Search

検索したいワードを入力してください

黄色いバラの花言葉12選|贈る場面・贈る本数が表す意味

Author nopic iconkotorinngo
カテゴリ:雑学

初回公開日:2018年10月10日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2018年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

黄色いバラの花言葉12選|贈る場面・贈る本数が表す意味

黄色いバラを贈るシチュエーション

こちらの記事では、黄色いバラを贈るシチュエーションにはどのようなものがあるのかを考えていきます。

黄色いバラの花言葉の中でも特に有名なものは「ジェラシー」ですが、実は黄色いバラには他にも花言葉があり、贈り物としても活用することができます。

黄色いバラだけではなく、バラの花束やアレンジメントなどを贈られると幸せな気持ちになります。バラはメッセージ性の高い花であり、花言葉を重視する方のギフトにぴったりです。

場面1:父の日

あまり知られていませんが、母の日にカーネーションが贈られるように、黄色いバラは父の日に贈られる花でもあります。

父の日の発祥はアメリカといわれていますが、アメリカでは赤いバラを贈り、父親が亡くなった後は白いバラを墓前に供えるという風習になっています。

この風習が日本に伝わって来た際に、黄色いバラを贈ることに変わりました。「黄色」が家族の愛情や尊敬のイメージカラーということから、黄色いバラが選ばれました。

場面2:元気づけたい友達へ

黄色いバラの花言葉には、「ジェラシー」というマイナスイメージの強いものばかりではなく、「友情」という言葉もあります。

黄色いバラのイメージはあまり良くないと考えている方もいらっしゃいますが、花言葉を考えると友達へのギフトにも黄色いバラはピッタリです。

見た目も明るい黄色いバラは、私たちを暖かい気持ちにさせてくれます。大切な友達に贈ることで元気づけることもできるので、よりいっそう友情を深めることができるのではないでしょうか。

場面3:開店祝い/開業祝い

黄色いバラのアレンジメントや花束は、開店祝いや開業祝いの贈り物としてもおすすめです。

黄色いバラが開店祝いや開業祝いの贈り物として選ばれる理由としては、風水なども関わってきます。風水では、「金運を上げる黄色いアイテム」を西の方角に置くとよいとされています。

お祝いに黄色いバラのアレンジメントなどを贈って、西の方角に置いてもらうといった活用方法をしてもらう事ができるでしょう。

場面4:昇進祝い/就任祝い

黄色いバラはビジネスシーンなどでも、贈り物として活用することができます。黄色いバラは、昇進祝いや就任祝いなどに贈るプレゼントとして渡すことで、「相手の発展を願う」という意味を込めることができます。

黄色いバラの「黄色」に込められた気持ちには、「改革」や「変革」など変わっていく事へのお祝いの意味が含まれています。ビジネスシーンだけではなく、知人や友人への私的なお祝いの贈り物としても黄色いバラはおすすめです。

場面5:竣工・落成祝い

新築や竣工、落成祝いの贈り物としても、黄色いバラやブルーのフラワーアレンジメントがおすすめとされています。逆に、新築や竣工、落成祝いなどでは「火」を連想させる贈り物は嫌がられます。

新しい財を灰にしてしまわないようにという理由からですが、アレンジメントなどで花を贈る際には、新築や竣工、落成祝いなどには「赤」は避けて黄色いバラなどを使ったアレンジメントをすると良いでしょう。

黄色いバラの花言葉12選

次は、贈り物を選ぶ参考にするために、黄色いバラにどのような花言葉があるのかを考えていきましょう。

「黄色いバラの花言葉」と聞くと、一番最初に思い浮かぶのは「嫉妬」「ジェラシー」という言葉という方も多いでしょう。黄色いバラのマイナスイメージはそのような花言葉が原因と考えられますが、黄色いバラの花言葉には、実はポジティブなものもあります。

花言葉1:献身

黄色いバラの花言葉に、「献身」というものがあります。献身的な絆を意味する黄色いバラを、父の日などのギフトにアレンジメントとして贈る方も多いでしょう。

「誰かや何かのために自分を犠牲にして尽くす」といった意味のある「献身」ですが、家族のために働いてくれているお父さんへのプレゼントとしては最適だといえます。

花言葉2:友情

黄色いバラの花言葉には、「友情」というものもあります。「友情」という言葉は、友人との繋がりや絆などを示す言葉ですので、強い友情を感じている相手への贈り物として喜ばれるのではないでしょうか。

「友情」のようにポジティブなイメージをもつ黄色いバラは、明るくて元気の出る色で「変わらぬ友情」を表すために贈るギフトとして選ばれています。

花言葉3:可憐

黄色いバラの花言葉には、「可憐」という花言葉もあります。「可憐」とは、可愛らしく守ってやりたくなるような存在に対して使う言葉です。黄色いバラは。赤や白などのバラとは違って親しみやすく可愛らしい色が特長です。

「可憐」というイメージにぴったりの友人には、黄色いバラをプレゼントすると喜ばれるのではないでしょうか。「可憐」という花言葉があるという事を知らない相手には、メッセージカードなど伝えてみましょう。