Search

検索したいワードを入力してください

ダイソーのポンポンチークのポイント6つ・きれいにつけるコツ

Author nopic icon翡翠
メイク・コスメ / 2019年02月18日
ダイソーのポンポンチークのポイント6つ・きれいにつけるコツ

ポンポンチークとは

ポンポンチークとは、100円ショップのダイソーから販売されているチーク(ほほ紅)です。お色はアプリコット、チェリー、ラズベリーの3色です。

3色ともパールが入っているので、ツヤのある仕上がりになります。容器も付属のパフも可愛らしくポーチに入っているだけでも、気分が上がります。

簡単につけられるチーク

ダイソーのポンポンチークに付属しているパフは、ケースにちょうど収まり、つける時にもちょうど良い大きさで、名前のようにポンポンと頬に乗せていくだけできれいに仕上がります。

柔らかめのテクスチャーで色乗りが良い方なので、使う時には軽くとって乗せていきましょう。一旦手の甲などでつき具合を見てから使うと、失敗なく使えます。

ダイソーのポンポンチークのポイント6つ

ダイソーのポンポンチークのおすすめポイントは、サイズ、カラー、パール感、仕上がり、発色、そしてぼかしやすいの6つです。

それぞれのおすすめポイントを詳しくご紹介します。

ポイント1:サイズがちょうどいい

ダイソーのポンポンチークは、手の平にすっぽりおさまるくらいの大きさで、付属のパフも使いやすいちょうど良いサイズです。

化粧ポーチの中でもかさばらずに、持ち運びができます。それに、可愛らしい容器が気分をあげてくれて、職場でのランチ後のお化粧直しでも、午後のやる気がアップしそうです。

ポイント2:3色のカラーバリエーション

ダイソーのポンポンチークのお色はアプリコット、チェリー、ラズベリーの3色です。

アプリコットは元気なオレンジ系、チェリーは可愛いピンク系、ラズベリーはチェリーよりも赤みの強いピンク色になっています。

どの色もクセが強すぎず使いやすい色味で、ダイソー価格の税込で1つ108円ですから全色買って気分で使い分けるのも良いでしょう。お肌の色ではイエロー系の人はアプリコットが、ブルー系の人はラズベリーが合います。

ポイント3:パールが入っている

ダイソーのポンポンチークは、3色ともパールが入っていますので、つるんとツヤっぽい仕上がりになります。

赤ちゃんのお肌を思い浮かべてください。ほんのりピンクでつるんと艶やかなほっぺは、かわいくて元気で、生命力あふれています。

そんな風にツヤがあって明るい肌は、健康的で元気な印象になりますので、顔の血色を整えるチークに重要な要素になります。

ポイント4:自然な仕上がり

ダイソーのポンポンチークは、100円均一とは思えない発色の良さで、きれいに自然に仕上がります。つける量は少量で良いので、ポンポンと優しく馴染ませていきましょう。

メイク初心者でも扱いやすいプレストパウダーで、お色もクセがなく使いやすい色味に仕上がっていますので、とても扱いやすいチークです。

ポイント5:発色が良い

ダイソーのポンポンチークは、とても発色が良いので、少量できれいに色づきます。お粉がたくさんついてしまった時には、手の甲で馴染ませてからつけると自然に仕上がります。

少し柔らかめのテクスチャーなので、優しくとるようにしましょう。万が一つけすぎてしまった場合でも、ぼかして簡単に直すことができます。

ポイント6:付けすぎてもぼかしやすい

ダイソーのポンポンチークは、つけすぎてしまっても付属のパフでポンポンと馴染ませるときれいにぼかすことができます。

つけすぎた場合は、まずパフについているお粉を落とし、優しく中心から外側に向けてぼかしていきましょう。パウダータイプなので、ぼかすのも簡単にできます。

メイクの生える素肌に!

ダイソーのポンポンチークをより映えるものにするには、やはり素肌を整える必要があります。

【ETVOS(エトヴォス)】メイク・スキンケアは、セラミドがお肌のバリア機能を整え、水分も逃しにくくしてくれます。そのため、たっぷり潤い肌に導いてくれます。

敏感肌の方の支持率が高いエトボスは、お肌を刺激する成分を極力省いた処方になっていますので、あなたの素肌を優しく潤してくれます。

ダイソーのポンポンチークをきれいにつけるコツ4つ

ダイソーのポンポンチークをきれいにつけるコツは4つ、お粉を付けすぎない、ぼかす、楕円に、最後に使ってバランスよくです。

それぞれ、下記に詳しくご紹介しますので、チェックしてみてください。

コツ1:パフにチークをつけすぎない

ダイソーのポンポンチークは、柔らかめのテクスチャーなので、パフにお粉がたくさんついていないかチェックしてからお顔に付けましょう。

手の甲で馴染ませてつき具合をチェックすると、つけすぎてびっくりすることがありません。もし、つけすぎた場合でも簡単にぼかすことができますので大丈夫です。

コツ2:つけすぎたらぼかす

もしもダイソーのポンポンチークをつけすぎてしまったら、付属のパフについているお粉を落とし、ゆっくりと中心から外側にぼかしていきましょう。

ついているお粉を落としたパフで、様子をみながらポンポンと、中心から外側に向けてぼかしていきます。反対側とのバランスを見ながら整えていくときれいに仕上がります。

コツ3:楕円を意識してつける

顔の形によって、チークのつけ方は変わってきますが、チークをつける基本の位置は、小鼻と耳の中央を結んだ線と黒目の外側から下へ下ろしてきた線が、ちょうど交わる位置を基準につけていきます。

チークは基準の位置を中心に、こめかみの方に向け斜めに楕円を描くようにつけると、きれいにつけられるようになるでしょう。

コツ4:メイクの最後につけてバランスを取る

チークは、アイメイクやリップをつけた後の一番最後につけてバランスをとります。チークをつけることで、顔の血色がよくなり、明るく引き締まった印象になります。

どんなにアイメイクを作り込んで、リップを塗ってもチークをつける前はなんだか、のっぺりした印象のお顔が、チークをつけることで、ひきしまり生き生きとした表情に仕上がります。

ダイソーのポンポンチークは持ち運びにもおすすめ

ダイソーのポンポンチークは、手のひらにすっぽりとおさまるくらい小さい容器に、付属のパフも収納されているので、ポーチの中でもかさばりません。

これまでの100円均一商品のような味気ないパッケージではなく、見た目も可愛いのでメイク直しの時にも気分が上がりますし、他の人の目も気にならないでしょう。

他のダイソーコスメもチェック

最近の100円均一の商品は、どれも見た目もかわいくて性能・機能も充実しているものが多く、コスメでもどんどん注目の商品が発売されています。

コストを抑えるために小さな容器を使っているため、ポーチに入れやすいと人気だったり、デザイン的にもとてもかわいいものが増えています。

スティックタイプが使いやすい人気のエクスプレスアイシャドーペンや、スルスル塗れて発色も良いと人気の花花ルージュなど要チェックです。

関連記事

Related