Search

検索したいワードを入力してください

新世界のおすすめ観光名所10選|通天閣みどころ・おすすめ土産

Author nopic iconふたば
お出かけ / 2019年02月20日
新世界のおすすめ観光名所10選|通天閣みどころ・おすすめ土産

大阪新世界の概要

大阪の新世界は、大阪府大阪市の浪速区恵美須東に位置する繁華街です。

1912年にコンセプトは、テーマパークをイメージした文化や風俗を融合させる大阪の新名所を目指し、「新世界」が誕生しました。パリ、ニューヨークという二大都市の街をイメージし、南端中央に円形広場を設け、パリの街路に見立て3方向に放射線状に道路を作りました。

新世界エリアには、通天閣とルナパークが開業し、賑わいをみせた街に発展しました。

新世界の今・昔

戦前から庶民的な繁華街として親しまれてきた新世界は、1945年の第1回大阪大空襲では新世界も被災、壊滅しました。戦後、新たに「新世界」を盛り上げようと芝居小屋や映画館などが集結して発展し、今の新世界が形造られることになります。

現在では、通天閣やジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板やビリケンさんなどSNS映えする場所が数多くあり、外国人観光客から若い世代を魅了する有名スポットとなっています。

新世界のおすすめ観光名所10選

意外と歴史のある「新世界」の街ですが、さまざまな映画やドラマなどのロケ地としても使用されてきました。今まで「新世界」に訪れたことがない方も、訪れたくなる新世界のおすすめ観光名所を10ヶ所ご紹介します。

おすすめ1:通天閣

新世界の中心部に建つ展望塔通天閣は、パリのエッフェル塔をイメージして建設され、新世界を代表する観光名所の1つです。

1943年、通天閣が脚下の火災に巻き込まれて損傷しました。敵軍による空襲の標的や金属類回収令により解体され、現在の通天閣は二代目です。

2007年には、国の登録有形文化財となり、公式キャラクターの「ビリケンさん」は足の裏を撫でると幸運が訪れるという幸運の神様で、地元の人や観光客から人気です。

おすすめ2:ジャンジャン横丁

新世界の南東部に位置しており、地下鉄動物園前駅から通天閣まで南北約180mにわたるアーケードがある、南陽通商店街は、通称「ジャンジャン横丁」と呼ばれています。

戦後、商店街の店々から呼び込みのための三味線がジャンジャンと響いていたことからその名がついたといわれています。

アーケードの左右は2.5mと狭く、「ソース二度漬けお断り」の串カツ屋をはじめ、安くて美味しいB級グルメの店が勢揃いしています。

おすすめ3:朝日劇場

朝日劇場は、300人収容することができ、新世界の核的存在ともいえる老舗大衆演劇場です。
1910年に映画館としてオープンし、1977年に大衆演劇専門劇場としてリニューアルしました。桟敷席に花道もあり、全国から人気劇団がこの朝日劇場の舞台に立ち、笑いと涙の感動劇を繰り広げます。

大衆演劇ファンや観光客で、1日3回あるショーは、ほぼ満席状態の人気スポットです。

おすすめ4:浪速クラブ

1956年に開館した大衆演劇の専門劇場で、大阪の大衆演劇専門劇場の中で最古の歴史があり、今もなお芝居小屋の雰囲気を残している劇場です。

2011年に改装し、外観や館内施設を一新しましたが、「日本一粗末な建物で、日本一安い入場料で、日本一入場者の多さと、出演役者の芸熱心」が浪速クラブの誇りと掲げています。

おすすめ5:通天閣本通商店会

地下鉄堺筋線の恵美須町駅の3番出口から通天閣までの約200mが、通天閣へのメインストリート通天閣本通商店会です。

くいだおれの街、大阪ならではの飲食店を中心に、歴史ある老舗や新しいお店が混在し、古き良き昭和レトロな大阪の雰囲気を、今なお残す多彩な商店街として、観光客や地元の人達で賑わっています。

通天閣本通商店街からの通天閣の眺めは、SNS映えすると評判のスポットです。

おすすめ6:スパワールド世界の大温泉

スパワールドは、1997年に開業し「世界の温泉」という天然温泉の源泉が楽しめる、都市型の温浴娯楽施設です。新世界のランドマークである通天閣の南側、ジャンジャン横丁の西側に位置し、キャッチフレーズは「美と健康の24時間快適空間」で24時間営業です。

ヨーロッパとアジアの2つの地域をイメージしたフロアに分かれ、計30以上のお風呂を配置しており、ファミリーから、外国人観光客に大人気の施設です。

おすすめ7:ニュースター

新世界で一際レトロな空気をかもし出し、昔懐かしいスマートボールが遊べる遊技場がニュースターです。ニュースターは、通天閣から、歩いてわずか3分ほどのところにあり、店内にはスマートボールの台がずらりと並んでいます。

子どもは入れない大人の遊技場ですが、ガラス玉をはじく音が鳴り響き、大人の老若男女問わず、観光客の方まで大人が夢中になって楽しめる、なごやかな雰囲気のお店です。

おすすめ8:天王寺動物園

天王寺動物園は、大阪市天王寺区の天王寺公園内にある大阪市立の動物園です。面積約11ヘクタールの園内には、約230種900点の動物が飼育されている都市型の総合動物園で、1915年に開園し、日本の動物園で3番目に長い歴史をもつ動物園です。

アフリカの大自然を最大限に再現したアフリカサバンナゾーンや、日本発の水中透視展示プールがあるカバ舎など、自然に近い状態で動物たちに出会えるのがこの動物園の魅力です。

おすすめ9:新世界稲荷神社

創建明治45年の小さな神社で、見落とされがちの神社ですが、2月の節分祭は護摩木を奉納して商売繁盛を祈る人々でに賑わいをみせます。

境内にある、石でできたルーレット形のおみくじは無料で、円盤を回して出た数字を表と照らし合わせて運勢を占うことができます。通天閣や天王寺動物園への道中で立ち寄ることができるスポットです。

おすすめ10:新世界街中案内所

新世界の情報発信拠点でもある、新世界街中案内所では、通天閣廻りにには欠かせない、案内マップやパンフレット類が置かれれています。

新世界街中案内所の営業時間は13:00~17:00までと短いですが、観光で、新世界を立ち寄る際には、新世界街中案内所で、情報収集をしてから観光するのをおすすめします。

新世界通天閣のみどころ3つ

大阪のシンボルタワー通天閣は、大阪を代表する観光スポットとして欠かせません。高さは103m で、展望台からは大阪市内を一望することができます。年間100万人以上が訪れ、国内の観光客から、外国人観光客まで老若男女問わず、人気の観光スポットです。

ここでは、通天閣の楽しみ方や見どころを3つご紹介します。

みどころ1:B1わくわくランド

食品をテーマとした「通天閣わくわくランド」には、関西にゆかりのある食品メーカーのアンテナショップがあります。

江崎グリコの「ぐりこ・や」や森永製菓の「キョロちゃんのおかしなおかし屋さん」ではショップ限定商品なども販売しており、店内にはキョロケンさんの姿も見られます。日清食品の「チキンラーメンひよこちゃんSHOP」には、ひよこちゃんグッズや即席麺が販売されており、どの店もお土産として大人気です。

みどころ2:5階展望台ビリケン像

5階の展望台には、足の裏を撫でると幸運が訪れるという言い伝えがある幸運の神様3代目「ビリケン」の像が安置されています。

1912年当時、世界的に流行していたビリケンの像を、ルナパーク内に作られたビリケン堂に安置したのが始まりで、2012年には、初代から数えて通天閣の開業100周年を迎えるにあたり、5階展望台を金色に全面改装し、「黄金展望台」が一般公開され観光客から大人気のスポットになりました。

みどころ3:特別屋外展望台

展望台5階のインフォメーションカウンターで受付をすれば、料金¥500で階段を登り、通天閣の屋外展望台へ行くことができます。

展望回廊は直径8.5mで、普段立ち入ることのできない特別な空間でスリルも満点で外国人観光客にも人気です。また、追加¥10,000で 特別屋外展望台の貸切枠を利用することも可能です。

周囲に眺望を遮る物がなく、風を感じながら大阪の景色を思う存分に楽しむことができます。

通天閣を自宅で眺めたい方におすすめ

 通天閣 LEDライト付 彩色済みプラモデル
通天閣 LEDライト付 彩色済みプラモデル

¥ 3,024

口コミ

組み立て時に向きを間違えると完成させるのに手間取りますので、 それぞれのパーツの向きを注意して組み立てた方が良いです。 完成させるととてもよく出来ています。

観光だけでは、物足りない、自宅でも通天閣を眺めたいあなたにおすすめなのが、LEDライト付き通天閣プラモデルです。

1/800スケールでモデル化した通天閣は、はめ込み式部品なので接着剤なしで簡単に組み立てられます。全パーツ部品は彩色済みで、通天閣の足もとに広がる新世界は、現地の店舗をステッカーで再現しています。多色発光型LEDライトが付属し賑やかに、かわるがわる通天閣を光らせることが可能です。

新世界おすすめ土産

さまざまな、新世界での観光スポットや、見どころをご紹介してきました。新世界には、ほとんどが串カツを中心とした、飲食店が多く、実は、観光には欠かせない、お土産屋さんは少ないです。

ここでは、新世界の観光土産としておすすめの商品を3つご紹介します。

土産1:ビリケン人形焼きカステラ

お土産としても観光客から大人気のビリケンさんが人形焼になりました。

ビリケンさんの形をした人形焼きは、足を出して座るビリケンさんの姿がなんともカワイく、食べるのがもったいないくらいの商品です。約20個入りで540円とコストパフォーマンスもよく、紙袋タイプの商品なので、かさばらず、外国人観光客に人気の商品です。

土産2:ええもんちぃ

米粉を使ったお菓子でお馴染みの「五感」のマドレーヌ「ええもんちぃ」です。

米粉と小麦粉をブレンドし、もっちりフワフワに仕上げられた、旨みを追求したマドレ-ヌです。10個入りが1080円、15個入りが1620円で、味にうるさい方や、目上の方へのお土産にはおすすめの商品です。

土産3:新世界の恋人

「面白い恋人」に続く恋人シリーズが新世界にもあります。「新世界の恋人」648円、12枚入りです。

中身はハート型の焼きクッキーで、8種類のプリントがされており、洋酒風の大人の味わいがするクッキーです。大阪土産のウケ狙いにと、観光客に人気のお土産です。

グルメも楽しめる新世界

新世界は、観光スポットばかりではありません。くいだおれの街大阪ですから、もちろんグルメも楽しめます。

新世界には、新世界の串かつ発祥で有名なお店から、価格が安くて美味しいお店、お酒好きにはたまらない立ち飲み屋さん、外国人観光客やファミリーが楽しめるお店が大集結しています。

おすすめ金沢観光・京都観光

今回は、大阪の新世界の観光名所について、ご紹介してきました。その他にも、外国人観光客に人気の「京都」、意外と知られていない穴場スポットがたくさんある「金沢」の観光名所についての関連記事もご紹介しています。

他の旅行先をお探しの方は、下記の関連記事もぜひ参考にしてください。

関連記事

Related