Search

検索したいワードを入力してください

顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

Author nopic icontomatomo
メイク・コスメ / 2019年02月18日
顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

アイラインで顔の印象を変えよう

顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

目力が強く凜とした印象の女性、目元が優しく包容力のありそうな女性、目の印象で女性の顔の印象は大きく変わります。目元のメイク方法は色々ありますが、中でもアイラインは大きく印象を変えることができる必須アイテムです。

人の印象は目で変わる

目と目の間隔が狭いと顔が大人っぽく見えたり、反対に目と目の間隔が広いと幼く見えたりと、目の特徴が変わることによって、その人自身の印象も大きく変わることがあります。目の印象を変えることによって、その人そのものの印象も変えることできるといえるでしょう。

アイラインの工夫は印象変えに効果あり

目の印象を変えるために手っ取り早い方法は、アイラインを引くことです。アイライナーさえあれば自由に目元の印象を変えることがでるということです。

例えば、アイラインをはね上げて描くことによりかっこいい印象を、たれ下げて描くことにより子犬のような守ってあげたくなる印象に変えることができます。さらには、アイラインの色をブラックからブラウンに変えるなど、色味を変えることでも印象を変えることができます。

アイラインに悩む人も簡単にできる

そうはいっても、アイラインって繊細なものだし不器用な私には使いこなせない、今までうまくアイラインを引けた試しがないと思われる方もいらっしゃるはずです。ですが、そのように落ち込む必要は全くありません。

アイラインはコツさえつかめば、どなたでも使いこなせるようになります。何事もチャレンジすることが大事ですので、自分にあったアイラインの引き方を見つけてなりたい顔を手に入れましょう。

印象別アイラインの効果的な引き方5つ

顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

ここからは、アラインで目元の印象を変える具体的な方法紹介していきます。かわいらしさや大人っぽさを演出する方法や、流行をおさえたアイラインの引き方など必見のものばかりです。

基本の引き方

それでは、アイラインの基本の引き方についてです。アイラインとはそもそも、目を大きく見せたり強調させるために使うものなので、黒のリキッドを使って太くしっかりと引いてしまう方が多いのですが、この引き方は厳禁です。

まず、ペンシルアイライナーやジェルアイライナーで目のインラインを埋めていきます。そして、最後にリキッドで目尻を流すように描いていきましょう。

目尻を変えてなりたい顔になる

顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

憧れのモデルさんや女優さんの顔に近づけることができたらいいなと思うことはありませんか?アイラインの引き方を少し工夫するだけで、なりたい顔に近づけることも可能になります。こちらの記事でご紹介する印象別アイラインは簡単に変えられる方法ばかりですので、ぜひ最後までお読みいただき、自分のなりたい顔になる方法を習得しましょう。

印象1:王道かわいい たれ目ライン

誰しも一度は、守ってあげたくなるようなたれ目に憧れたことはあるのではないでしょうか。愛らしい印象のたれ目ラインを作りたい場合は、目尻にかけてアイラインを下げて描くことがポイントです。

ラインを引くときに、顎をあげて鏡を見下ろすようにするときれいなたれ目ラインを作りやすくなります。たれ目を作って愛され女性になれること間違いなしです。

印象2:ちょっぴり小悪魔 猫目ライン

なんだか、猫のように少しミステリアスで小悪魔のような印象の女性をみかけることはありませんか。このような印象の方はアイラインを目尻にかけて跳ね上がったラインが特徴の猫目ラインにしていることが多いです。

猫目ラインの引き方は、目尻にかけて1~2ミリ程度やや下がり気味でラインを引き、その次に、やや跳ね上がり気味にラインを引きます。このとき、跳ね上げすぎると不自然になってしまうので注意してください。

印象3:清楚な印象に 切れ長ライン

清楚で大人っぽい印象にしたいときは、切れ長ラインがオススメです。純粋で賢そうな女性を演出できます。まず、基本の引き方同様、目のインラインをアイライナーで埋めていき、目尻のところまできたらあとは5ミリほど平行にラインを引くと切れ長アイの完成です。目尻側を強調することで、意思の強い女性に見せることもできるので、お仕事メイクにも最適です。

印象4:ダブルラインでパッチリ目に

ここからは、応用編です。ダブルラインというメイク用語をご存知でしょうかこれは、二重の線にアイラインをいれることで、二重を強調させるテクニックのことをいいます。

普通にラインを入れてしまっては不自然なので、ブラウンのペンシルアイライナーで薄めに引き、そのあとにぼかす方法をオススメします。もしくは、ダブルライン用のアイライナーも発売されているのでそちらを使ってみてください。

印象5:流行りの目元に カラーライン

今まで、ブラックやブラウンのアイライナーを使ってきたけど、飽きてきたしもっと流行りを取り入れたメイクをしたい、といった方にオススメのアイラインがカラーラインです。カラーラインは雑誌の特集で組まれているほど、注目されているメイク方法です。

普段使っているライナーを、黄色や赤、青、緑などの色味のライナーに変えるだけで完成します。目尻にアクセントとして使うのがポイントです。

アイライナーはこれできまり!

ヒロインメイクSPスムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック0.4ml(お湯落ちタイプ)
ヒロインメイクSPスムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック0.4ml(お湯落ちタイプ)

¥ 1,080

口コミ

愛用してます。滲んだりしません、オイルで簡単に落とせるし。またリピートします

こちらのアイライナーは、皆さんもご存知でしょう、「ヒロインメイク」さんから発売されているウォータープルーフアイライナーです。

こちらは3色展開となっていて、漆黒ブラックの他に、ビターブラウン、ブラウンブラックが発売されています。なんといっても嬉しいのが、お湯でオフできるところです。目のキワなどをオイルクレンジングなどでこするのは躊躇してしまうものなので、安心安全に使用できます。

アイラインのコツと注意点

顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

いざアイラインを引いてもなんだかうまくいかないな、また失敗した、と落ち込んだ方もいらっしゃるはずです。ですが、ここで諦めないでください。アイラインのコツと注意点をおさえてうまく引けるようになりましょう。

変になる人はここを改善

さて、いざアイラインを引いてみてもなんか変だな、うまく引けないな、失敗したと落ち込んだ方がいらっしゃるはずです。ですが、ここで諦めないでください。

まず、リキッドアイライナーでアイラインを引いている方は、一発で綺麗に引こうとするのをやめてみてください。リキッドアイライナーですと細い線で引けるので、丁寧に短い線を繋げていく感じで引いてみましょう。

パンダ目にならない方法

特に夏場などは汗や皮脂が出てきてしまうので、なにも対策をしないままだとパンダ目になることは避けられません。では、どういった対策をすればいいのでしょうか。

肌から出てきた皮脂のせいでアイラインやマスカラが下まぶたに付着することでパンダ目になってしまうので、まずは下まぶたに皮脂がつかないように、パウダーなどをはたいてしっかりと油分をオフしておくことが重要です。

ナチュラルに見せる方法

目元をナチュラルに見せる方法はいくつかあります。まず、黒のアイライナーを使用されている方は、ブラウンのアイライナーに変えてみてください。黒だと印象が強くなりすぎてしまい、ナチュラルに見せるには不向きです。もう一つの方法は、リキッドアイライナーからペンシルアイライナーかジェルアイライナーに変えることです。さらに綿棒などでぼかすと優しい印象になります。

アイメイクを極めよう

顔の印象を変えるアイラインの引き方5つ・変にならないコツ

アイメイクを極めることで顔の印象を変えることができ、今まで挑戦できなかった雰囲気の服装にもチャレンジすることができるはずです。それが自分の自信にも繋がり、さらに自分磨きを頑張れるようになるでしょう。

目元の印象を変えてもっと魅力的に

アイライン一つでいかに人の印象が変わるのか、印象別のアイラインの引き方、アイラインのコツや注意点などを紹介してきました。

アイラインを効果的に引くことができれば、自分のなりたい顔に大きく一歩近づくことができます。アイライナーは手軽に購入できる商品が多数販売されていて、挑戦しやすいメイクの手法の一つでもありますので、ぜひアイラインを極めてみましょう。

関連記事

Related