。

多くの場合怒られたり、耳をふさがられてしまったりして人の話を聞かないように見えますが、反応しているという事はちゃんと聞いています。

その後、言うことを聞かないという場合には、少し距離を置いて様子を見ましょう。無理に話し合っても、聞かない人は聞けないなりの原因がある場合も少なくありません。

上司

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

上司が人の話を聞かないという現場は、どこの職場でもとかくよく聞くケースです。よくあるのは「意見しがちな部下」である場合、上司が意見を聞いてくれないという場合です。

例えば、「新入社員が、上司の仕事の欠点や改善点を指摘してばかり」では、うまくいかないでしょう。この場合、当然ながら上司は「いちいち口出しされて面倒な部下」だと感じて、部下の話を聞かなくなってしまう事もあります。

このような状況では、自分がもし部下の立場なら「上司が自分の話を聞いてくれない」と言って腹を立てないようにします。また、部下は意見をしたら、たとえ上司が人の話を聞かない状態になっていても、一旦何もせず様子をみましょう。

「きちんと意見する」という事は、「その上司の事を真剣に考えている」という事にもなるからです。その時は人の話を聞かないように感じられても、次回からの提案を受け入れてくれるという可能性もあるからです。

旦那

旦那、あるいは妻が、人の話を聞いてくれないというケースですが、こちらもありがちな話題です。友人などと話をしても「また愚痴?」などと言われてしまい、相談しにくい話題でしょう。

伝えたい事がある場合は、一度にたくさん伝えようとせず、相手の立場を汲むのが理想です。

感情的になるとこじれてしまい、なおさら人の話を聞かないという事もあります。まずは短文でわかりやすくまとめてから伝えるようにしてみて、無理ならやめて、また少し別な話をしてみるなどで時間をかけましょう。

友人

友人との関係にも、年代性別など色々ありますが、人の話を聞かないという場面と遭遇する事があります。この場合には、すぐに「どうしたの?」などと追い詰めるような事は言わず、あまり気にしないようにしましょう。

友人関係の場合には、疲れてしまっていたり、自宅での家庭内トラブルなども原因になっている事があるからです。あまり話をしたくなさそうにしているなら、「聞きたくない気分だったんだな」ぐらいに、あまり深く考えないようにするのも良いでしょう。

人の話を聞かない人の心理

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

人の話を聞かない人の気持ちについて紹介していきます。人の話を聞かない人はどの様な気持ちで聞かないという態度をとっているのでしょうか。状況ごとに分けて紹介していきます。

忙しい

忙しいと人の話を聞くどころではなく、悪気はないものの対応することができず「人の話を聞くことができなくなってしまっている」となる事があります。人の話を聞かないというより、「対応が回らず人の話を聞くことができていない状態」とも言えるでしょう。

余裕があれば人の話を聞くことができるものの、忙しすぎていっぱいいっぱいで、対応することができないという状態になっている事も考えられます。

この場合は、相手が忙しいと手詰まりになっている状態は避けて、少し落ち着いたことを見計らってから、再度話を持ちかけて聞いてもらうと良いでしょう。

考え中

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

何か必死に考え事をしている状態が続いていると、周囲への配慮が散漫になってしまい、他人の言う事を、きちんと聞くことができない状態になる場合も考えられます。

人の話を聞くことができない場合は、どこか「別の部分」に原因がある場合がほとんどです。原因がしっかりと解決されていないために、人の話を聞くことができない状態になってしまっています。

もっとも、例えば仕事が忙しくて手一杯な状態だったときに、仲間から「飲みに行かないか」などと誘われても無理です。相手が話を聞くことができないほど忙しい状態だとわかったなら、少し時間をかけて相手の様子をうかがって見るようにしましょう。

ほっといて

こちらも上記の心理状態と一部共通するところもありますが、単に「ほっといてほしい」という気持ちになっている場合もあります。

人間関係が原因となっているトラブル以外にも、心理的なコンプレックスが原因となっているトラブルなど、何かしら心のわだかまりを抱えて悩んでいることも考えられるでしょう。

相手が何について真剣に考えているのか調べて相談に乗ってあげるとか、逆に話を聞いてあげると良い場合もあります。多くの場合愚痴のような話になりがちですが、うまく解決できれば自分の話を聞いてもらえるチャンスにもなります。

できない

「人の話を聞き入れることができない」という場合にも、話を聞かない状況になってしまうことがあります。あるいは、相手が目上の人で、自分の立場が下である場合には、話し合いをすることで相手の立場が有利になってしまうことも考えられます。

相手と話をすると、結果的に自分が不利な話し合いになってしまうために、わざと人の話を聞かないという事をする場合もあるでしょう。

この場合は、無理に当事者同士で話し合いをしようとせず、信頼できそうな第三者から間に入ってもらって、仲介してもらうことで話し合いをしやすい雰囲気にすることができます。

どうしても聞いてもらいたいという時には、周囲に相談を持ちかけて協力を仰いでみましょう。

人の話を聞かない血液型

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

人の話を聞かないのは、血液型と関係があるのでしょうか。

基本的には、血液型と人間の性格とは科学的に関連性はありませんが、インターネットでは話題として盛り上がっている事もあります。この見出しではネットでのクチコミを参考にして紹介していきます。

A型

「几帳面で完璧主義」というイメージが多い優等生タイプのA型気質の人は、確かにしっかり者ですが我が強い人もおり、時として「人の話を聞かない人」としても感じられる事が少なくはありません。

あくまでその人の気質にもよりますが、自我が強い人ほど他者の話を耳にしない傾向が強くなっていきますので、注意しておきたいポイントとなっています。A型の人は周囲からこうしたイメージとして見られていないように注意しておきましょう。

B型

B型の人は「自意識過剰で人の話を聞かない」という意見と、「独自の金銭感覚を持っているため、お金を出し渋り人の話を聞かない」という内容の投稿も見られました。

これも、どの血液型でもありがちな対応ですが、特にB型の人はきちんとしたこだわりが自我につながりやすく、周囲から敬遠されてしまうという内容の投稿文書が目立ちます。

B型の血液型の人に限らず、こだわりが強すぎるという性格は良くありません。気がついた時にでも、ひんしゅくを買わないように気をつけるようにしましょう。

O型

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

「実行力があり、一度決めたらやり抜くタイプ」のO型気質の人は、反面「頑固者で意地っ張り」、「自己主張が強い」というイメージを持たれやすいのか、自我が強い方に対する批判意見が見られます。

O型で自我が強いタイプの人は、悪く言えば典型的な「頑固オヤジ」、「お嬢様気質」として、周囲の人の話を聞かないと指を指される事もあります。嫌われてしまったら反省して、違う意見にも耳を傾ける余裕を持つことも大切です。

AB型

今回の簡単な調査で一番人の話を聞かないという意見が少なかったのはAB型の人たちです。ただし、AB型は自己主張が少なくその場の空気に合わせてくれるため気転が効くものの、気分屋でその場凌ぎな対応を取り、無責任だと意見される事も少なくはありません。

自分の意見を持たないと、時として流されやすく信頼できないと言われてしまいますので、裏切られてしまったと感じる人もいるでしょう。どちらかハッキリと意見を求められた時には、時間をかけてでも自分の意見を周囲にアピールする事も大切です。

人の話を聞かない人の接し方

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

人の話を聞かない人へ対話をするのは、普通は面倒だと感じます。

人の話を聞かない人へは、どのようにして接し対話するのが良いのでしょうか。相手が「何を考えて人の話を聞かなくなっているのか」というポイントを押さえておけば解決しやすくなります。

相手の話を聞く

人の話を聞かない人が相手となると、無視されてるようで少しイラッとしてしまうと感じる人も多いでしょう。

理由は、人によっては自分が軽く扱われたような気分になってしまうためです。とかくその憂さ晴らしを相手にぶつけてしまいトラブルになってしまうというケースも少なくはないでしょう。

けれども、この方法では小競り合いのようになるだけで、何も解決せず良いことはありません。自分の話をしっかりと聞いてもらうようにするためには、まず相手の話をしっかりと聞きましょう。

たとえ相手からプイッとされても「やれやれ」と思いながらも、「今日は機嫌が悪そうですね。何かあったんですか?」と掛け合ってみるなど工夫しましょう。

話をしない

人の話を聞かない人というのは、言い換えると「人と話をしたがらない人」とも言えます。単純に、他者と話をしようと思っていないということになりますから、「敢えてその人に合わせて話をしないようにする」とする事もできます。

とりわけ、自分ひとりでなにかに没頭し、イライラしているような相手だと、下手に首を突っ込むとやぶ蛇になってしまい、無用なトラブルの原因にも繋がりかねません。

まあ「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という言葉もありますが、しかし「押してもダメなら引いてみろ」ということわざもあります。相手の雰囲気から状況を見極めてスマートな対応ができると一番理想です。

話のペースを変える

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

丁寧に話をすることで、人の話を聞かない人は、話を聞いてくれるようになる場合もあります。上記でも解説してきましたが、人の話を聞かない人は、一杯一杯な状態で頭がパンク状態になってしまっている事も少なくは無いでしょう。

そこで、まずは自分の話をうまく聞いてもらうようにするためにも、相手の歩調に合わせて、相手にも会話を受け取りやすいようにしながら丁寧に、また物腰柔らかでわかりやすく話をしてみるようにします。

「新しいプロジェクトの企画案です。作成したものの良いアイデアが浮かばず、お知恵を拝借したいと思いまして。」などという聞き方をしてみましょう。

短文メール

人の話を聞かない人には、短文のメールが有効となる場合もあります。相手にもよりますが、長文でのメールだとかったるい、面倒くさいと感じてしまい読み飛ばされたり、あるいはぞんざいに扱われてしまうという事も少なくはありません。

短文メールが好きな気質の人である場合には、できるだけシンプルなメールで意見します。できれば一言で敬語を簡略化させて連絡してみましょう。

相手の返答を待ってから、自分の意見を伝えてみます。少し面倒ですが、詳細まで伝えずとも良くなり、考えようによっては連絡手段を手軽に済ますこともできます。

人の話を聞かない人は工夫して対応

人の話を聞かない人の特徴・子供の育て方・付き合い方|子供/血液型

ここまで人の話を聞かない人について、心理など詳しく解説してきました。なお、一番良くない対応のひとつが、相手の態度を悪く勘ぐってしまい、トラブルを引き起こしてしまうという場合です。

人の話を聞かない人との接し方では一番良くないパターンです。もし対話に失敗してしまい、関係が険悪になりそうになった時には、一旦引くのがいいでしょう。トラブルの時には自分だけで背負い込んだりせず、相手にも不備がある可能性も考えられます。

まずは相手とのコミュニケーションの質を悪くしたり、加熱させないようにします。ほかにも、周囲の第三者へと相談してみるなどしてみましょう。

あくまで冷静な接し方を求めることによって、追って雰囲気が変わってくる事もあるため、そうナーバスにならず状況を前向きに捉える事が大切です。

関連記事

Related