Search

検索したいワードを入力してください

神楽坂のお散歩名所おすすめ11選|飯田橋駅グルメスポット5つ

Author nopic iconシン
食の知識 / 2019年01月28日
神楽坂のお散歩名所おすすめ11選|飯田橋駅グルメスポット5つ

神楽坂はどこにあるの?

神楽坂とは、東京都新宿区北東部に位置する地区で、大久保通り交差点から飯田橋駅までを範囲としています。

そして広く言えば、大久保通りから矢来町方向へと歩いた神楽坂駅近辺までもを神楽坂としての範囲であるということがあります。

昔ながらの日本の風情と、フランスの雰囲気を融合させた外観の街並みが特徴的で、観光や散歩に訪れたら見ておきたい街のひとつです。

最寄り駅・飯田橋

神楽坂の最寄り駅である飯田橋駅は、東西線とJR線のふたつがあり、東西線から降りると神楽坂までかなりの距離を歩くことになってしまいます。

JR線の飯田橋駅まで乗った場合、降りる際は西口改札に出ます。そこで非常に長い地下通路を歩いて行くことになりますが、一本道で迷うことはありません。

通路を出てその先にある橋を渡ると「神楽坂下」という標識が現れて、さらにその先にある信号を渡れば神楽坂の入口に到着します。

神楽坂の由来

神楽坂の地名の由来は、隣接地区に相当する若宮町の八幡神社における祭礼の際に担がれる神輿が通り、神楽が行われたことにあります。

他にも、同じ隣接地区である市谷町での八幡宮の祭礼で神輿担ぎの神楽が行われたり、若宮八幡神社の神楽の音が坂まで聞こえたなどの諸説があります。

そして、それらの諸説にはいずれも神楽が共通しており、名前のとおり、神楽が由来であるのに変わりはないということです。

神楽坂の特徴

神楽坂は古くから花街として栄えた地区で、裏通りなど人気のない路地に散歩に入るとその面影が濃く残っている箇所を見ることができます。

さらに表通りも、住宅街が料亭やレストランと和洋折衷の料理店と融合しているのが特徴で、生活感と情緒を感じさせるものとなっています。

そして一方で、毘沙門天の門前町として発達した歴史もあり、付近には築土八幡の社寺が多いのも特徴となっています。

神楽坂のお散歩名所おすすめ11選

神楽坂には、その名前を聞いて知らない人はまずいないとされる名所が11箇所あります。

これらの場所は、観光でも散歩でもどんな形で神楽坂を訪れた時でも、一度でも訪れる価値があると言っても過言ではありません。

皆さんの中に、これから神楽坂を散歩や観光に訪れる方、訪れようと考えている方がいましたら、ぜひとも参考に役立ててください。

名所1:コボちゃん像

植田まさしが作者を務める4コマ漫画の名作「コボちゃん」の主人公をそっくりそのままモデルにしたブロンズ像で、神楽坂の散歩・観光名所のひとつです。

植田まさしは神楽坂生まれで35年以上も居住しており、コボちゃんの連載初回の原稿もこの神楽坂で書き上げられたことで有名です。

また、この他にも商店街の案内板にコボちゃん一家が登場するなど、コボちゃんは神楽坂を散歩や観光に訪れた方を歓迎してくれています。

名所2:かくれんぼ横丁

東西線神楽坂駅から早稲田通りをJR飯田橋駅方面に向かって直進し、本多横丁からふたつ目の路地に入った先にある散歩道です。

石畳の道となっているのが特徴的で、西洋風のお店や街灯など趣のある風景を望むことができ、観光はもちろん散歩スポットとしてもおすすめです。

また、この石畳の道は他の横丁でも観れるところがあり、場所によってデザインが異なることがあるので、それらも散歩に来たら確認してみてください。

名所3:芸者新道

神楽坂仲通りから本多横丁へ抜けられる裏通りの散歩道で、まっすぐで緩やかな坂となっているのが特徴的です。

かつて明治時代の花街だった頃、待合や置屋、料亭が集まっていた名残を残している路地で、芸者が近道として利用することが多かったとされています。

人気のない裏通りに位置する場所でもあるため、ひとりでここを散歩に訪れ、明治時代の花街の気分を味わってみるのもいいでしょう。

名所4:泉鏡花旧居跡 北原白秋旧居跡

小栗通りで東京理科大学の裏手にある、泉鏡花と北原白秋がそれぞれ別居として使ったとされる建物があった場所です。

明治時代の小説家と詩人が住んだ場所だけあって、神楽坂の散歩・観光スポットとして非常に知名度が高く、訪れる人も多いです。

案内板には鏡花と白秋についての経歴と、二人がこの別居跡で暮らしていた頃の出来事が書かれていますので、興味がありましたら見に行ってみてください。

名所5:安養寺

神楽坂を神楽坂下から上り、大久保通りの神楽坂上交差点を右に進んだ先にあるお寺で、神楽坂の散歩・観光スポットとしても有名です。

左門には「大聖歓喜天王」、右門には「本尊薬師如来天台宗」とそれぞれ文字が刻まれ、本堂も7体の諸尊像が祀られ、立派で荘厳な眺めとなっています。

そして心願成就、家内安全、商売繁盛、病気平癒などさまざまなご利益があり、散歩と観光ついでにお参りしていくのもいいでしょう。

名所6:駒坂

隣接する瓢箪坂とつながることからことわざの「瓢箪から駒」に因んで名付けられた坂で、カーブと手すりが欧米風でおしゃれであるのが特徴です。

昼でも夜でも散歩や観光にここを訪れたり、通ったりする人がいて、何よりその欧米風の様式を取り入れた外観に心が和むのが人気の理由となっています。

興味を持ちましたら、ぜひとも神楽坂の観光や散歩にこの坂を通ってみることを予定や視野に入れてください。

名所7:鎮護山 善國寺

神楽坂を登りきった先にある日蓮宗の寺院で、大田区にある日蓮宗の本山である池上本門寺の末寺に相当します。

もとは1595年に馬喰町に建てられましたが火災で焼失し、後に神楽坂に移転し、現在では神楽坂の散歩・観光名所のひとつとして有名となりました。

本堂の中に祀られた毘沙門天像、そして本堂前に飾の狛虎が睨みを利かせており、こちらも立派で荘厳な眺めとなっています。

名所8:出世稲荷

神楽坂の散歩・観光名所のひとつであり、「東京で一番オシャレな神社」で有名になっている、赤城神社の敷地内にある小さな稲荷神社です。

本殿の鳥居から向かって左奥に進んだところにあるその稲荷神社は、地元でも商売繁盛と出席祈願に近隣から訪れるサラリーマンが多いことで有名です。

また、赤城神社の敷地内には立派なデザイナーズマンションが建っており、さらにドラマのロケもよく行われるなど有名な場所となっています。

名所9:神楽坂の道標

神楽坂通りの一角に立つ標柱で、神楽坂のいわれなどが記載されていることから、散歩や観光に訪れる人々の間でも有名となっています。

この道標から見る神楽坂通りの眺めは、昼でも夜でも多くの人が賑わっており、スターバックスをはじめとする大きな建物が建っていて、壮観なものです。

皆さんも散歩や観光に訪れたら、一度この道標から神楽坂の街並みを一望してみてください。

名所10:神楽坂通り

前項の神楽坂の道標でも紹介した、神楽坂の入り口でもある通りで、飯田橋駅のB2a出口から出たすぐ先にあります。

こちらからも神楽坂の壮観な街並みはもちろん、昼でも夜でも大勢の人々が行き来しているのを見られる場所です。

名所11:神楽坂若宮八幡神社

東京理科大学に近いところに位置している、安養寺、善國寺、出世稲荷と並んで神楽坂でも有名な神社です。

鎌倉時代、源頼朝が義経と奥州藤原氏を征伐するために発向した際、この場所で下馬宿願したという有名なエピソードがあります。

割と小さい神社ですが参拝する人が多く、神楽坂の散歩・観光スポットとしても人気があります。

神楽坂の散歩・観光初心者にはこの一冊がおすすめ

神楽坂本 最新版 (エイムック 3962)
神楽坂本 最新版 (エイムック 3962)
口コミ

好きな俳優さんが記事になっているとのことで、関西ではみつけれらずこちらで購入しました。内容も充実してました。おいそれといけないのが残念です。

神楽坂の観光客向けの情報誌で、関東地方の都市を中心に全国で三十数冊展開している人気シリーズ「ムック」のガイドブックです。

「ムック」は観光客だけでなく、その観光先の住人もしくは関係者にいる人を考慮しているのが特徴です。

そのため、この一冊にも神楽坂の住人なら知っていることまで書かれていますので、神楽坂の観光だけでなく散歩に訪れる人にもおすすめです。

神楽坂・飯田橋駅周辺のおすすめグルメスポット

以上で神楽坂のお散歩名所を11選紹介しましたが、神楽坂の散歩や観光で疲れたり小腹が空いたらおすすめできるグルメスポットがあります。

これらのグルメスポットは、神楽坂の最寄駅である飯田橋駅にも近いところを厳選していますので、行き帰りの際に立ち寄れて、便利です。

スポット1:本多横丁

神楽坂の中でも最も大きい横丁で、飲食店を中心に50軒以上の店舗が建ち並んでいることで有名です。

ビルの間には古い木造の店舗や旧料亭の建物も残っていて、さらに石畳の道もあって料亭街を思わせる風情ある雰囲気となっています。

さらに、どの店も個性的で魅力的なものが多いので、食事はもちろん、軽い食べ歩きや散歩に訪れるだけでも楽しいものです。

スポット2:ラムラ

JR飯田橋駅の近くにあるランドマークタワーで、オフィスやショッピングセンターなど多くの店舗が入っている複合商業施設です。

セントラルプラザの1〜2階部分には、40店舗ものレストランやカフェがあり、食事やショッピング、読書など落ち着くひとときを楽しむことができます。

神楽坂の散歩や観光の行き帰りにも立ち寄ることができますので、興味がありましたら一度行ってみてください。

スポット3:神楽坂 め乃惣

情緒漂う神楽坂の石畳の路地にひっそりと建っている老舗割烹料理店で、割烹料理はもちろん、〆に出される涼風中華そばが名物として知られています。

また、厳選した芝海老をふんだんに使った「海老しんじょ」も名物となっており、涼風中華そばと並んで注文する人も多くいます。

さらに店内は落ち着いており、懐かしさを感じる趣ある雰囲気ですので、ここでゆっくりとした食事ができるのもいいです。

スポット4:手焼き煎餅 神楽坂地蔵屋 本店

煎餅の殿堂としても知られる地蔵屋の神楽坂の本店で、無添加の手焼きでさくさくとした食感でとほのかな味わいが人気を呼んでいます。

生地には国産のお米を使っており、季節に合わせて一番煎餅に合うお米を厳選しているのが特徴となっています。

坂を何度も登ったところにありますが、それでも一度でも味わってみる価値はありますので、興味がありましたらぜひ足を運んでみてください。

スポット5:神楽坂くりこ庵

神楽坂の登り始めてすぐのところにある和菓子屋で、店前にある赤い傘が目印となっています。

名物である栗餡入りも含め、50種類のたい焼きを販売しており、その中から季節に応じて6種類の味を選べるのが魅力となっています。

神楽坂の散歩や観光に訪れた際、小腹が空いた時は、ぜひともこちらへ寄ってみてください。

神楽坂はお散歩におすすめ

いかがでしたでしょうか。今回は神楽坂のお散歩名所おすすめを11箇所、飯田橋駅のグルメスポットを5つ紹介しました

神楽坂は風情ある街並みと雰囲気が特徴的で、散歩スポットとしては非常におすすめできる場所です。興味がありましたらぜひ一度訪れてみてください。

散歩デートにおすすめ下北沢とデート服

また、神楽坂と同じお散歩、そしてデートにおすすめできる場所として、下北沢があります。

以下の記事を参考にし、彼氏または彼女を誘って風情ある下北沢でのひと時を共に楽しんでみてください。