Search

検索したいワードを入力してください

ロープ編みの5ステップ|崩れにくくする裏技とアレンジ方法

Author nopic icontmm
ヘアスタイル / 2018年12月19日
ロープ編みの5ステップ|崩れにくくする裏技とアレンジ方法

ロープ編みとは

ロープ編みの5ステップ|崩れにくくする裏技とアレンジ方法

ヘアアレンジは得意ですか。ヘアアレンジが苦手な人も簡単にできるロープ編みという方法を知っていますか。この記事では、ロープ編みの手順や解けにくくするテクニック、ロープ編みのアレンジ方法を紹介していきます。ロープ編みを学んでヘアアレンジの幅を広げましょう。

ロープ編みとは、2つの毛束を編むことでできるヘアアレンジです。三つ編みよりも簡単で、人気のゆるふわアレンジがセルフで可愛くできるようになります。

簡単にできるヘアアレンジ

ロープ編みは簡単にできるヘアアレンジです。ヘアアレンジと聞くと、「不器用だからできない」「目の届かないところだから難しい」と感じる人も多いことでしょう。

しかし、ロープ編みは、不器用な人も苦手意識を持っている人も簡単に作り上げることができます。ヘアスタイルにロープ編みでアクセントを加えることで、自分の気分を高めましょう。

三つ編みとの違い

ロープ編みをおすすめする理由の1つとして、三つ編みよりも簡単であるという点が挙げられます。ヘアアレンジをするときに三つ編みを取り入れることは多いですが、ロープ編みは三つ編みよりも簡単で同じくらい可愛い印象を持たせることができます。

三つ編みは三束に分けた髪を編んでいくのに対して、ロープ編みは二束に分けた髪を編みます。毛束が少ないほど簡単なため、三つ編みが苦手な人もロープ編みならできることでしょう。

ロープ編みのやり方5ステップ

ロープ編みの5ステップ|崩れにくくする裏技とアレンジ方法

ロープ編みのやり方を5つのステップに分けて紹介していきます。細かく紹介していくので、鏡を見ながら実践してみましょう。

実践する際、まずは手の届きやすく目でも確認しやすいサイドの髪で試してみましょう。簡単な部分でイメージをつかんでから後ろ髪で挑戦していくことをおすすめします。

準備するもの

ロープ編みをするのに準備するものは、鏡、くし、髪ゴムです。この3つがあればロープ編みに挑戦することができます。

うまくできるようになり、髪に動きを出したいと感じるようになったら、ワックスやスプレーを用意しましょう。これらを使って、髪の質感を変えたりキープ力を高めることで幅広いヘアアレンジにチャレンジできます。

ステップ1:髪の毛を二つに分ける

1つ目のロープ編みをするためのステップは「髪の毛を二つに分ける」です。ロープ編みは二つの毛束をねじって作るヘアアレンジのため、ロープ編みをしたいところの髪を取り二つに分けましょう。

二つに分けるときのポイントとしては、しっかりとくしでといてねじれがないようにすることです。また量も均等に分けましょう。

ステップ2:片方を内側にねじる

2つ目のロープ編みをするためのステップは「片方を内側にねじる」です。ステップ1で二つに分けた束のうち、一方を内側にねじります。

これはロープ編みをする前の下準備になります。ロープ編みをする前に束ごとにねじっておくことで、キープ力が増す、ヘアアレンジに動きが出る、などの効果があります。綺麗に仕上げるために丁寧にねじりましょう。

ステップ3:片方を外側にねじる

3つ目のロープ編みをするためのステップは「片方を外側にねじる」です。ステップ1で二つに分けた束のうち、ステップ2で使わなかった方の束をねじります。

ポイントはねじる方向です。ステップ2では内側にねじりましたが、ここでは外側にねじります。つまり髪を正面に見たとき二束とも同じ方向にねじっていきましょう。

ステップ4:内側を上に外側を下にねじる

4つ目のロープ編みをするためのステップは「内側を上に外側を下にねじる」です。スッテプ2,3でねじった2束の髪を組み合わせていきます。

内側にねじった髪を上に、外側にねじった髪を下にするように2つを絡ませていきます。この上下の配置をしっかり守ることで、見た目は可愛くほどけにくいロープ編みが完成します。

ステップ5:毛先をゴムで縛る

5つ目のロープ編みをするためのステップは「毛先をゴムで縛る」です。ステップ4で絡ませた2束の毛先をゴムで縛ることで固定しましょう。

ゴムの太さはねじった髪の量に合わせて変えましょう。しっかりとゴムで固定して、ねじった髪がほどけないように注意します。

崩れにくくする裏技

崩れにくくする裏技を紹介します。ロープ編みは二束の髪を編んでいくため、三つ編みよりも解けやすいです。コツを掴んで崩れにくくしましょう。

少し手が触れただけで解けてしまうと、せっかくのヘアアレンジが台無しです。可愛くアレンジしたロープ編みが長くキープできるように裏技をマスターしましょう。

毛束は均等に分ける

崩れにくくする裏技1つ目は「毛束は均等に分ける」です。ロープ編みする毛束を2つに分けるとき、その量が均等になるようにしましょう。

毛束の量が均等でなければ、ねじったときにバランスが悪く見えます。毛束の量を均等にすると、同じ強さでねじることができるので崩れにくくなります。

反時計回りにねじる

崩れにくくする裏技2つ目は「反時計回りにねじる」です。反時計回りにねじることで毛束がまとまりやすくなり、崩れにくいロープ編みになります。ヘアスタイルを可愛く見せるために工夫しましょう。

プロのアレンジを体験してみよう

ロープ編みのセルフアレンジの仕方を紹介してきましたが、一度プロのアレンジを体験してみませんか。一度完成イメージを持つことで今後のセルフアレンジに生かされます。

ホットペッパービューティーでお近くのヘアサロンを探し、ヘアアレンジをお願いしてみましょう。プロにコツを教えてもらえることでしょう。

ロープ編みのアレンジ方法

ロープ編みの5ステップ|崩れにくくする裏技とアレンジ方法

ロープ編みのアレンジ方法を確認していきましょう。4つ紹介していくので自分にあったヘアアレンジを探してみてください。

ロープ編みはヘアアレンジのアクセントとして取り入れやすいです。マスターしておくことで幅広いヘアアレンジができるようになるため便利です。ぜひこの機会にできるようになっておきましょう。

ハーフアップ風

1つ目のアレンジ方法は「ハーフアップ風」です。両サイドの髪をそれぞれロープ編みして中央に集め、ハーフアップにしてみましょう。

中央に集めた髪はゴムでまとめます。ハーフアップをした部分がロープ編みになっていて見た目に可愛らしいです。結び目にバレッタやヘアクリップをすると一層華やかになります。

アップスタイル

2つ目のアレンジ方法は「アップスタイル」です。アップスタイルにするときに髪の一部をロープ編みにすることで、ヘアスタイルに華やかさをプラスします。

アップにするときにサイドの髪や襟足の髪を残しておき、ねじりながらアップスタイルの結び目のところに持っていきます。それを結び目に巻きつけると、一味違うアップスタイルが完成します。

くるりんぱをプラス

3つ目のアレンジ方法は「くるりんぱをプラス」です。ロープ編みをしてハーフアップした髪に、さらにくるりんぱをプラスしましょう。

くるりんぱをプラスすることで可愛らしさが増します。簡単なのにおしゃれな髪型なので多くの人に人気です。

髪の毛を巻いてから

4つ目のアレンジ方法は「髪の毛を巻いてから」です。髪全体をコテで巻いてからロープ編みをしましょう。

髪全体を巻くことで髪に動きが出て華やかな印象になります。この状態でロープ編みをすると、人気のゆるふわヘアに近づきます。

簡単ロープ編みで毎日のオシャレを手軽に

ロープ編みの5ステップ|崩れにくくする裏技とアレンジ方法

いかがでしたでしょうか。ロープ編みをやり方や崩れにくくする裏技、アレンジ方法を紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

簡単なアレンジ方法であるロープ編みで毎日のおしゃれを手軽に楽しみましょう。セルフアレンジをすることで自分の気分を上げてくれます。

他の簡単アレンジもチェックしよう

ロープ編みに慣れてきたら他のヘアアレンジにも挑戦してみましょう。次の記事を読んで、他の簡単アレンジ方法もチェックしてみましょう。

アレンジ方法を複数覚えることでアレンジの幅が広がります。覚えたアレンジ方法を組み合わせることでさらに個性的なアレンジができることでしょう。

関連記事

Related