Search

検索したいワードを入力してください

軽井沢アウトレットとは|お勧めのお土産店5選と情報

Author nopic iconしゅざさん
プレゼント / 2019年02月26日
軽井沢アウトレットとは|お勧めのお土産店5選と情報

軽井沢アウトレットとは

軽井沢アウトレットは、長野県北佐久郡の人気の観光地「軽井沢」にあるショッピングモールです。北陸新幹線の軽井沢駅とともに建設され、1995年7月に開業しました。

軽井沢アウトレットは元はゴルフ場だった約26万㎡という広大な敷地を利用しており、250以上もの店舗が10のエリアに分かれて配置されています。入店する店舗はアウトレットだけでなく正規品販売の店舗もあります。

プリンスショッピングプラザが正式名称

軽井沢アウトレットの正式名称は「軽井沢プリンスショッピングプラザ」と言います。敷地内は以下の10のエリアにわかれていて、エリアごとに特徴のあるさまざまなお店が入店しています。

エリアによっては約70店舗ものお店があり、1つのエリアだけでも十分楽しめます。

エリアエリアの特徴
「E」イーストスポーツブランドやアウトドア用品などが充実している
「NE」ニューイースト幅広いジャンルのブランドショップが揃っている
「GM」ガーデンモール有名ハイブランドなどのショップが充実している
「w」ウエスト雑貨ショップやおみやげショップなどが充実している
「NW」ニューウェスト若者向けブランドを中心に多くの店が揃っている
「TM」ツリーモール海外有名ブランドなどが充実している
「CM」センターモール総合案内所の他小物雑貨などのショップが充実している
「SC」スーベニアコート軽井沢らしいお土産店が揃っている
「AJ」軽井沢・味の街長野の有名店をはじめとしたレストラン街エリア
「FC」フードコート軽食など気軽に食事をしたい方におすすめのエリア

長野県のお土産品が集結

軽井沢アウトレットには、「スーベニアコート」をはじめ、各エリアに厳選された長野県のお土産店が揃っています。定番のお土産から、おしゃれなお土産までたくさんあって迷ってしまうでしょう。

軽井沢アウトレットのお勧めお土産店5選

軽井沢アウトレットとは|お勧めのお土産店5選と情報

多くのお土産店があると、どれを買っていいか迷ってしまうという方も多いでしょう。そんな方のために軽井沢アウトレットでおすすめお土産店を5店舗紹介します。

お勧め1:<沢屋(さわや)>

スーベニアコートエリアに位置する「沢屋」は、余分な添加物を使わず、国産の果実から作った沢屋のジャムは軽井沢のお土産としてとても有名です。家族やお友達だけでなく自分用のお土産としても大変おすすめです。

沢屋のジャムは低糖度で果物の風味を生かしたジャムで、果物のおいしさを感じられます。

お勧め2:<旬粋(しゅんすい)>

おしゃれなビジュアルのお土産品が揃う「旬粋」はスーベニアコートエリアにあります。扱っている商品は全てオリジナル商品で、そばや和・洋菓子の他各種食品や雑貨まで揃っています。

またテイクアウトコーナーでは「そばクレープ」など、他では味わえない商品もあります。

お勧め3:<白樺堂(しらかばどう)>

老舗菓子店の「白樺堂」はイーストエリアにあります。白樺堂の1番人気商品の「軽井沢タルト」は、長野県産のクルミをふんだんに使用したお菓子です。他にもジャムや最中、パウンドケーキなどたくさんの商品が揃っています。

自家製ジャムを使ったチョコやラングドシャなどの、お土産用の商品や栗の産地として有名な小布施町の「小布施堂」の商品なども揃っています。また店内ではあたたかい「小川の庄縄文おやき」も提供しています。

お勧め4:<軽井沢ファーマーズギフト>

スイーツからお漬物などまで、信州のお土産が揃う「軽井沢ファーマーズギフト」はニューウェストエリアにあります。2018年7月からはイーストエリアにも、「軽井沢こだわり市場」という名前で店舗を展開しています。いろんな種類のお土産を1つの店舗で見たい方におすすめです。

店舗内には軽井沢ファーマーズギフトの商品以外に、「腸詰屋」や「アトリエ・ド・フロマージュ」などもあります。

お勧め5:<カド・カド>

スーベニアコートエリア内になる「カド・カド」はチーズケーキで有名なお店です。定番のチーズケーキはチョコや抹茶、ブルーベリーなど多彩な種類が揃っています。各種チーズケーキはホールだけでなく、ミニサイズでの販売しているのでお土産にも最適です。

またチーズケーキ以外の焼き菓子やキッチン雑貨などの商品が豊富にそろってます。

しっとり生地の軽井沢タルト

白樺堂「軽井沢タルト」
白樺堂「軽井沢タルト」

白樺堂で1番人気の軽井沢タルトです。くるみタルトとアーモンドタルトの2種類が入っています。たっぷりとバターやアーモンドパウダーしっとりと焼き上げたタルト生地に、香ばしいくるみやスライスアーモンドがたっぷり入って絶妙なおいしさです。日持ちも長いのでお土産におすすめです。

軽井沢アウトレットの詳細

最後に軽井沢アウトレットの詳細として、「所在地」や「アクセス方法」の他「営業時間」ついてもまとめました。交通機関や高速道路が整備され、遠方からでも思ったより時間がかからずに行けるので遊びに行く際に参考にしてください。

所在地

軽井沢アウトレットの所在地は「〒389-0102長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢」です。軽井沢市は群馬県に隣接しており、長野県の東信地方に位置しています。高原地帯で避暑地として有名です。

アクセス

軽井沢アウトレットへは、公共交通機関でも車でもとてもアクセスしやすくなっています。電車や車でのアクセス方法について紹介します。

まず、電車でのアクセスは軽井沢アウトレットは、長野新幹線の「軽井沢駅」から「徒歩3分」というアクセスの良さです。そして、車を利用して軽井沢アウトレットへ行く際は「上信越自動車道碓井軽井沢井I.C.」で降り、そこから12.4㎞で着きます(平常時で約14分)。

出発地電車でのアクセス車でのアクセス
東京東京駅から北陸新幹線で軽井沢駅へ(約1時間)練馬I.C.→(関越自動車道約1時間)→藤岡JCT.→(上信越自動車道約40分)→碓井軽井沢I.C.
名古屋東海道新幹線で名古屋駅から東京駅へ(約1時間40分)、北陸新幹線へ乗り換え約1時間名古屋I.C.→(東名高速道路約10分)→小牧JCT.→(中央自動車道約2時間)→岡谷JCT.→(長野自動車道約1時間)→更科JCT.→(上信越自動車道約50分)→碓井軽井沢I.C.
大阪東海道新幹線新大阪駅から東京駅へ(約2時間30分)、北陸新幹線へ乗り換え軽井沢駅へ(約1時間)豊中I.C.→(名神高速道路約2時間20分)→小牧JCT.→(中央自動車道約2時間)→岡谷JCT.→(長野自動車道約1時間)→更科JCT.→(上信越自動車道約50分)→碓井軽井沢I.C.
金沢金沢駅から北陸新幹線で軽井沢駅へ(約2時間)金沢東I.C.→(北陸自動車道約2時間)→上越JCT.→(上信越自動車道約2時間)→碓井軽井沢I.C.

営業時間

軽井沢アウトレットの基本的な営業時間はAM10:0~PM8:00です。連休や年末年始、月によって営業時間が変更されていることもあります。詳しくは以下のリンクで確認してください。

またレストランやカフェなどの飲食店の営業時間は、店ごとに異なりますので注意しましょう。

周辺の観光スポット

軽井沢アウトレットの周辺にあるたくさんの観光スポットがります。例えば「旧軽井沢銀座通り」は軽井沢の定番の観光地です。四季折々の軽井沢を楽しみながら散策し、のんびりとショッピングや食べ歩きなどを楽しむことができます。

他にも「白糸の滝」や「星野温泉」など観光名所がいっぱいなので、軽井沢アウトレットへ遊びに行った際ににはさまざまな観光スポットも一緒に楽しみましょう。

軽井沢アウトレットを楽しもう

軽井沢アウトレットとは|お勧めのお土産店5選と情報

ハイブランドからご当地ならではのお店まで、豊富に揃う軽井沢アウトレットは1日では回り切れないほどです。敷地内にはもともとあったゴルフ場を生かした芝生広場やドックランなどもあるので、カップルはもちろん、ファミリーでもペット連れの方も楽しめること間違いなしです。

お出かけスポットをチェックしよう

軽井沢アウトレットを楽しんだ帰りには、お出かけスポットをチェックして立ち寄るのもおすすめです。季節ごとにさまざまなお出かけスポットがたくさんあるので、すこし回り道をして立ち寄るのもいい思い出になります。

関連記事

Related