Search

検索したいワードを入力してください

メッセージカードの書き方5例|シーンごとの正しいマナー

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:暮らし

初回公開日:2018年10月03日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メッセージカードの書き方5例|シーンごとの正しいマナー

メッセージカードとは

誕生日や結婚、出産など、お祝い事などのときに贈り物をするときがあります。このときにメッセージカードを添えることがあります。

メッセージカードを添えずに言葉を添えるという方法もありますが、言葉では伝わらないこともあります。

しかし、普段は文字で何かを伝えるとき、メールなどのメッセージアプリを使うことが増えたため、メッセージカードには何を、どのように書けば良いかわからないという人も多くなっています。

ギフトにプラスされる場合が多い

上記で述べた通り、メッセージカードは贈り物に添えられることが多いです。贈り物を送る場面はいろいろとありますが、基本的にお祝い事や、相手に対して感謝の気持ちを伝える場面でメッセージカードは使われます。

そのため、メッセージカードを書くときには、相手に気持ちを伝えるだけでなく、書き方やマナーにも注意をする必要があります。もし、大切な場面でマナーを守れないと、相手に不快な思いをさせてしまうことになります。

メッセージカードの書き方5例

メッセージカードは贈り物を渡すような大切な場面で必要となります。なので、メッセージカードは書き方やマナーを意識する必要があります。

メッセージカードでマナーができていないと、せっかく誕生日や結婚などのめでたい場面で、相手を不愉快な気分にしてしまう可能性があります。

しかし、メッセージカードに書く内容は固くなる必要はないので、それほど難しい書き方ではありません。

相手に気持ちを伝えるのが大切

上記で述べた通り、メッセージカードに書く内容は固くなる必要はありません。メッセージカードを書く際に重要なことは、相手に自分の気持ちを伝えることです。

なので、メッセージカードには相手の気持ちができるだけ伝わることを意識してメッセージを書く必要があります。メッセージで自分の気持ちを伝えるためには書き方にコツがあります。

書き方1:シンプルにまとめる

伝えたいメッセージがたくさんあるということは多いです。しかし、メッセージカードは小さい物が多いため、文字を書きすぎると文字が小さくなって読みにくくなってしまいます。また、何を伝えたかったのか相手がわからなくなってしまいます。

なので、できるだけ言葉はジンプルにまとめて、伝えたいことだけ書くようにしましょう。もし、メッセージカードでは書ききれないのであれば、手紙に書くようにしましょう。

書き方2:お祝いや感謝の気持ちを込める

メッセージカードを書くときには書く内容も大切ですが、一番大切なことは気持ちを込めて書くことです。気持ちを込めて書かないと、いくら良い言葉を並べたとしても相手に自分の気持ちを伝えることはできません。

また、感謝やお祝いの気持ちを伝えるためには、どのようなことに感謝して、どのようなお祝いの気持ちを持っているかをメッセージカードに書くと良いでしょう。

書き方3:一番伝えたいことを書く

メッセージカードは小さい物が多いです。そのため、伝えたいことがたくさんあったとしても、その全てを書くことはできません。

メッセージカードで気持ちを伝えるときには、伝えたいことがある中でも、一番伝えたいことに絞って内容を書くようにしましょう。

もし、メッセージカードに書ききれない内容をどうしても相手に伝えたい場合は手紙にして渡すようにしましょう。

書き方4:ストレートな内容で

メッセージカードは小さいので、伝えたいことを遠回しな表現の書き方をすると書ききれなくなってしまいます。また、メッセージカードの内容は読んですぐに内容が伝わるような書き方をしないといけません。

なので、メッセージカードは読めばすぐに気持ちが伝わるように、ストレートな書き方をするようにしましょう。ストレートな書き方をすれば、気持ちが伝わりやすいく、内容をまとめることもできます。

書き方5:下手に言葉を飾らない

上記で述べた通り、伝えたいことを遠回しな書き方にしてしまうと、スペースが足りなくなってしまったり、相手に気持ちが伝わりにくくなってしまいます。また、下手に言葉を飾ろうとして、変な言葉遣いになってしまう場合もあります。

そのため、下手に言葉は飾らずに、気持ちを伝えることを重視してストレートな表現の書き方をするようにしましょう。

書き方の注意点

メッセージカードを書くときには、書き方よりも気持ちを込めることが重要です。しかし、最低限の書き方は知っておかないといけません。

メッセージカードの内容は固く書く必要はないため、特に決まった書き方はありません。ですが、基本的には相手が読みやすいように意識することが大切です。