Search

検索したいワードを入力してください

100均のネイルラインテープを貼るポイント5つ|アレンジ5つ

Author nopic iconMarine.
ネイル / 2019年02月06日
100均のネイルラインテープを貼るポイント5つ|アレンジ5つ

ネイルラインテープとは

ネイルラインテープとは、そのままの意味でネイルのデコレーションに使用するラインテープのことを言います。

特にセルフネイルをされる方は、ラインを入れたネイルにしたいときに、利き手では上手くラインが引けても利き手ではない手ではどうしても上手くラインが引けない、といった経験があるのではないでしょうか。

そんなときにネイルラインテープは大活躍してくれます。ネイルラインテープはセルフネイルの大きな味方です。

簡単にネイルアレンジができる

ネイルラインテープは100均で手に入れることができます。最近では100均で取り扱われているネイルラインテープは多種多様です。ネイルラインテープはとても手頃な価格で手に入れることができるので、簡単にネイルアレンジができます。

100均だと品質が心配と考えている方もご安心ください。100均の商品は高品質なものも多いです。100均とは思えないクオリティーの高いデザインのラインテープも揃っています。

100均のネイルラインテープを貼るポイント5つ

100均のネイルラインテープを貼るポイントについてご説明していきます。今回は「先の細いはさみを使う」「際に使う分より長く切る」「強くこすらず優しく貼る」「トップコートをしっかりと塗る」「ピンセットを使う」の5つをピックアップしていきます。

ポイント1:先の細いはさみを使う

ネイルラインテープはひとつひとつが細いので、ラインテープの長さを微調整することまで念頭に置くと先の細いハサミを使うことをおすすめします。

具体的には、眉毛をカットする際のはさみなどを代用できることが理想的です。普段使われているサイズのはさみでは、切る箇所がはさみの刃に隠れてしまい、よく見えずに思うように切れないことがあります。

ポイント2:実際に使う分より長く切る

よりラインテープで綺麗にネイルのデコレーションをするために、ラインテープは実際に使う分より長めに切ってください。長めに切って爪の端と端までラインテープがしっかりと貼れたら、余分な箇所を先の細いはさみで切ることで綺麗な仕上がりになります。

ラインテープはもったいぶらずに使いましょう。100均でラインテープは複数購入してストックしておくことをおすすめします。

ポイント3:強くこすらず優しく貼る

ラインテープは非常に細いので切れやすいです。ネイルに貼る際に強くこすりすぎると、摩擦でラインテープが切れてしまうことがあります。ラインテープを貼る際には上から優しくトントンと軽く押さえるように貼ってください。

指で押すよりも、キッチンペーパーを使って押さえると、万が一ベースのネイルの乾きが足りなくてもよれることが少なく済みます。

ポイント4:トップコートをしっかりと塗る

ただラインテープを貼った状態では、何かの衝撃で剥がれてしまうだけではなく、下のベースカラーまで剥げてしまう恐れがあります。ですので、トップコートはしっかりと塗ることが大切です。

トップコートは、ネイルのデコレーション部分をベースネイルときちんと貼り付ける接着剤のような働きをするだけではなく、ネイルに輝きを持たせてくれます。せっかくのセルフネイルを長持ちさせるためにも必ずトップコートを塗ってください。

ポイント5:ピンセットを使う

ラインテープの細さでは指を使うと扱いづらいです。また、指にテープの粘着部分がついてしまうと、粘着力がなくなってしまうので上手くネイルに貼れなくなってしまいます。ですので、ピンセットを使って細かい作業は行っていきましょう。

ピンセットがあるとネイルアレンジの幅が大きく広がります。ラインテープ以外のネイルアレンジアイテムにも活用できるので手に入れておくことをおすすめします。

100均のネイルラインテープのアレンジ方法5つ

ネイルラインテープは、種類も豊富なので色々なネイルパターンに一味加えることができます。セルフネイルをされている方も、ラインテープを大いに活用してこれまで以上に素敵なセルフネイルに仕上げましょう。

具体的にラインテープを使ったネイルデザインがイメージできない方は、これから紹介するアレンジ方法を参考にしてみてください。

アレンジ1:単色塗りと合わせて

ネイルアレンジをほとんどせず単色塗りが多い方にとって、ラインテープのネイルアレンジはとてもチャレンジしやすいです。

ペディキュアですが、人差し指から小指まではネイビーカラーに1本シルバーのラインテープを加えるだけで、上品さが増します。また、親指をよく見ていただくと、シルバーラインは両サイドをラインテープで仕切り、上手くボーダーラインをに作り出しています。

アレンジ2:ダブルフレンチ

大人女子に大人気なフレンチネイルにラインテープは必須です。特に、ダブルフレンチにチャレンジしたいときに大活躍してくれます。

フレンチネイルは境目を綺麗な曲線にすることか難しいです。しかし、100均でも直線以外に色々な曲線のラインテープも販売されているので、曲線部分に使うと少しのズレやよれもカバーすることができます。

アレンジ3:シェルネイルのアクセントに

シェルは日本語で貝殻を意味します。ですので、シェルネイルは貝殻のキラキラとした華やかさをモチーフとしたネイルのことを言います。一見ラインテープは無関係のように感じられますが、実は大きなアクセントを加えることができます。

ここでのラインテープの使用方法は、ラインテープを短く切ります。そしてランダムに加えることで、無造作感がアクセントになります。ラメの入ったラインテープを特におすすめします。

アレンジ4:チェックに

特に秋には多くのおしゃれ女子がチェックネイルをファッションとして取り入れています。チェック柄は非常に難しい柄なので、100均で太さの異なるラインテープを購入すると簡単にチェックネイルをすることができます。

チェックネイルは人によって個性が出る柄で変化を楽しめるので、試してみてください。

アレンジ5:ブロッキング

さらに高度なネイルアレンジがブロッキングをすることです。ラインテープを上手く使って色の仕切りになれば、ひとつのネイルに色々なカラーを入れることができます。

写真のように、上の部分だけブロッキングをするのも良し、薬指のように全体をブロッキングするのも良いです。また、100均には他のネイルアレンジアイテムもあるので、組み合わせて工夫して素敵なブロッキングネイルにしてみてください。

100均のネイルラインテープはアレンジに便利!

セルフネイルは、ネイルサロンで手がけてもらうものよりも長くは持ちません。最大でも2週間経つと、どうしてもネイルが剥げてきてしまいます。

ですが、その分色々なネイルにチャレンジすることができます。だからこそ、簡単にセルフネイルをアレンジさせるために、100均で手軽に購入できるネイルラインテープがセルフネイルに役立ちます。

100均は我々の身近な店舗です。思い立った今が吉です。購入しに行きましょう。

100均のポリッシュもチェック!

100均ではネイルアレンジアイテムだけではなく、もちろんベースとなるネイルカラーも豊富な種類の品揃えがされています。どれも100均とは思えないクオリティーです。100均程の手頃な値段であれば、何種類か買って試すこともできます。

最近ではポリッシュが人気です。人気商品であるポリッシュも100均で買えてしまいます。下のURLからチェックしてみてください。

関連記事

Related